無理せず確実に貯金!年間50万円以上貯めるには?まずコーヒー代を節約して「本当に必要なもの」だけを買おう

最終更新日:
無理せず確実に貯金!まず年間50万円以上貯めるには?「本当に必要なもの」だけを買おう

みなさん、藪から棒ですが、「貯金」してますか?

最近はさまざまな節約術の本がでていたりしますが、あまり細かく切り詰めても続けられる自信がないし、目標もなくただ貯めるっていうのも中々厳しいという方もおられるのではないかと思います。

まじめに貯金に取り組んだ結果、大事だったことは

  1. 支出を見直す
  2. 本当に必要なものだけ買う

この2点でした。

今回は、「頑張りたくない」「無理したくない」がモットーのわたしが50万円以上貯めた貯金方法をご紹介します!

貯金を始めたキッカケ

元々、親に言われて入社時に財形貯蓄をしていました。

財形貯蓄というのは毎月お給料から決まった額が天引きされて、自動的に積み立てしてくれるシステムのこと。

簡単にはおろせないので、あったらあるだけ使ってしまうわたしにはピッタリのシステム。

とりあえず無理のない範囲で、と毎月2万円を貯金していたので「しっかり貯金できて偉いわたし♪」なんて思っていたのですが、まだわたしより給料が低いはずの後輩が、倍以上の額を貯金しているという事実に衝撃を受けました。

「このままじゃダメだ」

意を決して貯金をすることに。
といっても、なにか目標がないと続けられない性格だと自分で分かっていたので、しっかりと計画を練ることに。

支出を見直す

効率のいい貯金方法を探るため、徹底的にリサーチをしたところ「まずは支出を見直す」という意見がもっとも多かったので、わたしも支出を見直してみることに。

そういえば家計簿とかつけたことなかったな~

現在の収入と支出

現在月末ですが、自分の記憶を頼りにざっくりと支出を書き出してみました。

手取り 180,000円
財形貯蓄 20,000円
家賃 55,000円
光熱費 7,000円
通信費 10,000円
保険代 10,000円
食費 20,000円
交際費 20,000円
雑費 10,000円

ほんとにこの通りならあと28,000円余るはず・・・

そもそも食費が20,000円というのも合っているのかよくわかりません。
朝ごはんはコーヒーのみ、節約意識は持っているのでお弁当は作るようにしていますが、それでも一日1,000円の食費ってどうなんでしょうか。

正確な支出を知るためにもまずは1ヶ月間、これまで通りに生活して買い物した際のレシートをすべて保管することにしました。

その結果

理想と現実 理想 現実
手取り 180,000円 180,000円
財形貯蓄 20,000円 20,000円
家賃 55,000円 55,000円
光熱費 7,000円 7,000円
通信費 10,000円 10,000円
保険代 10,000円 10,000円
食費 20,000円 30,000円
交際費 20,000円 20,000円
雑費 10,000円 30,000円

182,000円の支出!!なんと赤字。
食費と雑費が大きくずれています。

食費の内訳

食材 16,000円
ランチ代 4,000円
コーヒー代 7,000円
おやつ代 3,000円

計30,000円!!

なんと10,000円もオーバーしてました!!
ランチ代は、週に1回の自分へのご褒美と思ってたのですがそれよりも多いコーヒー代。
一体どういうことなんでしょうか。

雑費の30,000円もタダ事じゃありません。
かなりオーバーしてるのは久しぶりに美容院に行ったからだと思うのですが、それでも高い。
そういえばデパコス行った。10,000円で収まるはずがありません。

削るべき部分はどこか?

支出を把握できたので、使いすぎている部分が浮き彫りになりました。
削るべき部分は明白です。

「雑費」と「食費」!!
この2点だけで月57,600円ですよ。家賃より高いです。

通信費の10,000円は、格安スマホ&モバイルwi-fiにしているのでこれ以上削れません。

まず、自分が今使っている化粧品を整理してみることにしました。
あちこちにポーチがあり、中には使いかけの化粧品がちらほら・・・使い終わってないのに気になる商品があるとつい買っちゃうので、化粧水や乳液なんかも2、3本ずつあったりします。
これはもったいなさすぎます。

これからは化粧品は古くなってたり、使い切ってから買うことにします。

服はセールにつられて買っちゃったりもするのですが、これからは絶対に必要なものや、ときめいたものだけ買うことにします。

そして食費。
そもそもランチ代よりコーヒー代が高くなってしまうのは何故なのか?

そういえば毎日3杯くらいはコーヒー飲んでるかも

コーヒー代を節約するにはどうすればいいのか

わたしにとってコーヒーは欠かせない飲み物です。

朝は美容のためにまずお水を一杯飲んで、そのあと目を覚ますために出勤準備をしながら濃いめのブラックコーヒーを飲みます。

買っているコーヒーはお手頃価格で庶民の味方でもあるネスカフェゴールドブレンド。

お湯に溶かすだけだし、1ヶ月に一度買うくらいなので値段で言うと400円くらい?

大きい瓶もあるんですが、酸化すると味が落ちると聞いたことがあるので小さいタイプを買ってます。
おかしい。残りの6600円分のコーヒーはどうなっているのか。

年間のコーヒー代は84,000円

毎月7000円のコーヒー代、年間でみると84,000円になります。

コーヒーだけではちまんえん以上の出費・・・?!

これは削り甲斐がありそうじゃな

誰?!

ただの通りすがりのコーヒーバリスタなのじゃ。気にせず続けるのじゃ。

毎日外でコーヒーを購入している

コーヒーは欠かせないので、朝家で飲むだけでなく出勤中に自販機で買い、休憩時間にはコンビニでも購入していることが発覚。
なんとおやつまで買っていました。

典型的な浪費家じゃな。日々の積み重ねで大きな出費をしていることに気づいていないようじゃ

自販機も100円のコーヒーしか買ってないのに~

  • 自販機のコーヒー:100円
  • コンビニコーヒー:カフェラテ/150~200円

1日300円コーヒー代に使っていることになります。
使うときは小さな額ですが、これが積み重なると大きくなっていくのは明白です。

外で買う回数を減らす

今回は「無理せず貯金」がテーマですので、飲むのをやめるという選択肢はのぞきます。
では、どうすればいいのか?

家でコーヒーを作って持っていくのじゃ!

最近はコーヒー専用の水筒もでていますし、可愛いデザインのボトルもたくさん発売されています。

まずは形から入ってみるのもいいのではないでしょうか。

節約のための出費ですが、長く使うものですので洗いやすさも含めて気に入ったものを選びましょう。

無理せず1年貯金を続けた結果

結果、1年で60万円貯めることができました!

対策した点

雑費
化粧品は必要なものだけ買う
服は何を買うか決め、かつときめいたものだけ買う
コーヒー代
自販機、コンビニでコーヒーを買わなくなった
自宅でコーヒーを作って持っていくようになった

あとは、毎週行っていたランチを月2回に減らしました。

買い物をするときに「これは本当に今すぐ必要なのか?と考えるようにもなったので、無駄遣いも減りました!

貯金が成功した理由

実際に貯金してみて思ったのは、自分が「続けられる」方法を選ぶというのが一番大事です。
固定費を減らし、無駄な支出をなくす。

たくさん我慢してもしんどいし続けられないので、無理のない範囲で、工夫しながら続けると以外と楽しいもんです。

ちょっと無駄遣いしてるかも?と思う方は1ヶ月だけでも家計簿をつけると、自分がなににお金を使っているか把握できますのでぜひ一度試してみてくださいね。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約55円~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならなんと通常価格の最大10%OFF! マシン本体費用9800円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?おいしいの?
全22種類の豊富なラインナップ!

20種類以上の豊富なラインナップの中には紅茶や抹茶も!さらにアイスコーヒーも作ることができるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが! カプセルタイプのため新鮮な状態のコーヒーを手軽に楽しむことが出来ます。 味にこだわるならこの『ドルチェグスト』がオススメです! 万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数200万台突破のネスカフェドルチェグスト! マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約することができます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

バラエティカプセルセットが貰える!
定期便申込みで今なら17杯分/1,480円のカプセルが貰える!

バラエティカプセルセットには11種類のカプセルが入っているので、その中からあなたのお気に入りが見つかるかも?!

コーヒー基礎知識の関連記事