どっちにしよう?アイスクレマサーバー2種類のメリットを比較

最終更新日:

アイスクレマサーバーがあれば、ひんやりおいしい泡(クレマ)がのったコーヒーが、自宅でかんたんに作れるんですよ。

アイスクレマサーバーは、据え置き型とハンディタイプの2種類があります。

一番の違いは、マシンの大きさです。

据え置き型の見た目は、コーヒーサーバーそのもの。

ボトルが一本丸ごと入って冷やせます。

ハンディタイプはボトルに取り付けて使うので、大きめのハンドルのような形をしています。

自分にぴったりのマシンを選ぶための、それぞれのメリットやデメリット、特徴をご紹介していきますね。

ハンディタイプのメリット

アイスクレマサーバー
まずは、小さい方のハンディタイプのメリットからご紹介します。

ボトルにつけたまま冷蔵庫に入れられる

ハンドルの部分を外せば、ボトルにマシンを取り付けたまま、冷蔵庫に入れることができるんです。

次に飲みたいときは、またハンドルをつけるだけ。これなら毎回付け外しする手間がなくて、かんたんですね。

乾電池なのでコスパがいい

ハンディ型は乾電池式なので、電気代がかからずコスパがいいんです。

取説によると、乾電池式でも、ボトル約50本分のアイスクレマコーヒーが作れます。

クレマを作るときだけ電気を使うので、こんなに長く使えるんですね。

持ち運べるから、アウトドアにも

小さく分解できるので、レジャーやアウトドアのお供にも。

バーベキューやピクニックなど、おいしいアイスクレマコーヒーが歓迎される場面はたくさんありそうですね。

小さいサイズならではのメリットがたくさんありましたね。

次に、デメリットについてご紹介します。

ハンディタイプのデメリット

ボトルが冷やせない

ハンディタイプは据え置き型と違って、 ボトルを冷やす機能はついていません。

アイスクレマコーヒーを作る前に、冷蔵庫でボトルを冷やしておく必要があります。

外へ持ち出すなら、乾電池の予備を

ハンディタイプは電池式なので、レジャーやアウトドアの際は、乾電池の予備を持って行った方がいいでしょう。

もし電池が切れると、クレマが作れなくなります。

ハンディタイプならではのデメリットをあげてみましたが、いかがでしたでしょうか。

次に、据え置き型のメリットとデメリットについて、見てみましょう。

据え置き型のメリット

アイスクレマサーバー

据え置き型はボトルが一本入るので、サイズも大きく安定しています。

まずは、メリットからご紹介します。

ボトルが冷やせる

据え置き型は、ボトルを中に入れて冷やせる機能が付いています。

ボトル一本分の冷蔵庫のようなものですね。

たとえば冷蔵庫がなくても、アイスクレマサーバーの据え置き型があれば、いつでも冷たいアイスクレマコーヒーが楽しめますよ。

レバーを押すだけのかんたん操作

据え置き型はレバーを押すだけで注げるので、片手でもアイスクレマコーヒーが作れます

これなら手の力に自信がない人でも、かんたんに作れそうですね。

冷蔵庫がなくても冷たいアイスクレマコーヒーが楽しめるというのは、 大きなメリットではないでしょうか。

次に、据え置き型のデメリットについてご紹介します。

据え置き型のデメリット

音が気になる場合も

据え置き型は冷却装置が付いているので、冷蔵庫のような音がします。

そのため、人によっては、ちょっとうるさいかな?と気になる場合もあるようです。

音が気になる場合は防振マットを敷いたり、家具の陰に配置するなど、いろいろと工夫してみましょう。

設置に場所をとる

据え置き型を置くなら、上下左右に本体から10センチ以上の隙間をあけること、と決められています。

さらに本体の高さは51.5センチと、一般的なコーヒーサーバー程度の高さがあります。

スペースに余裕がない場合は、設置場所を見つけるのが大変かもしれませんね。

設置スペースを守らなかった場合、冷却装置が十分に働かず、コーヒーが冷えない場合もあります。

設置スペースを守って配置できるよう、気をつけてみましょう。

ハンディタイプはこういう人におすすめ

  • アウトドアやパーティーが好き
  • サーバーの設置場所が思いつかない

ハンディタイプのいいところは、何と言っても持ち運びができること!

アウトドアやレジャー、ホームパーティーなど、自由に持ち運んで楽しみましょう。

ゲストの目の前で、アイスクレマコーヒーを作ることもできますよ。

また、設置場所がほとんど必要ないので、据え置き型を置くところがない!という方でも、アイスクレマコーヒーをたっぷり楽しめそうです。

据え置き型はこういう人におすすめ

  • 一日中いつでもすぐに冷たいコーヒーが飲みたい
  • 冷蔵庫がなくて、ボトルが冷やせない

据え置き型のいいところは、ボトルを冷やせるところです。

レバーを押すだけで、いつでも冷えたアイスクレマコーヒーが楽しめますよ。

冷蔵庫がなくても据え置き型があれば、いつでも冷たいコーヒーが楽しめます。

使い方や使うシーンでのおすすめをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

自分に合うタイプが決まったら、コスパも気になってきますよね。

そこで、ハンディタイプと据え置き型、どっちのコスパがいいのか?調べてみました。

据え置き型とハンディタイプ、コスパがいいのはどっち?

据え置き型とハンディタイプを購入するとなると、もちろんお安くなるのはハンディタイプです。

ここで、さらにコストを抑えて使える方法があるんですよ。

定期便を利用すると、マシンは無料レンタルできる

アイスクレマサーバーの定期お届け便を利用すると、マシンが無料でレンタルできるんです。

以前はハンディタイプのみレンタル可能だったのですが、最近では据え置き型もレンタル可能になったようです。

定期お届け便とは、ボトルコーヒーの定期購入のことです。

定期お届け便でボトルコーヒーを購入すると、通常購入より割引があるので、ちょっとお得なんですよ。

アイスクレマサーバーは専用ボトルしか使えないので、公式サイトから購入する必要があります。

必ず買うものなら、少しでも安い方が嬉しいですよね。

据え置き型もハンディタイプも、レンタルならほとんどコストが変わりません。あとはお好みで、マシンを選んでみましょう。

まとめ

ハンディタイプと据え置き型の大きな違いは、こちらの2つ。

  1. ハンディタイプなら、持ち運びができる
  2. 据え置き型なら、冷蔵庫がなくてもボトルが冷やせる

どちらのタイプで作っても味には変わりなく、美味しいアイスクレマコーヒーが作れます。

自分にぴったりのマシンを見つけて、コーヒータイムを楽しみましょう!

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約32円~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならなんとボトルコーヒーが1本あたり98円~に。 マシン本体費用も無料になります。

選べるコーヒーの種類は?おいしいの?
4年連続売り上げナンバー1!

全6種類、大人気のネスカフェのボトルコーヒーをさらに美味しく楽しめる! 万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

ハンディタイプ、据置タイプどちらも条件は同じです。 マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は毎月もしくは2ヶ月毎と選べるので、最短3ヶ月使えばその後はいつでも解約することができます。 ※解約後はマシンを返却する必要があります。

新規お申し込みキャンペーン実施中!
2019年8月お申し込みまで

抽選で毎月20名、合計100名様に体験ギフトカタログプレゼント!

ネスカフェアイスクレマサーバーの関連記事