アイスクレマサーバー比較!ハンディタイプと据え置き型どっちがおすすめ?

最終更新日:

アイスクレマサーバーは、据え置き型とハンディタイプの2種類があります。

一番の違いは、マシンの大きさです。据え置き型はボトルを入れて本体内部で冷やせます。

ハンディタイプはボトルに取り付けて使うので、持ち運びも可能。

今回はこのふたつを比較していきます。

アイスクレマサーバー比較!ハンディタイプはどんなマシン?

まずは、小さい方のハンディタイプのメリットからご紹介します。

ボトルにつけたまま冷蔵庫に入れられる

ハンドルの部分を外せば、ボトルにマシンを取り付けたまま、冷蔵庫に入れることができるんです。

次に飲みたいときは、またハンドルをつけるだけ。これなら毎回付け外しする手間がなくて、かんたんですね。

乾電池なのでコスパがいい

ハンディ型は乾電池式なので、電気代がかからずコスパがいいんです。

取説によると、乾電池式でも、ボトル約50本分のアイスクレマコーヒーが作れます。

クレマを作るときだけ電気を使うので、こんなに長く使えるんですね。

持ち運べるから、アウトドアにも

小さく分解できるので、レジャーやアウトドアのお供にも。

バーベキューやピクニックなど、おいしいアイスクレマコーヒーが歓迎される場面はたくさんありそうですね。

アイスクレマサーバー比較!据え置き型はどんなマシン?

アイスクレマサーバー

ボトルが冷やせる

据え置き型は、ボトルを中に入れて冷やせる機能が付いています。

ボトル一本分の冷蔵庫のようなものですね。

たとえば冷蔵庫がなくても、アイスクレマサーバーの据え置き型があれば、いつでも冷たいアイスクレマコーヒーが楽しめますよ。

レバーを押すだけのかんたん操作

据え置き型はレバーを押すだけで注げるので、片手でもアイスクレマコーヒーが作れます

これなら手の力に自信がない人でも、かんたんに作れそうですね。

冷蔵庫がなくても冷たいアイスクレマコーヒーが楽しめるというのは、 大きなメリットではないでしょうか。

アイスクレマサーバー比較!コスパがいいのはどっち?

コスパがいいのは断然ハンディタイプ。据え置き型は飲むとき以外も冷やす時間に電気代がかかるので、コスパを気にせず使うならハンディタイプがおすすめ

据え置き型はこういう人におすすめ

  • 一日中いつでもすぐに冷たいコーヒーが飲みたい
  • 冷蔵庫がなくて、ボトルが冷やせない

据え置き型のいいところは、ボトルを冷やせるところです。

レバーを押すだけで、いつでも冷えたアイスクレマコーヒーが楽しめますよ。

冷蔵庫がなくても据え置き型があれば、いつでも冷たいコーヒーが楽しめます。

ハンディタイプはこういう人におすすめ

  • アウトドアやパーティーが好き
  • サーバーの設置場所が思いつかない

ハンディタイプのいいところは、何と言っても持ち運びができること!

アウトドアやレジャー、ホームパーティーなど、自由に持ち運んで楽しみましょう。

ゲストの目の前で、アイスクレマコーヒーを作ることもできますよ。

また、設置場所がほとんど必要ないので、据え置き型を置くところがない!という方でも、アイスクレマコーヒーをたっぷり楽しめそうです。

アイスクレマサーバー比較:まとめ

ハンディタイプと据え置き型の大きな違いは、こちらの2つ。

  1. ハンディタイプなら、持ち運びができる
  2. 据え置き型なら、冷蔵庫がなくてもボトルが冷やせる

どちらのタイプで作っても味には変わりなく、美味しいアイスクレマコーヒーが作れます。

自分にぴったりのマシンを見つけて、コーヒータイムを楽しみましょう!

ネスカフェアイスクレマサーバーの関連記事