どっちにしよう?アイスクレマサーバー2種類のメリットを比較

最終更新日:

アイスクレマサーバーがあれば、ひんやりおいしい泡(クレマ)がのったコーヒーが、自宅でかんたんに作れるんですよ。

アイスクレマサーバーは、据え置き型とハンディタイプの2種類があります。

一番の違いは、マシンの大きさです。

据え置き型の見た目は、コーヒーサーバーそのもの。

ボトルが一本丸ごと入って冷やせます。

ハンディタイプはボトルに取り付けて使うので、大きめのハンドルのような形をしています。

自分にぴったりのマシンを選ぶための、それぞれのメリットやデメリット、特徴をご紹介していきますね。

ハンディタイプのメリット・デメリット

まずは、小さい方のハンディタイプのメリットからご紹介します。

メリット

ボトルにつけたまま冷蔵庫に入れられる

ハンドルの部分を外せば、ボトルにマシンを取り付けたまま、冷蔵庫に入れることができるんです。

次に飲みたいときは、またハンドルをつけるだけ。これなら毎回付け外しする手間がなくて、かんたんですね。

乾電池なのでコスパがいい

ハンディ型は乾電池式なので、電気代がかからずコスパがいいんです。

取説によると、乾電池式でも、ボトル約50本分のアイスクレマコーヒーが作れます。

クレマを作るときだけ電気を使うので、こんなに長く使えるんですね。

持ち運べるから、アウトドアにも

小さく分解できるので、レジャーやアウトドアのお供にも。

バーベキューやピクニックなど、おいしいアイスクレマコーヒーが歓迎される場面はたくさんありそうですね。

小さいサイズならではのメリットがたくさんありましたね。

次に、デメリットについてご紹介します。

デメリット

ボトルが冷やせない

ハンディタイプは据え置き型と違って、 ボトルを冷やす機能はついていません。

アイスクレマコーヒーを作る前に、冷蔵庫でボトルを冷やしておく必要があります。

外へ持ち出すなら、乾電池の予備を

ハンディタイプは電池式なので、レジャーやアウトドアの際は、乾電池の予備を持って行った方がいいでしょう。

もし電池が切れると、クレマが作れなくなります。

ハンディタイプならではのデメリットをあげてみましたが、いかがでしたでしょうか。

次に、据え置き型のメリットとデメリットについて、見てみましょう。

据え置き型のメリット・デメリット

アイスクレマサーバー

据え置き型はボトルが一本入るので、サイズも大きく安定しています。

まずは、メリットからご紹介します。

メリット

ボトルが冷やせる

据え置き型は、ボトルを中に入れて冷やせる機能が付いています。

ボトル一本分の冷蔵庫のようなものですね。

たとえば冷蔵庫がなくても、アイスクレマサーバーの据え置き型があれば、いつでも冷たいアイスクレマコーヒーが楽しめますよ。

レバーを押すだけのかんたん操作

据え置き型はレバーを押すだけで注げるので、片手でもアイスクレマコーヒーが作れます

これなら手の力に自信がない人でも、かんたんに作れそうですね。

冷蔵庫がなくても冷たいアイスクレマコーヒーが楽しめるというのは、 大きなメリットではないでしょうか。

次に、据え置き型のデメリットについてご紹介します。

デメリット

音が気になる場合も

据え置き型は冷却装置が付いているので、冷蔵庫のような音がします。

そのため、人によっては、ちょっとうるさいかな?と気になる場合もあるようです。

音が気になる場合は防振マットを敷いたり、家具の陰に配置するなど、いろいろと工夫してみましょう。

設置に場所をとる

据え置き型を置くなら、上下左右に本体から10センチ以上の隙間をあけること、と決められています。

さらに本体の高さは51.5センチと、一般的なコーヒーサーバー程度の高さがあります。

スペースに余裕がない場合は、設置場所を見つけるのが大変かもしれませんね。

設置スペースを守らなかった場合、冷却装置が十分に働かず、コーヒーが冷えない場合もあります。

設置スペースを守って配置できるよう、気をつけてみましょう。

ハンディタイプはこういう人におすすめ

  • アウトドアやパーティーが好き
  • サーバーの設置場所が思いつかない

ハンディタイプのいいところは、何と言っても持ち運びができること!

アウトドアやレジャー、ホームパーティーなど、自由に持ち運んで楽しみましょう。

ゲストの目の前で、アイスクレマコーヒーを作ることもできますよ。

また、設置場所がほとんど必要ないので、据え置き型を置くところがない!という方でも、アイスクレマコーヒーをたっぷり楽しめそうです。

据え置き型はこういう人におすすめ

  • 一日中いつでもすぐに冷たいコーヒーが飲みたい
  • 冷蔵庫がなくて、ボトルが冷やせない

据え置き型のいいところは、ボトルを冷やせるところです。

レバーを押すだけで、いつでも冷えたアイスクレマコーヒーが楽しめますよ。

冷蔵庫がなくても据え置き型があれば、いつでも冷たいコーヒーが楽しめます。

使い方や使うシーンでのおすすめをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

自分に合うタイプが決まったら、コスパも気になってきますよね。

そこで、ハンディタイプと据え置き型、どっちのコスパがいいのか?調べてみました。

据え置き型とハンディタイプ、コスパがいいのはどっち?

据え置き型とハンディタイプを購入するとなると、もちろんお安くなるのはハンディタイプです。

ここで、さらにコストを抑えて使える方法があるんですよ。

定期便を利用すると、マシンは無料レンタルできる

アイスクレマサーバーの定期お届け便を利用すると、マシンが無料でレンタルできるんです。

以前はハンディタイプのみレンタル可能だったのですが、最近では据え置き型もレンタル可能になったようです。

定期お届け便とは、ボトルコーヒーの定期購入のことです。

定期お届け便でボトルコーヒーを購入すると、通常購入より割引があるので、ちょっとお得なんですよ。

アイスクレマサーバーは専用ボトルしか使えないので、公式サイトから購入する必要があります。

必ず買うものなら、少しでも安い方が嬉しいですよね。

据え置き型もハンディタイプも、レンタルならほとんどコストが変わりません。あとはお好みで、マシンを選んでみましょう。

アイスクレマサーバーのメリット・デメリットまとめ

ハンディタイプと据え置き型の大きな違いは、こちらの2つ。

  1. ハンディタイプなら、持ち運びができる
  2. 据え置き型なら、冷蔵庫がなくてもボトルが冷やせる

どちらのタイプで作っても味には変わりなく、美味しいアイスクレマコーヒーが作れます。

自分にぴったりのマシンを見つけて、コーヒータイムを楽しみましょう!

お水はいくらくらい?メンテナンスは必要?
天然水1本(9L)あたり1,627円!

ご自宅でできる簡単なお手入れだけで使い続けられるので、メンテナンス料がかかりません。

レンタルと購入、どっちがおすすめ?
3年以上使うのであれば購入がおすすめ!

レンタルの場合初月以降は毎月1,320円のレンタル料がかかりますが、前月3箱以上お水を購入していれば翌月のレンタル料は無料!マシン購入の場合、天然水が通常価格の17%オフで購入できるので、長く使うのであればレンタルより購入がおすすめ!

解約について教えてほしい
レンタルの場合、2年以内の解約は違約金あり

解約したい場合は、フレシャス公式サイトにて電話もしくはメールでのお問い合わせとなります。

キャンペーンについて教えて
キャッシュバックキャンペーン実施中!

他社から乗り換えの場合、最大16,500円のキャッシュバックが受けられるチャンス!※必ず手続きが必要となります

コストはどのくらいかかるの?
月々4000円弱!

専門スタッフにより「あんしんサポート料」1500円(+消費税)に加え12Lのレギュラーボトル(1296円/本)2本を購入した場合月のコストは約4212円。 ※アクアウィズはネスレの定期便利用が前提のサービスとなっております。

コーヒーマシンと直接接続できる!
これまでより給水の手間が大幅に減ります

コーヒーマシンとウォーターサーバーを直接接続することにより、1度の補充で約85杯分のコーヒーを抽出することができ、もちろんコーヒーだけでなく冷水・温水も出るのでお料理に使ったりお子様が手軽にお水を飲むこともできます。

キッチンから離れた場所にも設置できる!
ウォーターサーバー自体にコーヒーマシンを設置できるのでリビングや寝室にもおくことができます

ご家庭だけでなく、オフィスでもご利用できるためさまざまなビジネスシーンで活躍すること間違いなし!

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約75円~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならなんと通常価格の最大17%OFF! マシン本体費用9,904円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?おいしいの?
20種類以上の豊富なラインナップ!

20種類以上の豊富なラインナップの中には紅茶や中国茶も!さらにアイスティーも作ることができるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが! カプセルタイプのため新鮮な状態のコーヒーを手軽に楽しむことが出来ます。 味にこだわるならこの『スペシャル.T』がオススメです! 万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

定期便は2ヶ月毎のお届けですので、最短半年使えばその後はいつでも解約することができます。 ※解約時はマシンを返却する必要があります。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり75円~。さらに定期便で本体無料!

定期便なら通常価格の5%OFF! マシン本体費用11,880円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?
全25種類の豊富なアロマを自宅で楽しめる

世界中の高品質な豆の中から、スイスにあるネスレ本社のコーヒーエキスパート達が「豆の個性」と「アロマ」を吟味し、徹底した品質管理のもと厳しい社内基準を満たすものだけを採用しています。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

定期便利用4回目以降はその後はいつでも解約することができます。 ※解約する場合はマシンを返却する必要があります。(送料自己負担)

スターバックスコラボカプセル登場!
スタバとのコラボカプセルが購入できるのは定期便だけ!

ついにネスプレッソとスターバックスのコラボカプセルが登場!楽しめる味わいは3種類、ネスレ通販オンラインショップのみでの取り扱いとなります。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約15円~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならエコ&システムパックがなんと通常価格の最大39%OFF! マシン本体費用5980円も無料になります。毎日コーヒーを飲む方なら定期便の利用が断然お得!

メリットは?
1台で4種類のコーヒーを手軽に楽しめる!

ボタンひとつで手間をかけずに本格的なコーヒーが楽しめます。アイスコーヒーも作ることができるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが。万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き!

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数300万台突破のネスカフェバリスタ!マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約することができます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

キャンペーンについて教えて
マシンをレンタルすると特典がついてくる!

バリスタマグ&ブライトスティックがもらえます。

ネスカフェアイスクレマサーバーの関連記事