アイスコーヒーがおいしく作れるのはどっち?アイスクレマサーバーとバリスタを比較

最終更新日:
アイスコーヒーがおいしく作れるのはどっち?アイスクレマサーバーとバリスタを比較

アイスコーヒーって、自分で作るとなるとけっこう大変ですよね。

コーヒーマシンがあれば、いつでもおいしいアイスコーヒーがかんたんに楽しめますよ。

アイスコーヒー専用のマシンであるアイスクレマサーバーですが、同じネスカフェからはバリスタというコーヒーメーカーも販売されています。

おそらく、バリスタのほうが有名ではないでしょうか。

この2機種の大きな違いはこちら。

  • アイスクレマサーバーは、アイスコーヒーのみが作れる
  • バリスタは、ホットもアイスも両方作れる

さらに、味やクレマや使い勝手など、さまざま項目について比較してみました。

こちらから、一緒にみていきましょう。

アイスクレマサーバーは2タイプ、バリスタは4タイプ

アイスクレマサーバーは2タイプ。

バリスタは3タイプあります。

それぞれの特徴はこちらです。

アイスクレマサーバー

アイスクレマサーバー 据え置き型

本体に900mlボトルを入れて使う、コーヒーサーバーらしい見た目の据え置き型。

いつでも冷たいアイスコーヒーが楽しめます。

アイスクレマサーバー ハンディタイプ

ボトルにハンドル型のマシンを取り付けて使う、ハンディタイプです。

バリスタ

バリスタ シンプル

操作を簡単にしたシンプルタイプのバリスタ。

ネスカフェエコ&システムパックを使って、コーヒーやカフェラテが楽しめます。

バリスタ 50

ネスカフェゴールドブレンドの発売50周年を記念したモデルのバリスタ。

Bluetooth搭載で、カプチーノやカフェラテの濃さを専用アプリから調節できます。

バリスタ アイ

定期お届け便の利用で無料レンタルができるバリスタ。

こちらもBluetooth搭載です。

それぞれの特徴は、なんとなく伝わりましたでしょうか。

全部で5タイプありましたが、比較するにはちょっと数が多いですよね。

そこでここからは、できるだけ条件の似た2タイプを比較していきましょう。

その2機種はこちら

アイスクレマサーバーの据え置き型とバリスタ

アイスクレマサーバーの据え置き型バリスタアイは、両方ともマシンの無料レンタルができるんですよ。

※ちなみにアイスクレマサーバーのハンディタイプもレンタルすることができます。

無料レンタルとは、専用のコーヒーを定期購入した人だけに、無料でマシンをレンタルさせてくれるシステムのこと。

本体を購入しなくても使い勝手を試すことができるので、どちらにしようか迷っている方にもおすすめな方法なんです。

それではこの2種類について、まずはコスパから比べてみましょう。

コスパがいいのはどっち?

電気代や本体代など、マシンにかかるコストのすべてを比較してみましょう。

電気代が安いのはどっち?

1日3杯飲んだとして、一か月あたりの電気代を比較してみます。

機種名 1ヶ月あたりの電気代
アイスクレマサーバー 約660円
バリスタ 約90円

かなりの差が出ましたね。
差がついた理由は、マシンの機能の違いです。

アイスクレマサーバーの据え置き型には冷却装置がついているので、小さな冷蔵庫並みに電力を消費します。

ここに電気代がかかるのですね。

バリスタアイには冷却機能がないので、その分の電気代はかかりません。

ですが、アイスコーヒーをつくるなら、あらかじめ氷を用意する必要があります。

本体が安いのはどっち?

本体を購入するとして、本体価格を比較してみます。

機種名 本体価格
アイスクレマサーバー 9,981円
バリスタ 6,090円

バリスタアイの方が、少しお安いですね。

定期お届け便を利用するなら、両方とも無料レンタルがあるので、本体代よりも月々のコーヒー代を比較するほうがよさそうです。

コーヒー代が安いのはどっち?

1日3杯飲むとして、一か月あたりのボトル(パック)代を比較してみます。

機種名 1ヶ月あたりのコーヒー代
アイスクレマサーバー 3,072円
バリスタ 1,548円

ここでも差が出ましたが、この差はボトルとパックの違いではないでしょうか。

ボトルコーヒーの場合、900mlのボトル1本で、約4杯のアイスコーヒーが楽しめます。

パックの場合、65g 516円の1パックで、約32杯。

このコスパの差が、金額の差につながっているのですね。

コストを比べてみましたが、いかがでしょうか。

全体的にコスパがいいのはバリスタアイという結果になりました。

ホットもアイスも作れるバリスタアイより、アイスのみのアイスクレマサーバーの方が、機能が少ない分コスパがいいかと思いましたが、意外でしたね。

次は、気になるアイスコーヒーの味について比べてみたいと思います。

おいしいのはどっち?

コスパも大事ですが、味も重要です。

ここからは、どっちがよりおいしいアイスコーヒーを作れるのか、比較してみましょう。

クレマがおいしいのはどっち?

アイスコーヒーのおいしさは、クレマ(泡)のおいしさですよね。

そこで、クレマを作る製法について比べてみました。

アイスクレマサーバー

コーヒーを注ぐときに、泡立て羽根を回してクレマをつくる

バリスタアイ

業務用マシン並みの高圧ジェットノズルから熱湯を出し、泡立ててつくる

クレマのクリーミーさで比べると、業務用マシン並みの圧力ということで、バリスタアイでしょうか。

ですが、アイスクレマサーバーは自分でクレマの量を調節できるというメリットもあるんですよ。

味の種類が多いのはどっち?

たくさんの中から味を選べると、楽しいですよね。

味のバリエーションの数を比較してみましょう。

アイスクレマサーバー

ボトルコーヒー 6種類

アイスクレマサーバーで使えるボトルコーヒー一覧はこちら

バリスタアイ

エコ&システムパック 10種類

バリスタで使えるエコ&システムパック一覧はこちら

単純に比べても、バリスタアイの方が多いですね。

バリスタアイはこれ以上に、お得なこだわりパックやおすすめパックもあるので、購入できる種類がかなり多い印象でした。

一番大事な味について比較してみましたが、いかがでしたでしょうか。

味はお好みによる部分が大きいので、ぜひ一度試してみて、お好みのものを見つけてみてくださいね。

まとめ

アイスクレマサーバーとバリスタアイの一番の違いは、コスパでしたね!

バリスタアイの方が、かなりお安くアイスコーヒーが楽しめます。

それぞれのメリットをもとにしたおすすめは、こちら。

アイスクレマサーバーに向いているのはこんな人

  • 手間をかけずに、いつでも冷たいアイスコーヒーが飲みたい
  • クレマの量にこだわって、自由に調整したい

バリスタアイに向いているのはこんな人

  • いろいろな種類のコーヒーでつくったアイスコーヒーが飲みたい
  • 業務用並みのクリーミーなクレマを楽しみたい

どちらも無料レンタルがあるので、気軽にお試しができますよ。

ぜひ一度味見をしてみましょう!

おいしいアイスコーヒーを、毎日楽しんでくださいね。

ネスカフェアイスクレマサーバーの関連記事