アイスクレマサーバーはどんな人におすすめ?メリットデメリットを徹底調査!

最終更新日:
値段が高い?ほんとにおいしい?アイスクレマサーバーのメリットとデメリット

今回はアイスクレマサーバーのメリットやデメリットについて調べてみました。

気になるコスパや、美味しさ、どれくらい手間がかかるのかについてまとめています。

アイスクレマサーバーのメリット

メリット(1)コスパ

アイスクレマサーバーを使うと、1杯約32円でアイスクレマコーヒーが楽しめます。

これは、定期お届け便に加入して、ボトルコーヒーを通常より割引で購入した場合の価格です。

定期お届け便とは、ボトルコーヒーの定期購入のこと。

毎月または2か月毎の間隔で自宅に届くので、とっても便利なんです。

定期お届け便に加入すると、マシンの無料レンタルもできるんです。

メリット(2)美味しさ

アイスクレマサーバーで作ったふわふわのクレマ(泡)は、コーヒーの表面をぴったり覆うから、作りたての香りを閉じ込めてくれます。

しっかり撹拌されたクリーミーな泡で、消えにくく長持ち。

最後までおいしいアイスコーヒーを楽しめるんですよ。

口コミでも評判の美味しさです。

メリット(3)外でも楽しめる

アイスクレマサーバーのハンディタイプは、それぞれのパーツに分解できます。

小さくなって持ち運べるので、どこでも気軽に持って行けるんですよ。

キャンプやBBQなどに持って行くと、いつものアイスコーヒーがもっと美味しくなるかもしれませんね。

ホームパーティーなどにもおすすめですよ。

メリット(4)据え置き型なら冷蔵庫がなくても大丈夫

アイスクレマサーバーの据え置き型には、ボトルコーヒーを冷やす機能がついています。

もしご自宅の冷蔵庫にボトルコーヒーを冷やすスペースがなくても大丈夫。

据え置き型なら、小型の冷蔵庫のような感覚で、いつでも冷たいアイスクレマコーヒーが楽しめますよ。

メリットがたくさんありましたが、どれか気になるものはありましたでしょうか。

ここからは、デメリットについてご紹介していきます。

アイスクレマサーバーのデメリット

デメリット(1)手間がかかる

アイスクレマサーバーは、毎日の分解洗浄が推奨されています。

注ぎ口のパーツを分解して、水ですすぐだけ。

作業自体は、とってもかんたんです。

でも、人によってはこの作業を面倒に感じることもあるようです。

口コミによると、これが面倒でしょうがない、という声もありました。

ノズルを洗わずに放っておくと、コーヒーかすがつまって、漏れやつまりの原因になることもあります。

口に入るものを注ぐ部分ですから、毎日きれいに洗って使っていきたいですね。

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、おいしいクレマのために、パパっと洗ってしまいましょう。

デメリット(1)音がうるさい

アイスクレマサーバーは、クレマを作るときに、ガーッと勢いよくコーヒーを撹拌します。

そのときの音がうるさい、という口コミがありました。

さらに、据え置き型には冷やす機能がついているので、小型の冷蔵庫のような音がするようです。

人によっては、これがうるさくて…という声も。

慣れてしまえば気にならなくなるようですが、気になるものはしょうがないですよね。

本体の下に防振マットを敷いたり、配置を工夫したりと、音の対策はいろいろあります。

不安な方はマシンの無料レンタルで、使い勝手を試してみるのもおすすめですよ。

デメリット(1)据え置き型は電気代が高い

アイスクレマサーバーの据え置き型は、1ヶ月あたり約660円の電気代がかかります。

バリスタは約90円ですから、比べてみるとかなりの差がありますね。

据え置き型にはボトルを冷やす機能がついているので、他のコーヒーサーバーよりどうしても電気代が高くなるのですね。

気になる方は、ハンディタイプがおすすめです。

ハンディタイプは電池式なので、電気代はかかりませんよ。

デメリット(1)据え置き型は背の高いグラスが使えない?

据え置き型の注ぎ口から受け皿までの隙間は、高さが約10センチ

背の高いグラスが使いたくても、入らないのですね。

解決策は2つあります。

一つは、高さが約10センチ以下のカップを使うこと。

もう一つは、ハンディタイプを使うことです。

アイスクレマサーバーのハンディタイプなら、ボトルに取り付けて使うので、グラスの高さに制限はありません。

どれでもお好きなグラスが使えますよ。

アイスクレマサーバーのメリット・デメリット:まとめ

アイスクレマサーバーは、こんな人におすすめです。

  1. 家でアイスクレマコーヒーを毎日楽しみたい
  2. アウトドアでおいしいアイスクレマコーヒーを楽しみたい
  3. 来客やパーティーなど、おもてなしが大好き

据え置き型もハンディタイプも、それぞれにメリットやデメリットがありましたね。

どんな使い方をしたいかイメージをふくらませて、ぴったりのマシンを選んでみてくださいね。

おいしいアイスクレマコーヒーを、たっぷり楽しみましょう!

ネスカフェアイスクレマサーバーの関連記事