ネスカフェのアイスコーヒーメーカー!アイスクレマサーバーが無料になるキャンペーンって?

最終更新日:
ネスカフェのアイスコーヒーサーバー!アイスクレマサーバーが無料になるキャンペーンって?

ネスカフェのコーヒーメーカーといえば有名なのはバリスタですが、実はアイスコーヒー専用のマシンもあるんです!

とはいっても、粉やカプセルを使って抽出するのではなく、液体のボトルコーヒーを使います。

え、それじゃあわざわざマシンを使わなくてもそのまま飲めばいいんじゃ・・・と思っちゃったそこのアナタ、違います!!

今回ご紹介する『アイスクレマサーバー』は、普通のアイスコーヒーではなくふわっふわの冷たいクレマ(泡)たっぷりドラフトコーヒーを作ることができるマシンなんです!

しかも、そのマシンがなんと無料で使えちゃうんですよね。ヤベェですよ。

去年よりさらに猛暑になるといわれている今年の夏を乗り切っていただくためにも、全力で紹介していきます!

ネスカフェのアイスクレマサーバーってどんなマシン?

ネスカフェのアイスクレマサーバーってどんなマシン?

ネスカフェのアイスコーヒー専用マシン、ネスカフェアイスクレマサーバーは家庭で簡単にドラフトコーヒーを作ることのできるマシン。

本体は2種類から選ぶことができます。

  1. マシン内部でボトルコーヒーを冷やすことのできる据え置き型
  2. 電池式で持ち運び可能なハンディタイプ

ご自宅にスペースのある方や、冷蔵庫が小さくてボトルコーヒーを冷やすスペースがない!なんて方は据え置き型がいいですが、個人的にはハンディタイプをゴリ押しします!!!

個人的主観でハンディタイプをおすすめする理由

じわっと暑くなってきましてね、あ~アイスクレマサーバー欲しいな~なんて思いつつネスレ公式サイトを見ながら色々情報を集めてたわけですよ。

せっかくだし据え置き型にしようかなと思ったんですが、我が家はあまりスペースがないのでサイズ感も含めてさらにリサーチを続けたわけですよ。

すると、据え置き型は冷蔵機能がついているのがメリットではあるんですが、なんとボトルコーヒーが冷えるまでに2時間以上かかります。

えっ冷蔵庫で冷やしたほうが早いんじゃ

さらに、冷えるまで2時間以上かかるのであれば、例えば朝と夜1杯ずつ飲もうと思ったら基本電源入れっぱなしになるわけですよね。

口コミを見ると割とモーター音がうるさいと書いている方がいたので、そんなにフルパワーで動いてるの?と思い電気代を算出してみました。

  • 1日24時間稼動した場合:約38円
  • 1ヶ月フル稼働した場合:約1,140円

いや、高ぇわ。

しかも据え置き型だと高さ10cmまでのカップしか使えないし…タンブラーで飲みたい…

電気代についてはこまめに電源オフにすれば電気代は節約できるでしょうが、アイスコーヒー飲みたい気分になる2時間前に電源いれるとかめんどくさいしそれならバリスタで作ったコーヒーに氷淹れたほうが早いし…と諦めかけましたが、そうだよ、アイスクレマサーバーってハンディタイプもあるじゃん!

というわけでハンディタイプにシフトチェンジしました。

ハンディタイプのいいところ・わるいところ

アイスクレマサーバー
ざっくりまとめてみると

  • 電池式なので持ち運べる
  • ミルクフォーマーが付いてる
  • コンパクトなので場所を取らない
  • マシンを装着したまま冷蔵庫に入れられる

あれっ悪いところがないよ

電池はどれくらいもつのか調べて見ると、単三電池2本でボトルコーヒー50本くらいはいけるみたいです。十分ですわ!

マシンを装着したまま冷蔵庫に~とありますが、もちろん丸ごとではなくハンドル部分は取り外せるみたいです。冷蔵庫閉まらないもんね。

アイスクレマサーバーハンディタイプはそのまま冷蔵庫に入れられるよっていう説明図

2019年発売モデルから付属されるミルクフォーマーって何?

通常アイスクレマサーバーではマシンを使ってコーヒーの上にビールのような泡を作り出すことができるのですが、2019年発売のモデルに付属されているミルクフォーマーを使えば牛乳を泡立てることができるようです!

つまり、ドラフトコーヒーだけでなくカフェラテなんかも楽しめちゃうわけですね。

ちなみに、こちら据置型にはついていません。

ハンディアイスクレマサーバーに付属されているミルクフォーマー

なんだか小さそうな部品ですのでうっかり無くさないように注意したほうがよさそうですね。

ミルクフォーマーを使う場合は部品を組み立てる必要があるようです。

詳しい使い方については公式サイトをご覧ください。

アイスクレマサーバーで使えるボトルコーヒーは6種類!

ネスカフェボトルコーヒー一覧
アイスクレマサーバーでは、ネスレのボトルコーヒー(900ml)のみ使うことができます。

  • ネスカフェゴールドブレンド コク深め 無糖
  • ネスカフェゴールドブレンド コク深め 甘さ控えめ
  • ネスカフェゴールドブレンド コク深め カフェインレス無糖
  • ネスカフェエクセラ 無糖
  • ネスカフェエクセラ 甘さ控えめ
  • ネスカフェエクセラ 超甘さ控えめ

ネスレ通販サイトでは12本入りのケース単位での販売ですが、そんなにいらない…という場合はスーパーなどでも入手することができます。

アイスクレマサーバーを使うなら永久保証付き無料レンタルがおすすめ!

アイスクレマサーバーが無料で使える!
通常、アイスクレマサーバーを購入する場合マシン代金は以下の通りとなります。

  • 据え置き型:9,800円(税込)
  • ハンディタイプ:3,758円(税込)

ですが、ボトルコーヒーを定期購入するとマシンが無料レンタルできちゃうんです!!

えっボトルコーヒー定期購入しなきゃなんないのそれはちょっとやだ・・・と思われた方もいらっしゃると思いますが、ネスカフェのボトルコーヒーはアイスコーヒーだけでなく温めて飲むこともできますし、また定期購入は3回以上継続すればその後いつでも解約できますので、これからの暑い時期だけレンタルするということも可能なんです。

※レンタルサービスは1人1回のみですので、「毎年3ヶ月だけ契約すればいーじゃん!」というのはダメです。

レンタルするメリットは

  1. マシンが無料レンタルできる
  2. お届け頻度を毎月もしくは2ヶ月毎と選べる
  3. ボトルコーヒーを最大29%オフで購入できる
  4. 重いボトルコーヒーを自宅まで届けてくれる
  5. レンタル期間中は永久無料保証付き

ハンディタイプなら値段も手頃なので購入しちゃってもいいかもしれませんが、本体代でボトルコーヒー2ケースは買えちゃうのでコスパの面でもレンタルがおすすめです。

無料でアイスクレマサーバーを使う場合の注意点

先ほど解約は3回以上の継続が必要、といいましたが、もうひとつ注意していただきたいのが

  • 解約の際はマシンの返却が必要

ということ。

万が一紛失したなどの理由で返却できなかった場合、マシン代金として据え置き型は7,800円(税込)、ハンディタイプは3,700円(税込)支払う必要がありますのでちゃんと返しましょう。

アイスクレマサーバー無料レンタルキャンペーンまとめ

自宅ではなかなか作ることのできないドラフトコーヒーを簡単に作ることができるアイスクレマサーバー。

ネスレの定期便利用者限定のお得なキャンペーンなども行われていますのでぜひ一度チェックしてみてくださいね。

ネスカフェアイスクレマサーバーの関連記事