UCCの「コーヒーの魅力を堪能する」海外研修ツアーとは?内容や料金を紹介

最終更新日:
UCCの「コーヒーの魅力を堪能する」海外研修ツアーとは?内容や料金を紹介

国内コーヒーメーカー最大手のUCCでは、コーヒーの魅力をユーザーに伝えるために毎年ハワイでの海外研修ツアーというのを開催しています。

ここでは、そんなUCCが開催する海外研修ツアーのプログラム内容や料金についてご紹介していますので、ぜひ最後までご覧になっていってください。

普通のハワイ旅行では体験できないようなプログラムも満載です。

UCCの海外研修ツアー概要

UCCが毎年開催をしている海外研修ツアーでは、ハワイ島にある「UCCハワイコナコーヒー農園」での各種訪問体験やオワフ島での観光などが楽しめます。

そのため、コーヒーが好きでハワイ旅行にも行ってみたいという方にはとても魅力的な内容です。

なお、一例として2020年の実施日程や体験できるプログラムなどをまとめたものがこちらとなります。

UCC海外研修ツアー

日程:2020年2月26日(水)~3月3日(火)
内容:コーヒー精製所見学、焙煎・テイスティング実習、他地区の農園視察、コーヒー記念植樹、ハワイ島ツアー、農園バーベキュー

流れとしては羽田空港から直行便でハワイ島へ行き、その後ハワイ島で3泊、オワフ島で2泊となっています。

研修は主にハワイ島のみで、オワフ島ホノルルでは観光がメインです。

宿泊場所に関してはハワイ島「ロイヤルコナリゾートホテル」、オワフ島「シェラトンプリンセスカイウラニ」となっていますので、ちゃんとしたリゾート旅行としても楽しむことができます。

UCC海外研修ツアーの料金

ハワイでおこなわれるUCC海外研修ツアーの料金は以下の通りです。

UCC海外研修ツアー料金

料金:310,000円(大人お一人様・2名1室利用)
別途費用:下記記載
  • 羽田空港施設使用料・旅客保安サービス料:2,710円
  • 国際観光旅客税:1,000円
  • 現地空港税:7,620円(2019年11月時点)
  • 燃油サーチャージ:12,000円(2019年11月時点)

※燃油サーチャージに関しては増額された場合は不足分を追加徴収、減額された場合は減額分が払い戻しとりなります。

だいたい35万円弱ほどでハワイ5泊7日旅行が楽しめるという形です。

なお、食事に関しては朝食が5回分・昼食が2回分・夕食が3回分ふくまれています。

ちなみに募集人数は例年18人から20人ほどで、ひとりでも参加が可能です。
(最小催行人数は10人~15人)

UCC海外研修ツアーの内容

ここからはUCCの海外研修ツアーを日程ごとに解説していきます。

どんなプログラムがあるのか、自由時間はどれくらいあるのかという参考にしてみてください。

1日目~2日目

夜9時ごろに羽田からハワイ島コナへ出発。

現地時間昼ごろ到着後、UCCハワイコナコーヒー農園を訪問して、コーヒーが実際に栽培されている様子などを見学します。

このとき、講義などを聞くことにもなりますので、いろいろな質問をすることが可能です。

農園訪問後はホテルへと戻り、夕食をみなさんで頂きます。

3日目

3日目は朝から初日に訪問したコーヒー農園へと訪れ、各種プログラムを体験します。

実際にコーヒー豆が出来る木をみんなで植え、焙煎作業などを体験するわけですが、この2日目が研修としてのメインの日です。

なお、ランチはレストランにていただき、夕食はコーヒー農園でバーベキューをおこないます。

コーヒー農園でのバーベキューというのもUCC海外研修ツアーならではの体験ですので、ぜひ楽しんでみてください。

4日目

4日目は他地区のコーヒー農園の視察などに行き、コーヒーの干し方などを勉強します。

この日は同じコーヒーでも地区によっていろいろな方法で精製されていることを知れるので、非常に有意義な1日となります。

他地区のコーヒー農園を視察し終わったあとは、ハワイ島観光ツアーへと出発です。

ボルケーノ国立公園などハワイ島でしか味わえない風景を楽しむことができます。

なお、この日は初めて夕食が自由となりますので、自分で行きたいところを探しておくと楽しみも増えるはずです。

5日目

午前中は自由時間となり、ハワイ島での最後の時間を楽しみます。

その後、空路にてオワフ島へと出発です。

オワフ島まではおよそ50分弱で到着します。

なお、ここからはほぼ自由時間のみです。

ハワイ観光をしたいという方にとってはとても楽しみな時間となります。

6日目

ハワイ滞在最終日となりますが、この日は終日自由行動です。

夕食の時のみ参加者全員で「さよなら夕食会」をホテルでおこないます。

ちなみに海外研修ツアーの中で参加者同士が仲良くなったりするのも醍醐味のひとつです。

7日目

日程最終日となるこの日は、専用車にて空港まで行き帰路へとつきます。

羽田到着後はそのまま解散です。

まとめ

ご覧いただいたようにUCCが企画する海外研修ツアーはコーヒーの魅力と、そのコーヒーを生産するハワイ自身をたっぷりと堪能できる内容となっています。

また自由時間もたくさん含まれていますので、観光目的でも利用ができるツアーです。

ぜひハワイに行ってみたい、コーヒーの勉強をしてみたいという方は、UCCのホームページより参加申し込みをおこなってみてください。

お水はいくらくらい?メンテナンスは必要?
天然水1本(9L)あたり1,627円!

ご自宅でできる簡単なお手入れだけで使い続けられるので、メンテナンス料がかかりません。

レンタルと購入、どっちがおすすめ?
3年以上使うのであれば購入がおすすめ!

レンタルの場合初月以降は毎月1,320円のレンタル料がかかりますが、前月3箱以上お水を購入していれば翌月のレンタル料は無料!マシン購入の場合、天然水が通常価格の17%オフで購入できるので、長く使うのであればレンタルより購入がおすすめ!

解約について教えてほしい
レンタルの場合、2年以内の解約は違約金あり

解約したい場合は、フレシャス公式サイトにて電話もしくはメールでのお問い合わせとなります。

コーヒー基礎知識の関連記事