『ネスカフェアイスクレマサーバー』の使い方は本当に簡単?画像付きでマシンを紹介!

最終更新日:
【簡単・基本操作】ネスカフェアイスクレマサーバー開封レビュー!

自宅で簡単にアイスクレマコーヒーを作ることの出来る、ネスカフェゴールドブレンドアイスクレマサーバーの基本的な使い方をご紹介します!

実際に使ってみて最初の一杯を飲んだ感想・どういったメリットがあるのかも合わせてご紹介していきます。

・購入、レンタルを迷われている方
・使い方を知りたい方

にオススメの記事です

ネスカフェゴールドブレンドアイスクレマサーバーとは?

アイスクレマサーバー

自宅で簡単にアイスクレマコーヒーを作ることのできるアイスコーヒー専用のマシンです。

本体に冷蔵機能がついた据え置きタイプと、電池式で持ち運びも可能なハンディタイプの2種類があります。

アイスクレマコーヒーとは?

ドラフトコーヒー

  • ビールのようにクレマ(泡)があるコーヒーのこと
  • クレマがコーヒーの風味を閉じ込め、飲むとなめらかな口当たりに。
    コーヒーが苦手な方でも飲みやすい仕上がりになります。

アイスクレマサーバーの特徴

  • アイスコーヒー専用コーヒーメーカー
  • アイスクレマが作れる
  • 据え置きタイプなら氷、冷蔵庫が必要ない
  • 5種類のボトルコーヒーが取り付け可能

アイスクレマサーバーで使用できるコーヒーの種類は「ネスカフェボトルコーヒー900ml

他社のボトルコーヒーではボトルの形状が合わずマシンが故障する可能性がありますのでご注意を。

空のボトルに他社のコーヒーを詰替えたら使えるかもしれませんが、やはり泡立ちにくかったりノズルが詰まりやすかったりするようなので、専用のボトルコーヒーを使うほうがいいでしょう。

他のコーヒーマシンとの違い

バリスタやドルチェグストとの違いは、もちろんアイスコーヒー専用ということ。

そして、カプセルや粉ではなくボトルコーヒーを使うということ。

普通にアイスコーヒーを飲みたいだけならば冷蔵庫で冷やした物を飲めばいいのではと思われる方もいらっしゃるでしょうが、ふわふわのクレマが出来るドラフトコーヒーは中々家庭では作ることができません。

バリスタやドルチェグストを使用してもクレマのあるアイスコーヒーを作ることは可能ですが、氷を用意したり抽出量でコーヒーの濃さを調節したりと何かと手間がかかるのじゃ。

アイスクレマサーバーならボトルコーヒーだけで泡まで冷たいコーヒーが作れるんですね。

据置タイプであればマシンに冷却機能が付いているのでペットボトルを冷やす必要もなし。

氷も使わず薄くなることもないので、毎回安定して同じ味になります。

アイスクレマサーバー開封レビュー

据置タイプをゲットしたので、早速開封していきます。

箱から出したアイスクレマサーバー本体と電源コード

箱から出してみると思ったよりも大きいので導入を検討されている方はサイズの確認をしっかり行ってからのほうがよさそうです。

電源コードはバリスタやドルチェグストに比べると長いため電源確保は容易にできそうです。

アイスクレマサーバーのシリアルナンバーは電源コード差込口の近く

アイスクレマシリアルナンバー
保証期間を延長する際に必要になるシリアルナンバーですが、本体の後ろ側、電源コード差し込み口のすぐ上に記載されています。

電源ボタンは本体下部

電源がオフの状態だったのでオンにします。

アイスクレマサーバー電源オンオフの見分け方

一瞬どっちが電源オンオフか分からなかったのですが、○と―は数字の0と1を表しているようです。
つまり0→1に増えているのでが電源が入っている状態ということになります。

アイスクレマサーバ電源ランプ
電源を入れると、本体前面の電源ランプが点灯します。

アイスクレマサーバー使用前の準備

まず本体の扉を開けます

アイスクレマサーバー本体横の開閉レバー

本体右側面に開閉レバーがあるので下げながら

アイスクレマサーバーの本体カバーをあけているところ

開きました!

アイスクレマサーバーの付属品の確認

アイスクレマサーバーの本体内側にストロー
カバーの内側にはストローが2本取り付けられていました。
このストローをボトルに刺して使うようです

アイスクレマ本体カバー内側のQRコード

ストローを取り外すと使い方の動画が掲載されているQRコードがありました。
ここなら無くすこともないし困ったときにいつでも見られて便利そうです。

他の付属品はこちら。(専用ノズル/クレマユニット用パッキン予備)

アイスクレマサーバーの付属品

この専用ノズルにストローを装着します

専用ノズルにストローを刺している

これをボトルコーヒーに装着し、いよいよマシンに取り付けてコーヒーを抽出します!

アイスクレマサーバー本体にペットボトルを取り付ける

本体に取り付ける前に、まずは専用ノズルの茶色と赤の間に隙間がないかしっかり確認してください。

専用ノズルのアップ

隙間がある場合、マシン本体に装着する際に液漏れする可能性があります。

隙間がないことをしっかり確認してから、本体に取り付けられているボトル固定トレイを取り出します

アイスクレマサーバーのボトル固定トレイを取り出そうとしているところ

ボトル固定トレイのダイヤルをに回し少し右にある▲マークの位置にダイヤルをあわせると引き出せます

めいっぱい左(close)

少し右(▲)

引き出せない場合はダイヤルを再度回してください。

アイスクレマ本体内部
ペットボトルを斜めに入れ、茶色の接続口に乗せます。
アイスクレマ説明書
ペットボトルに取り付けているノズルBの赤い部分が設置トレイ奥の溝にきちんとはめ込まれるように載せてください。

アイスクレマ説明書
ダイヤルを左(close/閉)にまわし、本体に差し込んだら右(open/開)にまわします。

ダイヤルを回した際にコーヒーがもれている場合は赤いノズルBがボトル設置トレイの溝にしっかりはまっていない可能性があるので、再度同じ手順を繰り返してください。

パチンと音がするまでしっかりと扉を閉めたら、準備完了です。

コーヒーの注ぎ方

トレイに丸い穴が開いているので、その上にグラスを置いてください。

アイスクレマコーヒーをいれてるところ
レバーを手前に倒すとコーヒーが注がれます

アイスクレマ泡をいれてるところ
レバーを奥に倒すとアイスクレマ(泡)が注がれ、90秒以上抽出すると自動的に止まります。

再度抽出する場合は一旦レバーから手を離し、もう一度レバーを奥に倒すとまたアイスクレマを注ぐことができます。

レバーから手を離すと抽出が止まるので、アイスコーヒー・アイスクレマが出終わったことを確認してからグラスを取り出してください。

アイスクレマコーヒーを実際飲んでみた感想


泡まで冷えた美味しいアイスクレマコーヒー。
香りもよく、いつもより贅沢なアイスコーヒーを飲んでいる気分を味わうことが出来ます。

ネスカフェのボトルコーヒーはそのままでも美味しいですが、クレマがあることでより美味しく楽しむことができます。

アイスクレマサーバー据置タイプのメリット・デメリット

アイスクレマ

ネスカフェゴールドブレンドアイスクレマサーバーは自宅で簡単に濃密なクレマのあるドラフトコーヒーを簡単に作ることができます。

あらかじめ本体にボトルをセットしておけば冷蔵庫でコーヒーを冷やす必要もなく、レバーを倒すだけですぐにアイスコーヒーを淹れることができます。

メリット

その1:操作が簡単

レバーを前後に動かすだけなので誰でも簡単にアイスコーヒーを淹れることができます。
クレマも量が調節できるので自分好みのドラフトコーヒーを作ることができます。

その2:氷なしでアイスコーヒーが作れる

氷を入れてしまうとどうしても味が薄くなってしまうのが気になりますよね。
しかしアイスクレマサーバーは冷えた状態でコーヒーが抽出されるので氷入らず。簡単に美味しいアイスコーヒーを淹れることが出来ます。

デメリット

その1:本体が大きい

マシン本体が思ったよりも大きかったので、キッチンにあまりスペースのない方はハンディタイプがオススメです。

その2:背の高いグラスが使えない

抽出口からトレイまでの幅があまり大きくなく、マグカップなら入ると思いますがタンブラーなどはいれることが出来ません。

その3:音がうるさい

ネット上のレビューでよく見かける「音の大きさ」。クレマを抽出するため作動音が大きく感じるかもしれませんが、その場合は防振シートなどを敷くことで対処できます。

アイスクレマサーバーに向いてる人・向いてない人

向いている人:頻繁にアイスコーヒーを飲む人

ボトルを定期購入して、一日に何度かアイスコーヒーを飲まれる方にはとても便利なマシンです。

自宅でクレマを作るのは手間がかかるので、レバー操作ひとつで簡単にキメ細やかなアイスクレマを作ることができるのは大きなメリット。

向いてない人:たまにしかアイスコーヒーを飲まない人

一週間に一回程度しか飲まれない、という方には不向きなマシン。

中々消費もされませんし、電源を切った状態で本体の中にコーヒーを長期間放置するとカビが生える可能性もあるので普段からあまりアイスコーヒーを飲まれてない方はアイスコーヒーも作れるカプセル式のコーヒーマシンがオススメ。

アイスクレマサーバーは無料でレンタルもできる

専用のボトルコーヒーを定期購入することでマシンを無料レンタルできるキャンペーンを実施中。

据置タイプ・ハンディタイプどちらかを選んでレンタルすることができます。

自宅でよくアイスコーヒーを飲まれるという方は一度チェックしてみてくださいね。

ネスカフェアイスクレマサーバーの関連記事