【画像付き】フレシャス:スラット+カフェの基本的な使い方・初回すすぎ(説明書)

最終更新日:
【画像付き】Slat+cafe(スラット+カフェ)の初回すすぎ・基本的な使い方(説明書)

「スラット+カフェってどんなマシンなの?」
「気になるけど、使い方が難しそう・・・」

自宅で手軽にドリップコーヒーが楽しめるウォーターサーバー、スラット+カフェ。
あまり馴染みのないこちらのマシンについて、今回は

  1. スラット+カフェの使い方・お手入れ方法
  2. スラット+カフェはどんな人におすすめか

これらについて詳しく解説していくのじゃ!

スラット+カフェでできること

スラット+カフェでできるのは以下の7つ!

  1. 冷水が飲める
  2. 常温水が飲める
  3. 温水が飲める
  4. 再加熱できる
  5. エコモードで粉ミルクに最適な温度にできる
  6. UCCのドリップポッドをセットして直接コーヒーを抽出できる
  7. 別パーツを使えば市販の粉コーヒーも使える

え、こんなに機能があるとややこしくて使いづらそう・・・と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。
今回は、分かりやすく基本的な使い方のみ紹介していきます。

スラット+カフェ、開封の儀

段ボールに入った状態で届きましたが、底が開いた状態でバンドで止められていたので、バンドを切れば本体にかぶさっている段ボールを持ち上げるだけで開封することができます。

箱から出したら本体裏面の排水キャップがしまっているか確認する

スラットカフェのマシン裏面のキャップがしまっているか確認する本体は壁にくっつけずスペースに余裕を持って設置する

本体はとてもコンパクトなので女性一人でも簡単に設置することができました!

本体底には発泡スチロールがあるので少し持ち上げる必要がありますが、水が入っていなければ重量はそれほどでもありません。

移動させるときの注意点として、本体を45度以上傾けないようにしてください。冷却機能が動かなくなる原因となることがあるようです。

また、説明書には熱気を逃すために「右と背面は5cm以上、左は15cm以上」のスペースを確保するべし、とありました。(本体の左側に水を温める装置があるのかも?)

お水をセットした後に一度だけ背面のスイッチを操作する必要があるので、気持ちゆったりとスペースを取っておいたほうがよさそうです。

スラットカフェと冷蔵庫

ちなみに隣の冷蔵庫は東芝のGR-H38SXV、容量363Lです。比べると、かなりコンパクトなマシンです。

スラット+カフェはクイックルワイパーとほぼ同じ高さですね。

※空焚き防止のためにまだコンセントはささないでください。

水タンクの設置方法

まずは本体にウォーターボトルをセットします。
お水は箱に2本入った状態で届くのでかなりの重量ですが、1本なら女性1人で持ち上げられる重さです。

スラットカフェの水

またウォーターサーバーのネックとして

本体の上にボトルをセットするタイプのマシンの場合・・・かなり上まで水を持ち上げなければならずボトル交換も一苦労

というデメリットがあったのですが、スラット+カフェは本体の下にボトルをセットするのでかなり楽です。

まずはキャップのシールを剥がす

キャップのシールを剥がす

ボトルキャップに衛生シールがついているので、まずはそれを剥がします。

ドアを開け、ボトルベースを引き出す

本体正面向かって右側に、ドアレバーがついているのでそこを軽く押さえるとドアが開きます。

ドアを開ける

開くとこんなかんじ。

ボトル取り付けるとこ

ボトルベース(ボトルを置く台)を手前に引き出し、保護カバーを取り外します。
(写真を撮る前に外してしまったのでうつっていませんが、最初は透明のプラスチックのカバーがセットされています)

ボトルベースを手前に引き出す

ボトルをセットし、ドアを閉める

ウォーターボトルを逆さまにし、水色のキャップの凹んでいる部分が中心の白い受水棒にはまるようセットします。

ボトルタンク設置

セットできたら、軽く2~3回揺らし、ボトルがきちんとはまっているか確認してください。
ボトルベースを奥に押し込み、ドアを閉めてセット完了です。

ボトルを揺らし奥に押し込んでるところ

使用前のすすぎ

お水をセットできたら、まずはコンセントをさします。

このとき、製品が正常に作動しない・火災の原因になりうるため、電源プラグの使用方法にご注意ください。

  • 壁面の2口コンセントは片方を空け単独で使う
  • 延長コード・電源タップは使用しない

大きめのコップをセットする

本体のすすぎを行うため、できれば300cc以上入る耐熱のコップを用意してください。(マグカップなどでも大丈夫です)

計量カップセット

続いて、本体上部にあるタッチパネル部分のHOTCOLD同時に3秒間長押しします。

HOTとCOLDを同時に3秒間長押し

長押しすると、HOTCOLDのランプが交互に点滅し、数回に分けて水が抽出されます。

ボトル設置後、初回はバキバキという音がすることがありますがウォーターボトルが潰れる音なので問題はありません。

しばらくしてランプの点滅が消えると終了です。

お湯、冷水、常温水の出水確認をする

すすぎを終えたらそのまま出水確認を行っていきます。

常温水

まずは真ん中のNORMAL(常温水)を押し、初回は衛生面を考えてコップ1杯分程度の水を出します。

ちなみに、押し続けると水が出て、指を離すと止まる仕組みです。

常温水だしてるとこ

冷水

続いて、右側のCOLD(冷水)を押し水が出るかチェックします。

常温水よりも抽出されるまで少し時間がかかることがあります。(1~2秒程度)

タッチパネルの冷水ボタン

温水

温水は、ロックボタンを押してロックを解除する必要があります。

ロック解除ボタンは、鍵が開いているマークです。それを長押しし、ランプが点灯したらHOTを押して抽出することができます。

温水は、冷水よりも抽出されるまで時間がかかることがあります。

ロック解除して温水出すよ

ちなみにロックが解除されている間はボタンの上のランプが光ります。約10秒程度で自動的にロックがかかりますので、のんびりしてると「あれ?水が出ない」という状況になってしまいますが、再度ロック解除ボタンを押してランプがついていれば抽出することができます。

すべてのボタンで水が出ることを確認できたら、本体背面のシールを剥がしてHOTCOLDのスイッチをオンにします。

シールを剥がしてスイッチをオンにする

スイッチオン状態

1時間程度で適温になりますが、常温水は待たなくてもすぐに飲むことができます。

初回の出水確認で「水があったかくもないし冷たくもない!」と思ったけど、背面のスイッチを入れるまでは常温のお水しか出ないんですね。

コーヒーを淹れる

初回すすぎ

スラット+カフェは通常のお水とコーヒー用のお水は抽出口が別にあるため、こちらも初回はすすぎを行う必要があります。

まずは抽出口カバーを左に回して取り外します。

抽出口カバーを取り外してるとこ

カバーを外したら、付属のポッドホルダーを本体に取り付けます。
※カプセルはセットしないでください。

ポッドホルダーを本体に取り付けてるとこ

うまく取り付けられない場合は、サーバー本体の▼マークとホルダーのOPENとCLOSEの間にあるマークを合わせてください。カクッと手ごたえがあるまで右に回すとセット完了です。

そして300cc以上入る耐熱性の容器をセットし、タッチパネルの一番左にあるcoffeeを長押しします。

コーヒーを淹れる前の本体すすぎ

ピンッと音がするとランプが赤く点灯し、予熱が完了するともう一度ピンッと音が鳴りランプが緑色に点灯します。

マシン本体の予熱設定

抽出が開始されました。熱いので、抽出中はのぞきこんだりホルダーに触ったりしないでください。

抽出が止まったら、coffeeを2回連続押して終了です。

すすぎをして予熱完了

UCCのドリップポッドを使ってコーヒーを淹れる

コーヒーを淹れる場合、まずは予熱するためcoffeeを長押しします。ランプがからになったら予熱完了です。

予熱開始

ちなみに、予熱状態は5分放置すると自動で終了するのじゃ

好きなカプセルを選び、本体に取り付けていたポッドホルダーにカプセルをセットします。

カプセルをセットしてるところ

カプセルが入ったポッドホルダーを、本体にセットします。

カプセルを本体にセット

コーヒーを抽出する前に忘れずカップをセットし、カプセルに記載されていたおすすめ抽出量に合わせてメモリを調整します。

カップをセットしコーヒーを淹れる

今回はスぺシャルブレンドを飲むので、+(プラス)と-(マイナス)のボタンでメモリを5に合わせます。

メモリを合わせてるところ

最後にcoffeeをピンッと音が鳴るまで長押ししたら抽出がスタートします。
お水と違って、コーヒーはボタンを押し続けなくていいので抽出が始まったら指を離してください。

コーヒー抽出中

緑茶を飲むときはGREENTEA、紅茶を飲むときはTEAを押してください。それぞれ自動でカプセルにあった温度で抽出されます。

抽出が終わったら、少し熱いので冷めてからポッドホルダーを外し、使用済みカプセルを処分します。

ポッドホルダー外したところ

ホルダーは軽く洗ってください。
コーヒー完成です。

UCCドリップポッドのスペシャルブレンド完成

スラット+カフェのお手入れ方法

日々のお手入れとしては

  • コーヒーを飲んだらポッドホルダーを洗う

たったこれだけです。

元々ウォーターサーバー自体にお手入れがほとんど必要ないのと、コーヒーを抽出するといってもカプセルタイプのドリップポッドを使用するためお手入れする必要がほぼありません。

ウォーターボトル交換時に軽く水気を拭き取ったり、一週間ごと、半年ごとに軽くメンテナンスがてらお手入れをするだけで十分です。

お手入れが楽チンなのすっごい助かります!

スラット+カフェのメリット・デメリット

メリット

  • お手入れが簡単
  • ボトルが下に設置できるので水の交換が楽
  • UCCのドリップポッドだけでなく、別パーツを使えば市販のコーヒー粉も楽しめる

デメリット

  • レバー式ではないので電気がないと使えない
  • 手軽にコーヒーを楽しみたいなら別途UCCのドリップポッドを購入する必要がある

スラット+カフェに向いてる人・向いてない人

向いてる人:コーヒーが好きで、かつ常温水も飲みたい人

毎日ドリップコーヒーを淹れているというのであれば、スラット+カフェの別パーツのコーヒー粉専用ホルダーを使うこともできますので、手間はそれほどかわりません。

むしろ、お湯を沸かさずに、紙フィルターを使う必要もないため時短&エコにもなります。

また冷水と温水だけでなく常温水も飲めますので、夏場でもあまり身体を冷やしたくない・・・というときにも便利です。

向いてない人:コーヒーを飲まない人

スラット+カフェはドリップコーヒーも楽しめるウォーターサーバーという点を売りにしていますので、コーヒーを飲まないのであればわざわざこちらを選ぶ必要はありません。

でも常温水が飲めたり、よくカップラーメンを食べるので再加熱機能があるウォーターサーバーには興味がある・・・という場合は、同じフレシャスからカフェ機能のついていない通常のウォーターサーバーも販売・レンタルされています。

>>フレシャス公式サイトはこちら

スラット+カフェはお得なレンタルキャンペーン実施中!

フレシャス公式サイトではスラット+カフェのレンタルキャンペーンを実施中!

専用のお水の定期購入がレンタルの条件となります。

※他社から乗り換えの場合、最大16,500円のキャッシュバックを受けられるチャンスも!

マシンをレンタルする場合のメリットはこちら

  • 初月無料でレンタルできる
  • 前月3箱以上購入すると翌月分のレンタル代が無料になる

マシン購入プランもあり

マシンを一括もしくは分割(36回払いのみ)で購入する場合、お水がずーっと約17%オフになります。

お水をたくさん消費し、かつ長期的に使うのであればこちらがおすすめのプランです。

>>フレシャス公式サイトはこちら

スラット+カフェの使い方まとめ

スラット+カフェはドリップコーヒーを手軽に楽しむことのできるウォーターサーバーです。

お好みのコーヒー粉を使うのはもちろん、忙しいときはカプセルで・・・なんて場合によって使い分けることもできます。

また、コーヒーだけでなく紅茶や緑茶も楽しむことができますので、気になった方はぜひ一度チェックしてみてくださいね。

お水はいくらくらい?メンテナンスは必要?
天然水1本(9L)あたり1,627円!

ご自宅でできる簡単なお手入れだけで使い続けられるので、メンテナンス料がかかりません。

レンタルと購入、どっちがおすすめ?
3年以上使うのであれば購入がおすすめ!

レンタルの場合初月以降は毎月1,320円のレンタル料がかかりますが、前月3箱以上お水を購入していれば翌月のレンタル料は無料!マシン購入の場合、天然水が通常価格の17%オフで購入できるので、長く使うのであればレンタルより購入がおすすめ!

解約について教えてほしい
レンタルの場合、2年以内の解約は違約金あり

解約したい場合は、フレシャス公式サイトにて電話もしくはメールでのお問い合わせとなります。

キャンペーンについて教えて
キャッシュバックキャンペーン実施中!

他社から乗り換えの場合、最大16,500円のキャッシュバックが受けられるチャンス!※必ず手続きが必要となります

スラット+カフェの関連記事