フレシャスの解約にはいくらかかる?解約のデメリットと方法を解説

最終更新日:

フレシャスの解約ってお金がかかるんですか!?

サーバーを使い始めてからどれくらい経っているかによって解約金が発生するかどうかが変わるんじゃ。

今回はフレシャスの解約金の仕組みや解約時の流れ、解約までにやっておく作業などを解説します。

フレシャスの解約費用を最低限にする方法を知りたい方は必見です。

フレシャスの解約金はレンタルのみ発生する

フレシャスを解約する際、解約金がかかる可能性があるのはレンタルプランで利用している方のみ。

    解約にかかる費用は

  • 解約金(条件を満たしていれば不要)
  • サーバー返送料(全員)
  • サーバーを返還できない場合はサーバー代金
  • 合計総支払額です。

フレシャスの解約金は2パターン

レンタルプランは契約期間によって解約金の額が変わるのじゃ。

契約・交換から1年未満
15,000円(税込)
契約・交換から1年以上2年未満
9,000円(税込)
契約・交換から2年以上
無料

2年以上同じサーバーを使っていたら解約金無料になるんですね!

もしフレシャスのウォーターサーバーを検討中で解約料が気になる3年以上利用したいけど悩んでいるならレンタルよりも購入がおすすめです。

フレシャスは解約したらサーバー返送料はお客様負担

フレシャスのレンタルプランを解約すると基本的にはユーザーが自分でフレシャス指定の倉庫に返却します。

この方法だと送料の他にも運送会社の手配や梱包する箱などの用意も自分でしなくてはならんのじゃ。

ずいぶん手間がかかっちゃうんですね。何か良い方法はないですか?

解約時に3,300円(税込)回収してもらえるサービスが利用できる。

回収サービスではフレシャスが梱包材配送会社の手配などサーバー返却の準備を負担してくれます。

レンタルしているサーバーの機種に関わらず送料も含めて一律3,300円(税込)

フレシャスにレンタルサーバーを90日以内に返却しないと代金がかかる

解約時にサーバー代を支払う必要がある主な理由は
解約の申請日から90日以内に返送しなかった
サーバーを破損・故障したまま返却した
サーバーを滅失した
などです。
サーバー代金33,000円(税込)

レンタルプランでサーバーを使っている方は解約時に困るかもしれないので、できるだけ丁寧に使った方が良いですね…。

↑目次に戻る↑

フレシャスの解約金の総支払額はいくら?

契約年数に応じた解約金を一覧表にまとめたのじゃ。

契約・交換
からの期間
解約金 回収
サービス料
サーバー
代金
総支払額
1年未満 16,500円
(税込)
3,300円
(税込)
返還すれば
無料
19,800円
(税込)
33,000円
(税込)
52,800円
(税込)
1年以上
2年未満
9,000円
(税込)
返還すれば
無料
12,300円
(税込)
33,000円
(税込)
45,300円
(税込)
2年以上 無料 返還すれば
無料
3,300円
(税込)
33,000円
(税込)
36,300円
(税込)

※サーバー代金はこちらの理由によりレンタルしたサーバーが返還できない場合にかかります。

レンタルプランはサーバーの返却が必須なので、解約金サーバー代金無料でも支払いは発生してしまうようです。

フレシャスの解約料は最低「3,300円(税込)
解約費用を最低限にするなら、
契約・交換から2年以上経過かつサーバーを90日以内に返却しよう!

↑目次に戻る↑

フレシャスの解約の流れ

ここからはどんな手順で解約すればスムーズなのか解説するのじゃ。

フレシャス解約の大まかな流れ

①電話で解約を申し込む。

フレシャスのお客様サポートセンターに電話して解約したい旨を伝えます。

お客様サポート連絡先
TEL:0120-800-026
(平日9:00~18:00/土日9:00~17:00)

平日の午前~昼過ぎが繋がりやすいです。
フレシャスの公式サイトでも繋がりやすい時間帯が確認できます。

電話するとサーバー返却日連絡した日から90日間の日程から選べるぞ。事前に決めておくとスムーズじゃのう。

解約の電話から引き取り日までの間に購入済みの天然水を使い切れる期間見計らって申し込むのがおすすめ。

フレシャス/解約/解説カレンダー

解約を申請した日と回収日までの間隔が大きく開いていても解約日から90日以内であれば追加料金は発生しません。

解約を申請した電話の時点で決まった金額が総支払額です。

もし回収サービスを使わない場合は電話をしてから90日以内指定された倉庫へ自分で返却します。

※90日を過ぎた場合は
サーバー代金:33,000円(税込)
が発生するのでご注意ください。

②サーバーの返却準備をする

引き取り日が決まったら、サーバーの水抜きをしてスムーズに引き取ってもらえるよう準備しておきましょう。

なるべくならサーバー引き取り日の前日までにはサーバーの水抜きをしておくと安心じゃ。

水抜き方法は使っているサーバーの機種によって違います。

水抜き方法についてはこちらの記事をご覧ください!

③サーバーを引き取ってもらう

サーバー回収日までに水抜きをしておけば、後はフレシャスが手配してくれた佐川急便に回収してもらえばOK。

機種により小さなパーツが外れる物もあるので、回収までにマシン全体が揃っているか確認するのじゃ。

マシンの完成形は取扱説明書で確認できます!

ただし、引き取り日に不在で回収がスムーズにいかないようなトラブルが起きてしまうと

解約日から90日以内に返却できなかった
配送業者や梱包材の手配を自分でしなくてはいけなくなった

など追加料金がかかったり、手間が増えてしまう可能性に繋がります。

回収日は来てもらう時間にちゃんと対応できるようにスケジュール管理をしておくのじゃぞ!

↑目次に戻る↑

フレシャスに不具合があるなら解約前にサポートに連絡を

もし解約理由が故障やサーバーのトラブルであれば、解約までしなくても良いかもしれません。

フレシャスではカスタマーサポートに連絡すれば修理・交換対応をしてくれる場合もあるのじゃ。

お客様サポート連絡先
TEL:0120-800-026
(平日9:00~18:00/土日9:00~17:00)

もしサポートに連絡するか悩んだら『よくある質問』のページで同じ症状の質問を探してみましょう。

フレシャスの解約はサーバー回収してもらえば簡単

    フレシャスのサーバーを解約するなら

  • 3,300円(税込)で利用できる
    サーバー回収サービス
  • を使いましょう

梱包材や配送業者の手配などを任せられるのでスムーズに解約できます。

解約申請の電話で指定した回収日までにサーバーの水抜きをしておけばOKです!

※解約の連絡後は申請日から90日以内にサーバーを返却しましょう。
申請日から90日を過ぎるとサーバー代金33,000円(税込)がかかります。

解約するなら回収日までに残りの水を使いきれて水抜きまでできるよう回収日を指定するのじゃぞ!

ウォーターサーバーの関連記事