ネスカフェバリスタデュオを低価格で入手するには?レンタル時の注意点も解説

最終更新日:
新モデル「バリスタデュオ」のスペックや価格は?これまでのマシンとは何が違うの?

累計500万台以上を売り上げている、定番のコーヒーマシン「ネスカフェゴールドブレンドバリスタ」シリーズ。

2019年11月に新モデル「ネスカフェゴールドブレンドバリスタデュオ(Duo)/HPM9637」が登場しています。

ネスカフェゴールドブレンドバリスタデュオ(Duo)を入手する方法は大きく分けて「購入」「レンタル」の2種類です。

今回はなるべく低価格でマシンを入手しておいしいコーヒーを楽しむために、他のマシンとの違いや入手方法による価格の差をお伝えします。

本格カフェラテを自宅で飲みたい方や、来客の多い企業・家庭へのコーヒーマシン導入を考えている方は一度読んでみてください。

ネスカフェバリスタデュオ(Duo)ってどんなマシン?

  • ボタンひとつで8種類のメニューが楽しめる
  • 大容量2Lの給水タンクで来客が多い時も安心
  • 1杯あたり約13円~で飲める

従来のシリーズとの大きな違いは、専用のクリーマータンクを搭載しているところ。

これによって、事前にミルクを用意する必要もなくカフェラテなどのミルク系メニューも楽しめるようになりました。

ネスカフェバリスタデュオで作れるメニューは以下の8つです。

バリスタDuoのメニュー

  • エスプレッソタイプ
  • ブラックコーヒー
  • ブラックコーヒー(マグサイズ)
  • カプチーノ
  • カフェラテ
  • アイスコーヒー
  • アイスコーヒー(マグサイズ)
  • アイスカフェラテ

バリスタシリーズはどれもコスパに優れているのが特徴で、コーヒー1杯13円~、カフェラテ1杯27円~で楽しめるようになっています。

ミルク系メニューを作る際は、ネスカフェバリスタデュオ対応の「ネスレブライト エクスクリーミー」か「ネスレブライト」が必要です。

水タンクの容量も2リットルあるから、大人数の来客にも対応できるのが魅力的じゃの。

ネスカフェバリスタデュオ(Duo)のスペック

バリスタデュオ

機種名 バリスタデュオ/HPM9637
サイズ 幅:18.0cm
高さ:43.4cm
奥行:30.4cm
水タンク容量 2L
重量 5.4kg
電源 100V/50/60Hz
消費電力 1460W
スマホ連動 Bluetooth搭載
抽出タイプ オートストップ型

カラーバリエーションはプレミアムブラック・プレミアムホワイトの2種類。

スペック面では「本体で作れるメニュー数が多い」「本体・給水タンクが大きい」「クリーマータンクの実装」が従来のマシンとの主な違いです。

ネスカフェバリスタ対応のスマホアプリを利用すると、次回からすぐに好みの配分で抽出できるようになるので活用しましょう。

ネスカフェバリスタデュオ(Duo)を安く手に入れる方法

購入の場合

ネスカフェバリスタシリーズの中でも特に高級感があり、値段も段違いのネスカフェバリスタデュオ。

コーヒーマシンに慣れていて、ネスカフェバリスタの味も分かっている方が「長く使えるマシン」として購入するなら何も問題はありません。

しかし、初めてのコーヒーマシンに選ぶにはハードルが高いのではないでしょうか。

まずはネスカフェバリスタの味を知り、コーヒーマシンに慣れるために「ネスカフェバリスタ50」か「ネスカフェバリスタシンプル」の入手をおすすめします。

なお、購入の場合のネットショップ価格は以下の通り。2020年5月時点で最も購入価格が安いショップは楽天でした。

公式サイト 16,445円
yahoo!ショッピング 13,170円
楽天 12,580円
amazon 13,800円
LOHACO 13,120円

※価格は2020年5月1日時点のもの

コーヒー粉は毎日たくさん飲むなら定期便、それほどでもないならネットショップなどで都度購入するのがおすすめじゃぞ。

レンタルの場合

ネスレでは、個人向けにもマシンレンタルサービスを提供しています。

ネスカフェバリスタデュオの場合は、月額550円~(税込)+コーヒー代(ネスレ公式の定期便を利用)が必要です。

定期便を利用すると定価から最大29%オフの割引を受けられるので、初期費用を抑えつつ本格的なコーヒーを楽しみたい方にはレンタルがおすすめ!

月額費用に修理・交換などの保障も含まれているので、万一の時も安心です。

デュオプラス(Duo+)は個人では使えない?

ネスカフェアンバサダーに加入している職場、店舗向けに「デュオプラス(Duo+)」というマシンがあります。

個人契約では「デュオ」のみの利用になりますが、どちらもコーヒーの味に差はありません

こちらはキャッシュレス決済に対応したマシンなのじゃ。個人では使う機会がないじゃろうし、考慮しなくて大丈夫じゃぞ。

ネスカフェバリスタデュオ(Duo)をレンタルするときの注意点

最短2年間の契約が条件

ネスカフェバリスタデュオのレンタルでは、契約(月額550円~)を2年以上続けるのが必須です。

それ以前に解約する場合は、最大11,500円の違約金(※残りの契約期間によって減少)が発生してしまうので注意しましょう。

注文金額が4000円未満だと送料が発生する

ネスレ公式の定期便では、1回あたりの注文金額が4000円未満の場合は、一律750円の送料がかかります。

コーヒー+ネスレの他製品の合計が4000円以上でも送料無料になるので、おやつを購入するなどして調整しても良いかもしれません。

専用のコーヒーを定期購入しなければならない

  • 2ヶ月コースの場合は1回のお届けにつき1本以上の購入
  • 3ヶ月コースの場合は1回のお届けにつき1050円以上の購入

最低限の注文量は上記の通り。もちろん、飲みきれない場合には次回お届け日をずらしてもらうのも可能です。

ネスカフェバリスタ専用のエコ&システムパックは定期便だと定価から最大29%オフ!

よくコーヒーを飲む人なら、長く使うほどお得になっていきます。

マシンを返却する時に粉が残っていたら、別の瓶などに詰替えて保存すれば普通のインスタントコーヒーとして利用できるのじゃ。

150日以上の注文がないと管理手数料1,000円(税込)がかかる

レンタルサービスはコーヒーの定期購入を前提としているため、150日以上定期便を利用しない場合は管理手数料1,000円(税込)が必要です。

150日といえば約5ヶ月ですので、お届け日の延期を利用しても最低限4ヶ月ごとに注文していれば大丈夫ですよ。

解約時はマシンを返却しなければならない


購入ではなく「レンタル」のため、解約時はマシンの返却と解約事務手数料3,300円(税込)が必要になります。

ネスカフェバリスタデュオの返送料はネスレ側に負担してもらえるので、そちらの心配はいりません。

マシンの故障が心配な人や、解約した後のマシンを処分してほしい人はレンタルが向いてるんですね!

月々の費用は、修理対応なども含めた金額じゃしな。3年4年と壊さず利用できるなら購入した方が安いぞ。

ネスカフェバリスタデュオ(Duo)を購入・レンタルする時はどちらがお得か考えて選ぼう!

  • レンタル料金は月額550円~×2年で13,200円~
  • 購入価格最安値は楽天の12,580円(2020年5月1日時点)

これだけ見ると「購入の方が絶対お得では?」と思うのではないでしょうか。

しかし、通常購入の保証期間は1年なのに対して、レンタルの場合は期間に制限がありません

来客が多く、使用頻度が高い方は長期間の利用が前提でもレンタルを検討してみてもよいのではないでしょうか。

また、ネスカフェバリスタシリーズの別機種「バリスタ50」は無料レンタルに対応しています。

スペックを抑える代わりに初期費用がグッと安くなりますので、少人数での利用ならそちらもおすすめです。

用途やライフスタイルに合わせて最適な方法を選んで、充実したコーヒーライフを送って欲しいのじゃ!

ネスカフェバリスタデュオの関連記事