ネスカフェバリスタ全種類の特徴を徹底比較!一番使いやすくてコスパがいいのはどれ?

最終更新日:
ネスカフェバリスタ機種一覧!一番使いやすくてコスパがいいのはどれ?

ネスカフェのバリスタを使ってみたいけれど、さまざまな機種が発売されているのでどれを選べばいいか迷っているという方も多いのではないでしょうか。

たしかに見た目は似てるのに値段が全然違ったり、ただ安いだけの物を買って失敗するのもイヤだし、どれを選べばいいのかよくわからないです。

基本的には、どのタイプのバリスタを選んでも同じように美味しいコーヒーを飲むことができるので、好みの機能やデザインで機種を選べばOKです。

ここでは旧タイプのバリスタから最新型のバリスタシンプルまで、その性能や使いやすさ、デザインなどを比較していくのじゃ。

現在販売中のネスカフェバリスタは全部で3種類!

ネスカフェバリスタのマシンは2019年3月現在、3種類販売されています。

販売終了モデルもありますが、家電量販店やネット通販などではまだ見かけることもありますのであわせてご紹介していきます。

公式サイトではコーヒーも一緒に注文できるセット販売もあるのじゃ。

またマシンはバリスタシンプル以外は送料無料で購入することができますので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。
※合計金額が4,000以上であればすべて送料無料になります。

バリスタi(アイ)/PM9631

バリスタアイ

2016年10月に発売され、スマートフォンと連携できるBluetooth(ブルートゥース)を本体に搭載。

また、無料レンタル対象マシンがこのバリスタi(アイ)。

スマートフォンのアプリと連動させることで、コーヒーの濃さや抽出量を自由にカスタマイズできる多機能タイプです。

もちろんアプリを使わなくてもボタンを押すだけでいつでも簡単にコーヒーを淹れることができます。

ネスカフェバリスタの流れ

バリスタi(アイ)は無料レンタル対象マシンなのじゃ

バリスタ50/ SPM9634 / HPM9634

バリスタ50

2017年9月にネスカフェゴールドブレンド発売50周年を記念して発売されたモデル。

2019年3月時点、公式サイトではマシン単体ではなくコーヒーとのセット販売のみが行われているようです。

公式サイトではレッドと限定カラーのシャンパンゴールド2種。

主要家電量販店などではクリーミーブラウン、プレミアムレッド、ピュアホワイト、ウッディブラウンの4色も購入できるようです。

バリスタ50

型番のSPMとHPMの違いってなんですか?

カラーバリエーションの違いのようじゃ。スペックや性能に差はないぞ。

バリスタシンプル/ SPM9636 / HPM9636

バリスタシンプル

2018年9月発売のバリスタ最新モデル。
上記2機種はタッチパネルでの操作でしたが、よりシンプルな機能だけを備えたその名の通りのマシンがこちらのバリスタシンプル。

レバーを引くだけでコーヒーを淹れることができます。

公式サイトでは通常のレッドのみですが、全国の家電量販店ではプレミアムレッドとピュアホワイトのカラーが選べるようです。

ネスカフェバリスタ/販売中のマシンスペック一覧

機種名
バリスタアイ

バリスタアイ
バリスタ50

バリスタ50
バリスタシンプル

バリスタシンプル
価格 5,980円 7,980円 3,980円
タンク容量 1L 0.8L 1L
メニュー数 5 4 2
サイズ 幅:17.8cm
高さ:28.9cm
奥行:32cm
幅:15.5cm
高さ:32.3cm
奥行:30.6cm
幅:15.5cm
高さ:37.6cm
奥行:29cm
重さ 3.4kg 3.4kg 3kg
操作方法 タッチパネル タッチパネル レバー
クリーニングボタン ×
アプリ連携 三角
発売日 2016年10月 2017年9月 2018年9月
無料レンタル × ×
ウォーターサーバー接続 × ×
  • 無料レンタルできるのはバリスタアイ
  • 最新モデルバリスタシンプル
  • ウォーターサーバーと接続できるのはバリスタ50

バリスタシンプルは操作が簡単になった分メニュー数が減り、価格もぐっと安くなっています。

ですがバリスタシンプルは給水タンクの中が洗えなくなったようですので、その辺が気になる方は違う機種を選んだほうがよさそうなのじゃ。

またこちらもスマートフォンとの連携もできるようですが、バリスタ50やバリスタアイに比べ、使える機能が制限されているようです。

簡単に使うために機能が削ぎ落とされた分、価格も下がったんですね。

販売終了モデル

これらの3機種は既に販売終了のモデルですが、家電量販店などでは販売されているものもあります。

機種名
バリスタTAMA

バリスタTama
バリスタ9631

バリスタ/9631
バリスタ9630

バリスタ/9630
価格 販売終了 販売終了 販売終了
タンク容量 1L 0.8L 0.8L
メニュー数 5 5 5
サイズ 幅:17.8cm
高さ:28.9cm
奥行:32cm
幅:17.6cm
高さ:35.9cm
奥行:28.5cm
幅:17.6cm
高さ:35.9cm
奥行:28.5cm
重さ 3.4kg 3.6kg 3.6kg
操作方法 タッチパネル ボタン ボタン
クリーニングボタン × × ×
アプリ連携 × × ×
発売日 2014年10月 2013年9月 2009年
無料レンタル × × ×
AQUA WITH接続 × × ×

初期のバリスタ9630は動作音が大きいなどの口コミが多く、それを改良したものが9631。

バリスタTamaはバリスタアイの登場により販売終了となったようです。

ネスカフェバリスタ各種類の違い&選ぶポイント

注意点としてまずお伝えしたいのは、公式サイトで販売終了している機種は購入しないほうがいいということです。

家電量販店や大手通販サイトなどで大幅に値下がりしている場合もありますが、機種にこだわりがなく「とにかく手軽にコーヒーを飲みたい」というのであれば価格もお手頃な最新のバリスタシンプルがオススメです。

特に現在販売中のマシンはコーヒーを淹れるだけでポイントが貯まり、そのポイントでコーヒーを購入することもできますので、今から買うならできるだけ新しいモデルのものをオススメします。

比較的新しいモデルのバリスタアイなら専用のコーヒーを定期購入することでマシンを無料レンタルすることもできます。

ポイントも貯めれてお手入れがラクなマシンがいいです。

ではこれから、機能面や操作性での違いと選ぶポイントをご紹介します。

違い&選ぶポイントその1:給水タンクの容量

機種名
バリスタアイ

バリスタアイ
バリスタ50

バリスタ50
バリスタシンプル

バリスタシンプル
タンク容量 1L 0.8L 1L

意外と見落としがちなのが給水タンクの容量。

1日1,2杯程度しか飲まないという方はそこまで気にする必要はありませんが、複数人で使う場合など消費が多いと、その分水を入れる手間も増えるのじゃ。

  • 0.8Lで大体コーヒー約6杯分
  • 1Lで約8杯分

たかが2杯、されど2杯ですね・・・たしかに手間が増えるのは嫌かも~

バリスタ50はバリスタアイに比べややスリムになっていますが、その分給水タンクの容量が少なくなっています。

ですが、バリスタ50のみAQUAWITHというウォーターサーバーを直接マシンに繋げることができますので、スペースと予算に余裕のある方は合わせて申込むのもいいでしょう。

違い&選ぶポイントその2:メニュー数

機種名
バリスタアイ

バリスタアイ
バリスタ50

バリスタ50
バリスタシンプル

バリスタシンプル
メニュー数 5 4 2

バリスタアイでは

  1. ブラックコーヒー
  2. マグサイズブラックコーヒー
  3. エスプレッソ
  4. カフェラテ
  5. カプチーノ

の5つのメニューがボタンひとつで作ることができましたが、バリスタ50ではエスプレッソボタンがなくなりました。

しかしバリスタ50ではエスプレッソが作れなくなったわけではなく、アプリを使えばエスプレッソを淹れることもできるのじゃ。

おそらく、バリスタアイからの変更に伴いクリーニングボタンを搭載したことで需要が少ないと思われたエスプレッソボタンが省略されてしまったのでしょう。

こちらはバリスタ50のタッチパネル部分。

バリスタ50メニューボタン

こちらはバリスタアイです。

バリスタアイすすぎ

バリスタアイにはクリーニングボタンはついていませんが、代わりにカプチーノボタンを押すことで本体内部のすすぎを行うことができます。

各種類の比較・共通点

基本的に、バリスタはどの機種を購入しても楽しめるコーヒーの種類は変わりません。それは、下記のような共通点が3機種にはあるからです。

コーヒーの味
濃さや量の変更はできるようになりましたが、味の良し悪しが変わるわけではありません
消費電力
意外と思われるかもしれませんが、どの機種を使っても消費電力は同じです
抽出圧力
どの機種でコーヒーを淹れても同じ味になる最大の理由が、この抽出圧力です。機種による圧力の差がありませんので、抽出されるコーヒーの味も同じということになります

なお、給水タンクの容量や本体サイズなどは、それぞれに異なります。このように、3機種の大きな違いは、あくまでも見た目や操作性だということを、念頭に置いておくとよいでしょう。

コーヒーとのセット販売はお得なのか?

公式サイトではバリスタ専用のコーヒーやミルクメニューが楽しめるネスレブライトなどとセットでマシンが販売されているのですが、セット割引などが適用されているのか内訳を見ていきたいと思います。

セット販売の内訳

バリスタi(アイ)のセット販売

ネスカフェバリスタi(アイ)セット販売

セット販売価格:8,484円(税込)
バリスタアイ 5,980円
ネスカフェゴールドブレンドコク深め65g 722円
ネスカフェエクセラ105g 867円
ネスカフェ香味焙煎鮮やかルウェンゾリブレンド50g 808円
ネスレブライトスティック 108円
合計金額 8,485円

バリスタアイの価格が公式サイトのページによって5,979円だったり5,980円だったりするので、1円の誤差はマシンの価格によるものと思われます。

全て定価ですので特に割引などはされていないようですね。

バリスタシンプルのセット販売

バリスタシンプルのセット販売

セット販売価格:4,980円(税込)
バリスタシンプル 3,980円
ネスカフェ ゴールドブレンドエコ&システムパック 65g 722円
ネスレ ブライト スティック 6本入り×1箱 108円
バリスタ マグ 非売品
合計金額 4810円

差額170円分はおそらくバリスタマグの価格ということでしょう。

こちらも割引などは適用されていません。

バリスタ50のセット販売その1

バリスタ50のセット販売その1

セット販売価格:6,980円(税込)
バリスタ 50[Fifty] レッド 7,980円
ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック 65g 722円
ネスレ ブライト スティック 6本入り×1箱 108円
バリスタ マグ 非売品
合計金額 8,810円

2,000円近く安くなっています。

バリスタ50のセット販売その2

バリスタ50のセット販売その2

セット販売価格:8,980円(税込)
バリスタ 50 シャンパンゴールド (限定カラー) 8,980円
ネスカフェ ゴールドブレンド オーガニック
エコ&システムパック 55g ×4本
3,752円
合計金額 12,732円

こちらは限定カラーですので通常のバリスタ50よりも本体代金がやや高いのですが、セット価格だと他のものよりコーヒーの本数も多くかなりお得に。

3752円もお得になっています。

バリスタ50を買うならこれが一番お得じゃのう。

バリスタ50のセット販売その3

バリスタ50のセット販売その3

セット販売価格:6,980円(税込)
バリスタ 50[Fifty] レッド 7,980円
ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック 65g 722円
ネスレ ブライト スティック 6本入り×1箱 108円
バリスタ マグ 非売品
カメラを止めるな!ネスカフェ フォトラテ(5枚入り) 非売品
合計金額 6,980円

※フォトラテとは、でんぷんで作られており50度以上の熱で溶ける食品です
バリスタ50/カメラを止めるな!特別セット
こちらはセット1に「カメラを止めるな!ハリウッド大作戦」のフォトラテがついたもの。

現在ネスレとカメラを止めるな!のコラボが行われているので、そのキャンペーンの一環でしょう。

ご紹介中のセット販売はいつ終了するか分かりませんので、気になる方ははやめに公式サイトをチェックしてみてほしいのじゃ!

今から使うならおすすめ機種はやっぱりバリスタアイ!

バリスタアイ

わたしがオススメするマシンは使い勝手もいいタッチパネル操作のバリスタアイです。

オススメする理由

  1. 給水タンクが1Lの大容量であること
  2. アプリを使わなくても5つのメニューが作れること
  3. マシンが無料レンタルできて初期費用が抑えられること

無料レンタルの条件はバリスタ専用のコーヒーを定期購入するだけ。

最初は「コーヒーをとにかく手軽に飲めればそれでいい!」とバリスタシンプルにしようか悩みました。

でもやっぱりコーヒータンクの中が洗えないことと、アプリを使わないと他のメニューが入れられないことがのちのち面倒になりそうで・・・

ですが他のバリスタのマシンも基本的にコーヒータンクの丸洗いは推奨されていませんので、気にならない方はバリスタシンプルでも十分楽しむことができると思います!

また、バリスタアイよりもバリスタ50のほうがモデルとしては新しく、クリーニングボタンも搭載されていますので簡単にお手入れしたいという方にはバリスタ50がおすすめです。

でも給水タンクちょっと小さくなっちゃうし、クリーニングボタンのためだけに2,000円高いマシン買うっていうのもなんかちょっと…セット販売でもバリスタアイの方が安いですし。

そうなってくるとやはり本体無料のバリスタアイが一番強いんじゃないかのう。

無料レンタルってほんとにお得なの?という方に向けて、バリスタアイをレンタルする条件の定期便キャンペーンについて少しご説明していきます。

マシンがレンタルできる定期便ってなに?

バリスタアイを無料レンタルする方法

バリスタの機種の中で無料レンタル対象マシンとなっているバリスタアイですが、専用のコーヒーを定期購入することが条件となっています。

マシンは無料レンタルですが、もちろん新品のマシンがとどきますのでご安心を。

既にマシンを持ってる!という方や、「バリスタアイ以外の機種が使いたい!」という方でも、お得にコーヒーが購入できる定期便を利用することができます。

利用条件

条件はたったのふたつ。

  1. 2ヶ月毎、もしくは3ヶ月毎にエコ&システムパックを1本以上購入する
  2. 3回以上の継続利用

※3ヶ月毎の場合は1,050円分以上の購入が必要です

マシンをレンタルしている場合には、

  • 定期便を解約するときにマシンを返却する(送料自己負担)

こちらの条件が追加されます。

エコ&システムパックとはバリスタで使える専用のコーヒーの名なのじゃ。

カフェインレスのものや、最近では人気のエクセラシリーズも登場。

またコーヒーだけでなくキットカットなどのおやつも合わせて購入可能。

メリット

マシンが無料レンタルできるのはもちろんですが、それ以外にもメリットがあります。

  • エコ&システムパックが最大39%オフ
  • かかる費用がコーヒー代だけなので初期費用最安値
  • レンタル中は永久無料保証付き

合計金額が4,000円未満の場合は送料(450円)がかかります

また、マシンを購入する場合は保証がお買い上げ日から最大5年に延長できます。

最大39%オフってすごいですね!

定価との価格を比較してみたのじゃ。

定価 定期便
ゴールドブレンド 65gパック 722円 516円
ゴールドブレンドコク深め 65gパック 722円 516円
ゴールドブレンドカフェインレス 860円 618円
ゴールドブレンドオーガニック 938円 689円
プレジデント 1,067円 870円
香味焙煎 鮮やか ルウェンゾリブレンド 50g 808円 618円
香味焙煎 円やか ジャガーハニーブレンド 50g 808円 618円
香味焙煎 濃厚 クンディナマルカブレンド 50g 808円 618円

さらに、無料レンタルすると今ならバリスタマグネスレブライトスティックがもらえます。

マシン無料レンタルの流れ

解約したくなったら

バリスタのレンタルをやめたくなった、コーヒーの定期便を解約したいという場合は3回以上定期便を利用したのであれば、いつでも解約できます。

違約金もかかりません。

次回お届け予定日の12日前までにネスレ通販コールセンター(0020-600-868)に電話で解約の申込みをして、マシンを返却しましょう。

マシンを返却するさいの送料は自己負担となりますが、元の箱に入れて送るだけですし、送料もおそらく1,000~2,000円前後で済みます。

ただし、万が一マシンを紛失したりなんらかの事情で返却できなくなった場合はマシン代金として5,800円支払う必要がありますので注意してほしいのじゃ。

ネスカフェバリスタマシン全種類の特徴と比較まとめ

バリスタのマシンはここ数年、1年に1度のペースで新機種が発売されているようです。

時期としては9~10月ごろに集中していますので、その近辺に購入を検討されているのであれば新情報を待ってから判断されるのもアリだと思います。

もしかすると新しい機種のほうがより使いやすくて価格もお手頃かもしれませんしね!

今回おすすめしたのは無料レンタルもできるバリスタアイという機種でしたが、基本的にどのマシンでもコーヒーの味は変わらないのじゃ。
バリスタに関する口コミなどを詳しく知りたい!という方は、以下の記事を参考にしてもらえると嬉しいのじゃ。

お申し込みの流れ
専用のコーヒーを定期購入することでマシンが無料でレンタルできます!
キャンペーン実施中!
今ならクリアマグ&ネスレブライトをプレゼント!

ネスカフェバリスタの関連記事

01.一押し記事
02.口コミ・評判・マシン比較
03.定期便について/変更・解約など
04.マシンの使い方/お手入れ
05.カプセル/アクセサリー関連
06.困ったときのトラブル対処法
07.新着情報・NEWS
08.豆知識