ネスカフェバリスタは使う水の選び方次第で味が変わるのか?軟水と硬水どちらがいいの?

最終更新日:
ネスカフェバリスタは使う水の選び方次第で味が変わるのか?軟水と硬水どちらがいいの?

コーヒーの味に大きく影響するのはコーヒー豆ですが、使う水によって味が変わるのかどうか、疑問に思っている方もいらっしゃると思います。

実は、バリスタでも使う水によってコーヒーの風味は明らかに異なってくるのです。

水道水使ってました・・・

水道水でも大丈夫じゃよ。しかしどういう水がコーヒーに適しているか知っておくのもいいかもしれんのう

ここでは、美味しいコーヒーを淹れるための水の選び方などを解説していきます。

軟水

水は、含まれているミネラルの量によって、「硬水」と「軟水」に分けられます。

マグネシウムやカルシウムなどのミネラルが1リットルあたり100mg以下であれば「軟水」と呼ばれます。

日本の水道水はほぼ国内全域で軟水なので、特に何も気にせずバリスタでコーヒーを淹れている場合には軟水を使っているということになります。

違和感がなく比較的飲みやすいのが軟水の特徴ですが、苦みの強さを楽しむタイプのコーヒーには適していません。

軟水にはコーヒーの苦み成分が溶けにくいといったデメリットがあるのじゃ。

逆に、コーヒーのまろやかさとは相性が良いので、バリスタの「ゴールドブレンド」や「香味焙煎 丸み」などに使うのがおすすめです。

日本の水道水は安全性が高く、そのままでも幅広い用途に使えるという特徴がありますが、その理由は「塩素」にあります。

消毒のために含まれてる塩素がコーヒーの風味を悪くしちゃってるんですね。

コーヒーの風味に悪影響を及ぼすのは、塩素だけではありません。
錆びた水道管から発生した鉄分は、水道水に含まれてしまいます。

鉄分はコーヒーの味を悪くしてしまう原因となるのです。

水道水で美味しいコーヒーを淹れるためのコツは?

  • 浄水器を使う
  • 蛇口から最初に出る水は使わない

コーヒーは、二酸化炭素が含まれている水で淹れた方が美味しくなります。

汲み置きや沸かしたお湯は二酸化炭素が蒸発してしまうので、コーヒーには適していません。

なお、塩素は煮沸することで消滅しますので、臭いが気になる場合には試してみてください。

一般的な浄水器を通しても塩素の臭いは消えます。

蛇口から最初に出る水でコーヒーを淹れるのも避けた方が無難です。

溜め置きしておいた水を使うのと同じになってしまうので、数秒間水を流した後で使うほうがいいのじゃ。

貯め置き~?!それは嫌です次からはしばらく流してから使います~

硬水

ミネラルが1リットルあたり100mg以上含まれている水は「硬水」になります。

その名前のとおり、飲み口が「硬い」ので、多少の違和感を覚えることもあります。

そもそも硬水はミネラルの味がするので、コーヒーが持つ本来の風味を変えてしまう可能性があるのです。

できるだけコーヒー豆の特徴を活かしたいなら軟水を使った方が良いのですが、硬水と苦み成分の相性は良いので、エスプレッソなどで飲む機会が多い場合には硬水を使ってみるのもいいでしょう。

ひとつ注意じゃ!
ミネラルが多いとマシン内部に湯垢が溜まりやすくなるから、コーヒーメーカーを使うときはできるだけ硬水は使わないほうがいいぞ

ミネラルウォーター

天然水
ミネラルウォーターは、製品によっては硬水か軟水を選択できるというメリットがあります。
ただし、硬度には気をつけてください。

ミネラルの含有量が多い超硬水ミネラルウォーターを使うと、コーヒーの味が薄くなってしまうことがあります。

ウォーターサーバー

ネスレのウォーターサーバーアクアウィズ
ウォーターサーバーはミネラルウォーターと同じなんじゃ?と思われているかもしれませんが、ネスレでレンタルすることのできるアクアクララはミネラルウォーターとは違い、不純物を限界まで取り除いた「デザインウォーター」が使われています。

ろ過されたデザインウォーターは口当たりまろやかな軟水でコーヒーとの相性もピッタリ

またバリスタとウォーターサーバーを直接繋ぐことが可能で、水を補充する手間が大幅に省けます。(1度の補充で約85杯分)

オフィスだけでなく個人の家庭でもレンタルすることができます。

使う水で味の差は出るのか?

ゴールドブレンドを硬水と軟水の両方で淹れて飲み比べると分かりますが、本当に同じゴールドブレンドなのかと思うほど味が異なります。

軟水で淹れた場合には、馴染み深いゴールドブレンドの味になりますが、硬水で淹れると苦みが強く、少なからず渋みも感じられます。

カフェオレやカプチーノなどのミルク系コーヒーでも、両者の差は歴然です。

もともと、ミルク系のコーヒーは優しく丸い味が特徴なので、硬水で淹れるとせっかくの丸みが消えてしまうのです。
後味も良くありません。

好みに個人差はあると思いますが、ミルク系を入れるときには軟水を使った方がいいでしょう。

水選びだけではなく細かい工夫も大事

バリスタはコーヒーマシンなので、豆でコーヒーの美味しさを大きく変えるのはなかなか難しいのですが、ちょっとした工夫でいつもの1杯を美味しくすることはできます。

まず、ホットで淹れる場合にはカップを事前に温めておきましょう。

抽出後のコーヒー温度をある程度保つことで、コーヒーの風味も維持することができます。

給水タンクの水はマメに交換しましょう。最低でも、1日に1度は交換することをおすすめします。

定期的な内部洗浄も重要です。

水やコーヒー粉にこだわっても、計量部や撹拌部が汚れていたのでは、美味しいコーヒーを淹れることはできません。

なお、バリスタiには、「カップ温めモード」があるので、美味しいホットコーヒーを淹れたいときには使ってみてください。

まとめ

泡のたったコーヒーが入っているカップ

使う水によってコーヒーの風味は異なります。
好みもあるので一概には言えませんが、基本的には軟水でコーヒーを淹れた方が美味しく飲めるようです。

コーヒーの風味を維持するためには水選びだけではなく、バリスタのこまめなメンテナンスも重要です。
美味しい水と定期的なお手入れで、至高の1杯を実現してくださいね。

コストはどのくらいかかるの?
月々4000円弱!

専門スタッフにより「あんしんサポート料」1500円(+消費税)に加え12Lのレギュラーボトル(1296円/本)2本を購入した場合月のコストは約4212円。 ※アクアウィズはネスレの定期便利用が前提のサービスとなっております。

コーヒーマシンと直接接続できる!
これまでより給水の手間が大幅に減ります

コーヒーマシンとウォーターサーバーを直接接続することにより、1度の補充で約85杯分のコーヒーを抽出することができ、もちろんコーヒーだけでなく冷水・温水も出るのでお料理に使ったりお子様が手軽にお水を飲むこともできます。

キッチンから離れた場所にも設置できる!
ウォーターサーバー自体にコーヒーマシンを設置できるのでリビングや寝室にもおくことができます

ご家庭だけでなく、オフィスでもご利用できるためさまざまなビジネスシーンで活躍すること間違いなし!

ネスカフェバリスタの関連記事

01.一押し記事
02.口コミ・評判・マシン比較
03.定期便について/変更・解約など
04.マシンの使い方/お手入れ
05.カプセル/アクセサリー関連
06.困ったときのトラブル対処法
07.新着情報・NEWS
08.豆知識