電気代が高い?!ネスカフェバリスタを毎日使うと1ヵ月いくらになる?

最終更新日:
電気代はどれくらいかかる?ネスカフェバリスタの維持費

ネスカフェバリスタを使ってみたいけれど、電気代がどのぐらいかかるのか心配という方も多いのではないでしょうか。

実は、バリスタの電気代は毎日コーヒーを飲んでも月に100円程度しかかからないんです!

やっす!

待機電力も驚くほど安いのがバリスタの特長なのじゃ!

ここでは、バリスタの待機電力やコーヒー1杯あたりの電気代について紹介していきます。

バリスタの電気代は?

バリスタにはものすごく太いコードが付いているので、一見すると電気代がかかりそうに見えます。

実際の消費電力を見てみると「1,460W」となっているのでワット数だけをみれば低くありません。

コーヒー1杯あたりの電気代

バリスタはコーヒーを抽出している間、もちろん電力を使います。

ブラックコーヒーで10秒程度、カプチーノなどのミルク系メニューでは30秒ほどです。

しかし、この程度の抽出時間ではそれほどワット数を気にする必要はありません。

バリスタの1杯あたりの具体的な電気代を見てみましょう。

  • ブラックコーヒー 1杯約0.7円
  • カフェラテやカプチーノ 1杯約1円

作るメニューによって若干の誤差は生じますが、基本的には何を飲んでも1杯あたり1円前後で済みます。

なお電気代は旧タイプのバリスタも、新しいバリスタアイでも変わりません。

最新型のバリスタ50、バリスタアイ、旧型のバリスタは、どの機種も消費電力が1,460Wと同じなのです。

スマートフォンと連動してコーヒーを淹れられるバリスタアイでも、1杯1円前後の電気代で済むというのは魅力ですね。

仮に、1日に1杯コーヒーを飲んだ場合には月の電気代が30円となります。

1日に3杯飲んだとしても、月間で90円の電気代です。

1ヵ月で90円という電気代は、全く気にするレベルではないといってもよいでしょう。

バリスタの待機電力

バリスタはコーヒーを保温して使うタイプの機種ではありませんので、電力を大きく消費するのはコーヒーの抽出時だけですが、バリスタに限らず家電はコンセントを挿しているだけでも「待機電力」を消費します。

なお、バリスタの待機電力は1日あたりおよそ0.3円です。

1ヵ月では約9円となります。

改めて、バリスタを1ヵ月使用した場合の電気代を見てみましょう。

1日1杯の場合 1日3杯の場合
×30日 30円 90円
待機電力 9円 9円
合計 39円 99円

このように、毎日3杯飲んだとしても月の電気代は100円程度という結果になりました。

コンビニでコーヒーを飲むと、ブレンド1杯で100円・・・毎日3杯飲んだとすると、1ヵ月で9,000円?!

この出費の差を考えると、バリスタではカプチーノやカフェラテ、アイスコーヒーなど、好きなメニューを楽しむことができるのですから、断然お得なのじゃ。

徹底的に電気代を節約したいという場合には、「使う時以外はコンセントを抜いておく」という手もあります。

ただし、コンセントを抜き差しする手間と待機電力代が月額9円程度ということを考えれば、そのままにしておくのが最良ではないでしょうか。

いずれにしても、バリスタの電気代は気にするほど高いということはありません

安心して淹れたてのコーヒーを楽しんでください。

一般的なコーヒーメーカーとの電気代比較

一般的なコーヒーメーカーは、電気を消費する部分が多くなります。

  • お湯を沸かすための電気代
  • コーヒーを保温するための電力

1時間ほどで全て飲みきってしまう場合にはそれほど電気代を気にする必要はないのですが、3時間以上の保温ではコーヒー1杯を入れるのと同程度の電気代が必要になります。

コーヒー豆を砕くミル機能が付いていれば、さらに電気代がかかるのじゃ

「飲みたい分だけのお湯を沸かす必要がある」「保温機能がある」という点が、コーヒーメーカーとバリスタとの大きな違いです。

バリスタは飲みたい分だけ抽出されるため保温機能がなく、その分電気代が安くなります。

ちなみに、ネスカフェから発売されているドルチェグストは、抽出時に15気圧の圧力をかけるので電気代がバリスタよりもやや割高。

1杯で約0.8円、ミルク系のコーヒーを飲む場合には1杯あたり約1.1円かかります。

バリスタの電気代を節約する方法

バリスタは、そもそも電気代があまりかからないので、これといった節約方法はありません。

いつでもボタンを押すだけで手軽にコーヒーを楽しめるのがバリスタの魅力ですから、月額12円程度の電気代であればこの快適性を犠牲にすることはないでしょう。

ただし、月に数えるほどしかコーヒーを飲まないというような場合には、使わないときにコンセントを抜くことで電気代を節約することはできます。

電気代が高い?!バリスタの1ヵ月の電気代まとめ

コーヒーの粉、出来上がったコーヒー、バリスタが並んでいるところ
バリスタの電気代は、毎日3杯コーヒーを飲んだとしても100円程度で済んでしまいます。

1杯あたりの単価を考えれば、全く気にする必要のないレベルといえるでしょう。

これまで電気代が心配でバリスタの購入を迷っていた方も、安心して本格的なコーヒーを楽しんでくださいね!

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約15円~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならエコ&システムパックがなんと通常価格の最大39%OFF! マシン本体費用5980円も無料になります。毎日コーヒーを飲む方なら定期便の利用が断然お得!

メリットは?
1台で5種類のコーヒーを手軽に楽しめる!

ボタンひとつで手間をかけずに本格的なコーヒーが楽しめます。アイスコーヒーも作ることができるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが。万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き!

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数300万台突破のネスカフェバリスタ!マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約することができます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

キャンペーンについて教えて
マシンをレンタルすると特典がついてくる!

バリスタマグ&ブライトスティックがもらえます。

ネスカフェバリスタの関連記事

01.一押し記事
02.口コミ・評判・マシン比較
03.定期便について/変更・解約など
04.マシンの使い方/お手入れ
05.カプセル/アクセサリー関連
06.困ったときのトラブル対処法
07.新着情報・NEWS
08.豆知識