【まとめ】ネスカフェバリスタはどんな人に向いている?毎日使う私だから分かるメリット・デメリット

最終更新日:
ネスカフェバリスタを実際に使った人たちの本音は?口コミを集めてみました!

自宅で手軽に美味しいコーヒーが淹れられるネスカフェバリスタ。
コーヒーメーカーが欲しいな、と思って購入を迷われている方もいらっしゃるかもしれませんよね。

わたしもすごい悩んでたんですけど、買ったら「なにをそんなに悩んでたんだろ~」って思っちゃうくらい重宝してます!

マシンもそこまで高くないしコスパもいいからの。
この記事では、悩んでいる方の不安を解消するために「メリット・デメリット」をまとめてみたぞ。
ぜひ参考にしてほしいのじゃ!

バリスタに向いている人

コーヒー豆から挽くタイプのコーヒーメーカーは、多種多様なコーヒー豆から好みの物を選ぶことができます。
ミル機能が付いていれば、粗挽きなど豆の挽き方からこだわることもできます。

ですが、バリスタの「できることが限られている」というデメリットは、そのままメリットにもなるのです。

「手間の少なさ」と「コーヒーにこだわる」というこの2つは、残念ながら両立ができません。

従って、

  • 本格的なコーヒーを楽しみたいけど、豆から挽くほどではない
  • 普段インスタントを飲んでいるが、もうちょっと美味しいコーヒーを飲みたくなるときがある
  • 手軽にコスパのいいコーヒーが飲みたい

このような人にとっては、バリスタは最高のマシンとなるでしょう。

バリスタのメリット

カフェメニューが豊富

バリスタタッチパネル部分のアップ(各説明付き)
一般的なコーヒーメーカーで作れるメニューはコーヒーとエスプレッソの2種類ほどですが、バリスタでは「カプチーノ」や「カフェラテ」などのメニューも、ボタンを押すだけで楽しめます。

自宅で手軽にカフェ気分を味わいたいなら十分ですね。

出来上がったコーヒーを、自分なりにアレンジして楽しむこともできます。

アイスコーヒーに生クリームを浮かべたり、カプチーノにシナモンシュガーを振りかけたりするだけでも、おしゃれな1杯に生まれ変わります。

必要最低限のことしかできないバリスタじゃが、機能がシンプルだからこそ工夫次第で楽しみ方はさらに広がるんじゃよ。

洗浄が簡単

豆から挽くコーヒーメーカーに比べると、使用後のお手入れや定期的なメンテナンスが驚くほど簡単です。

最初は面倒と感じるかもしれませんが、何度か繰り返しているうちに手馴れてくるものです。

これは、洗浄方法が至ってシンプルだからです。

最新型の「バリスタ50」にはクリーニングボタンが付いたので、さらに洗浄が楽になっています。

必要にして十分なコーヒー粉の種類

ネスカフェバリスタの詰め替え用コーヒー粉の最安値は?
選べるコーヒー粉が限られているといっても、「香味焙煎シリーズ」や「アイスコーヒー」、また、上級ブランドの「プレジデント」なども発売されています。

異なるコーヒー粉の風味が手軽に楽しめるということを考慮すれば、十分なラインナップではないでしょうか。

それぞれの粉で「カプチーノ」や「カフェラテ」を作れば味わいも変わってきますので、実際にはもっと多くの組み合わせがあることになります。

自分好みの1杯を見つけるのも、バリスタの楽しみといえるでしょう。

アプリと連動させればポイントが貯まる!

バリスタアイバリスタ50は、アプリと連動させてコーヒーを淹れると、1杯淹れるごとに「ネスカフェワクワクポイント」が貯まります。

貯めたポイントはオリジナル賞品との交換が可能です。

ポイントが貯め方はいろいろとありますので、バリスタを通して楽しみが拡大していきます。

電気代が安い

バリスタでコーヒーを1杯淹れた場合の電気代は約0.7円です。

ミルク系のコーヒーでも1杯1円程度。1日に3杯コーヒーを飲んでも、月の電気代は90円ほどになります。

つまり、バリスタを使うときには電気代を気にする必要はないということです。

バリスタアイが無料で使える定期お届け便がある

定期的に詰め替え用のエコ&システムパックを購入する「定期お届け便」では、コーヒー代だけでバリスタアイが使えます。

しかも、3回以上継続すればいつでも解約OK。

手軽にバリスタを始めてみたい人には、おすすめのサービスです。

バリスタのデメリット

指定のコーヒー粉を使わなければならない

ネスカフェゴールドブレンド
バリスタは大変便利なコーヒーマシンですが、本体の価格を考えれば仕方ないと思える「デメリット」もあります。

例えば、コーヒー粉は基本的にネスレが指定している「エコ&システムパック」を使用しなければいけません。

ただし、コスパの高さには目を見張るものがあります。
通常、缶コーヒーなら130円前後、コンビニのコーヒーでも1杯100円はします。
1日1杯だとしても、月間で3,000円程度の出費です。

一方、バリスタはコーヒー1杯あたりの価格が約20円で済みます。
最安値のコーヒー粉を使えば、もっと単価が下がります。

コーヒーの美味しさを徹底的に追求した「レギュラーソリュブルコーヒー」が、自宅で手軽に20円程度で飲めるのですから、利用しない手はないでしょう。

ちなみに、公式からはエコ&システムパックの使用が推奨されていますが、実は他社のコーヒーでも使うことができます。

こまめにコーヒー粉の種類を変えることができない

バリスタはコーヒータンクにコーヒー粉を詰める仕組みになっているので、粉を使い切らないと違う味に変えることはできません。

毎日同じコーヒーを飲んでいる方にはとても楽ですが、気分によって味を変えたいという方には使い切りタイプのカプセル式コーヒーメーカーのほうが向いているかもしれません。

しかしバリスタもブラックコーヒーだけでなくカフェラテやカプチーノを作ることもできますので、工夫次第で様々な味を楽しむことができます。

ネスカフェバリスタのメリット・デメリットまとめ

ネスカフェゴールドブレンドバリスタ
今回はバリスタのメリットやデメリットについて振り返ってみましたが、キーワードは「手軽」ということになるでしょう。

たしかに、朝の忙しい時間帯にお湯を沸かす手間も省けたし、後片付けもしなくていいからすっごい手軽!

メンテナンスも楽じゃし、無料でレンタルすることもできるからの。ぜひ一度この手軽さを試してほしいのじゃ。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約15円~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならエコ&システムパックがなんと通常価格の最大39%OFF! マシン本体費用5980円も無料になります。毎日コーヒーを飲む方なら定期便の利用が断然お得!

メリットは?
1台で5種類のコーヒーを手軽に楽しめる!

ボタンひとつで手間をかけずに本格的なコーヒーが楽しめます。アイスコーヒーも作ることができるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが。万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き!

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数300万台突破のネスカフェバリスタ!マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約することができます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

キャンペーンについて教えて
マシンをレンタルすると特典がついてくる!

バリスタマグ&ブライトスティックがもらえます。

ネスカフェバリスタの関連記事

01.一押し記事
02.口コミ・評判・マシン比較
03.定期便について/変更・解約など
04.マシンの使い方/お手入れ
05.カプセル/アクセサリー関連
06.困ったときのトラブル対処法
07.新着情報・NEWS
08.豆知識