「バリスタ」「ドルチェグスト」「ネスプレッソ」の違いを比較!理想の機種を探すコツ

最終更新日:

ネスレのコーヒーマシンには「ネスカフェバリスタ」「ネスカフェドルチェグスト」「ネスプレッソ」の3シリーズがあります。

シリーズのなかでも機種ごとに細かい違いがあるので、どれが自分に合うのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、「ネスカフェバリスタ」「ネスカフェドルチェグスト」「ネスプレッソ」で人気が高い機種の概要・スペックの比較と、それぞれの長所・短所を解説します。

どのコーヒーマシンを購入するか悩んでいる方は必見です!

  • マシンのスペック
  • 本体価格&維持費(月ごとのコーヒー代比較)
  • コーヒーの美味しさ
  • どのマシンがどんな人にオススメなのか

上記項目以外にも、使い方お手入れの方法なども説明しているぞ。購入を悩んでいる方にはぜひ参考にしてほしいのじゃ!

「バリスタ」「ドルチェグスト」「ネスプレッソ」の違い

ネスカフェバリスタ

コーヒーを手軽に美味しく飲むためのマシンといえばネスカフェバリスタ。
累計400万台以上を売り上げる、日本で最も売れているコーヒーメーカーです。

コーヒーを淹れる際は、ネスカフェバリスタ専用の「エコ&システムパック」を使用します。

わたしはバリスタを使ってます!1杯あたりが安くて、コスパがいいのが最大の魅力ですね。

たしかに3機種の中でも1杯あたりの価格が13円~と飛びぬけて安いのう。普通のインスタントコーヒーよりちょっと良いコーヒーを飲みたい方にオススメのマシンじゃ。

ネスカフェドルチェグスト

ネスカフェドルチェグストは、カプセル式のコーヒーメーカー。

最大の特徴はなんといってもカプセルの種類の多彩さです。

コーヒーだけではなく、宇治抹茶やティーラテ、チョコチーノといったバラエティ豊かなドリンクを楽しめます。

コーヒー以外も色々飲みたいし、わたしはドルチェグストに決めた!

メニューの幅広さがネスカフェドルチェグストの魅力じゃな。甘いミルク系のカプセルも豊富なのじゃ。

ネスプレッソ

カプセル式のエスプレッソマシン。厳選された豆を使用していて、20種類以上のフレーバーがあります。

他の2機種と比べると少し高級志向で、ワンランク上のエスプレッソを楽しむコーヒーメーカーです。

オレは家でもうまいコーヒーが飲めるって聞いたんでこれにしたっス!

1杯あたりの単価は上がるが、ミシュラン3つ星レストランでも採用されておるほどの品質の高さが魅力なのじゃ。

「バリスタ」「ドルチェグスト」「ネスプレッソ」のスペック比較

バリスタ50

ネスカフェバリスタ
ドルチェグスト

ネスカフェドルチェグスト
エッセンサミニ

ネスプレッソ
機種名 バリスタ50 ジェニオアイ エッセンサミニ
赤・白
サイズ 15.5cm(W)×32.3c(H)×30.6cm(D) 16.5cm(W)×23.1cm(H)×30cm(D) 11cm(W)×20.5cm(H)×32.5cm(D)
重量 3.4kg 2.6kg 2.3kg
タンク容量 0.8L 0.65L 0.6L
気圧 15気圧 15気圧 19気圧
消費電力 1460W 1460W 1260W
オートストップ
自動電源オフ
アプリ連携機能 ×
抽出可能まで 約30秒 約30秒 約30秒
メニュー数 4種類 15種類~ 20種類~
ミルク系メニューの有無

ミルク系メニューの△とは?

  • ネスカフェバリスタ・・・別売りのネスレブライトが必要
  • ネスプレッソ・・・別売りのエアロチーノが必要

ネスカフェバリスタとネスプレッソは、マシン単体ではミルク系メニューを作れません。

ネスカフェドルチェグストではミルクカプセルもセットなので、別途用意しなくて大丈夫です。その分1杯あたりの単価は少し高くなります。

カプセルタイプと粉タイプの違いは何?

ネスカフェバリスタは粉タイプ

コーヒーを移し終えたところ

このバリスタ専用のエコ&システムパックはコーヒーの酸化を防ぐため極力空気に触れずにバリスタ本体に詰め替えられる構造になっています。

ネスカフェドルチェグストとネスプレッソはカプセルタイプ

カプセル単体
カプセルは1回ずつ使い切りなので飲む直前まで新鮮な状態が保たれています。

毎日違う味を楽しむならカプセルタイプがオススメ!
ネスカフェバリスタで違う種類のコーヒーを飲む場合、タンクに残った粉を別の容器に入れ替える必要がありますが、カプセル式は飲みたいカプセルをマシンにセットするだけなので、手軽に違う味を楽しめます。

朝はブラック、夜はカフェインレス…とか色んなコーヒーが飲みたいなら、カプセルタイプが良いんじゃない?

「バリスタ」「ドルチェグスト」「ネスプレッソ」をスペックの違いで選ぶならこのマシン!

コスパで選ぶならネスカフェバリスタ

ネスプレッソ ドルチェグスト バリスタ
本体価格 12,100円 14,800円 7,091円
1杯あたりの値段 約75円 約55円 約13円
1ヶ月あたりのコスト 2,250円 1,650円 390円

初期費用、ランニングコストを含めたコスパが良いのはネスカフェバリスタでした。

カプセルではなく粉を使用するため1杯あたりの単価が抑えられ、またマシンの価格もネスカフェドルチェグストやネスプレッソに比べるとかなりお手頃価格となっています。

コーヒー以外も楽しみたいならネスカフェドルチェグスト

コーヒーだけでなく、宇治抹茶、その他ミルク系のメニューも色々と楽しみたいならドルチェグストがオススメ。

ネスカフェドルチェグストの一番の魅力はなんといってもコーヒー以外のバラエティメニューが豊富なところ!

スターバックスのコーヒーの他、コーヒーが飲めない方でも楽しめるチョコチーノや宇治抹茶ラテ、ラテマキアートなども揃っています。

ドルチェグストジェニオアイ

味にこだわるならネスプレッソ

ネスプレッソは、豊かな香りを楽しめる20種類以上のカプセルを取り揃えています。

基本的にメニューはすべてエスプレッソですが、抽出量をリストレット・ルンゴにする設定も可能。

フレーバーコーヒーなどもあり、その繊細な香りはネスプレッソならではのものです。

また、ネスプレッソも先日スターバックスのカプセルが発売されましたが、こちらのカプセルは定期便利用者限定販売となっています。

【2019年6月3日】ネスプレッソ×スターバックスコラボカプセル3種類登場!

ドルチェグストのカプセルをネスプレッソで使えたりするの?

同じメーカーのコーヒーマシンなら、ドルチェグストのカプセルをネスプレッソで使ったりできないんですか?

カプセルは大きさや抽出方法も違うため、残念ながらそれはできないのじゃ。

試しにネスプレッソにドルチェグストのカプセルを入れてみます。

ピクシークリップにドルチェグストのカプセルを入れようとしているところ

清々しいほど入らないっスね

このように、それぞれのマシンでしかカプセルは使えないのじゃ。

【管理の難易度を比較】お手入れが一番楽なのはネスカフェドルチェグスト!

カプセルホルダーを水ですすいでるところ

  • 3機種とも基本水洗い
  • ネスプレッソは使用後の湯通しが必要
  • どのマシンも半年に一度は湯垢洗浄剤を使ったお手入れをしたほうが良い

普段のお手入れは給水タンク、コーヒーカップの受け皿、カプセルホルダーを水洗いするだけで十分ですが、水アカが溜まってしまうとコーヒーが抽出されにくくなる原因となります。

半年~1年に一度は湯垢洗浄剤を使ったお手入れをするほうがいいでしょう。

水の入った給水タンクを本体に設置したところ

3機種すべてのお手入れをした結果、一番管理が楽だと感じたのはドルチェグストです。

ただ、給水タンクはちょっと洗いにくいんだよね。

柄のついたスポンジブラシなどあると便利かもしれんのう。

放置すると危険なのはネスカフェバリスタ

フタを3つ並べた画像
※バリスタのコーヒータンクのフタ

バリスタはカプセルを使わないので後片付けをしなくていいのですが、定期的にコーヒータンクを拭いたりしないと粉がこびりついたりします。

私はタンクのコーヒーがなくなったタイミングで、ぜんぶまるっとお手入れしてます~。

うむ。手入れのタイミングを決めておくのも良いかもしれんのう。

【まとめ】「バリスタ」「ドルチェグスト」「ネスプレッソ」の違いを理解して、理想通りの機種を手に入れよう!

  • コスパ重視ならネスカフェバリスタ
  • コーヒー以外も飲むならネスカフェドルチェグスト
  • 味や香りを重視するならネスプレッソ

それぞれの機種に特徴がありますが、選ぶポイントで一番重要なのは「普段どんなコーヒーを飲んでいるのか」だと思います。

購入したけどやっぱりそんなに使わなかった…なんて、もったいないですよね。

迷われている方や、ちょっと試してみたいという方にもオススメなのがマシン無料レンタル定期便じゃ。
お得なキャンペーンもあるから、気になる方はぜひチェックしてほしいのじゃ!

ネスレの関連記事