コーヒーメーカーの寿命はどれくらい?買い替えのタイミングや故障のサインについて

最終更新日:
コーヒーメーカーの寿命はどれくらい?買い替えのタイミングや故障のサインについて

ここでは、自宅やオフィスで利用することが多いコーヒーメーカーの「寿命」についてご紹介しています。

だいたいどれくらいがコーヒーメーカーの耐用年数の平均なのか?また、買い替えのタイミングや故障のサインについてなどをまとめていますので、お持ちのコーヒーメーカーが不調かなといった際にはぜひチェックしてみてください。

また、どうやったら長くコーヒーメーカーを利用し続けることができるのかといった豆知識などもご覧いただけます。

コーヒーメーカーの「寿命」だいたいの耐用年数とは?

まず、予め説明しておきますと、各家庭にあるコーヒーメーカーの寿命を明確にお伝えすることはできません。

これは商品のブランドやサイズ、使用頻度などによって当たり前ですがコーヒーメーカーの劣化スピードに個体差が出てきますので、「だいたい何年で故障する」というのは分からないからです。

ただ、製品を修理しながら使うということになればちょっと事情が変わってきまして、使っているコーヒーメーカーが製造中止になってから「5年」が耐用年数の目安といわれています。

これは、あるひとつの家電が製造~販売~製造中止となるにあたって、製造が中止されてから各メーカーはその販売した製品の部品を取り置いておかなければいけないという規則があるからなのですが、だいたいコーヒーメーカーの場合はその期間を「5年」と定めています。

つまり、製造中止になってから5年間はメーカーに問い合わせれば部品が手に入る可能性がありますが、5年を過ぎるとそもそも修理するための部品自体がなく、結果としてそのまま寿命を迎えるということになるわけですね。

もちろん、故障さえしなければ十数年と使えるコーヒーメーカーはあると思いますが、やはりコーヒーメーカーをその性質上とても故障しやすい家電のひとつと言えます。

コーヒーという「粉末」と、給水タンクに入れる「水分」というのは、機械類にとっての天敵です。

その2つを使用するコーヒーメーカーというのは必然的に寿命が短く、壊れやすいものというのは分かっていただけることでしょう。

しかし、壊れやすいからといってそもそも諦めてしまってはもったいないですよね。

そこで、次にコーヒーメーカーを長く使うコツをご紹介していきたいと思います。

コーヒーメーカーを長く使うコツ

愛用しているコーヒーメーカーを長く使うコツですが、大きく言えば方法は1つです。

「細かく手入れ・掃除をする」

これだけで製品としての寿命は格段に上がりますので、ぜひ毎日のお手入れを欠かさないようにしましょう。

そもそもコーヒーメーカーが故障する理由として多いものは、初めから製品に不備・問題があるといったものを除けばメンテナンス不足が第一とされています。

たとえば給水タンクから本体内部を通ってドリッパーに通じるホースに水垢が溜まるであるとか、もしくは過度に使用をしてヒーターを加熱するためのモーターが焼き付いてしまったりだとか…。

そうした「使い方に問題があるケース」というのも故障の原因となりますので、日々ケアをしてあげることが大切です。

また、コーヒーサーバーを洗ってすぐに本体にセットすると、隙間から水が浸入して本体内部を壊してしまうケースもありますね。

コーヒーメーカーは便利で手軽な商品として販売されていますが、やはり機械類ですから使い方には注意が必要です。

こうした基本的な部分だけでも抑えておくと、機械の持ちもグンとよくなるはずですので、参考までに覚えておいてください。

コーヒーメーカーの買い替えのタイミングや故障のサインなど

大事に使っていても家電はいつか買い替えなければいけない時がきます。

しかし、コーヒーメーカーの場合はどんなタイミングが買い替えの時期なのでしょうか?

それはずばり、今まで通りにコーヒーメーカーが作動しなくなった時です。

たとえば「コーヒーがぬるい」というのは、モーターに異常・故障が見られた場合に起きる現象で、修理が必要となってきます。

しかし、もし保障期間を過ぎているのであれば修理をするよりも新しいマシンを買った方がお得ということもあり得ますので、このタイミングを買い替えの時期としてもいいでしょう。

また、「通常時とは違った音がする」というのも故障のサインとしては多くあるケースですね。

こちらも内部の問題ですので自分で整備することは出来ないかと思います。

ほかには、「出来上がりのコーヒーが少ない」というサインもあるのですが、これは給水ホースの汚れなどが原因かもしれませんので、一度自分でチェックをしてみてください。

ホースがキレイなのにちゃんとした分量の水が送られてこないのであれば、これも機械本体の問題と言えますので、修理もしくは買い替えのタイミングと言えます。

買い替えに悩んでいるなら無料レンタルもおすすめ

現在、ネスレ公式サイトではコーヒーメーカーを無料レンタルできるキャンペーンを実施中。

レンタル期間中は永久無料保証もついていますので、安心して利用することができます。

コーヒーメーカーの寿命や長持ちさせるコツについてのまとめ

ご覧いただいたように、コーヒーメーカーには明確な寿命というものはなく、自分のメンテナンス次第で十分長持ちをさせることが可能です。

ただし、やはりコーヒーメーカーは口に入れるものを作る機械ですので、違和感を覚えたらすぐに修理もしくは買い替えをした方が安心と言えます。

いつもより焦げた匂い(焙煎の香りよりもキツイなど)を感じたりしたら、中で動作不良が起きているサインでもありますので、すぐにメーカーに確認をしに来てもらうのがベターです。

正直、最近は低価格なコーヒーメーカーも多数販売されていますので、故障かなと思ったら修理をするよりも買い替えた方がお得ということの方が多いと思います。

故障・動作不良が起きたときが買い替えのタイミングと割り切って、新しい1台を探してみるというのがおすすめですね。

もちろん、すぐに機械が壊れないように、日々のメンテナンスをすることを心がけて貰えればと思いますが。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり75円~。さらに定期便で本体無料!

定期便なら通常価格の5%OFF! マシン本体費用11,880円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?
全25種類の豊富なアロマを自宅で楽しめる

世界中の高品質な豆の中から、スイスにあるネスレ本社のコーヒーエキスパート達が「豆の個性」と「アロマ」を吟味し、徹底した品質管理のもと厳しい社内基準を満たすものだけを採用しています。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

定期便利用4回目以降はその後はいつでも解約することができます。 ※解約する場合はマシンを返却する必要があります。(送料自己負担)

スターバックスコラボカプセル登場!
スタバとのコラボカプセルが購入できるのは定期便だけ!

ついにネスプレッソとスターバックスのコラボカプセルが登場!楽しめる味わいは3種類、ネスレ通販オンラインショップのみでの取り扱いとなります。

コーヒー基礎知識の関連記事