ハンドドリップの道具は何が必要?ハンドドリップの必需品・役割と選び方

最終更新日:
ハンドドリップ-道具-アイキャッチ

おうちでハンドドリップに挑戦したいっス!…最低限揃えた方がいいアイテムってどれっスか?

おうちでハンドドリップするなら最低4つのアイテムがあれば滞りなくコーヒーを淹れられるぞ!

今回はハンドドリップに必要なアイテムそれぞれの役割や選び方を解説します。

ハンドドリップの道具について知りたい方、必見!

ハンドドリップの手順

まずは使うアイテムの一覧と一緒にざっくりとハンドドリップの手順を説明します。

コーヒーを淹れる道具一覧

①コーヒーポット/②ドリッパー/③サーバー/④フィルター/⑤ミル/⑥コーヒースケール/⑦湯温計
    コーヒー1杯をハンドドリップする手順

  1. サーバーにフィルターを設置したドリッパーをセット
  2. 10~12gのコーヒー豆をミルで挽く
  3. 挽いたコーヒー粉を①のドリッパーに投入
  4. コーヒーポットで沸かした95℃のお湯20秒ほどコーヒーを蒸らす
  5. 粉の中心に80cc→40cc→20ccと3回に分けて優しくお湯を注ぐ
    小さく「の」の字を描くように注ぐのがポイント。
  6. サーバーにお湯が落ちきったらカップに注いで完成!

途中でさらっと豆やお湯を計ってたり、狙いを定めてお湯を注いだりしてるっスね!?…結局、道具は全部揃えないとダメなんじゃ…?

とりあえずおうちでハンドドリップしてみたい!って場合は4つのアイテムがあればコーヒーを淹れられるぞ。

    ハンドドリップに最低限、必要なのは

  1. お湯を沸かす『コーヒーポット
  2. コーヒー抽出をする『ドリッパー
  3. 抽出したコーヒーを貯める『サーバー
  4. コーヒーを抽出する際、ろ過をする
    フィルター
  5. の4つ

この4つをおうちに揃えて、コーヒーを粉で購入しておけばおうちでハンドドリップにチャレンジできます。

ただ、お湯の温度や量まできっちりこだわりたい場合はすべてのアイテムを揃える方が、快適にハンドドリップできるでしょう。

ではハンドドリップの道具選びに役立つ各アイテムの役割と選び方のポイントを解説していくぞ!

ハンドドリップ道具
①コーヒーポット

コーヒーポットアイコン

コーヒーポットはコーヒーを淹れる際にお湯を注ぐために使います。

ドリッパーにセットしたコーヒー粉にお湯を落とすだけっスよね?やかんじゃダメなんすか?

コーヒーはドリップ時のお湯の注ぎ方だけでも味が変わる繊細な飲み物なんじゃ。

せっかくなら上手に美味しく淹れられるようコーヒーポットを使うのがおすすめ!

コーヒーポットは保温性に優れて扱いやすい材質と、1度に淹れるコーヒーの量をカバーできる容量で決めよう!

ハンドドリップに適したコーヒーポットについてはこちらの記事でさらに詳しく解説しています。参考にしてみてください。

ハンドドリップ道具
②ドリッパー&サーバー

ドリッパーアイコン

ドリッパー
コーヒー粉を入れたフィルターをセットし、マグカップやサーバーに固定する道具

ドリッパーについた溝がペーパーフィルターがドリッパーに密着するのを防ぎ、コーヒーの雑味となるガスの抜け道になっています。

リブにも種類があり、形状によってお湯の流れが変化し、コーヒーの味も左右するんじゃ。

サーバーアイコン

サーバー
ドリッパーで淹れたコーヒーを受け止める容器
カラフェと呼ばれるドリッパーとサーバーが一体型になったアイテムもあります。
カラフェはフィルターがあればすぐに使えるのがメリットです。

ドリッパーとサーバーはセット売りと単体売りがあるのじゃ。

1人で楽しむだけなら小さいドリッパーをマグカップにセットするだけでコーヒーが作れる商品も手軽で魅力的。

しかし、2~3杯コーヒーを飲むならサーバー付きで『淹れたコーヒーを貯めておける』方が便利です。

ドリッパー&サーバーはまず作る量を決めてから選び始めよう!

ドリッパー&サーバーの選び方

    ドリッパーは

  • 円錐型or台形型どちらにするか

ドリッパーの選び方はこちらで詳しく解説しています!

    サーバーは

  • 容量をどのくらいにするか

サーバーの選び方はこちらの記事をご覧ください!

    また、どちらの場合も

  • どんな素材のドリッパー/サーバーにするか
  • が選ぶポイント。

ドリッパーは『コーヒーの味』に、サーバーは『保温性や耐久性』などに違いが出てくるぞ。

ハンドドリップ道具
③フィルター

ペーパーフィルターアイコン

フィルターはドリッパーにセットして、抽出時にコーヒー粉をろ過するのに使用します。

コーヒーフィルターの選び方

コーヒーフィルターは

まずどの素材にするか

を選び、
その後
・ドリッパーの形状に合うか
・淹れたい杯数に対応できるか
等の条件で選んでいきます。

コーヒーフィルターは紙だけじゃない

一般的にハンドドリップする時に使うフィルターは紙をイメージする場合が多いかもしれません。

しかし、コーヒーフィルターはステンレスセラミックなど色々な素材があるんじゃ。

コーヒーフィルターの素材によって抽出の時間や出来上がるコーヒーの味に違いが出ます。

自分の使い勝手や好みに合わせて選ぶ素材から違ってくるんスね。
素材からの選び方はこちらの記事で解説してるっス!

ハンドドリップ道具
④コーヒーミル

コーヒーミルアイコン

コーヒーミルはコーヒーを豆からこだわって淹れたい方には必須アイテムです。

最初から粉でコーヒーを買う人は持ってなくても大丈夫っスね。

コーヒーミルの選び方

    コーヒーミルは大きく分けて

  • 時間と手間をかけたい人におすすめ
    手動ミル
  • 毎日使いたい人におすすめ
    電動ミル
  • の2種類。

そこから更に挽きたい目に合わせて選べるよう種類が分けられています。

まず『手動』か『電動』か、そこから挽き具合でどれを選ぶか検討していけばよいのじゃ。

コーヒーミルは手動or電動の他に豆の挽き方でも種類が分かれています。

・細かく挽ける→カット式/臼式
・中挽き~細中挽き向き→プロペラ式

更に詳しい選び方やおすすめのコーヒーミルはこちらで解説しています!

色々な淹れ方を楽しみたい方や初心者の方にはメモリなどで挽き具合を指定できるミルが人気じゃ!

ハンドドリップ道具
⑤ドリップスケール

スケールアイコン

ドリップスケールは重さと時間を同時に計測できるアイテムです。

主に
豆の量/お湯の量/抽出時間
を計ります。

コーヒーは同じ一杯でも使う豆の種類や量でお湯を入れるタイミングが変わるんじゃ。

狙った味にしたいなら微調整しやすいようにドリップスケールを使うのがおすすめなんスね。

本格的にハンドドリップを楽しみたい方は、
[お湯の量]×[抽出時間]を記録しながら作ると自分好みのベストなレシピを発見できます。

ドリップスケールの選び方

    ドリップスケールは

  • 機能性重視orデザイン重視か決める
  • 防水性のがあるか確かめる
  • の2点を考慮して選びましょう。

詳しい選び方はこちらの記事で解説してるっス!是非読んで欲しいっス~!

ハンドドリップ道具
⑥湯温計

湯温計アイコン

湯温計ってお湯を計るだけっスよね?わざわざ必要っスか?

コーヒーは湯温で味が変化するんじゃ。味もコントロールしたい方には必須アイテムじゃ。

湯温計が必要な理由

コーヒーは
・高温で淹れると→苦味が強くなる
・低温で淹れると→酸味が強くなる
飲み物。

この苦味と酸味のバランスでコーヒーの味わいが変化しています。

コーヒーを淹れる時、自分好みの味わいを引き出すためには湯温計が必須。

湯温計の選び方

    湯温計は

  • 作業中でもパッと確認できるデジタル表示
  • がおすすめ。

さらに詳しくはこちらの記事で解説してるっス!温度調節できるケトルも紹介してるっスよ!

ぜひご一読ください!

ハンドドリップに必要なアイテムは最低4つ

    ハンドドリップに最低限、必要なのは

  1. お湯を沸かす『コーヒーポット
  2. コーヒー抽出をする『ドリッパー
  3. 抽出したコーヒーを貯めておく『サーバー
  4. コーヒーを抽出する際、ろ過をする
    ペーパーフィルター
  5. の4つ
プラスして
・ドリップスケール
・湯温計

があると、よりおいしさを追求したコーヒーが作れるでしょう。

結構たくさんアイテムが必要なんスね。集めるの大変そう…。

そんな方には手軽に本格コーヒーが作れるカプセル式コーヒーマシンがおすすめじゃ!

詳しくはこちらの記事をチェック!

コーヒー基礎知識の関連記事