カフェオレの持ち歩きに水筒・タンブラーは使える?リスクや衛生面を解説

最終更新日:
カフェオレの持ち歩きに水筒・タンブラーは使える?リスクや衛生面を解説

コーヒーチェーン店やコンビニコーヒーの充実などによって、気軽にコーヒー飲料を楽しむ方は増えています。

そんなコーヒー好きの方の中には水筒やタンブラーを使って自分好みのコーヒーを持ち運ぶ方もいらっしゃりますね。

外でもカフェオレを飲みたいんだけど、水筒に入れて持ち歩いてもいいの?

まず、結論から述べるとカフェオレを水筒やタンブラーに入れて持ち歩くのはおすすめしません

衛生面でも危険ですし、水筒本体に対してもあまりよろしくない行為です。

今回は「カフェオレの持ち歩き」に関する詳しい情報を紹介するので、ぜひ参考にしてほしいのじゃ。

カフェオレを水筒に入れて持ち歩くのは何故NG?

カフェオレはコーヒーに牛乳を加えた飲料です。

カフェオレに砂糖を加える方も多く、その場合糖分と乳製品が何時間も水筒・タンブラーの中で放置されます。

その結果どうなるかと言いますと、確実に腐ります。

衛生上、カフェオレは持ち歩くのに適していない飲み物なので、あまり選ばない方が良いと言えるでしょう。

さらにホットカフェオレの場合、乳製品を温かい状態で揺らしながら持ち歩く状態になります。

これはもはや原始的なチーズの作り方に近いんじゃが、こうなると中身が腐るだけでなく発酵してガスが発生する危険性も出てくるのじゃ。

水筒の中にガスが溜まると内側の金属やステンレス部分が変形し、フタが開かなくなる場合も。

最悪のパターンとしては「軽いガス爆発」に至る可能性もありますので、やはりカフェオレを水筒に入れて持ち歩くのはやめた方が良いでしょう。

ちなみにカフェオレや牛乳、ジュースなどを入れたあとの水筒は、念入りに洗わなければ雑菌がそのまま繁殖するしてしまいます。

次に使う際には「すでに菌で汚染されている」状況になりかねませんので、ご注意ください。

以前それを知らず、水筒に入れて出先でチビチビ飲んでいたら、お腹を壊して大変な目に遭ったのじゃ…

カフェオレの持ち歩きを実現するベストな方法

リスクやお手入れの面倒さを理解した上で「どうにかして出先で安全にカフェオレが飲みたい!」と思う方もいるでしょう。

そんな方のために、カフェオレを持ち歩くためのベストな方法をご覧いただきたいと思います。

方法(1)コーヒー用の水筒とミルクを別々に分けて持ち歩く

カフェオレを持ち歩くのにベストな方法としては「コーヒーとミルクを別々にする」手段が挙げられます。

コーヒーは熱々のまま水筒へ、牛乳は保冷材などで冷却しながら持ち運び、飲むときに合わせる手法ですね。

こうすればコーヒー用の水筒はあまり汚れずに済みますし、牛乳用の入れ物はなるべくその都度洗うか取り替えれば衛生面の問題もありません。

もちろん、牛乳はなるべく早く使い切らなければ先述したリスクが高まるので注意しましょう。

方法(2)とにかくすぐ飲みきる

食品が腐り始めるには時間が必要ですので、安全な状態の間に飲みきってしまうのも一つの手段です。

朝、水筒に入れたのであれば午前中には飲みきってしまうように徹底すると比較的リスクが低くなりますね。

ただ、この場合だと結局水筒への汚れは防げませんので、後始末は避けられません。

方法(3)会社でカフェオレを楽しみたいなら、オフィスに牛乳を保管する

自宅からコーヒーだけを水筒に入れて持っていき、マグカップに移し変えて牛乳を足すのがもっとも安心な方法です。

屋外では使えない方法ですが、オフィスの冷蔵庫が使える環境ならこちらがおすすめですね。

こちらは厳密に言えばカフェオレを持ち歩いているわけではありませんが、安全策という意味でご紹介しました。

会社にコーヒーマシンを導入できそうなら、ネスカフェアンバサダーになるのもあり

カフェオレの持ち歩きをする大きな理由が「会社で飲みたい」なら、コーヒーマシンを導入するのが最も安全な方法です。

ネスカフェアンバサダーに加入すれば、マシン代をかけずにコーヒーマシンを利用できます。

コーヒーをたくさん消費するならコスパの良いネスカフェバリスタ

ネスカフェバリスタを使うメリット・デメリットは?超お得な利用法も紹介

累計500万台を売り上げた「ネスカフェバリスタ」のマシンなら、手軽&コンパクトに本格的なコーヒーを楽しめます

また、月額550円~のサービス料が発生しますが、2Lの大容量タンクと多機能性が売りの「ネスカフェバリスタDuo」は人数の多い職場やコーヒーをたくさん消費する職場におすすめです、

コーヒー以外も楽しみたいならネスカフェドルチェグスト

ドルチェグストのカフェオレカプセル

「コーヒーは正直そんなに飲まない…」という方も多くいらっしゃる職場には、宇治抹茶やミルクティー、チョコチーノなども楽しめるカプセルタイプのコーヒーマシン、「ドルチェグスト」の無料レンタルがおすすめ。

もちろんコーヒーにもたくさんの種類がありますので、一度検討してみてください。

カフェオレをそのまま持ち歩くのは危険!それでも持ち歩くなら、万全な対策を心掛けて

カフェオレを水筒に入れて持ち歩くのは大変なリスクがあります。

コーヒーマシンの導入が難しければ、コンビニやカフェで販売されているカフェオレを購入するのをおすすめしたいところです。

それでもカフェオレを持ち歩きたいなら、この記事で紹介した方法を試してみてほしいのじゃ。あくまで自己責任じゃけどな。

コーヒー基礎知識の関連記事