カフェオレを持ち歩くベストな方法とは?リスクや衛生面についてもチェック

最終更新日:
カフェオレを持ち歩くベストな方法とは?リスクや衛生面についてもチェック

最近は街中にコーヒーチェーンなどが増えたことによって、気軽にコーヒー飲料を楽しむ方が増加しています。

また、そんなコーヒー好きの方の中には水筒を使って自分好みのコーヒーを持ち運ぶという方もたくさんいますね。

そんなコーヒー飲料の持ち運びですが、「カフェオレが飲みたいのだけれど、水筒に入れて持ち歩いても大丈夫?」という声があるようですが…。

まず、最初に結論から述べますとカフェオレを水筒に入れて持ち歩くのはおすすめできません

これは衛生面においてもNGですし、水筒本体に対してもあまりよろしくない行為です。

ここでは、そんな「カフェオレ持ち歩き」に関するさらに詳しい情報をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてほしいのじゃ。

カフェオレを水筒に入れて持ち歩くのは何故NG?

まずカフェオレというのはコーヒーにミルクを加えたものです。

また、カフェオレに砂糖もプラスして入れるという方も多く、その場合は糖分と乳製品が温かな状態で何時間も放置されることになります。

その結果どうなるかと言いますと、「確実に腐ります」

衛生面という意味ではカフェオレは持ち歩くのにまったく適していない飲み物ですから、あまり選ばない方が良いと言えますね。

さらに乳製品を温かな状態で持ち歩くと、必ず中身の液体が揺れてしまいます。

これはもはや原始的なチーズの作り方に近いんじゃが、こうなると中身が腐るだけでなく発酵してガスが発生する危険性も出てくるのじゃ。

水筒の中にガスが溜まると内側の金属やステンレス部分が変形して、最悪の場合開かなくなってしまったりもします

さらにさらに、もっとも危ないパターンとしては「軽いガス爆発」に至ることも考えられますので、やはりカフェオレを水筒に入れて持ち歩くことはやめた方が良いでしょう。

ちなみにカフェオレなどを入れたあとの水筒は、念入りに洗わなければ雑菌がそのまま繁殖することになり、次に使う際には「すでに菌で汚染されている」ということにもなりかねませんのでご注意ください。

以前それを知らずに水筒に入れて出先でチビチビ飲んでいたら、お腹を壊して大変な目に遭ったのじゃ…

カフェオレを持ち歩くのにベストな方法

カフェオレを水筒に入れるリスクが分かってもらえたところで、「それでも出先でカフェオレが飲みたい」という方に対しては、持ち歩くためのベストな方法をご覧いただきたいと思います。

コーヒー用の水筒とミルクを別々に分けて持ち歩く

カフェオレを持ち歩くのにベストな方法としては「コーヒーとミルクを別々にする」というものが挙げられます。

コーヒーは熱々のまま水筒へ、ミルクは保冷材などで冷却しながら持ち運び、飲むときに合わせるという方法ですね。

こうすればコーヒー用の水筒はあまり汚れずに済みますし、ミルク用の入れ物はなるべくその都度洗うか取り替えるかをすれば衛生面としても問題ありません。
(もちろんミルクはなるべく早く使い切らなければリスクが高まりますので注意しましょう)

とにかくすぐ飲みきる

ものが腐り始めるには時間が必要ですので、安全な状態のときに飲みきってしまうというのはある意味ベストな方法と言えます。

朝、水筒に入れたのであれば午前中には飲みきってしまうようにする、と徹底すれば比較的リスクが低くなりますね。

ただ、この場合だと結局水筒への汚れというのは防げませんので、どちらにしても面倒だとは思います。

会社でカフェオレを楽しみたいのであればオフィスに牛乳を保管

自宅からコーヒーだけを水筒に入れていき、マグカップに移し変えてミルクを足すというのがもっとも衛生的には安心です。

屋外では使えない方法ですが、オフィスの冷蔵庫が使えるような環境ならこちらがおすすめですね。

こちらは厳密に言えばカフェオレを持ち歩いているわけではありませんが、安全策という意味でご紹介しておきました。

会社にコーヒーマシンを導入できそうなら、ネスカフェアンバサダーになるのもあり

ドルチェグスト定期便
会社にコーヒーマシンを置けたら手っ取り早いですよね。
でも、コーヒーは正直そんなに飲めない…という場合は、コーヒー以外に宇治抹茶やミルクティー、チョコチーノなども楽しめるカプセルタイプのコーヒーマシン、ドルチェグストのレンタルがおすすめ。

もちろんコーヒーもたくさんの種類がありますので、一度検討してみるのもいいのではないでしょうか。

まとめ

ご覧いただいたようにカフェオレを水筒に入れて持ち歩くことには大変なリスクがあります。

メリットよりも確実にデメリットの方が多いと思いますので、街で普通に販売されているカフェオレを購入することをおすすめしたいところです。

しかし、それでもカフェオレを持ち歩きたいというのであれば、ご紹介した方法などを参考にしてみてほしいのじゃ。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約55円~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならなんと通常価格の最大10%OFF! マシン本体費用9800円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?おいしいの?
全22種類の豊富なラインナップ!

20種類以上の豊富なラインナップの中には紅茶や抹茶も!さらにアイスコーヒーも作ることができるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが! カプセルタイプのため新鮮な状態のコーヒーを手軽に楽しむことが出来ます。 味にこだわるならこの『ドルチェグスト』がオススメです! 万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数200万台突破のネスカフェドルチェグスト! マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約することができます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

「アフタヌーンバラエティセット」が貰える!
定期便申込みで今なら8杯分/1,382円のカプセルが貰える!

「アフタヌーンバラエティセット」には4種類のカプセルが入っているので、その中からあなたのお気に入りが見つかるかも?!

さらに!抽選で300名様に4,000円分のカタログギフトが当たる!
2019年7月25日(木)のお申込分まで

当選者の方には、ご注文商品とは別送にて8月末頃に賞品を発送します。

コーヒー基礎知識の関連記事