おすすめコーヒー用ボトル!保温性が高く匂いの付きにくい水筒を選ぼう

最終更新日:
おすすめコーヒー用ボトル!保温性が高く匂いの付きにくい水筒を選ぼう

毎日コーヒーを飲むという方にとっては、意外とそのコーヒー代というのがバカにならないものですよね。

そんなときに便利なのがコーヒー用の水筒、いわゆるマイボトルです。

最近ではいろいろなメーカーから高性能な水筒が販売されていますが

  • コーヒーを入れるのに適した水筒とは
  • そもそもコーヒーを水筒に入れてて大丈夫なのか

といった疑問があるかもしれません。

コーヒーは長時間空気に触れさせておくと酸化してしまうが、ここではそうしたデメリットを解消できる水筒選びを紹介していくのじゃ。

そのほかにも「保温性」「匂いがつきにくい」といった水筒選びの際に必要な注意点についてチェックしていきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

コーヒーを水筒で持ち運ぶメリット

まずはコーヒーを水筒で持ち運ぶとどんなメリットがあるのか?という点ですが、「圧倒的にコスパが良い」ところが一番ですね。

缶コーヒーやコンビニコーヒーなら100円~200円くらい、コーヒーチェーンなら400円ほどの出費となるわけですが、マイボトルを持っている場合は1杯数十円にまで落とすことができます。

もちろんお気に入りの味わいをいつでも楽しめるというのも大きなメリットと言えるでしょう。

経済的+自分好みの味」という部分を考えると、やっぱりひとつくらいはコーヒー用の水筒を持っているべきだと感じられますよね。

しかし、コーヒー用の水筒を選ぶ際にはいくつかの注意点があります。

次に、水筒を利用する際に抑えておきたいポイントを見ていきましょう。

コーヒー用の水筒は管理・手入れが大変?

コーヒーは酸化に弱い飲み物です。

本来であれば淹れたてのものを楽しみたいところですが、水筒に入れて持ち運ぶとなると時間がある程度経ったものを飲むことになります。

そうなると「結局自分好みのコーヒーが楽しめないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、最近の水筒は気密性が高いものも多く、ほぼ変わらない味わいがちゃんと楽しめるようになっています。

だからこそコーヒー好きの方がマイボトルを持っているわけですね。

しかし、毎日コーヒーを入れる水筒ですから、やはり管理や手入れが大事なのじゃ。

特にコーヒーはその香りが魅力的なわけですが、水筒の種類によっては匂いがついて取れなくなってしまいますので注意が必要です。

また、衛生面でも水筒のお手入れというのは欠かせません。

次は「どうやってコーヒー用の水筒を清潔に維持するべきなのか」という部分を踏まえて、選び方や手入れの方法をご紹介していきますので、ぜひチェックしていってください。

コーヒー用の水筒の選び方、管理やお手入れ方法

選び方

まずコーヒー用の水筒を選ぶ際には大きく3つのタイプに分かれます。

  1. 広口タンブラータイプ
  2. 細口タンブラータイプ
  3. カップとセパレートタイプ

タンブラータイプはどちらもコンパクト設計なものが多く、バッグの中でかさばらないというのが大きなメリットと言えます。

対してカップとセパレートに出来るタイプは、やや大きめのものが多いのですが「直飲み」をしない分、衛生面において優れています。

タンブラータイプの場合は口を直接水筒に付けることになりますので、どうしても雑菌の繁殖という部分では気になるかもしれません。

そのため、なるべく早く飲みきるのがベターとされています。

特にコーヒーに砂糖(場合によってはミルク)を入れて持ち運ぶと、糖分があるだけ雑菌の繁殖率が高まります

その点で言うとカップとセパレートになっているものは、砂糖などをあとから入れることが出来るので便利ですね。

タンブラータイプとセパレートタイプで、どちらが優れているのかは甲乙付けがたいのですが、以上の点を参考にしてコーヒーの飲み方別に選んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに広口タンブラータイプは夏場にアイスコーヒーなどを楽しみたいとき、氷を入れるのが楽です。

このように、シーズンによって使い分けるというのもひとつの選び方と言えます。

お手入れ方法

次にお手入れの方法ですが、当たり前ですが毎日の洗浄は欠かせません。

また、匂いや雑菌が気になる方は、できれば面倒くさがらずに煮沸消毒をすることがおすすめです。

特にタンブラータイプは本体・飲み口・ゴムパッキンの3つほどの部品に分解できますから、そこまで手間は掛からないので熱湯で洗い流すだけでも清潔度が違ってきますよ。

ちなみにステンレスタイプで、さらにパッキンがないものなどがあれば衛生的にはベストです。

雑菌の繁殖する温床が少なくなりますので、ぜひともそうした水筒を利用してみてください。

また、しっかりと水切りを行うことももちろん重要です。

場所を取らない水筒用の水切りグッズなどもありますので、参考にしてみてください。

こちらの水切りグッズはコンパクトですので使わないときは引き出しなどに収納できそうです。

スタンドタイプはキッチンペーパー用に使っている方もいるようです。

おすすめの水筒その1:スタンレー

アウトドアでも大活躍するスタンレーの水筒。

なにより丈夫で保温性も高く、機能性を重視する方にオススメです。

おすすめの水筒その2:カフア

なんとコーヒー好きのために作られたコーヒー用のボトル。

デザインもオシャレで、コーヒー好きならひとつは持っておきたい優れもの。

カラーバリエーションも豊富です。

(わたしはコーヒー用に買うならこれかな…)

おすすめの水筒その3:象印

象印のステンレス製マグ。

軽くて使いやすいのが特徴。

番外編:その場でコーヒーを作る!真空コーヒーシステム

コーヒーが酸化して味が落ちるのがいやならその場で作れば問題なし!
ということでこれはフレンチプレス機能付きのコーヒーボトルになります。

屋外でのキャンプなどで活躍しそうですね。

コーヒー用の水筒は保温性も大事、選び方のまとめ

コーヒー用の水筒選びに知っておきたい注意点をご紹介してきましたが、保温性というのも非常に大事です。

やっぱり温かいコーヒーは適温で楽しみたいものですから、保温性の高い水筒を選ぶようにしましょう。

もちろん、最近の水筒というのは技術力の進歩で大半のものが優れた保温性を持っていますので、このポイントは基本的には抑えられていると考えて良いと思います。

最後に、コーヒー用の水筒選びについて簡単にまとめておきましたので参考にしてみてください。

  • 保温性の高いものを選ぶ
  • 分解したときにパーツが少ないものが手入れの面ではベスト

自分に合った水筒をぜひ探してみてほしいのじゃ。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり75円~。さらに定期便で本体無料!

定期便なら通常価格の5%OFF! マシン本体費用11,880円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?
全25種類の豊富なアロマを自宅で楽しめる

世界中の高品質な豆の中から、スイスにあるネスレ本社のコーヒーエキスパート達が「豆の個性」と「アロマ」を吟味し、徹底した品質管理のもと厳しい社内基準を満たすものだけを採用しています。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

定期便利用4回目以降はその後はいつでも解約することができます。 ※解約する場合はマシンを返却する必要があります。(送料自己負担)

今だけ!「ヴュー カプセルボックス」プレゼント
2019年8月20日(火)~10月8日(火)正午まで

「定期お届け便」新規お申し込み時に、コーヒーを10本(100カプセル)以上ご購入の方が対象となります。※なくなり次第終了

コーヒー基礎知識の関連記事