コーヒー用水筒の選び方は?マイボトルのメリットやお手入れ方法も徹底解説

最終更新日:
おすすめコーヒー用ボトル!保温性が高く匂いの付きにくい水筒を選ぼう

「コーヒーを入れるのに適した水筒とは?」
「そもそもコーヒーを水筒に入れて大丈夫?」

毎日コーヒーを飲むんですが、コーヒー代が気になって我慢しようか悩んでるんです。

そんなときに便利なのがコーヒー用の水筒、いわゆるマイボトルです。

コーヒーは空気に触れると酸化するが、そんなデメリットを解消できる水筒と選び方を紹介するのじゃ。

今回はコーヒーを水筒で持ち運ぶメリットやコーヒー用の水筒の管理・お手入れ方法、コーヒー用の水筒の選び方などをご紹介!

コーヒーを水筒で持ち歩きたい方は必見です。

コーヒーを水筒に入れて持ち運ぶメリット

  • 圧倒的にコスパが良い
  • いつでも好みのコーヒーが飲める

缶コーヒーやコンビニコーヒーだと100円~200円くらい、コーヒーチェーンは400円ほどの出費になっちゃうんですよね~。

マイボトルで持ち運ぶなら1杯数十円までコストカットできます。

もちろんお気に入りの味わいをいつでも楽しめるのも大きなメリットですね。

経済的+自分好みの味」でいつでも飲めるからやっぱりひとつはコーヒー用の水筒を持っていたいのう。

しかし、コーヒー用の水筒を選ぶ際にはいくつかの注意点があります。

次に、水筒を利用する際に抑えておきたいポイントを見ていきましょう。

コーヒー用の水筒は管理・手入れが大変?

水筒に入れて持ち運ぶなら淹れてから時間がある程度経ったコーヒーを飲むんですよね?酸化しちゃうんじゃないですか?

コーヒーは酸化に弱い飲み物

しかし最近の水筒は気密性が高い商品も多く、ほぼ変わらない味わいがちゃんと楽しめるようになっています。

だからこそコーヒー好きの方はマイボトルを持っているんですね。

しかし、毎日コーヒーを入れる水筒なので、やはり管理や手入れが大事なのじゃ。

特にコーヒーは香りを楽しむ飲み物なので、しっかりお手入れをして水筒についた臭いを取り除きましょう。

コーヒー用の水筒の選び方、管理やお手入れ

コーヒー用水筒の選び方

    コーヒー用の水筒を選ぶなら

  • かさばらない大きさか
  • 持ち運びに無理のない重さか
  • 衛生的に使えるか

水筒でコーヒーを持ち運ぶなら通勤に使っている鞄に入る大きさの水筒を選びましょう。

コーヒー500mlでも500gになるので大容量の水筒にしちゃうと結構重いですよね。無理なく運べる重さは重要視したいです。

最近は、技術の進歩で計量かつコンパクトな設計の水筒も多くあるので飲みたい量と持ち運べる重さのバランスを鑑みて選ぶと良いでしょう。

パーツが少ない設計の水筒なら衛生的に保ちやすいのじゃ。

また衛生面で気を付けたいのが水筒内の雑菌の繁殖率です。

コーヒーに砂糖やミルクを入れて持ち運ぶと糖分が雑菌の繁殖率を高めてしまう
それらを入れて飲みたい場合は飲むときに投入できる形の水筒を選ぶのがおすすめ。

広口・細口タンブラータイプ

タンブラータイプはコンパクトな製品が多くバッグの中でかさばらないのが大きなメリット。

広口タイプだと夏場にアイスコーヒーを楽しみたいとき、氷を入れるのが楽です。

しかし、口を直接水筒に付けるので、どうしても雑菌の繁殖が気になります。

タンブラータイプでコーヒーを持ち運ぶならなるべく早く飲みきるのがベターじゃな。

セパレートタイプ

カップとセパレートに出来るタイプは、やや大きめの製品が多いですが「直飲み」をしない分、衛生面において優れています。

砂糖やミルクを入れて飲みたい時はカップに移した飲む分のコーヒーに投入すれば、無駄な雑菌の繁殖も防げますね!

ブラックコーヒーでもアレンジを加えても楽しめるのも利点です。

タンブラーとセパレート、どちらが優れているのかはその人のニーズによって違うじゃろうな。ぜひ選び方を参考に吟味してほしいのじゃ。

お手入れ方法

雑菌が気になるなら煮沸消毒

使ったら毎回洗うのはもちろんですが、どんな洗い方が水筒を衛生的に使えますか?

匂いや雑菌が気になる方は煮沸消毒をするのがおすすめです。

    煮沸消毒のやり方

  1. 水筒をパーツごとに分解する
  2. 水筒が浸かるくらいの大きさのお鍋で熱湯を沸かす
  3. 熱湯で各パーツを洗い流す

タンブラータイプなら本体・飲み口・ゴムパッキンの3つほどの部品に分解するだけだからあまり手間もかからんぞ。煮沸消毒する時はやけどに気を付けるんじゃぞ!

ちなみにステンレスタイプで、パッキンがない商品なら衛生的にはベストです。

雑菌の繁殖する温床が少なくなりますので、ぜひともそうした水筒を利用してみてください。

水切りで雑菌の繁殖を防げる

しっかり水切りをするのも雑菌の繁殖を防ぎます。

場所を取らない水筒用の水切りグッズもありますので活用しましょう。

こちらの水切りグッズはコンパクトなので使わないときは省スペースに収納できそうです。

おすすめの水筒その1:スタンレー

アウトドアでも大活躍するスタンレーの水筒。

なにより丈夫で保温性も高く、機能性を重視する方にオススメです。

おすすめの水筒その2:カフア

なんとコーヒー好きのために作られたコーヒー用のボトル。

デザインもオシャレで、コーヒー好きならひとつは持っておきたい優れた商品。

カラーバリエーションも豊富です。

コーヒー用なら安心して使えそうです!私はこの水筒がいいかな~。

おすすめの水筒その3:象印

象印のステンレス製マグ。

軽くて使いやすいのが特徴。

番外編:その場でコーヒーを作る!真空コーヒーシステム

コーヒーが酸化して味が落ちるのがいやならその場で作れば問題なし!
こちらはフレンチプレス機能付きのコーヒーボトルになります。

屋外でのキャンプなどで活躍しそうですね。

コーヒー用の水筒は保温性も大事、選び方のまとめ

コーヒー用の水筒選びに知っておきたい注意点をご紹介してきましたが、保温性も非常に大事です。

やっぱり温かいコーヒーは適温で楽しみたいドリンクですから、保温性の高い水筒を選ぶようにしましょう。

もちろん、最近の水筒は技術力の進歩で大半の商品が優れた保温性を持っていますので、このポイントは基本的には抑えられていると考えて良いと思います。

最後に、コーヒー用の水筒選びについて簡単にまとめておきましたので参考にしてみてください。

  • 保温性の高いタイプを選ぶ
  • 分解したときにパーツが少ない水筒が手入れの面ではベスト

自分に合った水筒をぜひ探してみてほしいのじゃ。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約13円(税込)~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならエコ&システムパックがなんと通常価格の最大33%OFF! マシン本体費用8,778円(税込)も無料になります。毎日コーヒーを飲む方なら定期便の利用が断然お得!

メリットは?
1台で6種類のコーヒーを手軽に楽しめる!

ボタンひとつで手間をかけずに本格的なコーヒーが楽しめます。アイスコーヒーも作れるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが。万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き!

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数300万台突破のネスカフェバリスタ!マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約できます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

キャンペーンについて教えて
マシンをレンタルすると特典がついてくる!

バリスタマグ&ブライトスティックがもらえます。

コーヒー基礎知識の関連記事