コーヒーメーカーの処分&リサイクル方法!手数料や捨て方を徹底解説

最終更新日:
意外と知らないコーヒーメーカーの処分方法!手数料やリサイクルについての情報

自宅で使っているコーヒーメーカーが壊れてしまったので捨てたいんですがコーヒーメーカーの捨て方がわからなくて…

買い替えのタイミングでちょっと困るコーヒーメーカーの処分方法じゃが、基本的には不燃ごみとして処分するのじゃ。

今回は不要となったコーヒーメーカーの処分方法や手数料、リサイクルについて詳しく解説します。

コーヒーメーカーの処分方法やリサイクル方法を知りたい方は必見です。

コーヒーメーカーの処分&リサイクル(1)手数料は?

    コーヒーメーカーは

  • 基本的に不燃ごみとして処分する

粗大ごみとして処分される場合もありますが、どちらにしてもいわゆる燃えないごみとして捨てます。

冷蔵庫やパソコンなどと違い「コーヒーメーカー」は指定された処分方法がありません。
それぞれお住まいの各自治体に沿った捨て方が望ましいので「コーヒーメーカー ○○区市町村 捨て方」などで検索してみてください。

例えば、東京都新宿区では1辺の長さが30センチを超える場合は粗大ごみ扱いになるからちょっと大きめのコーヒーメーカーは粗大ごみの括りになるんじゃ。

粗大ごみとして認められる場合は手数料がかかりますが、だいたいどの自治体でも家庭用もしくは小規模オフィス用のコーヒーメーカーであれば数百円単位の手数料のはずです。

手数料を払いたくないからと、不燃ごみ用の袋に入れてごみ置き場に放置するのは不法投棄になり得ます。ご注意ください。

ちなみに、大型コーヒーメーカー(例えば1辺が1メートルを超えるなど)でなければ、ほとんどは各自治体指定の不燃ごみ袋に入るはずなので、指定の袋に入れて決められた曜日に出せば問題ありません。

ただしサーバー部分の材質だけは確認してほしいのじゃ!!

ステンレス製であれば不燃ごみですが、ガラス製の場合は地域によって瓶などのガラスごみとして処分する必要が出てきます。

本体の蓋部分がガラス製というケースもあるかと思いますが、そうした場合はガラスと本体のプラスチック・ステンレス部分とわけて処分するようにしましょう。

コーヒーメーカーの処分&リサイクル(2)捨て方

住んでいる地域によってはコーヒーメーカーが「粗大ごみ」に分類されるんですね。その場合は粗大ごみ用のシールを買ったりと手間とお金がかかっちゃいますね…。

お金をかけずに処分したいならコーヒーメーカーを分解して指定のサイズよりも小さくわければ不燃ごみとして処分できるんじゃ。

家庭用のコーヒーメーカーであればプラスドライバーとマイナスドライバーがあれば簡単に分解できるので、ちょっとでもお金を節約したい方にはおすすめです。

分解する際はコーヒーメーカーに微量に残っているかもしれない電気に感電しない&細かく分けた部品で怪我をしないよう軍手などを着用して作業に臨んでください。

部品をわけると不燃ごみもプラスチックやステンレス、ガラスなど素材別にごみを捨てられるので非常にエコです。

粗大ごみ指定ではない場合においても、不燃ごみの袋に入れやすくなるのでぜひお試しください。

コーヒーメーカーの処分&リサイクル(3)リユースの方法

中古コーヒーメーカーは、リサイクルショップで金銭と交換はもちろん、引き取ってくれるケースはあまりないのじゃ。

もちろんタダで引き取ってくれるケースも皆無ではないけど、ちょっと稀なようです。

これは需要の少なさが理由のひとつとして挙げられるのですが、現在は低価格で新品のコーヒーメーカーが多数販売されているのも影響しているでしょう。

その中で使用感の残っているコーヒーメーカーは、たとえ割安であったとしても特段購入する需要は多くありません。

想像してみると、誰か知らない人が使っていたコーヒーメーカーはちょっと使いたくありませんね。

そのため、地域の自治体の集まりの場などに無償で提供するリサイクル・リユースが望ましいと考えられます。

地域のお祭りの際などに、実行委員の方々に差し上げるのも悪くないかもしれませんし、ただ捨てるだけではない方法はいくつかあるはず。

いらなくなった家電はもう一度活躍の場がないか探してから処分するのもエコの精神ですね。

コーヒーメーカーの処分&リサイクル(4)買い替えるならレンタルもあり

古いコーヒーメーカーを処分して買い替えるなら、一度レンタルを検討するのもいいでしょう。

コーヒーを定期購入すれば無料で使えるマシンが何種類かありますので、そちらをご紹介します。

基本的にどれもコーヒー代のみでレンタルできて、解約時はマシンを返却するから自分で処分しなくていいのじゃ。

ネスカフェバリスタ

ドルチェグスト

コーヒーメーカーの処分&リサイクルまとめ

コーヒーメーカーを処分する際には、

  1. まずお住まいの地域の不燃ごみの定義を確認
  2. その後「不燃ごみ」なのか「粗大ごみ」なのかを把握

この2点を確認してから捨てるようにしましょう。

  • 細かく分解して捨てる
  • また再利用できる場を探す

なども有効な手段です。

ごみとして捨てるのであれば正規の方法を取らなければいけませんが、まずはもう一度リサイクル・リユースを出来ないかを検討するのも地球に優しいのかもしれません。

買い替える際は無料レンタルを利用すれば、使い終わったときに処分について悩まずに済みます。

これらを参考にコーヒーメーカーのベストな利用方法を考えてみてほしいのじゃ。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約52円(税込)~。さらに定期便で本体無料!

定期便なら通常価格からカプセル最大15%OFF! マシンは最新機種のジェニオエスがレンタルできます。

選べるカプセルの種類は?おいしいの?
20種類以上の豊富なラインナップ!

20種類以上の豊富なラインナップの中には紅茶や抹茶も!さらにアイスコーヒーも作ることができるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが! カプセルタイプのため新鮮な状態のコーヒーを手軽に楽しむことが出来ます。 万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き。

スターバックスの味わいが自宅で楽しめる!
スターバックスのカプセルも登場!

人気のキャラメルマキアートだけでなく、抹茶ラテも登場!より一層おうちカフェが贅沢な気分で楽しめます。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数200万台突破のネスカフェドルチェグスト! マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は3ヶ月毎!最短9ヵ月使えばその後はいつでも解約することができます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

コーヒー基礎知識の関連記事