アイスコーヒーにオススメのコーヒーメーカー!自宅で簡単に美味しく作れる♪

最終更新日:
アイスコーヒーを自宅で!美味しく簡単に出来るオススメのコーヒーメーカー

コーヒー好きな人は多いですが、絶対アイスコーヒー派!!という人はどのくらいいるのでしょう?

私の友人はカフェに行くと必ずアイスコーヒーを注文しますし、真冬でも震えながらアイスコーヒーを飲んでいるツワモノの先輩もいます。

「ホットの方が圧倒的に香りもよくて美味しいのに・・・」
と思っていたのですが、それは私がアイスコーヒーのことをよく知らないからでした。

この記事では、アイスコーヒー作りにオススメのコーヒーメーカー、さらにホットコーヒーとアイスコーヒーの違いについて書いています。

アイスコーヒー作りにおススメのコーヒーメーカーとは

コーヒーメーカーといえば、本格的なコーヒーを簡単に作ることが出来るマシンです。
コーヒー豆を挽いたものをお湯で抽出するタイプと、挽いた豆をカプセル化した専用のものをセットして、そこから抽出するタイプがあります。

基本的にはホットコーヒーを作るものが多いのですが、アイスコーヒー専用のものや両方作ることができる兼用タイプもあります。

種類別に見ていきましょう。

アイスもホットも作れる兼用タイプ!タイガー(TIGER)魔法瓶 コーヒーメーカー ACE-S080

タイガー(TIGER)魔法瓶 コーヒーメーカー ACE-S080
魔法瓶でおなじみのタイガーのコーヒーメーカーです。

「マイルド」「ストロング」の2つのホットコーヒー用のコースに加えて「アイス」が選べる兼用タイプです。
また、真空ステンレスサーバーという、魔法瓶ならではの省工ネ保温が出来たり、保冷効果も高く保てるのが嬉しいところ。

アイスは、氷を入れておいたサーバーにコーヒーを抽出して急冷することで、美味しく作れるようです。

アイスコーヒー専用に開発!サーモス(THERMOS)アイスコーヒーメーカー ECI-660

サーモス(THERMOS)アイスコーヒーメーカー ECI-660
同じく魔法瓶でおなじみのメーカーですが、こちらはアイスコーヒー専用に開発されたもの。

二重構造のサーバーに氷を入れ、コーヒーの粉と水をセットしスイッチを入れるだけの簡単設計です。
二重構造になっているのは、抽出したコーヒーを受け止めるサーバー。
氷が解けにくくて保冷効果も高く、結露もしにくいというのは、いかにも魔法瓶メーカーという感じですね。

ネスレのアイスコーヒー専用マシン!ネスカフェ(NESCAFE) ゴールドブレンドアイスクレマサーバー

アイスクレマサーバー
ネスレから販売されているアイスコーヒー専用のマシン
ハンディタイプと据置タイプと二つあり、ハンディタイプはあらかじめボトルを冷蔵庫で冷やしておく必要がありますが、据置タイプはマシンの中にボトルをセットしておくと自動でコーヒーを冷却してくれます。
そしてクレマ(泡)も作ることができるので、氷を使わずに自宅で簡単にドラフトコーヒーを楽しむことができます!

アイスコーヒーを飲むときはエスプレッソで抽出!ネスカフェ(NESCAFE) ゴールドブレンド バリスタ

ネスカフェゴールドブレンドバリスタ
エスプレッソ、ブラック、ラテやカプチーノなど、様々なホットコーヒーが楽しめるのがポイントのコーヒーメーカー。
ブラックコーヒーのみ作れるというものが多い中、これだけの種類を頂ける秘密は、専用カートリッジの豊富さにあります。

セットしてボタンを押すだけという手軽さで、簡単に作れちゃいます。
グラスに氷を入れて注げばアイスコーヒー作りも楽チンというのが嬉しいです。

濃いめのアイスコーヒーを味わうにはエスプレッソを、薄めでガブガブ飲みたいときにはブラックコーヒーを選択できます。

ホットコーヒーとアイスコーヒーの違いって?


そもそも、「ホットコーヒー」と「アイスコーヒー」の違いについてご存知ですか?

普段ホットコーヒー派の私は、「アイスコーヒーは、ホットコーヒーを冷たくしたもの」だという認識でした。
ホットで味わえる風味が、アイスになるとなくなる気がして、アイスコーヒーを好む人の気持ちが分からなかったのです。

実は、違うんです。
ホットコーヒーが冷めたものをアイスコーヒーと呼ぶわけではないのです。

お湯で抽出したコーヒーを冷やしているという作り方を考えると、「アイスコーヒーは、ホットコーヒーを冷たくしたもの」というのもあながち間違ってはいないのですが、決定的に違うのは豆。

アイスコーヒーにはアイスコーヒー用の、冷やしても美味しく頂ける豆があるそうなんです。
低い温度でもコーヒーのもつ独特の苦味を保つため、深煎りのものが多いのだとか。

さらに、抽出したての出来立てコーヒーをそのまま氷に注ぐことで香りと風味をギュギュッと凝縮することができ、アイスコーヒーがホットに比べて劣りやすい点もしっかりカバーできちゃうんです。

通常、どんな料理や飲み物でも温かい方が香りもよく、うま味を感じやすいもの。
冷たい状態でもそれに負けないくらいの風味や美味しさが再現できるなんて、アイス派の人の気持ちが少し分かった気がします。

アイスコーヒーにオススメのコーヒーメーカーまとめ

自宅でも簡単に美味しいアイスコーヒーを作ることのできるコーヒーメーカー。
アイスコーヒー専用のものから、ホット兼用であったりと何種類かありますがメーカーによってタイプが異なります。

香り、風味がよくて美味しいアイスコーヒーを味わうには、“出来立てを飲む”に限ります。
自宅で簡単かつ経済的に頂けるお気に入りのコーヒーメーカーがあれば、快適なアイスコーヒー生活が楽しめますね♩

コーヒー基礎知識の関連記事