【2019最新】コーヒーメーカー人気ランキング!選ばれる理由とポイントも合わせてご紹介します

最終更新日:
【2019最新】コーヒーメーカー、今買うならこれ!オススメする理由と選ぶコツも合わせてご紹介します。

コーヒーを飲むことで目が覚めたり、気持ちが落ち着いたりすることってありますよね。

コーヒーメーカーを使うとより手軽に美味しいコーヒーを飲めるので便利ですが、種類が多くどれを選べばいいのか分からなくなってしまうこともしばしば。

今回は、この1年間で販売されたコーヒーメーカーを価格.comのランキングをもとにご紹介していきます!

コーヒーメーカーを選ぶポイント、そしてオススメする理由もひとつずつ説明しますので、ぜひ自分に合った1台を見つけてほしいのじゃ!

コーヒーメーカーの種類

まず、選ぶ前にどんな種類のものがあるのか最低限の知識を頭に入れておくとより選びやすくなります。

たとえば炊飯器を買うときだって「5合より3合炊きがいい」「圧力で炊けるやつがいい」など選ぶポイントがいくつかありますよね。

コーヒーメーカーも、種類を見ていけば自然と自分に合うものが分かってくるはずです。

スタンダードなドリップ式

ドリップコーヒー
粉タイプのコーヒーを使うならドリップ式。
紙やメッシュフィルターを使いコーヒーを抽出します。

一度にたくさん作ることができるので、人数の多い職場などで活躍します。

豆を挽くためのミル付きのマシンもありますので、ドリップ式を選ぶ場合はミル付きかどうかも選ぶポイントになります。

圧力を使って抽出するエスプレッソマシン

エスプレッソ
エスプレッソコーヒーに特化したマシンです。

エスプレッソとはコーヒーをうんと凝縮して濃くしたものなので、普通にごくごくコーヒーが飲みたいという方には不向き。

ですが本格的なエスプレッソや、アレンジしてカフェラテなどを楽しんだりしたいといったこだわりのある方にはオススメのタイプ。

どのメーカーも割と高価なものが多く、機能にこだわると20万円以上するなんてこともザラです。

1杯ずつ淹れられるカプセル式

カプセルコーヒー
1杯ずつ抽出できるコーヒーメーカー。
最近はコーヒーだけでなくお茶や紅茶も楽しめるマシンを出しているメーカーもあるので「色々試してみたい」という方にオススメ。

ですが粉タイプのものより1杯あたりの単価が高くなりますので1日に何杯も飲むという方は粉を使うタイプのマシンのほうがいいでしょう。

コーヒーメーカーを選ぶポイント

コーヒーメーカーを選ぶさいには、種類だけでなくほかの項目も組み合わせて考えるとどんどん買うべきマシンが絞られてきます。

メーカー

まず誰しも聞いたことがあるであろう大手といえば

  • デロンギ
  • ネスレ
  • UCC
  • タイガー魔法瓶
  • 象印
  • パナソニック

などなど・・・上記はごく一部であり、他にも沢山あります。
家電ではテレビや炊飯器が有名なところもはいってますね!

もし好きなメーカーがあればメーカーで選んでみるのもいいかもしれんのう。

価格

ほとんどの方が「大体このくらいの値段で買いたい」といった予算があると思います。

コーヒーメーカーの値段はピンきりで、安いからダメというわけではなく「余計な機能を削ぎ落とした」というシンプルさが売りのマシンもあります。

安いもので3000円くらいのものから高性能な全自動マシンを買おうとすれば20万円以上になることも。

初めてコーヒーメーカーを買う方ですと、大体5000円~20000円の予算で探すのではないでしょうか。
マシンの種類や予算などがある程度決まっていればかなり絞込みやすくなります。

サイズ

キッチンに余裕、ありますか?
また見落としがちなのがコンセントの有無

軽いものやコンパクトなものなら移動させれば済みますが、全自動のエスプレッソマシンなど本格的なものになるほど大きくなりますし、結構重いです。

タコ足配線だと電力が足りずマシンがうまく起動しない場合もありますので、コードの長さもしっかり余裕があるか確認しておくほうがいいでしょう。

お手入れのしやすさ

コーヒーマシンを買おうとしているのは、おそらく頻繁にコーヒーを飲まれる方だと思います。

もし毎日コーヒーを飲むたびに、こまかいパーツを解体して洗わないといけないとしたらすごく手間ですし、だんだんマシンを使わなくなっていくなんてことも。

できるだけお手入れが楽なものを選ぶほうがいいです。

コーヒーメーカー売り上げランキング

発売されて1年以内の最新機種のみに絞り込んだ売り上げランキングです!
※2018年1月~12月発売のもの

1位:パナソニック/NC-A57

NC-A57

本体価格 ¥25,800
種類 紙フィルター
サーバー ガラス容器
容量 5杯
発売時期 2018年9月

紙フィルターとありますが、豆を挽いて抽出まで行ってくれる全自動タイプのマシンです。
さらにディカフェ豆専用のコースや、コーヒー豆を挽いたミルの自動洗浄機能まで!

それでこの価格なので、1位になるのも納得です。

2位:サーモス/EC J-700

ECJ-700

本体価格 ¥7,540
種類 紙フィルター
サーバー ステンレス容器
容量 5杯
発売時期 2018年9月

特徴的なのはなんといってもこのスリムさ。
水筒で有名なサーモスですので、コーヒーの保温性もばっちり。

魔法瓶なのでコーヒーが煮詰まることなく美味しさをキープします。

3位:象印/珈琲通 EC-RS40

EC-RS40

本体価格 ¥20,073~
種類 紙・メッシュフィルター
サーバー ステンレス容器
容量 4杯
発売時期 2018年9月

こちらも豆から挽けるコーヒーメーカー。

ポッド以外に、カップに直接抽出することもできます。
口径3cm以上、高さ12cm以下のカップに対応。

本体価格が¥20,073~となっているのは公式サイトでオープン価格としか表示されていなかったので、現時点での価格.comの最安値を記載しております。

4位:デロンギ/ESAM03110

ESAM03110

本体価格 ¥79,800
種類 全自動
サーバー
容量 2杯
発売時期 2018年7月

デロンギの全自動マシンの魅力はなんといってもカスタマイズ性の高さ

豆の挽き目や量、お湯の温度などの微調整ができ、ミルクを泡立てるミルクフロッサーもついていますのでカプチーノなどのミルク系メニューも楽しむことができます。

5位:ネスレ/ネスカフェゴールドブレンドバリスタシンプル SPM9636

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ シンプル SPM9636

本体価格 ¥4,612
種類 詰め替え式
サーバー
容量 1杯
発売時期 2018年9月

限界まで機能を削ぎ落とし、シンプルさを追求したバリスタの新モデル。

レバーを引くだけでコーヒーが抽出され、より手軽にコーヒーを楽しむことができ、味わいも他の機種と変わりません。

6位:ツインバード/CM-D457B

CM-D457B

本体価格 ¥35,000
種類 紙フィルター
サーバー ガラス容器
容量 3杯
発売時期 2018年10月

こちらも豆から挽けるコーヒーメーカー。

お湯の温度は2段階、豆の挽き目は3段階で調節することができ、初心者でも迷わない優しい設計となっています。

7位:HARIO/V60 珈琲王2 EVCM2-5TB

V60 珈琲王2 EVCM2-5TB

本体価格 ¥20,000
種類 紙フィルター
サーバー ガラス容器
容量 5杯
発売時期 2018年9月
豆を挽いてくれるミル機能はついていないので、別でミルを買うか、既に挽かれているコーヒー豆を買う必要があります。

驚きなのは一目で分かる操作方法!コーヒーをいれるときは電源を入れ、1~5杯までどの量を抽出するか選ぶだけ。

30分の保温機能もついており、マシンを使わずハンドドリップすることもできます。

8位:ラッセルホブス/GRAN Drip 7653JP

GRAN Drip 7653JP

本体価格 ¥15,000
種類 メッシュフィルター
サーバー ステンレス容器
容量 8杯
発売時期 2018年12月

タッチパネルで操作でき、スタイリッシュな外観でありながらも1.16Lと大容量で8杯まで抽出することができます。

ステンレスなので保温性も高く美味しさを保ちます。

9位:ネスレ/NESPRESSO Lattissima One F11

NESPRESSO Lattissima One F111

本体価格 ¥27,500
種類 カプセル式
サーバー
容量 1杯
発売時期 2018年4月

こちらはカプセルタイプのコーヒーメーカー。

ネスプレッソ専用のカプセルを購入する必要がありますが、カプセルは20種類以上ありさまざまなアロマを楽しむことができます。

ミルクフォームもついており、数あるネスプレッソのマシンの中でも人気の機種です。

10位:タイガー魔法瓶/ADC-B060

ADC-B060

本体価格 ¥4,980
種類 紙フィルター
サーバー ガラス容器
容量 6杯
発売時期 2018年11月

コンパクトで中のフィルターも丸洗いでき、価格もお手頃なので「そこまで機能にはこだわらない」という方にピッタリではないでしょうか。

ステンレスですのでうっかり割ってしまう心配もなく、抽出も2段階で調整できます。

11位:ネスレ/ネスカフェドルチェグスト インフィニッシマ MD9780

インフィニッシマ

本体価格 ¥5,537
種類 カプセル式
サーバー
容量 1杯
発売時期 2018年9月

ネスレで人気のドルチェグストの最新モデル。

専用のカプセルを使ってコーヒーを抽出しますが、ネスプレッソとは違い、宇治抹茶やティーラテなどコーヒー以外のドリンクも楽しむことができます

ただ、こちらのマシンはマニュアルタイプで自動的にお湯が止まる機能がついておらず、買うならオートタイプがオススメ。

12位:ラドンナ/Toffy K-CM4

Toffy K-CM4

本体価格 ¥16,880
種類 紙・メッシュフィルター
サーバー ガラス容器
容量 4杯
発売時期 2018年10月

ミル機能つきのコーヒーメーカー。
挽き目は4段階で調節することができます。

紙フィルターも使えますが、メッシュフィルターは洗って繰り返し使えるので経済的。

13位:シロカ/SC-A221

SC-A221

本体価格 ¥25,000
種類 メッシュフィルター
サーバー ガラス容器
容量 4杯
発売時期 2018年10月

一見コーヒーメーカーとは思えないかわいらしいデザインですが、ミル機能もついており本格的な1杯を淹れることができます。

コーヒー豆と粉、どちらにも対応しており、部品もまるごと取り出せてお手入れもしやすい作りになっています。

14位:ネスレ/NESPRESSO Lattissima Touch Plus F521

NESPRESSO Lattissima Touch Plus F521

本体価格 ¥30,500
種類 カプセル式
サーバー
容量 1杯
発売時期 2018年9月

先ほどの「ラティシマ・ワン」と同じネスプレッソのマシン。
専用のカプセルを使ってコーヒーを抽出します。

ラティシマ・ワンと似ていますが、違いは作ることのできるメニュー数。

ラティシマワンはルンゴ、エスプレッソの他にミルクボタンがひとつあるだけですが、こちらの「ラティシマ・タッチプラス」はカプチーノ、クリーミーラテ、などメニューが増えています。

ミルク系メニューが細かく設定できる分、比べると値段もやや上がっています。

15位:デロンギ/オーテンティカ ETAM29510B

オーテンティカ ETAM29510B

本体価格 ¥118,000
種類 全自動
サーバー
容量 2杯
発売時期 2018年8月

デロンギのミルクフロッサー付き全自動マシン。
日本人好みのレギュラーコーヒーを淹れられる「カフェ・ジャポーネ」機能を搭載。

スリムな設計となっています。

【2019最新】おすすめコーヒーメーカーと選び方まとめ

価格、抽出方法、お手入れのしやすさなど、比較することでどれが自分に合っているのかだいぶ絞り込めるようになったのではないでしょうか。

これは補足じゃが、ミル付きは豆を挽く分時間もかかるので、「さっと作れる方がいい!」という方はカプセルタイプのマシンがオススメじゃ。

何台か候補を決めてから、実際に店舗で実物を見て購入するのもいいかもしれません。

毎日をより豊かにしてくれるコーヒーメーカー、ぴったりのものが見つかるといいですね。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり75円~。さらに定期便で本体無料!

定期便なら通常価格の5%OFF! マシン本体費用17820円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?
全25種類の豊富なアロマを自宅で楽しめる

世界中の高品質な豆の中から、スイスにあるネスレ本社のコーヒーエキスパート達が「豆の個性」と「アロマ」を吟味し、徹底した品質管理のもと厳しい社内基準を満たすものだけを採用しています。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

定期便利用4回目以降はその後はいつでも解約することができます。 ※解約する場合はマシンを返却する必要があります。(送料自己負担)

コーヒー基礎知識の関連記事