【コーヒーメーカーのブランド・企業一覧】おすすめブランドのマシンも紹介

最終更新日:
コーヒーメーカーを作ってる企業やブランドってどれくらいあるの?徹底調査してみました!

コーヒーメーカーって家庭用から業務用までたくさんの機種があって、様々な企業が製造していますよね。

ネスレUCCなどコーヒーのイメージが強い企業もあれば、デロンギパナソニックなど家電製品のひとつとしてコーヒーメーカーを取り扱っている企業もあります。

ブランドやデザイン、もちろん機能など選ぶ要素はたくさんありますが、はたして一体どれだけの企業がコーヒーメーカーを作っているのでしょうか?

今回は、国内外問わずコーヒーメーカーを作っている企業を徹底調査してみたのじゃ!

購入を検討中の方はもちろん、どんな企業がコーヒーメーカーを作っているか知りたい方は必見です!

コーヒーメーカー企業・ブランド一覧

企業・ブランド 取り扱い製品
ascaso(アスカソ) コーヒー スペイン
BONMAC コーヒー 日本
BUNN(バン)
コーヒー アメリカ
CARIMALI
コーヒー イタリア
CCP シーシーピー
キッチン用品
DAINICHI ダイニチ工業
家電全般 日本
EGRO
コーヒー スイス
Gaggia
コーヒー イタリア
HARIO
コーヒー
illy
コーヒー イタリア
JURA(ユーラ)
コーヒー スイス
LA MARZOCCO(ラ・マルゾッコ)
コーヒー イタリア
MACCO
コーヒー イタリア
MOCCAMASTER
コーヒー オランダ
MR.COFFEE
oceanrich
コーヒー
RANCILIO(ランチリオ)
コーヒー
siroca
キッチン用品 日本
THERMOS(サーモス)
キッチン用品 日本
Toffy トフィー
キッチン用品
UCC
コーヒー 日本
アイリスオーヤマ
家電全般
アピックス APIX
家電全般
カリタ
コーヒー 日本
クイジナート Cuisinart
キッチン用品
コイズミ KOIZUMI
キッチン用品
コレス
コーヒー 日本
ショップジャパン
家電全般 日本
象印
キッチン用品 日本
タイガー魔法瓶
キッチン用品 日本
ツインバード
コーヒー
ティファール
キッチン用品 フランス
デバイスタイル
コーヒー 日本
デロンギ
家電・キッチン用品 イタリア
ドウシシャ
家電全般
東芝
家電全般 日本
ドリテック DRETEC
キッチン用品
ネスレ
コーヒー スイス
パナソニック
家電全般 日本
ビアレッティ
コーヒー イタリア
ビタントニオ Vitantonio
キッチン用品 日本
プラスマイナスゼロ
PLUS MINUS ZERO
キッチン用品
ブルーノ
キッチン用品
ホームスワン
キッチン用品 日本
マキタ makita
マルタカ MARUTAKA
キッチン用品 日本
メリタ
コーヒー ドイツ
ユニーク
PC機器
ラッセルホブス
キッチン用品 イギリス
ラドンナ
キッチン用品
レコルト
キッチン用品

ざっと調べただけで52の企業・ブランドがあったぞ!

おそらく取りこぼしはまだまだあるのでしょうが、この中から個人的に気になったマシンをいくつかピックアップしてみようと思います!

コーヒーメーカー企業をピックアップ
①『ascaso』

なんといってもこの可愛すぎるデザインが特徴の『ascaso』

カラーバリエーションも豊富で、インテリアとしてもばっちりなのでつい欲しくなってしまいます。

コーヒーメーカー企業をピックアップ
②『MOCCAMASTER』

オランダ発のブランドである『MOCCAMASTER』

ドリップマシンの最高峰でもあり、品質にこだわり続けているため今でも1台1台、丁寧に手作りされています。

コーヒーメーカー企業をピックアップ 
③『ネスカフェ』

現在ネスレ公式サイトで無料レンタルサービス実施中。

コーヒーメーカー企業をピックアップ
④『THERMOS(サーモス)』

水筒やスープジャーのイメージが強い『THERMOS(サーモス)』ですが、実はコーヒーマシンもあるんです!

アイスコーヒー専用メーカーもありますので、用途に合わせて使い分けしたいですね。

コーヒーメーカー企業をピックアップ
⑤『MAKITA』

電動工具などを製造している『MAKITA』から、心をくすぐられるデザインのコーヒーマシンが!

そのあまりの可愛さにSNSでも話題になっていました。

コーヒーメーカー企業をピックアップ 
⑥『マルタカ MARUTAKA』

「石臼式」のコーヒーマシンを販売している『マルタカ MARUTAKA』

デザインはシンプルですが、全自動で内部自動洗浄機能つきとかなりスペックは高く使い勝手が良さそうです。

コーヒーメーカーの企業・ブランドまとめ

調べてみると『CCP シーシーピー』はバンダイグループだと知って驚きました。

「ここもコーヒーメーカー出してたんだ!」と意外な発見もありましたし、新しいデザインを見るだけでも楽しかったです。

企業によって力を入れているポイントも違っていて面白かったので、気になるところがあれば一覧表にサイトのリンクを貼っていますのでぜひ一度チェックしてみてくださいね。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約16円(税込)~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならエコ&システムパックがなんと通常価格の最大33%OFF! マシン本体費用8,778円(税込)も無料になります。毎日コーヒーを飲む方なら定期便の利用が断然お得!

メリットは?
1台で6種類のメニューを手軽に楽しめる!

ボタンひとつで手間をかけずに本格的なコーヒーが楽しめます。アイスコーヒーも作れるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが。万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き!

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数600万台突破のネスカフェバリスタ!お届け頻度は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べて、最短半年使えばその後はいつでも解約できます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

キャンペーンについて教えて
マシンをレンタルすると特典がついてくる!

バリスタマグ&ブライトスティックがもらえます。

アイスコーヒーは飲める?
氷を入れて専用ボタンを押すだけで簡単に作れます!
バリスタ-アイスコーヒー-CTA

コーヒー基礎知識の関連記事