ネスカフェバリスタ用のエコ&システムパックとインスタントコーヒーとの違いは?

最終更新日:
ネスカフェバリスタ用のエコ&システムパックと瓶の粉コーヒーとの違いは?

ネスカフェゴールドブレンドや香味焙煎シリーズなど、バリスタ用のエコ&システムパックの粉コーヒーとは別に、インスタントでも発売されている瓶タイプのコーヒー粉があります。

実は、バリスタ用の粉は、バリスタで淹れてこそ美味しく飲めるコーヒー粉なんです。

え、ふつうのインスタントとは違うんですか?

似ているようで実は違うんじゃよ。

ここでは、それぞれの粉の違いや、美味しく飲める理由などを紹介していきます。

バリスタ専用の粉コーヒーとは?

挽き包み製法

手軽に飲めるコーヒーとしては、主に「レギュラーコーヒー」と「インスタントコーヒー」があります。

「レギュラーコーヒー」は、コーヒー豆を挽いたうえでドリップして飲むタイプのコーヒー。
抽出された液を粉末状にしたものは「インスタントコーヒー」となります。

これらに対して、ネスカフェの新しい「挽き豆包み製法」で作られたコーヒーは、「レギュラーソリュブルコーヒー」と呼ばれています。
抽出液と微粉砕したコーヒー豆を合わせて作られているので、レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの中間にあるようなコーヒーと思ってもらえると分かりやすいのじゃ。

カップなどに乗せてドリップするレギュラーコーヒーと、バリスタで使えるレギュラーソリュブルコーヒーとの最大の違いは、「お湯に溶けるかどうか」ということです。
これが、バリスタで簡単に本格的なコーヒーが楽しめる理由にもなっています。

  • レギュラーコーヒー…豆を挽いてドリップしたもの
  • レギュラーソリュブルコーヒー…抽出液と微粉砕したコーヒー豆を合わせて作っているもの
  • インスタントコーヒー…抽出された液を粉末状にしたもの
ネスカフェから出ている瓶タイプのコーヒー粉も「レギュラーソリュブル」と記載されているので、バリスタ専用の粉コーヒーと製法は同じです。

では、容器が違うことでどのように味や風味が変わるのか、バリスタ専用のエコ&システムパックは今までの瓶タイプとどう違うのか検証していきます。

バリスタのエコ&システムパックと瓶の違い

コーヒータンクにコーヒーを移し替えているところ

見た目やお湯の溶け方には、瓶に入っているコーヒー粉とバリスタ用コーヒーに大きな違いはありませんが、お湯に溶けだした後から香りに差が生じます。

バリスタ用のコーヒー粉は、本格的なコーヒーのように、淹れたての心地良い香りが漂ってくるのじゃ。

バリスタにコーヒー粉を詰め替える時には、パックを直接コーヒータンクに挿して交換をします。

こうすることで空気に触れる機会が大幅に減るため、「コーヒー粉の酸化」が起きにくくなるのです。

コーヒーの美味しさは、その淹れ方も大事ですが、豆の鮮度も重要になってきます。コーヒー豆の場合には、「鮮度が悪い=酸化している」という図式が成り立ちます。

バリスタで淹れたコーヒーが美味しい理由は、まさに「酸化のしにくさ」にあるのです。

瓶入りのインスタントコーヒーは、蓋を開け閉めする度に空気に触れてしまいますので、鮮度が落ちるスピードが速くなります。

インスタントとコーヒーマシンでは手軽さが違う

右上のブラックコーヒーのボタンを押しているところ

瓶入りタイプのコーヒー粉は、粉とお湯の規定量を図ってからお湯を沸かしてカップに注ぎます。

一方、バリスタは、飲みたいときにボタンを押すだけで、最適な量のコーヒー粉とお湯が抽出され、クレマ(泡)を伴った本格的なコーヒーが出来上がります。

バリスタで入れたコーヒーが「豊かな香りとまろやかな口あたり」になるというのは大げさではなく、きちんとした理由があるんですね。

メニューの多さもバリスタの魅力

バリスタメニュー一覧
瓶入りタイプでもカプチーノやカフェラテを作ることはできますが、きちんと規定量を量り、上手くミルクを泡立てるなどの手間がかかります。

バリスタ使い方
バリスタは、ワンタッチでミルクの泡立てまで完了します。
※ミルクメニューには別売りのネスレブライトが必要です。

この手軽さもバリスタの大きな魅力といえるでしょう。

1杯あたりのお値段はどっちがお得?

ネスカフェゴールドブレンド
「ネスカフェゴールドブレンド」で比較してみます。
価格は2018年10月末時点のアマゾンの最安値です

エコ&システムパック 瓶タイプ
g/円 105g/794円 120g/969円
1杯/円 約15円 約16円

このように、1杯あたりの単価で見てもエコ&システムパックの方が割安です。

エコ&システムパックはビン、バリスタ両方に詰め替えることができます。

バリスタを持ってないのにエコ&システムパックを間違えて買っちゃった場合、そのまま飲んでも大丈夫ですか?

大丈夫じゃが、しっかりと密閉できる保存容器にすぐ移し替える必要があるのじゃ。

元々ビン用の詰め替えとしても販売されていますので、そのまま飲んでも大丈夫ですがエコ&システムパックのまま保存するのはやめましょう。

また、バリスタを使おうと思った場合通常マシンの購入費用がかかりますが、現在販売中のマシンで無料レンタルできるものがあります。

ネスカフェバリスタを使うなら無料レンタルがおすすめ

バリスタ無料レンタル定期便

マシン購入もいいですが、古い機種からの買い替えや初めてバリスタを使うという方におすすめなのが無料レンタルです。

バリスタ専用のコーヒーを定期購入することでマシンが無料で使えます。

バリスタを無料レンタルするメリット

  • ボタンひとつでコーヒーが飲める
  • お湯を沸かす必要がない
  • コーヒーが最大39%オフで購入できる
  • お届け間隔が選べる
  • 4,000円以上で送料無料
  • レンタル中は永久無料保証付き
  • 今ならネスレブライトとバリスタマグが貰える

※注意『ネスカフェエクセラ』のみエコ&システムパックが2種類ある!

ネスカフェエクセラ

先日新しく発売されたこちらの『バリスタ専用』のネスカフェエクセラのエコ&システムパック。

ですが、既にネスカフェエクセラのエコ&システムパックは発売されています。

なにがちがうんですか?

これまで発売されていたものは「ビン専用」の詰め替えです。

他の「ネスカフェゴールドブレンド」シリーズは特に「バリスタ専用」と表記されていないのですが、こちらのネスカフェエクセラだけ「ビン用」「バリスタ専用」と表記がわけられています。

実は、通常のネスカフェエクセラはバリスタでは使えない「スプレータイプ」の粉だったんじゃ。
この対応の粉を使うとバリスタが故障する可能性が高かったんじゃが、新しく発売されたバリスタ専用のものはおそらくバリスタで使える「フリーズドライタイプ」になっているのじゃ。

フリーズドライとスプレードライの比較画像

他はおそらくビン、バリスタ兼用の詰め替えになっているのですが、ネスカフェエクセラだけコーヒー粉の形が違うためこれまでバリスタでは使用できなかったようです。

ネスカフェエクセラのエコ&システムパックを購入する場合は表記に注意

エクセラの詰め替え見分け方

買うときは気をつけるようにします!

バリスタのエコ&システムパックとインスタントコーヒーの違いまとめ

コーヒーを移し終えたところ

美味しく飲むためにいろんな工夫がされているんですね

そうじゃな。コーヒーの敵である酸化を極力防いでくれているんじゃ。

バリスタを使わない方は、まず瓶のコーヒーを買って、なくなったら詰め替え用のエコ&システムパックで補充するのがお得です。

手間やわずかな価格差を考慮すれば、バリスタを利用した方が気軽にコーヒーを楽しめます。

コーヒーメーカーの導入に迷われている方は、レンタルも視野にいれて検討してみてくださいね。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約15円~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならエコ&システムパックがなんと通常価格の最大39%OFF! マシン本体費用5980円も無料になります。毎日コーヒーを飲む方なら定期便の利用が断然お得!

メリットは?
1台で5種類のコーヒーを手軽に楽しめる!

ボタンひとつで手間をかけずに本格的なコーヒーが楽しめます。アイスコーヒーも作ることができるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが。万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き!

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数300万台突破のネスカフェバリスタ!マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約することができます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

キャンペーンについて教えて
2台同時レンタルお申込で2000円分のショッピングポイントプレゼント!

ショッピングポイントはネスレ通販サイトでご利用いただけます。

ネスカフェバリスタの関連記事

01.一押し記事
02.口コミ・評判・マシン比較
03.定期便について/変更・解約など
04.マシンの使い方/お手入れ
05.カプセル/アクセサリー関連
06.困ったときのトラブル対処法
07.新着情報・NEWS
08.豆知識