湯垢洗浄剤を使ったネスカフェバリスタの掃除方法!各パーツの説明付き

最終更新日:
湯垢洗浄剤を使ったネスカフェバリスタの掃除方法!各パーツの説明付き

バリスタを購入したいけれど、お手入れが面倒そうで購入に踏み切れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お手入れが面倒だと結局使わなくなっちゃうから、値段よりもある意味重要かも!

実は、バリスタのお手入れはとても簡単なんです。

抽出部のお手入れには少々注意が必要ですが、基本的に面倒なことは何もありません。

大がかりなメンテナンスも、年に1回程度行えば十分なのじゃ。

ここでは、大規模メンテナンスである湯垢洗浄の方法と、日々の簡単なお手入れ方法の解説をしていきます。

バリスタ洗浄の適性頻度

バリスタ湯垢洗浄

洗浄の目安ですが、取扱説明書では使用している水の種類によって異なった基準が指定されています。

水の種類 数値 掃除の目安
硬水 300ppm 250杯
やや硬水 180ppm 500杯
やや軟水 80ppm 750杯
きわめて軟水 0ppm 1000杯

日本の水道水は80ppm程度で、「やや軟水」に分類されるため、750杯ごとの清掃が必要ということになります。

  • 1日2杯~3杯程度飲む場合:1年に1回
  • 1日に10杯ほど飲む場合:3か月に1回

の湯垢洗浄が必要です。

洗浄には、ネスレ日本から発売されている「湯垢洗浄剤」を使います。公式の通販サイトでは1個972円です。

洗浄の手順

まず、湯垢洗浄剤を500mlの水によく混ぜて「洗浄液」を作ってください。

洗浄剤の成分は比較的水に溶けにくいクエン酸なので、しっかりと水と混ぜて溶かしましょう。

洗浄液作りには、必ず水を使うようにしてください。
熱湯やぬるま湯の使用はパーツを痛める可能性があるため厳禁です。

洗浄液が完成したら給水タンクに入れて本体にセットします。

このとき、コーヒータンクが空になっていることを確認してください。

コーヒー粉が残っている場合は、洗浄をする前に必ず使い切る必要があります。

洗浄開始

バリスタ湯垢洗浄

洗浄を開始するには、電源がオフになっている状態で電源ボタンエスプレッソ抽出ボタン同時に7秒間押し続けます

全てのメニューボタンが点滅したら、指を離してください。

すると、電源ボタンとエスプレッソ抽出ボタンだけが点灯している洗浄モードになります。

この状態でエスプレッソ抽出ボタンを押すと、湯垢洗浄が始まります。

内部を洗浄した洗浄液は抽出口から出されますので、容量300ml以上の大きな容器をセットしておくのじゃ。

1回目の洗浄では、約320mlの水が使われます。
1回目の洗浄が終了したら、バリスタを5分ほど放置してください。

お湯を捨ててもう一度容器をセットしたら、残っている洗浄液で2度目の洗浄をします。

これで湯垢洗浄は終わりです。この時点では、バリスタを洗浄モードのままにしておきます。

すすぎ

湯垢洗浄が終わったら、バリスタ内部に残っている洗浄液を洗い流すためにきれいな水ですすぎを行うのじゃ。

給水タンクに洗浄液が残っている場合には、まずは給水タンク自体をしっかりと洗っておきます。

きれいになった給水タンクに水を入れたら、本体にセットします。抽出口には、450ml以上の水が入る容器を置きましょう。

ここまで完了したら、エスプレッソ抽出ボタンを押します。

お湯だけが抽出されますが、これが「すすぎ」となります。
この「すすぎ」は2回実施してください。

本体内部の湯垢洗浄は、これで全て完了です。

手順としては特に難しいこともないので、美味しいコーヒーを飲むためにも定期的な洗浄をおすすめします。

水垢汚れを放置していると、中で白くなって固まっちゃうんですよね・・・しっかりお手入れします!

そうなると、洗浄除去をするのに大変な手間がかかるのじゃ。

日々のお手入れ方法

湯垢洗浄は年に1度レベルの大規模メンテナンスですが、各パーツの洗浄を定期的に行うことで、故障などのトラブルを事前に防ぐことができます。

特に、コーヒータンクは粉が空になる度に洗浄してください。

バリスタの各パーツ

バリスタお手入れ各パーツ,ドロワー,撹拌部,スライダーカバー,計量器,コーヒータンク

計量器は分解して、計量プレートと計量器底板も洗います。

計量部に粉がこびりついたままでバリスタの使用を続けると、最悪の場合バリスタが動かなくなることもあるので、コーヒー粉詰め替えのついでに洗浄してしまいましょう。

コーヒータンク部は、十字プレートを取り外してから乾拭きをします。
※バリスタi(アイ)には十字プレートはありません

水洗いをするとゴムパッキンが乾かないこともあるので注意してください。

なお、取り外しが簡単なドロワーや撹拌部、コーヒー抽出部カバーは、水洗いをしても問題ありません。

バリスタ撹拌部

撹拌部の掃除も重要です。

この部分に汚れが溜まるとコーヒーが詰まってしまい、やがてはコーヒーが全く抽出されなくなってしまいます。

計量部に次いで定期的な洗浄が必要な部分です。

バリスタ撹拌部のフィルター

撹拌部のフィルターは強く洗うと破れてしまいますので、優しく丁寧に洗いましょう。

汚れが酷くて、なかなか綺麗にならない場合は、ぬるま湯にしばらく浸けておくと効果的です。

撹拌部の汚れはコーヒーの味にも影響してきますので、週に1度ぐらいの頻度で洗浄することをおすすめします。

まとめ

バリスタ給水タンク

バリスタの湯垢洗浄は年に1度レベルのメンテナンスですが、難しいことは何もなく、誰でも簡単に行うことができます。

日々のお手入れも容易です。

楽してコーヒーが飲める分、メンテナンスはきっちりしておいたほうがいいですね。

メンテナンスも含めて手軽にコーヒーが楽しめるバリスタで、自宅カフェを楽しんでほしいのじゃ!

お申し込みの流れ
専用のコーヒーを定期購入することでマシンが無料でレンタルできます!
キャンペーン実施中!
今ならクリアマグ&ネスレブライトをプレゼント!

ネスカフェバリスタの関連記事

01.一押し記事
02.口コミ・評判・マシン比較
03.定期便について/変更・解約など
04.マシンの使い方/お手入れ
05.カプセル/アクセサリー関連
06.困ったときのトラブル対処法
07.新着情報・NEWS
08.豆知識