ネスカフェアンバサダーのかしこい集金方法とは?トラブルが起きないのはやっぱりコレ!

最終更新日:
ネスカフェアンバサダーのかしこい集金方法とは?トラブルが起きないのはやっぱりコレ!

オフィスで手軽にコーヒーを楽しめることのできるコーヒーマシンのレンタルサービス、ネスカフェアンバサダー。

マシンのレンタル料金は無料ですが、コーヒー代はアンバサダーが支払う必要があるため、集金する必要があります。

毎月一定額をもらうのか、飲んだ分だけ都度払いなのか・・・不公平にならないようにしなきゃいけないですよね。難しい~!

そんなコーヒーメーカー担当者の方の悩みを解決するべく、ここでは社員からのコーヒー代金回収方法をご紹介していくのじゃ。

まだネスカフェアンバサダーに登録しておらず、これから導入を検討している方にとっても耳寄りな情報となっていますので、ぜひチェックしていってください。

ネスカフェアンバサダーになった場合の集金方法

手軽かつお得に本格的なコーヒーが楽しめると評判のネスカフェアンバサダー。

こちらのサービスは、マシンは無料でレンタルとなっていますが、コーヒー自体は有料となっています。

そのため、会社が社員に対して「好きなだけ飲んでかまわない」というケース以外は、コーヒー代金を利用した人間から回収しなくてはいけないのじゃ。

少人数の会社で、ほぼみんなが同じくらいのコーヒー消費量であれば月額制にしてしまうのが簡単ですが、広い規模のオフィスになると利用頻度にもバラつきが出てきますので、個別に徴収するようになってきます。

集金方法その1:コーヒーチケットを使う

そこでおすすめの集金方法ですが、一番簡単かつあとでトラブルにならないのは「コーヒーチケット」を利用することです。
コーヒーチケット一覧
こちらはネスカフェアンバサダーに登録し、マシンをレンタルするとサポートツールとして利用ができるもので、ネット環境があればいくらでもダウンロードができます。

こちらのコーヒーチケットを社員に対して「先払い」で購入してもらえば、後々集金をする手間も省け、さらには誤差もなく利用してもらえるので非常に便利です。

取り扱いに関してはコーヒーメーカーの担当者が管理をしておけば問題ありませんので、集金方法としてはもっともベターなものとなります。

集金方法その2:集金ボックスの設置


コーヒーチケットをわざわざダウンロードして配布するのは面倒という場合や、そこまで大人数ではないものの利用頻度にバラつきがあるという場合は、集金ボックスを用意しておくのもひとつの手です。

コーヒーメーカーの脇に、利用するごとにお金を入れておくための箱を用意しておけばいいだけなので採用しやすい方法ですね。

ただし、こちらの場合は利用する方のモラルに任せる形となりますので、やはり大きなオフィスにはあまり向かないようです。

できれば小規模でコーヒーメーカーが誰からも見えるような場所に設置されているオフィスで、この集金ボックス方法を採用してください。

前述のコーヒーチケットの配布のメリットとしては、採用しておくと忘年会や打ち上げなどでチケット自体が賞品として利用ができるという点も挙げられているのじゃ。

会社側からすればリーズナブルでもありますし、貰った側としても利用価値の高い賞品として人気がありますので、チケット制にする際には合わせて知っておきたい情報のひとつかと思います。

割り勘や月額制のメリット・デメリット

個別に集金するのが難しく、コーヒーメーカーを固定の金額で社員に利用してもらう場合においてのメリットとデメリットについてもご紹介しておきます。

まず固定の金額にするメリットとしては、利用者側がどれだけコーヒーを飲んでも一定の金額ということでお得感が非常にあるという部分です。

会社の「社員への福祉サービスの一環」としてコーヒーメーカーを導入するのであれば、こちらの固定制も良いと思います。

ただし、毎月会社の経費となる金額にバラつきがあり、大きな規模の会社ほど負担が多くなるというデメリットもありますので、注意が必要なのじゃ。

また、小規模の会社における利用代金の割り勘というのは、会社側にとっては非常にメリットがありますが、利用頻度の低いユーザー(社員)にとっては少し不満が残るシステムとなっています。

わたしは1日2杯くらい飲むけど、朝しか飲んでない人もいますね

どうしてもコーヒーメーカーの利用頻度には偏りが出てきてしまいますので、あまり平等な集金方法とは言えないかもしれません。

いちばんおすすめの集金方法はコーヒーチケットの配布


結局のところ、ネスカフェアンバサダーを利用する上で代金を回収する方法としては「個別での集金」が一番平等であり、みんなが納得するシステムとされています。

なお、おすすめはやはりコーヒーチケットの配布が一番面倒とトラブルのない方法です。

また、ネスプレッソなどを利用するのであれば、ネスカフェアンバサダーの管理画面上で好きなカプセルを自分たちで選ぶことができ、なおかつ誰がどのカプセルを選んだか一目で分かる注文まとめるくんといったサポートツールの利用もおすすめです。

こちらを利用すればあとから「誰にいくら分を請求すればいいのか」が簡単に分かりますので、非常に便利な方法となっています。

コーヒーメーカー担当者の方は、ぜひこのような方法を参考に集金管理をしてみてください。

2020年更新!キャッシュレス決済対応のバリスタ新登場!

キャッシュレス決済対応のバリスタ

こちらは往来のバリスタと違いレンタル料がかかりますが、なんとディスプレイ付き&キャッシュレス決済対応のバリスタが新登場しました!

オフィスなどへのバリスタの導入を考えていらっしゃる方におすすめの機種となっています。

ネスカフェのコーヒーマシンは個人でも無料レンタルできる!

ネスレ公式サイトでは現在、バリスタ無料レンタルキャンペーンを実施中。

  • エコ&システムパックが最大39%オフ
  • かかる費用がコーヒー代だけなので初期費用無料
  • レンタル中は永久無料保証付き

バリスタの詰替えを、定価との価格を比較してみたのじゃ。

定価 無料レンタルの場合
ゴールドブレンド 65gパック 722円 516円
ゴールドブレンドコク深め 65gパック 722円 516円
ゴールドブレンドカフェインレス 860円 618円
ゴールドブレンドオーガニック 938円 689円
プレジデント 1,067円 870円
エクセラ 867円 670円
NEW ロースタリーダークロースト 1,077円 898円
香味焙煎 鮮やか ルウェンゾリブレンド 50g 808円 618円
香味焙煎 円やか ジャガーハニーブレンド 50g 808円 618円
香味焙煎 濃厚 クンディナマルカブレンド 50g 808円 618円

さらに、無料レンタルすると今ならバリスタマグネスレブライトスティックがもらえます。

マシン無料レンタルの流れ

ネスカフェアンバサダーの集金方法まとめ

  1. コーヒーチケットを使う
  2. 集金ボックスを設置する

月額性や割り勘などの場合はコーヒーをあまり飲まない人にとってはデメリットとなりますので、やはりこの2点がおすすめの集金方法といえるでしょう。

ですが集金箱を設置して現金をいれる方法だと小銭を用意するのが大変ですし、最近は電子決済やカード払いが増えてあまり現金を持ち歩かない人もいます。

思い切って電子決済アプリなどを取り入れて、コーヒーマシンの横にQRコードなどを設置して集金してみるといった方法も利用する側にとってはいいかもしれませんね。

最新の電子決済対応のバリスタもレンタルが開始されましたし、職場の人数や手間がかかるかどうかなどを加味した上で導入を検討するのもいいかもしれません。

より快適なカフェタイムにするためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約15円~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならエコ&システムパックがなんと通常価格の最大39%OFF! マシン本体費用5980円も無料になります。毎日コーヒーを飲む方なら定期便の利用が断然お得!

メリットは?
1台で4種類のコーヒーを手軽に楽しめる!

ボタンひとつで手間をかけずに本格的なコーヒーが楽しめます。アイスコーヒーも作ることができるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが。万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き!

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数300万台突破のネスカフェバリスタ!マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約することができます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

キャンペーンについて教えて
マシンをレンタルすると特典がついてくる!

バリスタマグ&ブライトスティックがもらえます。

ネスカフェアンバサダーの関連記事