ネスカフェアンバサダーの賢い集金方法とは?トラブルが起きないのはコレ!

最終更新日:
ネスカフェアンバサダーのかしこい集金方法とは?トラブルが起きないのはやっぱりコレ!

オフィスで手軽にコーヒーを楽しめるコーヒーマシンのレンタルサービス、ネスカフェアンバサダー。

マシンのレンタル料金は基本無料ですが、コーヒー代はアンバサダーが支払うため集金が必要です。

毎月定額をもらうか、飲んだ分だけ都度払いなのか…不公平にならないようにしなきゃいけないですよね。難しい~!

そんなコーヒーメーカー担当者の悩みを解決するべく、ここでは社員からのコーヒー代金回収方法をご紹介するぞ。

ネスカフェのコーヒーマシン無料レンタルが気になっている方、必見です!

ネスカフェアンバサダー利用中の集金方法

ネスカフェアンバサダー一定の周期で専用のコーヒーを買えばマシンが無料レンタルできる便利なサービスです。

そのため、会社が社員に対し好きなだけ飲んでOKとしているケース以外は利用した人間からコーヒー代金を回収しなくてはいけないのじゃ。

少人数の会社の場合は
コーヒーの消費量がみんなほぼ同じくらいであれば月額制でも可
ですが
広い規模のオフィスだと
利用頻度にばらつきが出るので個別に徴収する必要がある
でしょう。

集金方法その1:コーヒーチケットを使う

一番簡単でトラブルが起こりにくいのは「コーヒーチケット」の導入です。

「コーヒーチケット」とは
ネスカフェアンバサダーに登録し、マシンをレンタルするとサポートツールとして利用できる。
ネット環境があればいくらでもダウンロード可能。
    利用者にコーヒーチケット先払い購入してもらえば

  • 後々集金をする手間が省ける
  • 誤差なく利用してもらえる
  • ので非常に便利

取り扱いに関してはコーヒーメーカーの担当者が管理すれば問題ありませんので、集金方法としてはもっともベターです。

集金方法その2:集金ボックスの設置

コーヒーチケットをわざわざダウンロードして配布するのは面倒だったり、利用頻度にバラつきがあるなら集金ボックスを用意しておくのもひとつの手。

コーヒーメーカーの脇に、利用に際して集金できるボックスを配置するだけなので導入も楽ですね。

ただし、集金ボックスは利用者各々のモラルに任せる形になるので、やはり大きなオフィスにはあまり向かない

できれば小規模でコーヒーメーカーが誰からも見えるような場所に設置されているオフィスで、この集金ボックス方法を採用してください。

前述のコーヒーチケットの配布は、導入すれば忘年会や打ち上げなどでチケット自体が賞品として利用ができる点もメリットじゃ。

会社側からすればリーズナブル、貰った側も利用価値の高い賞品として人気なのでおすすめです。

集金方法別メリット・デメリット

集金方法①
月額固定制のメリット・デメリット

固定の金額にするメリット
利用者側がどれだけコーヒーを飲んでも一定の金額なのでお得感が非常にある
点が挙げられます。

会社の「社員への福祉サービスの一環」でコーヒーメーカーを導入するなら、固定制が運用しやすいでしょう。

固定の金額にするデメリット
毎月会社の経費となる金額にバラつきがあり大きな規模の会社ほど負担が多くなる
点が挙げられます。

集金方法①
利用代金を割り勘するメリット・デメリット

利用代金を割り勘にするメリット
会社側にとっては平等に徴収すればOKなので管理がしやすい
点が挙げられます。
利用代金を割り勘にするデメリット
利用頻度の低いユーザー(社員)にとっては少し不満が残るシステムになってしまう
点が挙げられます。

わたしは1日2杯くらい飲むけど、朝しか飲んでない人もいますね。

コーヒーメーカーの利用頻度にはどうしても偏りが出ますので、あまり平等な集金方法とは言えないかもしれません。

いちばんおすすめの集金方法はコーヒーチケットの配布

結局のところ、ネスカフェアンバサダーを利用する上で代金を回収するには「個別での集金」が一番平等であり、みんなが納得するシステムです。

コーヒーチケットの配布が一番面倒とトラブルがない。

ネスプレッソなどを利用するのであれば、ネスカフェアンバサダーの管理画面上で好きなカプセルを選べて、なおかつ誰がどのカプセルを選んだか一目で分かるサポートツール注文まとめるくんの利用もおすすめ。

こちらを利用すればあとから「誰にいくら分を請求すればいいのか」が簡単に分かるので、非常に便利です。

コーヒーメーカー担当者の方は、ぜひこのような方法を参考に集金管理をしてみてください。

ネスカフェアンバサダーの集金方法まとめ

  1. コーヒーチケットを使う
  2. 集金ボックスを設置する

月額性や割り勘はコーヒーをあまり飲まない人にはデメリットじゃ。
この2つがトラブルが起こりにくいおすすめの方法じゃのう。

ですが集金箱は小銭の準備が大変だったり、あまり現金を持ち歩かない人には不便です。

電子決済アプリを導入し、コーヒーマシン横のQRコードから決済するシステムを作ったりしても利用者とトラブルを起こさずに集金できるかもしれませんね。

ぜひ参考にしてください。

ネスカフェアンバサダーの関連記事