ネスカフェアイスクレマサーバーのお手入れは簡単?パーツ分解と取り付け方法

最終更新日:
アイスクレマサーバーのお手入れ方法・パーツ分解と取り付け方法

自宅で簡単にアイスコーヒーを作ることのできるネスカフェゴールドブレンドアイスクレマサーバー。

美味しいアイスコーヒーを飲むためにも日々のお手入れは欠かせません。

アイスクレマサーバーはネスレのほかのマシンよりもパーツが多いので、分解したはいいけど取り付け方がわからない!なんてこともあるかもしれません。

こちらでは公式動画を掲載、さらに画像付きで詳しく説明していきます。

アイスクレマサーバーのお手入れ方法


ネスレ公式より詳しい解説動画が配信されています。

動画を見ることができない!手順の一部だけ見たい!という方は以下の説明をごらんください。

説明書では各パーツの洗浄は毎日することを推奨されていますが、わたしはあまりマメではないためボトル交換のタイミングでお手入れしています。(2~3日に一度)

衛生面を考えると毎日のお手入れが必須のようです。

用意するもの

アイスクレマの掃除に必要なもの
ごしごし洗剤で洗うというよりはつけおき洗いが基本なので

  1. 水を張った容器
  2. 乾いた布
  3. 本体内部などの汚れを拭き取る用に硬く絞ったやわらかい布

があると便利です。

本体からペットボトルを取り出す

まず本体からボトルを取り外します。

ペットボトルにコーヒーが残っている場合でも同じ手順で取り出すことができます。

アイスクレマサーバの本体ドアをあけているところ
扉をあけて

アイスクレマ本体からボトルを取り出しているところ
本体手前を抑え

アイスクレマからボトルを取り出しているところ

ボトルをやや斜めに取り外します。

本体内部に残ったコーヒーを抽出しているところ
ボトルを取り外してもまだ本体内部にコーヒーが残っているため、一旦扉を閉じて本体が空のまま抽出を行ってください。

ペットボトルからノズルを取り外しているところ
ボトルからノズルを取り外し、次に取り外したパーツを分解していきます。

パーツを分解していく

本体内部のお手入れをする際は電源を落としてから行ってください

アイスクレマパーツ
取り外すパーツはこの4つ。

ボトル固定トレイ
このダイヤルを回して外す部分のことをボトル固定トレイといいます。

専用ノズルを分解する

ペットボトルに取り付けていたノズルを分解します。

アイスクレマノズルB
チューブをはずし、ノズルを赤と茶色ふたつに分解します。

※専用ノズルからはパッキンを取り外さずにそのまま洗ってください(黄色・半透明のゴム部分)

無理に外そうとすると切れる可能性があります。

ノズルとストローを洗っているところ
水につけ汚れを落とし、ひとつずつふいていきます。

ボトル設置トレイ
次にボトル設置トレイを取り外します。

まずつまみを持って上に引き上げると

ボトル設置トレイ
そのまま手前に引き出すことが出来ます。

ボトル設置トレイを洗っているところ
さっと水にくぐらせ、水気をふきとります。

クレマユニットを本体から取り外す

本体下から見た赤いツマミ部分
次にクレマユニットを本体から取り外していきます。

本体を下から覗くと赤いツマミがありますので

赤いツマミをつまんでいるところ
その部分をつまみながら

クレマユニット
クレマユニットを

クレマユニットを外しているところ
持ち上げるようにして本体から取り外します。

クレマユニットを分解する

取り外したクレマユニットを6つのパーツに分解していきます。

6つに分解されたクレマユニット
ちなみに分解するとこんなかんじ。

取り外したクレマユニット
まず赤いフックをつまんで

クレマユニットを分解しているところ
本体を2つに分解します。

クレマユニットのパッキンを外しているところ
クレマユニットの赤いパッキンを外します。

茶色のパーツを取り外しているところ
茶色のパーツも取り外します。

黒のパーツから赤いキャップを取り外しているところ
黒のパーツから赤いキャップを取り外します。

泡立て羽根を取り外しているところ
赤色の”泡立て羽根”も取り外します。

分解したクレマユニットを洗っているところ
クレマユニットが6つに分解されたので、他のパーツと同じように洗っていきます。

クレマユニット洗浄の際の注意点

クレマユニットの分解されたパーツ
この黒いパーツに、小さい穴が開いています。

パーツの穴
この穴が詰まっていないか必ず確認してください。

詰まっている場合はつまようじなど細いもので汚れを取り除いてください。

そのまま放置すると抽出できなくなったり、液漏れの原因となります。

クレマユニットを組み立てる

洗い終え、水気をふき取ってしばらく各パーツを乾燥させたら元通り組み立てていきます。
パーツが多いので組み立てる順番が分からなくなってしまうかもしれませんが慣れると簡単です。

黒いパーツに泡立て羽根を取り付けているところ

まず黒いパーツに”泡立て羽根”を取り付けます。

赤いフタをはめるところ

赤いフタをはめます。

茶色いパーツをはめようとしているところ
茶色いパーツをしっかりはめているところ

茶色いパーツを、穴の大きさを合わせてしっかりとはめ込みます。

赤いゴムパッキンを取り付けているところ

赤いゴムパッキンを取り付けます。

最後のパーツをはめこむところ

最後に残ったパーツを隙間のないようにしっかりとはめ込みます。

このとき隙間があるとコーヒーが漏れる原因になってしまいます。

赤いフックがまっすぐになっていたらオッケー

しっかりとパーツを取り付け、赤いフックがまっすぐになっていたらクレマユニットの組み立ては完了です。

本体にパーツを取り付けていく

各パーツの組み立てが終わりましたので、本体に取り付ける作業に入ります。

クレマユニットを本体に取り付けているところ
クレマユニットを本体に取り付けているところ

まずクレマユニットを本体に押し込むように設置します。

クレマユニットか本体にしっかりとはまっている様子

カチッと音がするまで押し込んでください。

ボトル設置トレイを本体に取り付けようとしているところ
ボトル設置トレイをスライドさせているところ

次にボトル設置トレイを本体に取り付けます。

本体内部左右にあるガイドのしたに沿わせて奥まで差し込み

ボトル設置トレイをおろしているところ

奥まで差し込んだらまっすぐ下に降ろします。
これで取り付けは完了です。

本体内部が汚れている場合はやわらかい布で汚れを拭き取ってください。

汚れが気になるときのお手入れ

こちらは毎日ではなく汚れが気になった場合のお手入れです。

水洗いと汚れを拭き取る程度ですので日々のお手入れに加えてくださってもそこまで負担はありません。

ドリップトレイ

カップを置くドリップトレイは、コーヒーが飛び散ったりして汚れる可能性がありますので、さっと水洗いをしてください。

ドリップトレイを外した本体にも汚れが溜まることがあるのでその際はやわらかい布で拭き取ってください。

吸排気口
吸排気口

吸排気口にもホコリが詰まったりしている場合があれば拭き取ってください。

長期間使用しない場合

夏場は大活躍しますが冬にはあまりアイスコーヒーを飲まない、という場合は上記のお手入れを済ませてからコンセントを抜いて保管してください。

もしお手入れをせずに保管すると、本体内部に残ったコーヒー液が固まったりそれが原因となってカビが生えたり故障につながる可能性があります。

各パーツを洗った後はしっかりと乾かしてから取り付けてくださいね。

まとめ

アイスクレマサーバー

以上がアイスクレマサーバーのお手入れ方法となります。

バリスタやドルチェグストのように本体のすすぎなどは必要ありませんが、アイスコーヒーを抽出するための各パーツのお手入れが必要です。

毎日美味しいアイスコーヒーを飲むためにも定期的なお手入れは欠かせません。

組み立て方法がわからなくなった場合はネスレの公式動画を見るか、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約32円~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならなんとボトルコーヒーが1本あたり98円~に。 マシン本体費用も無料になります。

選べるコーヒーの種類は?おいしいの?
4年連続売り上げナンバー1!

全6種類、大人気のネスカフェのボトルコーヒーをさらに美味しく楽しめる! 万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

ハンディタイプ、据置タイプどちらも条件は同じです。 マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は毎月もしくは2ヶ月毎と選べるので、最短3ヶ月使えばその後はいつでも解約することができます。 ※解約後はマシンを返却する必要があります。

新規お申し込みキャンペーン実施中!
2019年8月お申し込みまで

抽選で毎月20名、合計100名様に体験ギフトカタログプレゼント!

ネスカフェアイスクレマサーバーの関連記事