妊娠中はコーヒーNG?カフェイン摂取は問題ない?妊娠中のコーヒーを解説

最終更新日:

コーヒーが好きな方は、妊娠中はコーヒーが飲めなくてストレスが溜まってしまうケースがあるようです。

本当に妊婦さんはカフェインを摂取してはいけないのでしょうか?

世界保健機関(WHO)や欧州食品安全機関(EFSA)は1日に200~300mg程度なら妊娠中にコーヒーを飲んで大丈夫と発表している。

たしかに我慢してストレスを溜めすぎるほうが身体に悪いのかも…

今回は妊娠中のカフェイン摂取による胎児への影響や、飲んでも大丈夫なコーヒーなどをご紹介!

妊娠中だけどコーヒーが飲みたい方は必見です。

妊娠中でもOKなコーヒーの量

妊娠中の女性が摂取しても身体や胎児に影響を及ぼさないカフェインの最大量を以下の各保健機関が発表しています。

発表機関 1日のカフェイン
最大摂取量
世界保健機関
(WHO)
300mg/日
欧州食品安全機関
(EFSA)
200mg/日
カナダ保健省 300mg/日

各機関の名前からそれぞれの詳細をご確認いただけるぞ。気になる方はチェックじゃ!

コーヒーは100mlあたり60mgカフェインが含まれています。
妊娠中のカフェイン最大摂取量【300mg】はコーヒーだと500mlまでとなります。

おそらく健康な標準体型の成人女性を基準として計算されていますから、小柄な方なら飲める最大量はもっと少ないでしょうね。

妊娠中のコーヒーがNGと言われる理由

妊娠中に体や胎児に影響がない範囲ならコーヒーを飲んでも問題ありません。

しかし、できれば飲まない方が良いとされるのには理由があります。

なぜダメなのか」きちんと理解するのが大切じゃ。

妊娠中のコーヒーがダメなのはカフェインが原因

妊娠中にコーヒーを飲んではいけない理由は

  • 血行を緩やかにする作用があるから。
  • 利尿作用があり体温が下がってしまうから。
  • 胎児はカフェインを分解する力が弱いから。
  • 胎児が受け取るべき栄養素が不足するから。

コーヒーに含まれるカフェインが上記のような作用を引き出しています。

それぞれの作用が妊娠中の親子にどんな影響を与えてしまうのか解説していきましょう。

妊娠中だと血行を緩やかにする作用は胎児に悪影響

本来なら問題のない作用ですが、妊娠中だと妊娠中は胎児に血液を通して栄養素を送るので、それが緩慢になってしまうのを懸念してカフェインを控えた方が良いとされています。

つまりカフェインを摂取しすぎると胎児に栄養が上手く渡らなくなり、体の小さなお子さんが生まれる可能性がある。

それは怖いなぁ、なにごとも過剰摂取はよくないですね…。

妊娠中はカフェインの利尿作用はよくない

カフェインには利尿作用もあります。

カフェインの利尿作用がどう悪影響を及ぼすんですか?

利尿作用により必要以上に水分と体温を体外に排出します。

すると体温が低下するのですが、この冷えが妊娠中の方には良くありません。

体温の低下は母体の代謝が落ちるので、胎児にとっても過ごしにくくなる。

胎児はカフェインを分解する力も弱い

カフェインは肝臓で分解されます。

健康な成人は滞りなくカフェインを分解できるが、未発達な胎児の肝臓では刺激が強すぎる。

母体を通って胎児にカフェインが大量に送り込まれると、流産や死産などのリスクが高まる結果を示した研究もあります。

やはりできれば妊娠中はコーヒーを飲まない飲んでも1杯にとどめるなど注意が必要じゃな。

参考サイト:厚生労働省「Q.1清涼飲料水など食品に含まれるカフェインを過剰に摂取することは健康に問題があるのでしょうか」

カフェインはカルシウムを体外に出す作用もある

カフェインはカルシウムを体外に排出する作用も持っています。

胎児が本体受け取るべきカルシウムが不足するので過剰摂取は良くありません。

何事も適量を守らなければ悪影響になってしまうんじゃな…。

妊娠中は絶対にコーヒーはダメ?

カフェインはコーヒー以外にも日常的に食べる食品に含まれる成分のひとつです。

カフェインはお茶やチョコレートなど色々な食品に含まれている。
生活の中で完全にカフェインを断つのは困難

そこで重要なのは1日にどれくらいの量、カフェインを摂取しても良いのか

WHOやイギリスの健康機関が
コーヒー2杯程度以下(200mg)」であれば問題はないとしているのじゃ。
これを目安にするとよかろう。

ただ、毎日目安ギリギリまで摂取するのは良くありません。
目安についてはあくまで「カフェインは多少摂取しても大丈夫」と思えるストレス緩和のために知っておいてください。

ドリンクごとのカフェイン含有量

ドリンクごとのカフェイン含有量
出典:文部科学省「日本食品標準成分表 2015 年版」

コーヒーより少ないですが、紅茶やお茶にもカフェインが含まれています。

できるだけカフェインを摂取したくないなら「カフェインが含まれていない食品」を調べてから飲食するのがよさそうです。

知らないうちに口にしている可能性もあるが、あまり神経質になりすぎないようにのう。

カフェインレスコーヒーは問題ないのか?

最近ではカフェインレスのコーヒーが市販で多く流通しています。

カフェインレスのコーヒーなら飲んでも問題ないんでしょうか?

胎児に影響を与えるのはあくまでカフェインであって本質的にコーヒーがすべてNGなわけではありません。

したがってカフェインが入っていないコーヒーであれば安心して摂取しても良いでしょう。

少しでも不安なときは主治医に相談してみるのが一番じゃ。

妊娠中は「たんぽぽコーヒー」がおすすめ

妊娠中の方におすすめのコーヒーと言えばやはり「たんぽぽコーヒー」です。

たんぽぽコーヒーとは
カフェインが含まれておらず、イヌリンやルテインなど体に優しい成分が含まれている。

たんぽぽコーヒーは名前通りたんぽぽの根を乾燥・焙煎したものです。

当然、通常のコーヒーとは風味などが異なるため最初は違和感があるかもしれません。

飲んでいたら段々と慣れてくるじゃろう。一度試してみてはいかがじゃろうか。

紅茶ならルイボスティーがおすすめ

ハーブティーだとルイボスティーがおすすめです。

ルイボスティーとは
ほかのお茶類よりも含まれるタンニン(鉄分の吸収を妨げる効果がある)の量が少なく健康的。

妊娠中の貧血予防にもなるので、覚えておくと選ぶお茶の幅も広がります。

妊娠中に飲めるコーヒーまとめ

コーヒーは多くても1日2杯までならそこまで神経質にならなくてもよさそうですね。
妊娠中だけカフェインレスに変えるっていうのも全然アリですし。

我慢してストレスを溜め込むより、摂取量を守りつつ適度にコーヒーを楽しむのがいいかもしれんのう。

たんぽぽコーヒーやルイボスティーなど妊娠中でも飲めるドリンクは色々あります。

妊娠中のコーヒー好きの方は一度試してみてはいかがでしょうか。

<参考>
1.世界保健機関(WHO)/農林水産省/カフェインの過剰摂取について各国におけるカフェインの摂取に関する注意喚起等
2.欧州食品安全機関(EFSA)/食品安全委員会/食品安全関係情報詳細/欧州食品安全機関(EFSA)、カフェインの安全性に関する科学的意見書を公表
3.カナダ保健省/食品安全委員会/食品安全関係情報詳細/カナダ保健省、カフェインの1日推奨最大摂取量に関するファクトシートを公表

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約16円(税込)~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならエコ&システムパックがなんと通常価格の最大33%OFF! マシン本体費用8,778円(税込)も無料になります。毎日コーヒーを飲む方なら定期便の利用が断然お得!

メリットは?
1台で6種類のメニューを手軽に楽しめる!

ボタンひとつで手間をかけずに本格的なコーヒーが楽しめます。アイスコーヒーも作れるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが。万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き!

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数600万台突破のネスカフェバリスタ!お届け頻度は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べて、最短半年使えばその後はいつでも解約できます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

キャンペーンについて教えて
マシンをレンタルすると特典がついてくる!

バリスタマグ&ブライトスティックがもらえます。

アイスコーヒーは飲める?
氷を入れて専用ボタンを押すだけで簡単に作れます!
バリスタ-アイスコーヒー-CTA

コーヒー基礎知識の関連記事