妊娠中に飲めるコーヒーはあるの?カフェインを摂取しても大丈夫?

最終更新日:

コーヒーが好きな女性の方の場合、妊娠中にコーヒーが飲めなくて逆にストレスが溜まってしまうというケースもあるようですが、本当に妊婦さんはカフェインを摂取してはいけないのでしょうか?

実は国際的な健康保険機関では1日に2杯程度のコーヒーであれば飲んでも大丈夫という見解もあります。

たしかに我慢してストレスを溜めすぎるほうが身体に悪いのかも…

ここでは妊娠中にカフェインを摂取することによる胎児への影響や、飲んでも大丈夫なコーヒーなどについてご紹介していくのじゃ。

こちらの情報を参考に、出来れば上手にコーヒー(カフェイン)と付き合いながら、ストレスフリーな妊娠生活を送ってみてはいかがでしょうか。

妊娠中にカフェインを摂取してはいけない理由

妊娠中にはあまりコーヒーを飲んではいけないというのが。一般的な常識として浸透していますが、なぜダメなのか」をちゃんと理解しておくことが大切です。

まずカフェインには血行を緩やかにする作用があります。

この作用は通常であれば問題ないのですが、妊娠中は胎児に血液を通して栄養素を送り込むわけですので、それが緩慢になってしまうことを懸念してカフェインを控えた方が良いとされているわけです。

つまりカフェインを摂取しすぎると胎児に栄養が上手く渡らなくなり、体の小さなお子さんが生まれる可能性があるということです。

それは怖いなぁ、なにごとも過剰摂取はよくないですね・・・

次に、カフェインは肝臓で分解されるのですが、健康な成人なら滞りなく分解されるところ、未発達な胎児の肝臓にとっては刺激が強すぎるという点も知っておきたいポイントとなります。

母体から通って胎児にカフェインが大量に送り込まれると、流産や死産といったリスクが高まるという結果もありますので、やはり注意が必要と言えます。

参考サイト:厚生労働省「Q.1清涼飲料水など食品に含まれるカフェインを過剰に摂取することは健康に問題があるのでしょうか」

コーヒー(カフェイン)は一切摂取してはいけない?

しかし、カフェインはコーヒー以外にも日常的に食べるものに含まれる成分のひとつです。

たとえばお茶やチョコレートといったものにもカフェインは含まれますので、完全にカフェインを断つというのは困難なように感じられます。

そこで重要なのは1日にどれくらいの量、カフェインを摂取しても良いのかという部分です。

これについてはWHOやイギリスの健康機関が「コーヒー2杯程度以下(200ミリグラム)」であれば問題はないとしていますので、こちらを目安にしてみるといいでしょう。

ただ、毎日目安ギリギリまで摂取していたとするとやはり良い影響はありませんので、この目安についてはあくまで「カフェインは多少摂取しても大丈夫」というストレス緩和のために知っておいてもらえればと思います。

ドリンクごとのカフェイン含有量

ドリンクごとのカフェイン含有量
出典:文部科学省「日本食品標準成分表 2015 年版」

コーヒーより少ないですが、紅茶やお茶にもカフェインが含まれています。

できるだけカフェインを摂取したくない場合は、「カフェインが含まれていないもの」を調べてから飲むようにするのがよさそうです。

知らないうちに口にしている可能性もあるが、あまり神経質になりすぎないようにすることも大切じゃの。

カフェインレスコーヒーは問題ないのか?

コーヒーと言っても最近ではカフェインレスのものなどが市販で多く流通しています。

こうしたコーヒーなら飲んでも問題はないのかという疑問もありますが、胎児に影響を与えるのはあくまでカフェインであって本質的にコーヒーがすべてNGというわけではありません。

したがってカフェインが入っていないものであれば安心して摂取しても良いということになります。

少しでも不安なときは主治医に相談してみるのが一番ですね

また、もうひとつ知っておいてもらいたいポイントとしては、カフェインには利尿作用があり、またカルシウムを体外へと排出する効果もあります。

そのため、カフェインを摂取しすぎると胎児が本来受け取るべきカルシウムなどが不足し、頻繁にトイレに行くことによって体温の低下へと繋がるわけですが、こうした働きをなるべく防止するというのも妊娠中には気をつけたい部分です。

この観点から考えるとカフェインレスコーヒーは成分的に問題ないとは言え、あまり飲みすぎてはトイレに行く回数も増え、体温が慢性的に低下しがちになってしまいます。

そうなると母体自体の代謝も落ちて胎児にとっては良い影響を与えませんので、何事も適量を守るというのが大事な点と言えますので注意しましょう。

なんでも過剰摂取はよくないということじゃの。

妊娠中におすすめのコーヒーは「たんぽぽコーヒー」

たんぽぽ
妊娠中の方におすすめのコーヒーと言えばやはり「たんぽぽコーヒー」です。

こちらはカフェインが含まれておらず、さらにはイヌリンやルテインといった体に優しい成分が含まれていますので妊娠中の方に適したコーヒーと言えます。

このたんぽぽコーヒーは名前通りたんぽぽの根を乾燥・焙煎したものです。

当然、通常のコーヒーとは風味などが異なるため最初は違和感があるかもしれませんが、段々と慣れてくるかと思いますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

紅茶ならルイボスティーがおすすめ

ルイボスティー
また、ハーブティーを飲むのであればルイボスティーがおすすめです。

ルイボスティーはほかのお茶類よりも含まれるタンニン(鉄分の吸収を妨げる効果がある)の量が少なく健康的とされています。

結果的に妊娠中の貧血予防にも繋がりますので、覚えておくと選ぶお茶の幅も広がるはずです。

妊娠中に飲めるコーヒーまとめ

妊娠中にコーヒーを摂取してはいけないという話はよく聞きますが、なぜダメといわれているのかや、正しい摂取量などを知ることで少し不安も和らいだのではないでしょうか。

コーヒーは多くても1日2杯までならそこまで神経質にならなくてもよさそうですね。
妊娠中だけカフェインレスに変えるっていうのも全然アリですし。

我慢しすぎてストレスを溜め込むよりは、紹介した量を守りつつ適度にコーヒーを楽しむほうがいいかもしれんのう。

たんぽぽコーヒーといった妊娠中でも飲めるものは色々とありますので、コーヒー好きの妊婦さんであればそちらを試してみてもらえればと思います。

コーヒー基礎知識の関連記事