『6杯分』が作れるコーヒーメーカーのおすすめ商品まとめ

最終更新日:
『6杯分』が作れるコーヒーメーカーのおすすめ商品まとめ

大容量タイプのコーヒーメーカーは家族でコーヒーを楽しむ時や、来客が多いオフィスで重宝するのじゃ。

でも、コーヒーメーカーって大容量になればなるほどお高いですよね。失敗しない買い物にするにはどうしたらいいですか?

そこで今回は6杯分のコーヒーが1度に作れるコーヒーメーカーを、特徴や選ぶポイントごとにご紹介していきます。

また、実際に使用した際の感想や口コミなども掲載していますので、ぜひ購入する際の参考にしてみてください。

6杯分が作れるコーヒーメーカーの選び方

    6杯分が作れるマシンを選ぶなら

  • できるだけ手間をかけずに多くのコーヒーが作れる手軽さ
  • 後片付けが苦にならないマシンかどうか
  • 自分好みのコーヒーが淹れられるか

一度に6杯も入れられるマシンはオフィスや家族で使う想定になるので、多くの人が簡単に操作できるマシンが望ましいです。

誰でもコーヒーが淹れられて後片付けが楽にできるコーヒーメーカーなら、使わなくなってしまう可能性も低いでしょう。

味に関しては高価でハイスペックなマシンの方が再現できるメニューが多いのが実情じゃ。

エスプレッソが淹れられるか、フォームミルクが作れるかなどはマシンの機能に依存するんですね。しっかりチェックして購入したいです!

1度で6杯作れるおすすめのコーヒーメーカーと実際の口コミ

象印 コーヒーメーカー 6杯用 メッシュフィルター付 EC-AS60-XB

こちらは国産メーカー象印から販売されている6杯用のコーヒーメーカー。

  • 金属メッシュフィルター内蔵で手間いらず
  • ダブル加熱 95℃抽出機能搭載で味も抜群

フィルターやサーバーが洗いやすく手軽に使えるのが魅力的な一台。

ダブル加熱 95℃抽出機能で粉をじっくりと2回蒸らしますので、抜群のコクと香りが楽しめます。

口コミ

給水、コーヒーのセット、ペーパーフィルター、メッシュフィルター全てがよくできている。
しかもフィルターの形態を見て金メッキフィルター(別のメーカー品)が使えると思い購入、予想通り使える。
全体の大きさも以前のマシンよりコンパクトで非常に良かった。

CHEMEX コーヒーメーカー 6カップ

こちらのケメックスのコーヒーメーカーは手軽さで一番おすすめな商品です。

  • 三角フラスコのような、どこかスタイリッシュな見た目が魅力的
  • 1度に6杯分のコーヒーを抽出できる

少し個性的な見た目ですが、手入れはかなり楽。

1度に6杯分のコーヒーを抽出できて、さらにその味わいも本格的です。

口コミ

キッチンに置いておくと可愛いし、コーヒーも美味しく入れられていいアイテムです。

DeLonghi kMix(ケーミックス) ドリップコーヒーメーカー 【6杯用】 CMB6

こちらは高級コーヒーメーカーブランドのデロンギの6カップ分が1度に抽出できるタイプのコーヒーメーカー。

  • かなり高精度な品質でいつでも安定した本格コーヒーが作れる
  • 手軽に洗えるメッシュフィルター内蔵
  • 1万円以上の価格に見合う性能

コーヒーの味自体には定評があり、誰でも簡単に本格的なコーヒーを淹れられます。

手軽に洗えるメッシュフィルター内蔵で手間も掛かりません。

1万円以上の価格に見合う性能なので、ぜひ一度購入を検討してみてはいかがでしょうか。

口コミ

デロンギのコーヒーメーカーは美味しいコーヒーが淹れられてデザインもお洒落でとても気に入っています。
最近コーヒーに興味が出た初心者ですが、スターバックスでディスプレイされていたこちらの商品の色違いがずっと気になっていてとても欲しいなと考えていました。

ラッセルホブス コーヒーメーカー デザイア 7640JP

高いデザイン性と手軽な操作方法で人気の1台がこちらの「ラッセルホブス コーヒーメーカー デザイア 7640JP」です。

  • 蓋つきポットが持ち運びやすい
  • 内臓フィルター以外の好きなフィルターを使える

出来上がったコーヒーを入れておくポットが持ち運びやすく、さらに蓋が付いているため清潔感もあるところが魅力的。

さらにフィルターは内蔵品以外にも自分の好きなフィルターを使えるので、そのときの気分によってコーヒーを淹れ分けられます。

淹れたコーヒーを加熱して保存しないタイプじゃから、煮詰まって味が変化するストレスもないのじゃ!

総合的にとてもおすすめの1台です。

口コミ

レビューを見て、かなり迷いましたが、ペーパーレスフィルターが好きなのと、容量、見た目でこちらを選択しました。

6杯分作れるコーヒーメーカーのおすすめ商品まとめ

1度に6杯分のコーヒーを淹れられるマシンをご紹介してきました。

それぞれの好みに合わせられるように、どれも個性的な特徴があるマシンをセレクトしましたので、きっと参考になるかと思います。

また、やはり選ぶ際には容量がやや大きい分、手軽で後片付けが楽なマシンを選ぶのがベストです。

ぜひこうしたポイントを踏まえた上で、最適な1台を選んでみてください。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約52円(税込)~。さらに定期便で本体無料!

定期便なら通常価格からカプセル最大15%OFF! マシンは最新機種のジェニオエスがレンタルできます。

選べるカプセルの種類は?おいしいの?
20種類以上の豊富なラインナップ!

20種類以上の豊富なラインナップの中には紅茶や抹茶も!さらにアイスコーヒーも作ることができるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが! カプセルタイプのため新鮮な状態のコーヒーを手軽に楽しむことが出来ます。 万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き。

スターバックスの味わいが自宅で楽しめる!
スターバックスのカプセルも登場!

人気のキャラメルマキアートだけでなく、抹茶ラテも登場!より一層おうちカフェが贅沢な気分で楽しめます。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数200万台突破のネスカフェドルチェグスト! マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は3ヶ月毎!最短9ヵ月使えばその後はいつでも解約することができます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

コーヒー基礎知識の関連記事