コーヒーのディカフェって何?カフェインレスやノンカフェインとは違うの?

最終更新日:
コーヒーのディカフェって何?カフェインレスやノンカフェインとは違うの?

ディカフェってノンカフェインやカフェインレスとは違うんですか?

ディカフェは本来、カフェインが入っているコーヒー豆からカフェインを取り除いたコーヒーです。

カフェインレスやカフェインフリーなどと呼ばれておるのう。

本記事ではディカフェの定義やカフェインの含有量、カフェインの取り除き方などを解説します。

ディカフェのコーヒーが気になる方は必見です。

ディカフェの定義とは?



日本では基準や定義のないディカフェですが、ディカフェの需要が高い欧米では「99.9%以上カフェインを除去した場合に限りディカフェと呼ぶ」基準がEUに存在しています。

欧米と比べて日本はそれほどディカフェの需要がないのが基準が設定されていない一因じゃな。

大手コーヒーチェーン店では「ディカフェ」を大々的に紹介していたり、最近ではペットボトル飲料でも見かけるようになりましたね。

以前は妊娠や病気でカフェインを避けなければいけない人が、それでもコーヒーを楽しみたいときにディカフェを必要としていた。

今はそうした方々に加え、健康志向でオーガニックを好む方がディカフェを選択しているようです。

コーヒー豆の種類を味で選ぶように、カフェインの有無も選択肢になっているのでしょう。

ディカフェとカフェインレスはどう違う?



それぞれカフェインの含有量が違う
ディカフェ
99.9%以上カフェインを除去されている
カフェインレス
もともとカフェインが少し含まれている
ノンカフェインカフェインフリー
カフェインが一切含まれていない

スターバックスは99%カフェインを除去したコーヒーをカフェインレスと定義しています。

マウントレーニアのディカフェはカフェイン97%カットと表示されているのう。これはディカフェでなくカフェインレスじゃな。

EUの基準でも「99.9%以上の除去率」であって「100%」ではありません。

もともとカフェインを含んでいるコーヒーから100%カフェインを除去するのは難しいのかもしれませんね。

ノンカフェインカフェインフリーカフェインが含まれていない飲み物を指す。
カフェインを一切摂りたくないならノンカフェインやカフェインフリーを選ぶと良い。

ディカフェのカフェイン除去方法



現在世界で実用化されているカフェインの除去方法は大きく分けて4種類です。

  • 有機溶媒抽出(直接的)
  • 有機溶媒抽出(間接的)
  • 超臨界二酸化炭素抽出
  • スイスウォータープロセス

有機溶媒抽出(直接的) & 有機溶媒抽出(間接的)

生コーヒー豆を塩化メチレンや酢酸エチルなどの有機溶剤に浸し、カフェインを溶かし出す方法。

世界で初めてカフェインを除去した方法と言われています。

比較的安価でカフェインを除去できるが、溶剤の残留が心配される場合もある。

超臨界二酸化炭素抽出

超臨界流体と呼ばれる状態にした二酸化炭素でカフェインを抽出除去する方法。

比較的新しい方法で、空気中に自然に存在する二酸化炭素を使用し、他の成分を壊さないため安全性の高い方法とされています。

スイスウォータープロセス

生コーヒー豆を水に浸してカフェインを抽出除去する方法。

化学物質を一切使わずにカフェインを除去できるため、安全性が高い。
カフェインを除去した後の水はフィルターによってきれいにろ過され再利用される。

スイスウォータープロセスはとてもエコな方法なんですね!

ディカフェはタイミングを気にせず飲める



夕方〜夜のコーヒータイムに

この時間帯、コーヒーを飲みながらゆっくりリラックスしたいけどカフェインの覚醒作用があるから飲みにくいですよね。

そこでディカフェの出番じゃ!!

夕方の休憩時や就寝前にゆっくりコーヒーを楽しみたい時はカフェイン含有量の少ないディカフェなら、寝つきが悪くなることを気にせず飲めます。

目覚め効果を得たくない時はもちろん、カフェインに敏感な方も時間を問わず飲めるのはディカフェの大きなメリットです。

妊娠や病気によってカフェインを避けなければいけない時に

コーヒー愛好家だとどうしてもカフェインを避けたい、避けなければならない妊娠や病気はつらいですね。

コーヒーはやめられないけれどカフェインは気になる方も、ディカフェであれば安心して飲めます。

カフェインが気になる方にはディカフェ以外にも「たんぽぽコーヒー」がおすすめです。

カフェインの摂りすぎを避けたい時に

カフェインは適量であれば覚醒作用がうまく働くが、飲みすぎると頭痛やイライラするなど心身共に不調をきたしてしまう可能性もあるんじゃ。

あまりにひどいとカフェイン中毒になってしまうかもしれません。

自身の健康が気になる方はもちろん、「コーヒーを飲まないとやっていられない」と思う人ほどディカフェに切り替えてみるといいかもしれませんね。

ディカフェ・カフェインレス・ノンカフェイン・カフェインフリーについてまとめ



ディカフェ
コーヒー豆からカフェインを取り除いた物(カフェイン0ではなく少し含まれている)
カフェインレス
元々カフェインが少し含まれている物
ノンカフェイン・カフェインフリー

カフェインが含まれていない物

カフェインを除去したディカフェであっても、その味はカフェインが含まれているコーヒーとほとんど変わりません。

大手コーヒーチェーン店やペットボトル飲料に加え、ディカフェのコーヒー豆やインスタントコーヒーを購入しておけば自宅や会社でもディカフェを飲むことができます。

選択肢の一つとしてディカフェを準備しておき、体調や気分に合わせてコーヒーを選ぶことで、コーヒーをもっと楽しみましょう。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約13円(税込)~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならエコ&システムパックがなんと通常価格の最大33%OFF! マシン本体費用8,778円(税込)も無料になります。毎日コーヒーを飲む方なら定期便の利用が断然お得!

メリットは?
1台で6種類のコーヒーを手軽に楽しめる!

ボタンひとつで手間をかけずに本格的なコーヒーが楽しめます。アイスコーヒーも作れるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが。万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き!

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数300万台突破のネスカフェバリスタ!マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約できます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

キャンペーンについて教えて
マシンをレンタルすると特典がついてくる!

バリスタマグ&ブライトスティックがもらえます。

コーヒー基礎知識の関連記事