スターバックスが紙ストローの採用など環境問題への取り組み方を提示

最終更新日:
スターバックスが紙ストローの採用など環境問題への取り組み方を提示

大手コーヒーチェーン店であるスターバックスコーヒーは、2020年1月から順次すべての国内店舗で「従来のプラスチックストローから紙ストローへ変更すること」を発表しました。

2020年3月までに通常サイズのストローを紙ストローへ、フラペチーノなど一部の商品で使われている太ストローも同年5月からすべて紙ストローにするとのことです。

この紙ストロー採用の裏には環境問題への配慮というものがあるのですが、紙ストローを使うことでどういった効果が生まれるのか?

スタバではほかにもなにか取り組みを実施しているんですか?

この記事では、そんな「スタバが考える新しい環境問題への取り組み方」をご紹介していくのじゃ。

スタバが紙ストローを採用した理由とは?

2020年1月から国内のスターバックスでは、従来のプラスチックストローから紙ストローへと順次切り替えがおこなわれています。

なお、2020年3月末までに全店舗で紙ストローへと切り替わり、一部の商品で使われている太いストローも同年5月から順次紙ストローへと変更されるとのことです。

これはプラスチックごみを削減するということが大きな目的なんじゃが、実はこれまでスタバではこのストローごみの数が年間で2億本ほどあったのじゃ。

2億本のプラスチックストローといっても、国内で処分されるプラスチックごみの総量から考えるとその割合はそこまで大きなものじゃないんじゃ・・・?

ただ、ストローごみというのは以下の問題を抱えています。

  • リサイクルされにくい
  • 海洋プラスチックごみになりやすい

実はストローというのはほかのプラスチックごみに比べて他の製品へと作り替えられるというリサイクルがあまりされていません。

現状では「サーマルリサイクル」という熱エネルギーとして回収する方法のひとつにプラスチックストローは使われたりしています。

※サーマルリサイクル:ごみを燃やすことで得られる熱エネルギーを発電などに利用すること。また施設の暖房、地下水を温めて温泉・温水にする力に利用すること。

もちろんこれもリサイクル循環のひとつではありますが、「マテリアルリサイクル(ごみを別の形にしてリサイクルする方法)」と比べると、やはり自然環境への配慮としてはいまひとつです。

また、アメリカの研究では海洋プラスチックごみのランキングトップ10にプラスチックストローが入っているという報告もあります。

こうした観点からもプラスチックストローというのは、出来る限り減らした方がトータルとして自然環境に良いといわれているのじゃ。

だから、多くの飲食企業でストローの紙資材化がすすめられてるんですね。

今回スターバックスが紙ストローへと変更したのも、こうした地球環境への取り組み方をより早く実践したかったものと見られています。

スタバが紙ストロー採用以外にもおこなっている取り組み

スタバでは紙ストロー採用以外にも、環境問題へ配慮した多くの取り組みがおこなわれています。

たとえば、スタバを利用したことがある人なら分かると思いますが、マイタンブラーやマイカップというのもエコを目的とした取り組みのひとつです。

使い捨てのプラスチックカップはストローよりも大きなごみになりますもんね。

スタバでは、そうしたプラスチックごみの削減を実践するためにマイタンブラーの利用を早くから推奨してきました。

また、スタバでは国内の店舗で生まれる年間およそ1000トンにおよぶミルクパックのごみをマテリアルリサイクルに回し、トイレットペーパーや店舗で使用するためのペーパーナプキンへと生まれ変わらせているんじゃ。

さらにあまり知られてはいませんが、スタバでは新店舗をつくるときに使う内装の素材にも、リサイクル素材を使うというこだわりがあります。

新店舗周辺もしくは地域とつながりのあるところで未利用となっている木材、またコーヒー豆のかすなどの廃棄物から作られた再生比率の高い内装用ボードをお店作りに使っているとのことです。

また、モノからモノというリサイクルだけでなく、抽出後の一部コーヒー豆のかすは牛の乳酸発酵飼料や農園でのたい肥といったものにも使われています。

こうしたリサイクル資源によって得られたミルクや野菜というのも、スタバの一部店舗では実際に使われていますので、とても良い循環のリサイクルがおこなわれていると言えるでしょう。

ネスレとスタバのコラボカプセル発売!

ドルチェグストジェニオアイ
スターバックスと同じく、エコボックスやキットカットの紙パッケージなど環境問題に取り組むネスレがコラボしたドルチェグスト専用のカプセルが発売されました。

こちらの商品は特別エコを謳ったものではありませんが1杯分ずつ梱包されている飲み切りタイプですので、

  • これまでコーヒーが飲みきれなくて余らせたことがある
  • コーヒーだけでなくいろんな味を家で楽しみたい

といった方に特におすすめです。

現在カプセルを利用するためのマシンが無料レンタルできるキャンペーンを実施中ですので、気になった方はぜひ一度チェックしてみてくださいね。

まとめ

最近は世界的に有名な企業がどこもごみのリサイクルにスポットを当てていますが、より早く実践している企業のひとつがスターバックスです。

スターバックスではサステナブルな未来を目指すために、プラスチックごみの大幅な削減を目標に掲げています。

その第一歩として開始された紙ストローの包装には「私たちの小さな選択が未来をつくる」「世界で年間10億本のプラスチックストローを減らす一歩」といった5つのメッセージが記載されています。

スタバで商品を買う際には、こうしたメッセージにも注目をしてもらいたいところです。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約52円~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならなんと通常価格の最大15%OFF! マシン本体費用14,800円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?おいしいの?
20種類以上の豊富なラインナップ!

20種類以上の豊富なラインナップの中には紅茶や抹茶も!さらにアイスコーヒーも作ることができるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが! カプセルタイプのため新鮮な状態のコーヒーを手軽に楽しむことが出来ます。 さらにスターバックスのコーヒーも自宅で手軽に味わうことができます♪ 万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数200万台突破のネスカフェドルチェグスト! マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約することができます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

コーヒー基礎知識の関連記事