スタバでカップにイラストやメッセージを書いてもらうコツ!頼むのはアリ?

最終更新日:
スタバでカップにメッセージを書いてもらうコツ!直接頼むのはアリ?

SNSでスタバと検索すると、いろんなメッセージやイラストの書かれたカップがいっぱい載っててかわいい!いいな~私も書いてほしい!

何気なく書かれたメッセージに後々気付いて「嬉しい!」となるのがほとんどかと思いますが、中には「何か書いてもらいたいな」と思う人や「誕生日だから記念に…」なんてケースもありますよね。

今回はこのカップのメッセージやイラストをどうすれば書いてもらえるのか書いてもらうためのコツを紹介するのじゃ!

スタバのカップにメッセージを書くマニュアルはない

他のカフェよりも圧倒的にメッセージやイラストを書いてもらえる確率の高いスターバックス。

実はメッセージを書くように指定するマニュアルや指導はありません

つまり、メッセージの書き込みは店員一人一人の気遣いや心配りによるサービスなんじゃな。

ただし実際に働く店員さんにはメッセージやイラストを書く時間はあまりありません。

短時間でサッと書かなければいけないので、店員さん各々の得意不得意でイラストかメッセージかが違います。

最近ではドリンク名を手書きする店舗も減り、ドリンク名と一言メッセージが書かれたシールをカップに貼る店舗が増えてきました。

ドリンク名を書く流れでメッセージやイラストを書いている場合が多いから、シールを貼る店舗では見かける機会が減ったかも~。

スタバで書いてもらえるメッセージの種類

Thank you」はよく見かけるメッセージじゃな。

それ以外にも、いろんなメッセージが書かれているようです。

外国人の方で、旅行などで日本に来たばかりであったり初めて日本に来た場合であれば「Welcome」。

私はお昼休憩にコーヒーを買いに行ったら「ゆっくりしていってくださいね」って書いてもらえたよ~!

昼間に就活スーツを着てスタバで一休みをしに来た就活生や、サラリーマンの方には「がんばってください」と応援系のメッセージが送られる場合もあるようです。

常連さんには「いつもありがとう」といった感謝や、クリスマスやハロウィンなどのイベント時期には「Happy Holiday!」「Happy Halloween」といったイベントを盛り上げるメッセージなど、メッセージの種類はかなり幅広い模様。

イラストはニコちゃんマークをはじめ店員さんが得意なイラストを書いてくれますが、クリスマスやハロウィンなどイベントに関連するイラストだと書いてくれる店員さんも増える気がします。

カップにメッセージを書いてもらうコツ

空いている特定の時間帯を狙う

混雑時よりも空いている時間の方が店員側にも余裕があり、メッセージを書いてもらいやすいです。

中でも早朝や仕事終わりに行くと、メッセージを書いてもらえる確率がグッと上がるのじゃ。

店員側としても朝であれば「お仕事頑張ってください」「お出かけ楽しんでください」などのメッセージ、仕事終わりであれば「おつかれさまです」といったメッセージを書きやすいそうです。

何気ない日常的なメッセージだけど、1日の始まりや終わりに何か一言添えてもらえるのは嬉しいよね!

また、新作が出てすぐもメッセージやイラストを書いてもらえる可能性が高くなるのだとか。

ハロウィンやクリスマスなどイベントに関連する新作も多く出るので、店員側も何を書こうかワクワクしているのかもしれませんね。

ぜひ新作の発売日に、早い時間や空いている時間を狙って行ってみてください。

店員と話す

時間帯や格好によっては「仕事終わりなんだな」と話さずとも伝わる場合もありますが、やはり店員さんと会話をした方がメッセージを書いてもらえる確率は上がります。

でも店員さんと何を話せばいいの?お仕事の邪魔はしたくないし・・・

スタバのメニューやスタバカードを話題にしてみると、向こうも答えやすいんじゃないかのう。

コーヒーを飲むなら「今日のコーヒーはどんな味ですか?」と聞いてみたり、メニューを迷っているなら「おすすめはありますか?」「甘いのが飲みたいんですけど…」と聞いてみたりするのがおすすめ。

スタバカードは地域限定や期間限定デザインがあるので、店頭に飾ってあるスタバカードについて聞いてみたり、もしそうしたスタバカードを持っているのであれば提示した際に店員から話しかけてもらえる場合も多い。

案外、会話のきっかけはたくさんありますので、チャレンジしてみてください。

特にメニューに関してなら話しながらドリンクを決めると、店員さん側も「オススメを頼んでくれた」と嬉しいので、メッセージやイラストを添えてくれる場合が多いようです。

メッセージやイラストをもらえる確率が高まる上に、今まで知らなかったようなカスタマイズを知れるかもしれません。

逆に店員さんから話しかけてもらえたら、笑顔で受け答えして会話を楽しめば、カップにメッセージやイラストを添えてもらえるかも~!

常連になる

常連になると自ずと店員との会話も増えてくるので、メッセージのバリエーションも増え、書いてもらえる確率も上がってきます。

常連になるには毎日同じような時間帯に訪れるのがコツ。

毎日違う時間帯に行くよりも「この時間に来る人だ」と顔を覚えてもらいやすくなるね!

同じ店員さんと顔を合わせやすくなるから、どちらからともなく会話が生まれやすいんじゃな。

常連になったら注文やお会計をしている最中にいろんな世間話をしてみてくださいね。

オシャレをしたり目立つアイテムを付ける

どこかへ出かけるのにお気に入りのハットを被ったり、お気に入りの洋服を着て思いっきりおしゃれをしたら、ぜひスタバに寄ってみてください。

店員さんからアイテムやコーデを褒めてもらえるかも~!

ライブに行く前や行った後など、ライブグッズを身につけたままスタバに寄ると、ライブやアーティストについて店員さんから話しかけられ、話が盛り上がるケースも少なくありません。

思いっきりオシャレをした日やライブの日など、何か特別な日にメッセージやイラストを書いてもらえると嬉しさが倍増しますね。

「ライブグッズを身につけたままじゃ恥ずかしいから」とこれまでスタバに寄るのを避けてきた方も、ぜひ一度、そのままスタバを訪ねてみるのじゃ。

いつもと同じドリンクでも、いつもと違う特別な気分でスタバを楽しめるかもしれませんよ。

直接頼むって…ありなの?

これまで紹介した方法はあくまでコツであって、絶対書いてもらえる方法ではありません。

自分の誕生日や一緒に居る人の誕生日などできれば書いてもらいたいときもあるよね~。

そんなとき、店員さんに直接頼んでもいいかと悩むかもしれませんが、直接頼むのもアリです。

単刀直入に「イラストを描いてください!」と言っても問題はないのですが、実際にそう言うのはちょっと難しいですよね。

そんな場合は店員さんとメニューなどについて話をして、その中で「実は誕生日で」と切り出せれば「描いてください」と言わなくても店員側からお祝いとしてメッセージやイラストを書いてもらえる可能性がグッと高まります。
    スタバの店員の中には

  • 店内に飾ってある黒板(オファリングボード)のイラストを描く人
  • イラストを描くのが好き・得意
  • そんな店員さんも少なくありません。

頼まれるとモチベーションが上がる方も少なくないかも!

絶対に書いてもらいたいときには、ぜひ直接頼んでみて下さいね。

もちろん混雑具合やお店の都合でダメな場合もあるじゃろうから、難しそうなら潔く諦めるのじゃ!

スタバでメッセージを書いてもらうにはちょっと目立ってみよう

スタバならではの、店員によるメッセージやイラストのサービスはぜひドリンクと一緒に楽しみたいですよね。

メッセージやイラストを書いてもらうコツを紹介しましたが、実際にメッセージやイラスト付きのドリンクを受け取れるかどうかは、店員や時間帯などによって異なります

店員さんと仲良くなったり、オシャレをして目立ったり、直接頼むなどアプローチ方法は様々。

今回紹介したコツを試した方が確率は上がるから、無理のない範囲で一度試してほしいのじゃ!

スターバックスの関連記事