スタバで一番安い飲み物って何?ドリンクの最安値とお得に楽しむ方法を紹介

最終更新日:
スタバのドリンクで一番安いのはどれ?気になるスタバの値段事情とドリンク紹介

「スタバに行きたいけど、出来るだけ安く利用したい!」
「一番安い飲み物ってどれなの?」

色々な種類があるスターバックスのドリンクメニュー。ゆっくり全てのメニューを見る機会って、なかなかないですよね。

しかし、あらかじめ安いドリンクが分かっていれば、お店でさっと注文できます。

今回は、値段の安い順に5つのドリンクをご紹介します!

スマートかつお得にスタバを利用したい方向けの記事です。

スタバで安いドリンク1位:ドリップコーヒー

やはりコーヒー店ということだけあって、一番安いのはドリップコーヒー
一番小さいShortサイズで290円(税抜き)です。

通年販売されているコーヒー豆の中で、店内のドリップコーヒーで出されている豆はディカフェを含めて15種類。そこにさらに期間限定の豆も選択肢に追加されます。

15種類+αの中から「本日のコーヒー」としてドリップコーヒー用の豆が選ばれているわけです。

基本的に「本日のコーヒー」はホットとアイス1種ずつですが、暑い時期にはアイスが2種、寒い時期にはホットが2種準備されている時も

「本日のコーヒー」が2種ある時は試飲をさせてもらって、お好みのコーヒー豆を見つけるのも楽しいですよ。

ドリップコーヒーにミルクをたくさん入れる方法

ミルクなどを自分で入れる方は、カップのふちからコーヒーがあふれそうになった経験があるのではないでしょうか。

そんな方は「カップを1つ大きいサイズにしてください」とオーダーするのがおすすめです。

カップだけワンサイズ大きく頼むと、ミルクなどを足しても余裕があるので溢れる心配がありません。

もちろんカップのサイズ変更は無料ですので、ぜひ活用してください!

また、注文した当日に限りドリップコーヒーをお得におかわりできるサービスもあります。

スタバで安いドリンク2位:アイスティー(パッション/ブラック)

スターバックスでは、アイスティー2種を常時販売しています。

どちらの味も一番小さいShort(ショート)サイズで290円(税抜き)です。

パッションティー

パッションティーはノンカフェインのハーブティーで鮮やかな赤色が特徴。

ハイビスカスとシナモンに、ドライアップル、リコリス、レモングラスがブレンドされ、さっぱりとした口当たりです。

ただ、独特の酸味が強いため、好き嫌いがはっきりと分かれるドリンクでもあります。

酸味が苦手な方は、店内に置いてあるハチミツやガムシロップを入れると飲みやすくなりますよ。

プラス50円のカスタマイズでクラシックシロップ、バレンシアシロップ(※期間限定カスタマイズ)などを追加するのもおすすめです。

パッションティーにミルクを入れると分離してしまいますので、注意してください。

ブラックティー

ブラックティーはスタンダードな紅茶です。

スターバックスのアイスブラックティーと全く同じ茶葉、同じ味のホットの紅茶は無いのですが、一番近いのはイングリッシュブレックファーストです。

紅茶ならではの苦味があるので、こちらもクラシックシロップ追加のカスタマイズがおすすめですよ。

スタバで安いドリンク3位:コールドブリューコーヒー

熱を加えずに水で抽出したアイスコーヒーが「コールドブリューコーヒー」はShortサイズで330円(税抜き)。

酸味が少なくすっきりとまろやかな味わいが特徴なので、コーヒーの酸味が苦手な方にもおすすめできます。

ガムシロップを入れるとよりおいしくなるので、試してみてくださいね。

スタバで安いドリンク4位:カフェミスト

カフェミストはShortサイズで340円(税抜き)です。

通年メニューに掲載されている定番ドリンクですが、実はあまり知られていないメニューではないでしょうか?

ホットのドリップコーヒーと温めたスチームミルクを半々で混ぜたのがカフェミストです。

一番近いドリンクでいうとスターバックスラテですが、コーヒー豆の抽出の仕方が異なり、ラテはエスプレッソで、カフェミストはドリップコーヒーなんです。

また、スターバックスラテに使われる豆は決まった一種類のみですが、ドリップコーヒーに使われる豆は複数あるので、カフェミストは使われるドリップコーヒーの味が日々違うのが最大の特徴です。

コーヒーとミルクの分量を好みによって調整できるので、コーヒー強めが好きな方は「コーヒー7、ミルク3で」などオーダーするとその通りに作ってもらえます。

定番のスターバックスラテ、カプチーノも340円(税抜き)なので、エスプレッソ系が好きな方はそちらをオーダーするのがおすすめです。

スタバで安いドリンク5位:ホットティー(ストレート)各種

2016年からTEAVANAシリーズとして紅茶もおすすめしているスターバックス。

ストレートのホットティーが各種Tallサイズで340円(税抜き)です。
Shortサイズでも注文はできるのですが、Tallサイズと同じ340円での提供です。

ストレートで提供されているホットティーの種類は合計で7種。

  • イングリッシュブレックファースト
  • アールグレイ
  • ユースベリー
  • ミントシトラスティー
  • ほうじ茶
  • カモミール
  • ハイビスカス

一番スタンダードな紅茶・ブラックティーは、イングリッシュブレックファーストアールグレイの2種類です。

ホワイトティーに分類されるのはユースベリーの1種類のみ。

茶葉を抽出した後のお湯の色が薄い黄色のようであまり紅茶には見えませんが、なめらかで甘みが特徴の紅茶です。

茶葉本来の味が特徴的なグリーンティーに分類されるのはミントシトラスティーほうじ茶の2種類です。

ミントシトラスティーはその名の通り、ミントの爽快感が駆け抜けるような味。頭をスッキリさせたい時におすすめ。

ほうじ茶を使ったフラペチーノが期間限定で販売されるほど人気が出ましたが、ストレートで飲む香ばしいほうじ茶もおつなものです。

ノンカフェインのハーブティーはカモミールハイビスカスの2種。

カモミールはラベンダーも混ざっており優しい香りと口当たりが特徴ですが、ハイビスカスはフルーティーで少し酸味があります。同じハーブティーの分類でも、その味わいは対照的です。

スタバで一番安いドリンクはドリップコーヒー&ティー系

  • ドリップコーヒー:290円/税抜/Short
  • アイスティー:290円/税抜/Short
  • コールドブリューコーヒー:330円/税抜/Short
  • カフェミスト:340円/税抜/Short
  • ホットティー:340円/税抜/Tall

今回は安い順でトップ5をご紹介しましたが、見ての通りドリップコーヒーやティー系のドリンクが安いようです。

このトップ5内だけでも甘さや苦さ、酸っぱさなど味の種類も多く、カスタマイズも含めると選択肢はかなり広がります。

この記事の紹介で気になったドリンクがあったらぜひ、飲んでみてくださいね!

自宅でスタバのコーヒーを安く楽しむ方法

ネスカフェドルチェグストというコーヒーマシンから、スターバックスのカプセルが7種類発売されています。

一杯62円~の安さでスタバのコーヒーと同じ味を自宅で楽しめるので、おうちカフェを充実させたい方に特におすすめです。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約52円~。さらに定期便で本体無料!

定期便なら通常価格から最大15%OFF! マシン本体費用14,800円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?おいしいの?
スターバックス製品はなんと7種類!

スターバックスで人気のキャラメルマキアートや、ドルチェグストで人気の宇治抹茶ラテがカプセルになって登場! おうちカフェが一気にグレードアップすること間違いなし! 万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数200万台突破のネスカフェドルチェグストが本体無料で使える!※レンタルの場合、解約時にマシンを返却する必要があります。

新規申し込み限定!500円分のe-ギフトプレゼント!
スターバックスのカプセル6箱以上購入&新規申し込みの方が対象

2020年9月30日までに新規でマシン無料 レンタル カプセルお届け便にお申込みいただき、スターバックス®の「ネスカフェ ドルチェ グスト」専用カプセル6箱以上の購入が条件です。さらに定期お届け便を継続していただいた方には、年に2回オリジナルグッズがもらえるチャンスも!※詳しくは公式サイトをご確認ください

スターバックスの関連記事