スタバで一番安いドリンクって何?元スタバ店員がお得にスタバを利用する方法を紹介

最終更新日:
スタバのドリンクで一番安いのはどれ?気になるスタバの値段事情とドリンク紹介

「スタバを安く利用したい!」
「一番安いメニューってどれなの?」

たくさん種類のあるスターバックスのドリンクメニュー。
なかなかゆっくり全てのメニューを見る機会ってないですよね。

あらかじめ安いドリンクが分かっていれば、お店でさっと注文できます。

今回は値段の安い順に5つのドリンクをご紹介します!

スマートかつお得にスタバを利用したい方向けの記事です。

スタバで一番安いのはドリップコーヒー

スタバドリップコーヒー

やはりコーヒー店ということだけあって、一番安いのはドリップコーヒー
一番小さいShortサイズで280円(税抜き)です。

通年販売されているコーヒー豆の中で、店内のドリップコーヒーで出されることがある豆はディカフェを含めて15種類ほどで、そこにさらに期間限定の豆も選択肢に追加されます。
その中から「本日のコーヒー」として日々、ドリップコーヒー用に選ばれているんですね。

基本的にはホットとアイス1種ずつ準備されていますが、暑い時期にはアイスが2種、寒い時期にはホットが2種準備されていることも。
毎日飲んでいてもそんなに味の違いはわからないと思うので、2種準備されている時には試飲をお願いして飲み比べをして、お好みのコーヒー豆を見つけてみても楽しいですよ。

また、ブラックのまま飲むのが苦手でミルクなどを自分で入れるという方にオススメなのが、「カップを1つ大きいサイズにしてください」とオーダーすること。

アイスもホットも、ミルクなどを足そうと思うと結構カップギリギリになってしまいませんか?
そこで、カップだけワンサイズ大きいものを頼むとミルクなどを足しても余裕があり溢れる心配がありません。
カップだけワンサイズ大きくしてもらうのはもちろん無料ですので、ぜひ活用してください!

また、ドリップコーヒーはお得におかわりできるサービスもあります。

2番目に安いのはアイスティー(パッション/ブラック)

スタバアイスティー

近年ではTEAVANAという紅茶シリーズをオススメしているスターバックスですが、昔から常時販売しているアイスティー2種
どちらの味も一番小さいShortサイズで290円(税抜き)です。

パッションティーはノンカフェインのハーブティーで鮮やかな赤色が特徴です。
ハイビスカスとシナモンに、ドライアプルとリコリスとレモングラスがブレンドされており、さっぱりとした口当たりながら独特の酸味が強いことで、好き嫌いがはっきりと分かれるドリンクです。

酸味が苦手な方は、店内に置いてあるハチミツやガムシロップを入れたり、プラス50円のカスタマイズでクラシックシロップなどを追加するとまろやかになり、飲みやすくなりますよ。

クラシックシロップは定番のカスタマイズで、有料カスタマイズのシロップの中ではオレンジフレーバーのバレンシアシロップが実は一番パッションティーに合います。
ではなぜ定番ではないのかというと、バレンシアシロップは期間限定なので、残念ながら通年で注文することができないからです。
バレンシアシロップの取り扱いがある期間にはぜひ一度、試してみてください。

なお、ミルクはパッションティーと分離してしまいますので注意してくださいね。

ブラックティーはいわゆるスタンダードな紅茶。
このアイスのブラックティーと全く同じ茶葉、同じ味のホットの紅茶は無いのですが、一番近いのがイングリッシュブレックファーストです。
紅茶ならではの苦味があるので、こちらも定番のクラシックシロップ追加のカスタマイズがオススメですよ。

スタバのメニューであまり知られていない?カフェミスト

カフェミスト

実はあまり知られていないメニューNo.1なのではないでしょうか?
そんなカフェミストはShortサイズで320円(税抜き)です。

カフェミストはホットのドリップコーヒーと温めたスチームミルクを半々で混ぜたドリンク。
一番近いドリンクでいうとラテですが、コーヒー豆の抽出の仕方が異なり、ラテはエスプレッソで、カフェミストはドリップコーヒーなんです。

豆の抽出の仕方でもコーヒーの味は異なりますが、スターバックスでは豆の種類も異なっています。
ラテに使われる豆は一種類のみですが、ドリップコーヒーに使われる豆は複数あるので、カフェミストは使われるドリップコーヒーの味が日々違うというのが最大の特徴ですね。

スターバックスではどのコーヒーとも相性の良いミルクが使われていますが、特にミルクと相性の良いコーヒーや個人の好みなどがあるので、どのドリップコーヒーで作るカフェミストが美味しいのかを探ってみても良いかもしれません。
無料カスタマイズで無脂肪ミルクや低脂肪ミルクに変更するのもいいですね。

なお、基本的にはドリップコーヒーとミルクが半々の分量で作られますが、この分量は好みによって調整することができるのもカフェミストの魅力です。

コーヒー強めが好きな方だと「コーヒー7、ミルク3で」という風に頼むと、その通りに作ってくれますよ。

スタバの紅茶もオススメ!ホットティー(ストレート)各種

ホットティー

2016年からTEAVANAシリーズとして紅茶もオススメしているスターバックス。
そのストレートのホットティーが各種Tallサイズで340円(税抜き)です。
Shortサイズでも注文はできるのですが、Tallサイズと同じ340円での提供です。

ストレートで提供されているホットティーの種類は合計で7種。

一番スタンダードな紅茶であるブラックティーが、イングリッシュブレックファーストアールグレイの2種類です。

ホワイトティーに分類されるのはユースベリーの1種類。
茶葉を抽出した後のお湯の色が薄い黄色のようであまり紅茶には見えませんが、なめらかで甘みが特徴の紅茶です。

茶葉本来の味が特徴的なグリーンティーに分類されるのはミントシトラスティーほうじ茶の2種類です。
ミントシトラスティーは紅茶の中でもあまり馴染みがないかもしれませんね。
味はその名の通り、ミントの爽快感が駆け抜けるような感じなので、頭をスッキリさせたい時にオススメですよ。

最近ではほうじ茶を使ったフラペチーノが期間限定で販売されるほど人気が出てきているほうじ茶ですが、ストレートで飲む香ばしいほうじ茶もいいですよね。

ノンカフェインのハーブティーはカモミールハイビスカスの2種。
カモミールはラベンダーも混ざっており優しい香りと口当たりが特徴ですが、ハイビスカスはフルーティーで少し酸味があります。
同じハーブティーの分類とでも、その味わいは対照的です。

キャラメル入りの安いドリンク!キャラメルチーマー

キャラメルチーマー

キャラメル好きにはたまらないドリンクのキャラメルチーマーはShortサイズで360円(税抜き)。

キャラメル風味の温かいミルクの上に、ホイップクリームとキャラメルソースがトッピングされています。
コーヒーは一切使われていないので、カフェインを避けたい方にもオススメのドリンクです。

より甘い味わいにするのにホワイトモカシロップを追加するカスタマイズをしたり、キャラメルと相性の良い豆乳に変更するカスタマイズもオススメです。

「スタバの安いドリンクメニュー」まとめ

なかなか値段順で見ることのないスタバのドリンクを安い順でトップ5をご紹介しましたが、ドリップコーヒーや紅茶が上位を占めていますね。

ただ、このトップ5だけでも甘さや苦さ、酸っぱさなど味の種類も多く、ノンカフェインのドリンクもあり、カスタマイズも含めると選択肢はかなり広がります。
この値段順での紹介で気になったドリンクがあったらぜひ、飲んでみてくださいね!

自宅でスタバのコーヒーが楽しめる!

【2019年4月1日新発売】ネスレとスタバのドルチェグスト専用カプセル5種類発売&新マシンも?!
また、2019年4月1日にネスレのネスカフェドルチェグストというカプセルタイプのコーヒーマシンから、スターバックスのカプセルが発売されることになりました!

よければこちらもチェックしてみてくださいね。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約55円~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならなんと通常価格の最大10%OFF! マシン本体費用9800円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?おいしいの?
全22種類の豊富なラインナップ!

20種類以上の豊富なラインナップの中には紅茶や抹茶も!さらにアイスコーヒーも作ることができるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが! カプセルタイプのため新鮮な状態のコーヒーを手軽に楽しむことが出来ます。 味にこだわるならこの『ドルチェグスト』がオススメです! 万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数200万台突破のネスカフェドルチェグスト! マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約することができます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

「ラテグラス」(2個セット)が貰える!
定期便申込みで今なら1,944円(税込)相当のラテグラスプレゼント!

ドルチェグストをより楽しむ涼やかなラテグラスがついてくる!

スターバックスの関連記事