【スタバ】公式アプリの使い方は?支払いもカスタマイズもアプリでできる!

最終更新日:
スタバ公式アプリの使い方を紹介!支払いもお気に入りの1杯を探すのもアプリで!

「スタバのアプリがあるのは知ってるけど、使い方がわからない…」
「スタバアプリって、何ができるの?」

スターバックスの公式アプリがあるのをみなさんご存知でしょうか?

スターバックスカードの記事や、スターバックスリワードの記事でも何度か触れてきた公式アプリですが、それらの記事では「アプリ1つでスタバカード代わりに入金も支払いもできて便利!」と紹介してきました。

もちろんそれがアプリの魅力の一つですが、実は他にもいろんな便利な機能があるんです!

今回はそんなアプリの登録の仕方から、便利な機能の使い方まで、徹底的にご紹介します。

スタバアプリを使い始めるには?

ダウンロードしたら新規会員登録もしくはログイン

まずアプリをダウンロードしたら、スターバックスのオンライン会員であるMy Starbucks会員の方はログインを、そうでない方は新規会員登録を選択してください。

新規会員登録には以下の6項目の入力が必要になります。

  • ユーザー名
  • 性別
  • 都道府県
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • パスワード

最後にスターバックスからのメールの受信可否のチェックがありますが、メールを受信するのをオススメします。

アプリやウェブでも新商品の情報を見ることができますが、それらをメール配信してくれるので発売日などを見逃さずにチェックできます。

アプリにスタバカードを登録する

登録を終えてログインができたら、次はアプリ内のPayという画面からスタバカードを登録します。

カードを登録しなくてももちろんアプリを使うことはできますが、カードを登録することでよりメリットがあるので、ぜひ登録してくださいね。

お手持ちのスタバカードがある方は、カードの背面にあるカード番号を入力して登録してください。

まだスタバカードを持っていない方は、店頭でスタバカードを入手してから登録するか、もしくはアプリ内でデジタルカードを発行してください。

スタバカードの詳細は別記事で紹介していますので、そちらも参考にしてくださいね。

カードを登録できたら、アプリを使い始める準備は完了です!

スタバアプリでできることって?

スタバカードとして支払いなどができる(Pay)

アプリ内で登録したカードは、カード本体ももちろん今まで通り使うことができますが、アプリ内でカードのバーコードを表示することができます。

そのバーコード表示で、レジでの支払いやチャージができてしまうんです!

「カードを忘れた!」なんて時でも、カードの代わりにアプリのバーコード表示で支払えるので便利かつ安心ですね。

スター(ポイント)を貯めることができる(PayとHome)

スタバカードをアプリに登録した時点で、リワードプログラムへの参加完了。

このリワードプログラムに参加したスタバカード、つまり、アプリに登録したスタバカードで支払いを行うとスターという名のポイントが貯まります。

ちなみに、カード本体であってもアプリ内のバーコード表示であってもどちらでもスターが集まり、集まったスターの数はアプリ内のHomeで確認ができますので、ぜひ支払いを終えたらスターの数を確認してみてくださいね。

スターは54円(税込)で1つ集まり、初めはグリーンスターからのスタートです。

グリーンスターが一定数集まるとゴールドスターに、ゴールドスターが一定数集まるとビバレッジやフードなどスタバ商品1点の購入時に使用できるReward eTicket(上限あり)を発行できるようになります。

スターやリワードチケットを含め、リワードプログラムの詳細については別記事でも取り扱っているので、気になる方はそちらの記事もチェックしてみてください。

周辺のスターバックス店舗を探す(Stores)

アプリ使用時に位置情報へのアクセスを許可していると、Storesのページで現在地周辺の店舗が地図と共に表示されます。

旅行のときなど見知らぬ土地でスタバを探したい時や、立ち寄ったスタバが混んでいる時に他の近くの店舗がないか探したい時など、ページを開くだけで近くのスタバがすぐにわかるのはかなり便利ですね。

ちなみにページの上部ではワードを入れて検索することもできるので、周辺ではなく遠くのスタバも探すことができますよ。

お気に入りの1杯を探せる(Product)

混雑していて長蛇の列になっているスタバではメニューが配られることもありますが、アプリでも手軽にProductのページからメニューを見ることができます

アプリ内ではビバレッジ、フードメニュー、ティーなど大きく種類分けされたページから始まるので、店内で配られるメニューより見やすく、商品を探しやすいかもしれません。

また、単にメニューを見ることができるだけでなく、お気に入りの1杯をさがそうという機能もついています。

この「お気に入りの1杯をさがそう」というボタンをタップすると、今の気分や好きなフレーバーを選ぶと、その選んだ気分や好みに合わせたオススメの商品が表示されます。

この表示されるオススメ商品の中にはカスタマイズを加えた商品もあるので、これまで知りえなかったドリンクや、頼んでみたかったけど注文の仕方がよくわからなくて頼めなかったドリンクなんかもあるかもしれません。

アプリで気になるドリンクを見つけたら、そのまま店員に画面を見せて頼むことができるのもアプリならではの便利さですね。

スタバの新商品情報をゲットできる(Home)

Home画面の上部にあるWhat’s Newというボタンをタップすると、スターバックスの新商品情報が表示されます。

ここに表示される新商品は主にビバレッジの新作です。

「続きを見る」をタップするとスターバックスのWebページに飛び、発売日や商品の詳細に加えて、その他フードの新商品やオススメ品をチェックできますよ。

新商品として出てくるビバレッジは期間限定で、早くから売り切れてしまうものもあるのでアプリを使ってこまめにチェックしてみてくださいね。

友達や家族などにドリンクチケットを贈ることができる(eGift)

友達や家族などに日頃の感謝の気持ちを込めて、アプリ内で手軽にギフトカードであるStarbucks eGiftを送ることができます。

このStarbucks eGiftはドリンクチケットとして相手が使うことができます。

ただし、チケットの対象はドリンクのみで、高いものは差額を払う必要があるということだけ、注意が必要です。

ドリンクチケットとして送る料金の支払いは、アプリ内で登録しているスタバカードから引かれるので、スタバカードに残高があればいつでも送ることができるので便利ですね。

ちなみに、ギフトカード代わりということもあってチケットの絵柄は「Birthday」「Thank you」など様々なバージョンで用意されており、つい選ぶのに迷ってしまうほど種類も豊富です。

絵柄を選んだ後はメッセージを入力することもできますので、手軽ながらとっておきの1枚を作って贈ることができますよ。

スタバアプリのメリットは?

スタバカードの残高がわかる!オートチャージも

アプリに登録していないスタバカードの残高確認をする場合だと、店頭で支払った後のレシートで確認をするか、レジで残高を確認してもらうよう頼むかの二択で、どちらにしても店頭でしか確認できませんでした。

ですが、公式アプリにカードを登録することで、アプリで残高を確認することができるようになりました。

さらに、クレジットカードをアプリに登録しておけば、アプリ内でクレジットカードからスタバカードにチャージすることも可能ですし、設定をすればオートチャージができるので残高不足になることもありません。

今まで店頭でしかできなかった残高の確認やチャージがアプリ内でできるのは大きなメリットですね。

One more coffeeが安くなる

ドリップコーヒーを購入した当日に限り、2杯目のドリップコーヒーが割引になるOne more coffeeというサービス。

2杯目が50円ほど安くなります。

ドリップコーヒーを頻繁に飲む人であればあるほど、その差はかなり大きいものになってきますね。

その他リワードプログラムの特典を受けられる

カードをアプリに登録すると同時に始まっているリワードプログラム。

スターが貯まったり、上記のOne more coffeeの値段が変わったりするのも、このリワードプログラムに参加しているからなのですが、実は他にも特典がいっぱいです。
例えば新商品の情報。

アプリ上ではビバレッジのみが表示されますが、タンブラーやスタバカードなど様々な新商品の発売を発売日より前にお知らせしてくれるメールが届いたりします。

ゆっくりと新商品を吟味できますし、「気づいたら発売日過ぎてた!」なんてことを防いでくれますね。

スターバックス公式アプリまとめ

たくさんの便利機能やメリットのあるスターバックスの公式アプリ。

便利なだけでなくポイントを貯めていくことで得られる特典もありますので、使わないわけにはいきませんね。

ぜひ公式アプリを使いこなして、スターバックスをより楽しんでくださいね!

スターバックスの関連記事