スタバを一番お得に利用する方法まとめ!チケットやレシートは見逃さないで!

最終更新日:
スタバを一番お得に利用する方法まとめ!チケットやレシートは見逃さないで!

「スタバのフラペチーノってちょっと高い…」
「全体的にあまり頻繁に利用できる値段じゃない」

幅広い世代の人が利用するスターバックスですが、特に学生の方にとってはスタバの値段はちょっと高いと感じるのではないでしょうか?
かと言って、スタバで公に割引サービスが行われている印象はありませんよね。

そこで今回は、ちょっとした割引からドリンク1杯が無料になるチケットまで、スタバを安く利用できる方法6つをご紹介します!

Starbucks Rewardに参加する

スターバックスリワード
スタバを利用するのであればStarbucks Rewardへの参加はマストと言ってもいいでしょう。

このリワードプログラムとは

  • Web登録済みのスターバックスカードで¥50(税抜)の支払あたりスターが1つ付与
  • 集めたスターの数に応じてスターバックスの商品と交換できるReward eTicketが発行される

というメリットをはじめ、その他様々な特典があります。

リワードプログラムへの参加方法としては、まずスマートフォンでスターバックスの公式アプリをダウンロードします。

アプリを開いてMy Starbucks会員(スターバックスのオンライン会員)ログインを済ませ、そのアプリ内でスターバックスカードを登録すると自動的にリワードへプログラムへの参加も完了します。

リワードに参加してからリワードeチケットが発行されるまではスターを集めなければいけないため少し時間がかかりますが、One more coffeeの2杯目が100円(税抜)というメリットは登録してすぐから受けられるものなので、コーヒーを頻繁に飲む方には最大のメリットかもしれません。

One more coffeeを利用する

スタバドリップコーヒー

スターバックスでドリップコーヒーを購入すると、購入当日に限り2杯目のドリップコーヒーが割引になるというサービスがOne more coffeeです。

1杯目のドリップコーヒーを購入した際のレシート下部にOne more coffeeという印字があり、2杯目を購入する際にそのレシートをレジで提示することで割引をしてもらえます。

逆に言うとこの1杯目のレシートがないとOne more coffeeのサービスは受けられませんので、「いつもレシート捨ててた!」「そもそもレシートを受け取らない派」という方などもいるかと思いますが、ドリップコーヒーを購入した際にはレシートを受け取ってくださいね。

このOne more coffeeのサービスでどれくらい2杯目が割引になるのかというと、スターバックスでの標準サイズであるTallサイズ(350ml)のドリップコーヒーが通常320円(税抜)です。

One more coffeeレシートを持参し2杯目を購入する場合は100円(税抜)もしくは150円(税抜)と、半額以下になるんですね。

この100円(税抜)と150円(税抜)の違いは何かというと、支払い方法の違いです。

リワードプログラムに参加している方、つまり公式アプリでWeb登録しているスタバカードでの支払いだと2杯目の値段が100円(税抜)に、それ以外の支払い方法(現金、クレジット、Web未登録のスタバカード)だと150円(税抜)になります。

1日2回コーヒーを飲むという方には嬉しいサービスですし、リワードプログラムに参加済みのスタバカードを使用して2杯目を100円(税抜)で飲むとよりスタバを安く利用できますね。

ちなみに1杯目と2杯目は同じサイズであることが原則ですが、2杯目でサイズダウンすることは可能です。
1杯目に400円(税抜)のVentiサイズを頼んでいれば、2杯目にVentiサイズを頼んでも100円(税抜)もしくは150円(税抜)で飲めるので、かなりお得ですね。

1人で2杯飲まずに2人で1杯ずつ飲みたい場合には、1杯目を購入する際に「もう1杯をOne more coffeeでお願いします」と注文するとその場でOne more coffeeのサービスで2杯購入することも可能です。

ホットかアイスかは1杯目、2杯目それぞれで選ぶことができますので、ぜひOne more coffeeを存分に使ってスターバックスを楽しんでくださいね。

メールで送られてくるチケットをチェック

スタバeチケット
リワードプログラムに参加するためにスタバの公式アプリをダウンロードした方は、最初にログインする際のMy Starbucks会員に登録したメールアドレスがありますね。

そのメールアドレス宛に時折同じドリンクを2杯頼んだ場合1杯無料になるeチケットが送られてくることがあります。
著者である私自身も登録しているのですが、2018年では5月末頃の土日に「お出掛けのお供にスタバを」ということでこのeチケットが送られてきたかと思います。

このeチケットはカスタマイズもサイズも全く同じドリンクでなければ使えないことから、双子チケットなどと呼ばれることもあります。

  1. 全く同じドリンクであること
  2. ドリップコーヒーには使えないこと
  3. 午前中のみ使用可能である場合がほとんど

など色々と制約があるチケットではありますが、それでもドリンクが1杯無料というのは嬉しいですね。

当たりレシートを見逃さない

時間や店舗が決まっていたり、何かに登録する必要があったりということが何もなく、本当にランダムで出てくるということと、アンケートに答えるとドリンクが一杯無料という嬉しいレシートが稀に出てくることがあります。

規則性も何もないことから、「当たればラッキー」ということで当たりレシートと呼ばれているんですね。

この当たりレシートは通常のレシートよりも倍くらい長いレシートですし、店員さんも一声かけてくれるので、いつもの癖でレシートを受け取らなかったということやすぐに捨ててしまうということは避けられると思います。

捨てずに手元に残して置いたら、次に大事なのが

  • 1ヶ月以内に使用すること
  • アンケートに答えること

スマホやタブレットで答えられる簡単なアンケートですのでサッと答えて早めに使用しましょう。

交換できるドリンクはTallサイズのみですが、その他の指定はありませんので、思う存分カスタマイズをしてドリンクを楽しんでみてはいかがでしょうか?

スタバのタンブラーで得しよう

スタバのタンブラーを購入するとドリンクチケットが付いてきます。
これは「タンブラーで飲む最初の1杯をこのドリンクチケットを使って楽しんでください」というチケットなので、チケットを使用する際はタンブラーにドリンクを入れてもらうということがルールです。

それ以外は値段の制約などもないので、有料カスタマイズをたくさんすることも可能ですよ。

この購入したタンブラーはもちろん、スタバのカップや、スタバ以外のタンブラーや水筒などを持参し、それにドリンクを入れてもらうと、通常の使い捨てカップを使わずエコであることから、どのドリンクであっても20円引きになります。

ほんの少しの割引ですが、頻繁にスタバを利用する人ほど、この20円引きは大きいですよね。

ビバレッジカードのドリンクチケットを忘れずに

スタバのビバレッジカードはメッセージカードとして友人や職場の人などに贈り物として使われる方が多いです。

実はこのビバレッジカード、610円分のドリンクチケットがついています。

季節やイベントごとに可愛いデザインのものが販売されるので、自身でコレクションされている方も多く、そうした方はご存知かと思いますが、贈り物として受け取った側はメッセージに気を取られ、ドリンクチケットに気付かなかったり期限を忘れてしまったという話もちらほら。

もし今までにスタバのメッセージカードを受け取ったことがある方は、一度確認してみてくださいね。

期限は半年と、短くはありませんが一度忘れてしまうとあっという間に過ぎてしまいがちです。

これからビバレッジカードを受け取ることがあったら、ドリンクチケットを忘れずにチェックしてくださいね。

年に1回!福袋も要チェック

これまで紹介したタンブラーやビバレッジカードも入っているスタバの福袋。
例年、総額15,000円相当のものが6,000円の福袋に入っているほど、かなりお得です。

販売の仕方や値段などは毎年少しずつ変わりつつあるので、11月末から12月頭にかけてスタバの福袋の情報をチェックしてみてくださいね。

福袋に入っているタンブラーを持参して20円引きにしてもらったり、ビバレッジカードを自分で使ってドリンクを楽しんだりと、スタバをいつもより少し安く利用しましょう。

まとめ

お得なチケットや割引サービスなど、スタバを安く利用する方法を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?それぞれの方法の詳しい内容や使用方法などは、それぞれ別記事にて説明していますので、それらの記事も参考にしてみてくださいね。

今回紹介した方法で少しでも安く、お得に利用することで、上手にスタバを楽しむ機会を増やして行きましょう!

スターバックスの関連記事