とろみ飲料の自動販売機設置による医療・介護現場での職員の負担軽減とは?

最終更新日:
とろみ飲料の自動販売機設置による医療・介護現場での職員の負担軽減とは?

近年、高齢者の増加に伴い「飲み込みやすい飲料」の開発がいろいろな企業によっておこなわれています。

これは飲み込む力が弱くなってくるお年寄りでも楽に飲料物が飲めるようにということで各社が力をいれているのですが、そんな中でも「とろみ」を自動で調整できる画期的な自動販売機というものが登場し話題となっています。

ここでは「とろみボタン」の付いている自動販売機についてご紹介しながら、どんな飲み物に対応しているのかという部分にも触れていきますのでぜひご覧ください。

「とろみボタン」付きの自販機とは?

高齢になってくると飲み込む力が弱くなってきて、のどにものを詰まらせるというときが増えてきます。

最悪の場合は呼吸が出来なくなってしまったり、気管に入って危険な状態になってしまったりするわけですが、もちろんそれ以前に「健康なときと同じように飲み物を楽しみたい」という高齢者の気持ちも汲んで開発をされたのが「とろみ自動調整付きの自動販売機」です。

こちらは三重県四日市市にある食品メーカーのニュートリーと愛知県大府市にある自動販売機運営会社・アペックスの協力によって作られたものですが、2019年から多くの病院や介護施設で導入がされています。

この自動販売機の特徴は「とろみボタン」が付いているところで、商品を選択するときにその飲料にとろみを付けるかどうかを自分で選ぶことが可能です。

また、そのとろみの濃さを選べるというのも画期的なアイディアとなっていて、その人の体調や病状によってより使い分けが出来るようになっています。

ちなみにこちらのとろみの濃さは3段階から選択が可能で、

  • 普通であれば「中間のとろみ」
  • 濃いというボタンを押せば「濃いとろみ」
  • 薄いというボタンを押せば「薄いとろみ」

が付けられます。

この段階を付けることでとろみによって感じる味の調整なども出来るようになったというわけですね。

これまで入院患者や介護施設利用者が口にする飲料というのは、職員によってとろみが付けられていたのですが、この自動販売機が導入されることによってそうした職員への労働負担が軽減するというのもメリットのひとつと言われています。

また、人間の手でとろみを付けていくとどうしても個人差が生まれてしまい、とろみの中にダマとなる部分が残ったりすることもあります。

そうした部分でも完全自動化に頼ることで均一のサービス、個人に合ったとろみ具合を提供できるようになったということは喜ばしいことです。

さらにこちらの自動販売機は本体のメンテナンスも簡単で、衛生的に飲料物を提供することができます。

最近はどの医療現場も介護現場も人手不足が深刻というニュースをよく見聞きしますが、そうした環境だとヒューマンエラーも多くなる危険性があります。

医療・介護の現場でミスを少なくするためには、職員の労働負担軽減というのが必須の課題です。

職員の労働負担を軽減させることで施設全体のサービス力というのは飛躍的にアップしますので、ぜひ病院・介護施設においてはこうした自動販売機をひとつ導入してもらいたいところです。

とろみボタン付きの自動販売機に対応した飲料とは?コーヒーも飲めるの?

こちらの自動販売機では3種類のコーヒーが飲めるようになっていて、そのほかにも緑茶や抹茶ラテといった飲料がメニューの中に組み込まれています。

健康的な人からするとコーヒーにとろみが付いているという状態はあまり想像できませんが、お年寄りなどからすると非常にありがたいサービスと言えそうですね。

ちなみにどの商品も100円から販売されていて、とろみの有無によって値段が変わることはない設定となっています。

また、ただの水というボタンもありますので、薬を飲むときにとろみのある水が欲しいという人にも便利な仕様です。

もちろんホットドリンクも提供しているため、お湯という選択もできます。

なお、温度に関してはHOT45℃前後、COLD20℃前後となっていますので、利用する際の目安にしてみてください。

この自動販売機は2021年までに全国設置台数2万件を目標としていて、今後は病院や介護施設で多く見かけるようになってくると予想されます。

両親を介護している方や入院中の方の世話をしている人にとっても、とろみボタンがある自動販売機はとても便利なものです。

これまで自分でとろみ材などを使い調整していた手間が省けますので、介護負担の軽減にも大きく役立つのではないでしょうか。

まとめ

少子高齢化問題が深刻となってきている昨今、「とろみ自動調整付き自動販売機」のような画期的なアイディアはとても有用です。

こちらの自動販売機の特徴としては

  1. 100円~から販売されている
  2. 水・お湯にもとろみがつけられる
  3. コーヒーや緑茶・抹茶ラテもある

特に外出先で薬を飲む際にとろみのあるお水が購入できるというのは助かりますよね。

今後は有料の老人ホームなどでも利用が検討されているということですが、それに伴う職員の負担軽減というのも大きなメリットとなっていきそうですね。

ぜひ、いち早くいろいろな施設でとろみボタンの付いている自動販売機が普及されることを願いたいと思います。

参考サイト:株式会社アペックス

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約52円~。さらに定期便で本体無料!

定期便なら通常価格から最大15%OFF! マシン本体費用14,800円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?おいしいの?
20種類以上の豊富なラインナップ!

20種類以上の豊富なラインナップの中には紅茶や抹茶も!さらにアイスコーヒーも作ることができるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが! カプセルタイプのため新鮮な状態のコーヒーを手軽に楽しむことが出来ます。 万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き。

スターバックスの味わいが自宅で楽しめる!
スターバックスのカプセルも7種類登場!

人気のキャラメルマキアートだけでなく、抹茶ラテも登場!より一層おうちカフェが贅沢な気分で楽しめます。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数200万台突破のネスカフェドルチェグスト! マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は3ヶ月毎!最短9ヵ月使えばその後はいつでも解約することができます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

コーヒー基礎知識の関連記事