職場・オフィスにおすすめのコーヒーメーカー!選ぶ基準やコツとは?

最終更新日:
職場にコーヒーメーカーがあると便利!毎日の仕事に活力を♪

毎日お仕事お疲れ様です。
働く皆さんは、コーヒーを飲むのが日課という方も多いことでしょう。

体を目覚めさせる朝のコーヒー。
ランチ後のコーヒー。
煮詰まった頭をスッキリさせるリフレッシュコーヒー。
夕方、もうひと頑張りするためのコーヒー。

たった1杯のコーヒーで「よしっ!やろう!!」という気になったりするもの。
仕事していると、コーヒーの存在って大きいですよね。

この記事では、職場で使うコーヒーメーカーを選ぶ基準や職場でおすすめのコーヒーメーカーを紹介していくのじゃ。

職場でおすすめのコーヒーメーカー4選

職場で使うコーヒーメーカーは使いやすさがなにより!
沢山の方が使うので操作が簡単にこしたことないですよね。

今回は大容量のコーヒーが一度に作れるコーヒーメーカーと、個人で味を選ぶことのできるカプセルタイプのコーヒーメーカーをご紹介します。

Melitta(メリタ) アロマサーモ 10カップ JCM-1031

アロマサーモ
名前の通り、10杯分のコーヒーが一度に出来ちゃうという、たっぷりサイズが最大の魅力です。
同僚みんなで「今からコーヒー飲む?」というときには大助かりだと思います。

ステンレス製の真空二重構造ポットなので保温性があり、淹れたてのおいしさが長持ちするのもいいですね。
夏場に嬉しいアイスコーヒーも、氷を直接ポットに入れることが出来るので簡単に作れちゃいます。

Kalita(カリタ) EC-103 G

カリタ EC-103 G
こちらも、一度に10杯分のコーヒーが抽出出来るので、みんなで飲むときにとても便利。
抽出に時間がかかり過ぎると、最後の方のコーヒーが出来た頃には最初の方の分は冷めちゃいますもんね。

余計な機能がついていないシンプルタイプなので、いろいろな種類のコーヒーを楽しみたいというのは難しいですが、とにかく早く沢山、同時にということが叶います。

UCC(ユーシーシー) ドリップポッド

UCCドリップポッド
カプセル式のコーヒーメーカーです。
厳選された豆と、その豆に合わせた蒸らし時間なので美味しいドリップコーヒーが味わえます。

ボタンひとつで簡単に、たった60秒でコーヒーが淹れられるというのがポイント。
職場の誰が操作しても困ることはありません。

NESCAFE(ネスカフェ) ドルチェグスト

ドルチェグスト
こちらもカプセル式のコーヒーメーカー。
ボタンを一押しで簡単に抽出できるのですが、カプセルが15種類と多いのが嬉しいです。

ドルチェグストカプセル一覧

ブラックだけではなくラテやカプチーノ、モカなども楽しめるのがポイント。
職場の方のそれぞれの好みに合わせて好きなものが選べるのが楽しいです。
また、オフィス専用のカプセル定期便を利用するとマシンが無料でレンタルできるネスカフェアンバサダーというサービスもありますのでぜひ活用してみては。

職場用のコーヒーメーカーを選ぶコツ

会社は、当然ながら自分一人の空間ではありません。
いろいろな人がいて、人の数だけ性格や好みも違いますよね。

コーヒーに関しては、ブラックコーヒーしか飲まないという方もいれば、甘めが好きな方、そのときの気分で選びたい方など分かれることと思います。

ただし、せっかちな方ものんびりさんも、何だか複雑なものより、ボタンひとつで簡単に淹れられるコーヒーの方がいいでしょう。

職場で働く同僚が皆、美味しく飲めるコーヒーは、コーヒーメーカーで作ることが出来るんです。

  1. 簡単に操作できるもの
  2. 沢山の種類のコーヒーが作れるもの

上記ふたつとも当てはまるコーヒーメーカーを選ぶと失敗はなさそうです。

コーヒーメーカーには沢山の種類がある

コーヒーメーカーは、実に多くの種類が存在しますが大きく4つのタイプに分けることができます。

  • ミル付きコーヒーメーカー
  • ミルとはコーヒー豆を挽くためのもの。
    ですので、ミル付きコーヒーメーカーはコーヒー豆を用意して、それを挽くところから始まります。
    豆を挽くという作業がある分多少の時間は必要ですが、挽きたての新鮮で風味抜群のコーヒーが味わえるのが魅力です。
    とにかく味にこだわりたい!という本格派の方に人気が高いようです。

  • ミルなしコーヒーメーカー
  • ミル機能がないので、初めから豆を挽いて売っているコーヒーの粉を用意してセット、抽出して飲むコーヒーメーカーです。
    わりとオーソドックスなタイプで、手軽にドリップコーヒーを味わいたい方、コストを抑えたい方に向いているようです。

    バリスタがこのタイプ。

  • カプセル式のコーヒーメーカー
  • 小さなカプセル式になったコーヒーをセットして抽出するタイプ。
    1回分ずつ個包装になっているため鮮度が保たれやすいということと、見た目の可愛らしさもいいですね。

    カプセルには様々な種類があり、ブラックコーヒーやラテ、砂糖入りの甘めのものまで幅広く楽しめるのも魅力で、見た目の楽しさと気分で飲み比べをしたい方に向いているようです。

    ドルチェグスト、ネスプレッソがこのタイプ。

  • カフェポッド式のコーヒーメーカー
  • カフェポッドという、挽いた豆がパックになったものをセットして抽出するコーヒーメーカー。
    ミルなしコーヒーメーカーとの違いは、自分でコーヒーの粉の量を調節する必要がなくラクなところです。

職場・オフィスにおすすめのコーヒーメーカーまとめ

職場向きのコーヒーメーカーといっても、会社の規模や人数・スペースによって変わってくる為「これが絶対オススメ!」というのは難しいのじゃ。
しかし選ぶコツとしては「誰でも簡単に操作できる」というのが一番重要ではないかのう。

人数の多い職場であればあるほど、操作を一人ずつ説明しなければならない場合大変ですよね。
今回紹介したものはどれも簡単に使えるものなので、参考にしてみてください。

経済的かつ楽しく飲めるので、職場にひとつコーヒーメーカーがあるといいですね。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約55円~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならなんと通常価格の最大10%OFF! マシン本体費用9800円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?おいしいの?
全22種類の豊富なラインナップ!

20種類以上の豊富なラインナップの中には紅茶や抹茶も!さらにアイスコーヒーも作ることができるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが! カプセルタイプのため新鮮な状態のコーヒーを手軽に楽しむことが出来ます。 味にこだわるならこの『ドルチェグスト』がオススメです! 万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数200万台突破のネスカフェドルチェグスト! マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約することができます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

バラエティカプセルセットが貰える!
定期便申込みで今なら17杯分/1,480円のカプセルが貰える!

バラエティカプセルセットには11種類のカプセルが入っているので、その中からあなたのお気に入りが見つかるかも?!

コーヒー基礎知識の関連記事