最高級コーヒー豆の種類や値段は?それぞれの特徴も解説!

最終更新日:
最高級コーヒー豆の種類や値段は?それぞれの特徴も解説!

コーヒー豆の中にはブルーマウンテンコピ・ルアクといった最高級品と称されるものがあります。

しかし、実際に普通のコーヒー豆とどういった違いがあるのでしょうか?

そんな疑問にお答えするべく、ここでは高級品と呼ばれるコーヒー豆の特徴や値段などを紹介していくのじゃ。

それぞれの種類について、産地や育てられ方を知ることでさらにコーヒーが美味しくなるはずですので、ぜひチェックしていってくださいね。

ブルーマウンテン

コーヒーの王様」とも呼ばれることのあるブルーマウンテンですが、ほかのコーヒー豆との違いはとにかく味のバランスが優れているところです。

コーヒーには酸味・甘み・苦味・コク・香りといった味わいの要素が含まれているわけですが、そのバランスが絶妙であるところが最大の特徴となっています。

もちろん人によって味の感じ方は異なりますが、「一度は高級なコーヒーを飲んでみたい」という方にとっては入門編とも言えますので、ぜひ試してみてほしいのじゃ。

ブルーマウンテンはカリブ海に浮かぶ島・ジャマイカで生産されているコーヒー豆です。

標高1000メートル前後の高地でしか栽培することが出来ず、また高地であったとしても環境が違えば育たなくなってしまうデリケートな豆でもあります。

そのため、生産量が少なく結果的に歳高級品のコーヒー豆として扱われるようになったわけですね。

もちろんすべて手作業で栽培・収穫されていますので、手間も掛かっているというところも値段が上がる要因と言えるでしょう。

そこまで徹底して作られたブルーマウンテンですが、だいたい喫茶店で飲むとしたら1杯1,000円から2,000円程度です。

ちなみにブルーマウンテンという名前が付いていて200円~400円程度で販売されているものは「ブルーマウンテンブレンド」と言ってほかの豆が混ざっているものの可能性が限りなく高いですね。

本物のブルーマウンテンを味わうのであれば「ブルーマウンテンNo1」といった表記のあるものを選びましょう。

コピ・ルアク

世界一高いコーヒーとも言われる「コピ・ルアク」ですが、こちらはジャコウネコの糞から採取されるという特殊さでも世界一と言えそうなコーヒー豆です。

その値段はホテルのラウンジなどであれば1杯5,000円以上ともされ、通販などで購入しても1杯あたり2,000円から3,000円ほどという高値が付いています。

そもそも「ジャコウネコの糞から採取ってどういうこと?衛生的に大丈夫なの?」と思う方もいるはずなので、詳しく解説するのじゃ。

まずコピ・ルアクは「コピ=コーヒー」「ルアク=ジャコウネコ」を意味しています。

インドネシアで生産されていて、年間で数百キロしか輸出されていない希少品です。

作り方は、まず夜行性であるジャコウネコがコーヒーチェリー(コーヒー豆の実の部分)を食べます。

種(コーヒー豆となる部分)は消化されず排出されるわけですが、このときジャコウネコの体内で発酵することによって独特の香りが付与されることになるわけです。

これを丁寧に洗って乾燥させたものがコピ・ルアクとなります。

作り方を聞くとちょっと躊躇する方もいるかもしれませんが、ちゃんと洗浄はされていますので、安心してその味わいを楽しんでみてください。

ブラックアイボリーコーヒー

ブラックアイボリーコーヒーは、タイが原産のコーヒー豆を使用しています。

ちなみに先にご紹介しておきますが、こちらもコピ・ルアクと同様に動物の糞から採取されているコーヒー豆なのじゃ。

なんの動物の糞から採れるのかと言いますと、ブラックアイボリーは「」です。

象は大量のバナナなどの果物を摂取するため、コーヒー豆にも独特のフレーバーが付くということですが、食べたコーヒー豆の3%くらいしかブラックアイボリーとして使用できないので生産量は極めてわずか。

そのため、価格が高騰しコピ・ルアクと並んで最高級品のひとつとされています。

1杯あたりの値段で言いますと、通販などで原材料豆を購入しても1杯3,500円ほどです。

ネットでは35グラムで1万円ちょっとという価格で売られているのですが、1杯のコーヒーに使用される豆の量は12グラムほど。

つまり3杯で1万円以上ということが分かるわけですね。

正直、かなり高いと感じられますが、コーヒー好きの方であれば一度は試してみたい1杯ではないでしょうか。

まとめ

ご紹介したように世界には非常に特殊なコーヒー豆があるわけですが、値段が高い高級コーヒー豆にはそれに伴った理由があるということが分かってもらえたかと思います。

こうした高級コーヒー豆はギフト用などにもおすすめですが、コーヒーが好きな方であれば自分でも飲んでみたいと気持ちになるかもしれませんね。

興味がある方はぜひ一度はご紹介したコーヒー豆を使った1杯を飲んでみてはいかがかのう。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり75円~。さらに定期便で本体無料!

定期便なら通常価格の5%OFF! マシン本体費用17820円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?
全25種類の豊富なアロマを自宅で楽しめる

世界中の高品質な豆の中から、スイスにあるネスレ本社のコーヒーエキスパート達が「豆の個性」と「アロマ」を吟味し、徹底した品質管理のもと厳しい社内基準を満たすものだけを採用しています。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

定期便利用4回目以降はその後はいつでも解約することができます。 ※解約する場合はマシンを返却する必要があります。(送料自己負担)

コーヒー基礎知識の関連記事