最高級コーヒー豆の種類や値段は?それぞれの特徴も解説!

最終更新日:
最高級コーヒー豆の種類や値段は?それぞれの特徴も解説!

コーヒー豆にはブルーマウンテンコピ・ルアクなど最高級品と称される種類があります。

普通のコーヒー豆とどんなところが違うんスか?

希少価値が高く味のバランスがいいんじゃよ。

今回は高級品と呼ばれるコーヒー豆の特徴や値段などを紹介します。

高級品のコーヒー豆の購入を悩んでいる方は必見。

最高級コーヒー豆①
ブルーマウンテン


ジャマイカ

コーヒーの王様」とも呼ばれるブルーマウンテンですが、ほかのコーヒー豆との違いはとにかく味のバランスが優れているところです。

コーヒーには酸味・甘み・苦味・コク・香りといった味わいの要素が含まれているが、そのバランスが絶妙であるところが最大の特徴。

一度は高級なコーヒーを飲んでみたい方には入門編とも言えるので、ぜひ試してみてほしいのじゃ。

    ブルーマウンテンは

  • カリブ海に浮かぶ島・ジャマイカで生産されているコーヒー豆
  • 標高1000メートル前後の高地でしか栽培できないデリケートな豆
  • すべて手作業で栽培・収穫されているので手間が掛かっている

ブルーマウンテンは高地であったとしても環境が違えば育たなくなってしまうくらいデリケートで手間暇をかけないと育てられないコーヒー豆。

そのため、生産量が少なく結果的に最高級品のコーヒー豆として扱われるようになったのでしょう。

喫茶店で飲むならだいたい1杯1,000円から2,000円程度っス。

ちなみにブルーマウンテンと名前が付いていて200円~400円程度で販売されているのは「ブルーマウンテンブレンド」と言ってほかの豆が混ざっている可能性が限りなく高いですね。

本物のブルーマウンテンを味わうのであれば「ブルーマウンテンNo1」といった表記のある商品を選びましょう。

最高級コーヒー豆②
コピ・ルアク


ジャコウネコ

世界一高いコーヒーとも言われる「コピ・ルアク(シベット・コーヒー)」ですが、こちらはジャコウネコの糞から採取される特殊さでも世界一なコーヒー豆です。

コピ・ルアクは「コピ=コーヒー」「ルアク=ジャコウネコ」を意味している。

そもそも「ジャコウネコの糞から採取って?衛生的に大丈夫なの?」と思う方もいるはずなので、詳しく解説するのじゃ。

    コピ・ルアクは

  • インドネシアで生産されていて年間で数百キロしか輸出されていない希少品
  • 作り方が特殊でジャコウネコの体内で発酵させなければならない
    コピ・ルアクの作られる工程

  1. 夜行性のジャコウネコにコーヒーチェリー(コーヒー豆の実の部分)を食べさせる。
  2. 種(コーヒー豆となる部分)は消化されず排出される。
    ジャコウネコの体内で発酵させると独特の香りが付与される
  3. これを丁寧に洗って乾燥させたのがコピ・ルアク

作り方を聞くとちょっと躊躇する方もいるかもしれませんが、ちゃんと洗浄はされていますので、安心してその味わいを楽しんでみてください。

価格はホテルのラウンジで1杯5,000円以上、通販でも1杯あたり2,000円~3,000円ほど。

高値なのは作り方が特殊で希少だからなんスね。

最高級コーヒー豆③
ブラックアイボリーコーヒー


タイ

ブラックアイボリーコーヒーは、タイが原産のコーヒー豆を使用しています。

ちなみにこちらもコピ・ルアクと同様に動物の糞から採取されているコーヒー豆じゃ。

    ブラックアイボリーは

  • 「象」の糞から採取される
  • 採れる量が極めて少なく希少価値が高い

象はバナナなどの果物を大量に摂取するため、コーヒー豆にも独特のフレーバーが付きます。

しかし食べたコーヒー豆の3%くらいしかブラックアイボリーとして使用できないので生産量は極めてわずか。

ブラックアイボリーは通販で購入しても1杯あたり1杯3,500円ほど。
35グラムで1万円ちょっとと高価で、1杯のコーヒーに使用される豆の量は12グラム。

つまり3杯で1万円以上っスか!?

正直、かなり高いと感じられますが、コーヒー好きの方であれば一度は試してみたい1杯ではないでしょうか。

最高級コーヒー豆が高騰するのは希少価値が高いから

ご紹介したように世界には非常に特殊なコーヒー豆があるわけですが、値段が高い高級コーヒー豆にはそれに伴った理由があるのが分かってもらえたかと思います。

こうした高級コーヒー豆はギフト用などにもおすすめですが、コーヒーが好きな方であれば自分でも飲んでみたいと気持ちになるかもしれませんね。

興味がある方はぜひ一度はご紹介したコーヒー豆を使った1杯を飲んでみてはいかがかのう。

コーヒー基礎知識の関連記事