コーヒー豆の規格・グレードってなに?バードフレンドリーやQグレードとは?

最終更新日:
コーヒー豆の規格・グレードってなに?バードフレンドリーやQグレードとは?

コーヒー豆にはワインや日本酒のように、それぞれの生産国や世界共通の規格が存在します。

ここではそのコーヒー豆の規格について色々な基準をご紹介。

ぜひ、こちらの内容を参考に、コーヒー豆を購入する際、袋などに記載されている規格や表示をチェックしてみてください。

コーヒーの規格①
バードフレンドリー

コーヒー業界に新しい概念を誕生させた「バードフレンドリー」規格。

アメリカにある自然調査保護を目的としたスミソニアン協会が始めた取り組み。
調査研究・保護のために設立した「スミソニアン渡り鳥センター」(SMBC)と第三者認定機関によってコーヒー農園が認証される仕組み。

この規格は渡り鳥が帰って来られる森林保護を目的としていて原生林の木陰・シェードグロウンを利用しコーヒー栽培をする農園に与えられる規格です。

木陰で有機栽培されるコーヒーはすべて手摘みで収穫されとるんじゃ。手間は掛かるが高品質な豆が出荷されているんじゃぞ。

現在、世界12カ国に認証農園があり、そこで収穫された豆はアメリカやヨーロッパ、そして日本でも栽培されていますので、ぜひお店に立ち寄った際にはチェックしてみてください。

その1杯が、森と渡り鳥を助ける小さなアクションとなります。

コーヒーの規格②
UTZグッドインサイド認証

現在、世界120カ国以上でその認証農園が活動している規格が「UTZグッドインサイド認証」です。

オランダを拠点とする団体「UTZ Certified」によって取り組みが開始され、コーヒーやお茶などの栽培・生産に対して以下の目標で取り組んでいる農園・農家に与えられる認証規格。
  • 環境破壊のない、持続可能な農業
  • それに伴う品質の向上、生産者の収入増加
  • トレーサビリティー(追跡可能性)の明確化

つまりは、自然に配慮した農産物の生産を目標に、生産農家の顔が見える安心・安全な商品の流通・販売をコンセプトにしているんですね。

近年ではネスレをはじめ日本の大手企業ともパートナーシップを結んでいるぞ。信頼できるのう!

コーヒーの規格③
レインフォレスト・アライアンス

レインフォレスト・アライアンス」は通称「RA認証」ともいわれる農産物規格。

カエルのマークが特徴的ですね。

これは「カエルは南極大陸以外すべての大陸に生息する生き物で、ほかの動植物が生きていく上での指標となる生物」といった意味を持っています。

こちらの機関が定める農産物への基準は、

  1. 生物多様性の保護
  2. 人々の暮らしと福祉の向上
  3. 自然資源の保護
  4. 効果的な計画策定と農園管理のシステム

この4つ。

クリーンな農業と持続可能性の高い生産方式をとっている農園が認証され、現在世界でも多くの国で採用がされています。

コーヒーの規格④
国際フェアトレード認証

コーヒー農家の生活を守る取り組みの一貫として、多くの地域で採用されている認証機関。

適正な価格でコーヒー豆が売買されている証明でもあり、安全性が高く一定以上の品質の生豆を購入するためには欠かせない認証とも言えますね。

また、フェアトレードには最低価格やプレミアム価格といった設定があるのですが、これらの収益は農園や組合に付与され、地域発展のためにもそのお金が使われています。

コーヒーの規格⑤
コンサベーション・インターナショナル

人間と自然との関わり合いを重視し、環境保護に努めながら農産物を生産するのを目標とした非営利団体・国際環境NGOが「コンサベーション・インターナショナル

こちらの機関によって認められた、コーヒーを栽培・出荷している農園には同団体のマークが付けられるのですが、代表的なところで言いますとスターバックスがこちらの取り組みに参加をしています。

コーヒーの規格⑥
Qグレード

これまでの自然との関わり合いに特化した基準とは異なる規格が、こちらの「Qグレード」です。

コーヒー品質協会(CQI)」が認定した審査員3名によって、SCAA(アメリカのスペシャリティコーヒー協会)の審査基準をもとに、コーヒー豆を厳正に判断。

その結果として80点以上の点数を付けられた豆だけが、この「Qグレードマーク」を提示できます。

つまり、高品質なコーヒー豆を選ぶのであれば、このQグレードマークの付いた商品を購入すればいいですね。

純粋に豆への評価だけを見たいのであれば、こちらの認証マークが一番分かりやすいかと思います。

コーヒー規格についてのまとめ

現在、世界ではコーヒーをはじめ多くの農産物に、それぞれの機関の認証マークが与えられています。

こうした規格は、ただ美味しいコーヒーを飲むためだけの基準ではなく、取り組み自体に賛同する意味も持ち合わせているので、ぜひ各機関の理念やポリシーなども参考にしてみてください。

普段何気なく飲んでいるコーヒーですが、その1杯を飲めば地球に大きな貢献ができると分かってもらえたかと思います。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約13円(税込)~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならエコ&システムパックがなんと通常価格の最大33%OFF! マシン本体費用8,778円(税込)も無料になります。毎日コーヒーを飲む方なら定期便の利用が断然お得!

メリットは?
1台で6種類のコーヒーを手軽に楽しめる!

ボタンひとつで手間をかけずに本格的なコーヒーが楽しめます。アイスコーヒーも作れるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが。万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き!

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数300万台突破のネスカフェバリスタ!マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約できます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

キャンペーンについて教えて
マシンをレンタルすると特典がついてくる!

バリスタマグ&ブライトスティックがもらえます。

コーヒー基礎知識の関連記事