シロカの全自動コーヒーメーカー「SC-Aシリーズ」それぞれの違いは?

最終更新日:
シロカの全自動コーヒーメーカー「SC-A221,211,121,111」それぞれの違いは?

シロカってブランドの全自動コーヒーメーカーが気になっているんですけど、どの機種がいいのかわからなくって…。

シロカの機種って数字ばっかりでわかりにくいっスもんね。

うむ!ここではシロカの全自動コーヒーメーカーを4台セレクトし各機種の性能を分かりやすく説明するぞ!

「コーヒーメーカーが欲しいけどどれを選んでいいのか分からない」方のためにも、していますので、きっと購入する際の参考になるはずです。

また、新しいコーヒーメーカーに買い替えたい方にも役に立つ情報がありますから、ぜひチェックしていってください。

シロカSC-Aシリーズ
スペック比較

今回比較するシロカのマシン
シロカSC-Aシリーズ
・SC-A221
・SC-A211
・SC-A121
・SC-A111

見た目はソックリですが、スペックに伴って価格にも違いがあります。

※表は左右にスクロールできます。

機種名 SC-A221 SC-A211 SC-A121 SC-A111
カラー ・シルバー
・ブラック
・シルバー ・シルバー
・ブラック
・ブラウン
・シルバー
ミル段階 4段階 2段階 4段階 2段階
サイズ
幅:17.3cm
高さ:27cm
奥行:22cm
重さ
2.2kg
サーバー
ガラス
抽出方式
ドリップ
最大使用水量
0.58L
保温機能
30分
蒸らし機能
あり
補足
新ブレード搭載モデル
なし
発売日 2018年10月 2018年8月
2016年9月

こちらの4台はすべて共通して

  • 容量:0.58L
  • 重さ:2.2kg
  • サーバーはガラス製
  • コーヒー豆と粉の両方に対応

のマシンです。

また、シロカのコーヒーメーカーの魅力である「蒸らし」部分もそれぞれ同じだけのスペックが搭載されていますので、じっくりと抽出したペーパーフィルターのドリップコーヒーのような味わいを楽しめます。

シロカ221と211を比較

    221と211の共通点

  • 新型のコーヒーミル用ブレードが搭載されているところ

このブレードのおかげで221と211はより均一に豆を挽けるようになっています。

    221と211の違い

  • 1度にどれだけの豆を挽き分けられるのかのパターンの種類
機種名 221 211
パターン 4段階 2段階
特徴 1杯~4杯分まで
挽き分けられる
挽き分け方が
ややアバウト

4段階だと「自分用に1杯だけ」「カップル用に2杯分」「家族用に3~4杯分」など、シーン別に細かく挽きたてのコーヒーを楽しめます。

2パターンの場合は「1杯~2杯」と「3杯~4杯」など、ややアバウトに豆を挽く形になりますね。

そこまで大きな違いではないが、コーヒー好きにとっては非常にありがたいこだわりの機能じゃからやっぱり221の方が優れていると言えそうじゃな。

シロカ121と111を比較

    121と111の共通点

  • 両方とも新型のブレードは搭載されていないところ

ただ、121は221と同じように4パターンのミル調整が可能となっていますので、便利さで言えばひけをとりません。

ちなみに111は旧型ブレードでミル調整パターンも2種類とスペックではやや劣るが、その分コスパの良さには定評があるのじゃ。

インテリアとあわせて購入する場合、カラーバリエーションがもっとも多いのは121でシルバー・ブラック・ブラウンの3色が用意されています。

次いで221がシルバーとブラック、211と111に関してはシルバーのみの販売です。

お部屋との色合いを考えるなら121がもっとも選びやすいですね。

スペックで比較!一番おすすめなのはどれか?

シロカのコーヒーメーカー4台は、似ているようでなかなかそのスペックに違いがあるんスね。

なにを重視して購入するかにもよりますが、とりあえず1番ハイスペックな商品は221です。

そして111がもっともスペックで劣る部分が見られますが、その分割安となっています。

もっとも高いのはカラーバリエーション豊富で4種類のミル調整が付いた旧型ブレードの121じゃ。

スペック重視なら221がおすすめ

価格もそこまでほかの機種と大差ないのであれば、一番いろいろな調整ができる商品を買うのがベストかと思います。

あとになって、使った結果としてミル調整が2パターンだけなのが不便に感じるようになったらもったいないですからね。

シロカのコーヒーメーカー4台比較まとめ

4台のシロカのコーヒーメーカーを比較してきましたが

  • 豆を挽くときのブレードの違い
  • ミル調整のパターン
  • カラーバリエーション

この3点が決めるポイント。

味の違いを決める部分で言えば新型ブレード搭載の221・211シリーズがおすすめですが、トータルで考えると121が優れているとも感じられ、コスパ重視で購入するなら111の一択といった印象です。

あとは、自分の求める部分を重視して選べば問題ないと思いますので、ぜひこちらを参考に検討をしてみてください。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約13円(税込)~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならエコ&システムパックがなんと通常価格の最大33%OFF! マシン本体費用8,778円(税込)も無料になります。毎日コーヒーを飲む方なら定期便の利用が断然お得!

メリットは?
1台で6種類のコーヒーを手軽に楽しめる!

ボタンひとつで手間をかけずに本格的なコーヒーが楽しめます。アイスコーヒーも作れるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが。万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き!

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数300万台突破のネスカフェバリスタ!マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約できます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

キャンペーンについて教えて
マシンをレンタルすると特典がついてくる!

バリスタマグ&ブライトスティックがもらえます。

コーヒー基礎知識の関連記事