スウェーデンの伝統的文化「フィーカ」って?コーヒーに合うお菓子もご紹介

最終更新日:
スウェーデンの伝統的文化「フィーカ」って?コーヒーに合うお菓子もご紹介

北欧諸国のひとつ、スウェーデンには「フィーカ」という伝統的な文化があります。

これはスウェーデン語で「コーヒー」を意味する「kaffe」という言葉を逆にしたものとも言われていて「fika(フィーカ)」と綴ります。

こうした成り立ちからもコーヒーブレイク的な意味合いを持つフィーカですが、スウェーデン人は誰しもがこのフィーカを大切にしているのです。

ここではスウェーデンのフィーカ文化やその特徴、一緒に楽しまれているお菓子などについてご紹介しています。

日々忙しい日本人の方にも、このフィーカのようなゆとり時間を持ってもらいたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてほしいのじゃ。

スウェーデン人のコーヒーブレイク「フィーカ」とは?

フィーカとはコーヒーブレイクのようなものと冒頭でも少し触れましたが、厳密に言うとコーヒーだけを飲むわけではありません。

また、日本における「休憩」「一服」というのとも若干異なるフィーカですが、どんな意味を持っているのかを見ていきましょう。

フィーカはスウェーデン人にとって必須の時間

フィーカのコーヒー

まず、フィーカは大人から子供まで、スウェーデン人なら誰しもが大切にしている時間です。

フィーカは1日に数回行われるが、だいたい午前10時ごろと午後3時ごろというのが基本的なタイミングなのじゃ。

大人はコーヒーや紅茶、子供であればお茶やレモンスカッシュのような清涼飲料水を飲むのがスタンダードなフィーカですが、そのほかにもサンドイッチや甘いお菓子を一緒に楽しむことも含まれます。

特にシナモンをたっぷりと使った「シナモンロール」はフィーカの定番のお供とされていて、スウェーデン人の大半はこのシナモンロールが大好きな様子。

フィーカはコミュニケーションタイムでもある

このフィーカはただの休憩ではなく恋人や家族、また仕事の同僚などとの貴重なコミュニケーションタイムでもあります。

スウェーデンではほぼ決まった時間にみんながフィーカタイムに入るので、このタイミングで日常会話や仕事の話などをするようじゃ。

日本だとひとりで休憩時間を過ごす方も多いかと思いますが、スウェーデンではこうして自分と近い人間との信頼関係を構築しているとされています。

ただの休憩ではなく有意義な時間の過ごし方という捉え方も出来ますので、日本でもフィーカタイムを導入して欲しいものです。

1800年代から続くフィーカ文化


フィーカの歴史はおよそ1800年代まで遡るとされています。

コーヒーという言葉からフィーカという文化が派生していったわけですが、この頃からコーヒーを嗜むことが日常的に行われていたようです。

ただし、かつてはフィーカという言葉・文化が低俗と見られていた時期があり、現在でも年配の上流階級の方の中にはフィーカを行わないという方もいるとされます。

スウェーデン人にもすぐに伝わる、フィーカを使った慣用句


Ska vi fika?(スカ ヴィ フィーカ?)

こちらは日本語で言うところの「お茶しませんか?」という意味がある慣用句です。

ビジネスタイムでのコミュニケーションから、異性へのアプローチまでに使える便利な言葉なので、スウェーデンに旅行する機会などがある方はぜひ覚えておいてください。

フィーカで楽しまれている食事・お菓子は?

シナモンロール
フィーカではシナモンロールなどが好んで食べられていると説明しましたが、そのほかにも独特なお菓子や食事を取ることがあります。

スウェーデン語でドッパという表記があるものは、フィーカタイムに適した食べ物ともされ、その言葉には「浸すもの」という意味があります。

(なお、古くはパンやお菓子などをコーヒーに浸して食べられていたという歴史がありますが、サンドイッチなどもドッパのひとつに含まれていますので、すべてのドッパがコーヒーに浸して食べるものではありません。)

プリンセストータ(pinsesstarta)


スウェーデンでは定番のケーキで、フィーカの際にも好んで食べられています。


見た目が緑色ということで、日本人には少し馴染みがありませんが、中身はスポンジケーキと砂糖なしの生クリーム。

あっさりとしていてコーヒーにもよく合うケーキのひとつとなっています。

クラッドカーカ(Kladdkaka)


中心部がトロトロのチョコレートとなっているケーキです。


イメージとしてはフォンダンショコラに近く、こちらにも生クリームをたっぷりと添えるのがスウェーデン流。

モローツコーカ(Morotskaka)


人参を使ったヘルシーなケーキです。


日本ではキャロットケーキでお馴染みですね。

フィーカのお供にも最適で、旅行などでスウェーデンに訪れた際にはぜひともチャレンジしてもらいたい1品となっています。

フィーカのまとめ

フィーカはスウェーデン人にとってなくてはならない存在です。

心を安らかにするためでもあり、また大切な方とのコミュニケーションタイムでもあるのじゃ。

日本人の間でもぜひ流行ってもらいたいと思いますので、会社などでフィーカのお話をしてみてはいかがでしょうか。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり75円~。さらに定期便で本体無料!

定期便なら通常価格の5%OFF! マシン本体費用11,880円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?
全25種類の豊富なアロマを自宅で楽しめる

世界中の高品質な豆の中から、スイスにあるネスレ本社のコーヒーエキスパート達が「豆の個性」と「アロマ」を吟味し、徹底した品質管理のもと厳しい社内基準を満たすものだけを採用しています。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

定期便利用4回目以降はその後はいつでも解約することができます。 ※解約する場合はマシンを返却する必要があります。(送料自己負担)

今だけ!「ヴュー カプセルボックス」プレゼント
2019年8月20日(火)~10月8日(火)正午まで

「定期お届け便」新規お申し込み時に、コーヒーを10本(100カプセル)以上ご購入の方が対象となります。※なくなり次第終了

コーヒー基礎知識の関連記事