飲み物を保温できるホットコースターでいつでも温かいコーヒーを飲もう!

最終更新日:
飲み物を保温してくれる「ホットコースター」はオフィスの必須アイテム!おすすめはどれ?

オフィスで熱々のコーヒーを淹れても、作業してるうちに時間が経って冷たくなってるからショック~。

特に冬場は作業に没頭しているうちにドリンクが冷めてしまい、淹れ直したなんて経験をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。

そんなときにおすすめのアイテムが「ホットコースター」なのじゃ。

今回は飲み物の保温に便利なホットコースタの種類や選び方、おすすめのホットコースタをご紹介。

飲み物の保温にお悩みの方は必見です。

飲み物を保温できるホットコースターとは?

ホットコースターは小型の保温器です。

マグカップから急須まで対応しているので、どんな飲み物や入れ物でも使えます。

ホットコースターは基本的にUSBから電力を供給できるので、パソコンやUSBが差し込めるコンセントプラグに繋いでおけば使用可能です。

ホットコースターの種類

コースタータイプ



コースタータイプは一番手軽で、ただカップを上に置いておけば保温できるアイテム。

カップだけでなく急須も置けるのでお茶や紅茶を飲む方にもおすすめです。

コースターの大きさは種類があるのでお気に入りのマグや普段使いのカップに合わせて選びましょう。

巻きつけタイプ


巻きつけタイプの保温器

缶コーヒーやホットのペットボトルなどを温めておくには巻きつけタイプのホットコースターが使いやすいでしょう。

コースターの形はないですが、缶全体をしっかりと温めてくれるので保温力の面では抜群です。

ドリンクホルダータイプ


紙コップ・缶コーヒー対応保温器

最近ではコンビニで販売されている「紙コップで提供されるコーヒー」を飲む方も多いですが、そんな紙コップに対応したホットコースターもあります。

こちらはドリンクホルダーにもなるのでこぼしてしまう事故も防いでくれる優れたアイテムです。

飲み物を保温するホットコースター①選び方

USB

ホットコースターを選ぶときは
USBに対応しているタイプ
コンセントで電力を供給するタイプ

どちらなのかを確かめましょう。

私はデスクにUSBポートが余ってるからUSBタイプが便利かな~。

USBポートが不足しているのであればコンセントタイプを選ぶか、USB電源アダプターを別途購入する必要があります。

USB電源アダプター

どちらも性能の面では同じレベルですが、電源が確保されていないとそもそも使えないので注意してください。

ホットコースターを使うときの注意点

コースタータイプのホットコースターを使うなら「カップの底の形状」に注意しましょう。

上げ底カップ

ホットコースターに置いた時の設置面が大きいほど温まりやすいですが、カップの作りによっては紙コップのように上げ底になっている場合があります。

上げ底だとコースターとの間に空気の層ができてしまい、ドリンクが温まりにくいです。

また元々の保温効果が高い、二重構造になっているカップも外からの熱が伝わりにくいのでおすすめできません。

ホットコースターを使うなら、上げ底でないマグや、熱伝導率の高いガラス製のカップを使うとより効果を実感できます。

飲み物を保温するホットコースター②値段

ホットコースターの購入を検討しているのであれば、家電量販店に行くのがベストです。

実際に大きさを確認すれば「買ったけどサイズが合わなかった」なんてトラブルにならないですもんね!

近くに家電量販店がない場合は楽天やamazonなどのネットショッピングでなら買えそうじゃな。

先程紹介したいくつかのアイテムも値段としては1,000円~3,000円くらいの価格帯が多いです。

ただし、細かな温度調節が出来るのは5,000円くらいの価格帯からとなります。

安すぎると「全然温まらない!」ってレビューも見かけるので買うなら注意しないといけませんね!

飲み物の保温におすすめホットコースター

USB 保温 コースター カップ ウォーマー 4ポート ハブ機能付き

こちらはホットコースターにUSBポートが4つも付いている便利アイテム。

デスクに置いておけば一石二鳥の働きをしてくれますし、とにかく安価なのも魅力的ですね。

iitrust カップウォーマー 保温コースター

USB対応のホットコースターの中では評価の高い商品のひとつです。

温まるまでの時間も短く、長時間保温にも対応しています。

値段も1,000円ほどとリーズナブルなところが魅力的ですね。

サンコー ドリンクウォーマー(巻きつけ型)

巻きつけるタイプのホットコースターですが、缶コーヒーやホットのペットボトルをよく飲む方にはおすすめの一品です。

コップにも巻きつけ可能。

レビューなど口コミの評価も高めですので、安心して購入することができます。

HOTTOP WARMER

こちらもコースタータイプですがUSBではなくコンセントタイプ。

USB式よりもパワーが強く、「保温」するだけではなく「熱い」状態にしておきたいのならこちらがおすすめ。

少々値段は高くなってしまいますが、セール時期を狙えば安価で入手することもできます。

レビューの満足度も非常に高い商品です。

飲み物の保温にはホットコースターが便利

ホットコースターを買うなら
マグカップをよく使うタイプ
缶コーヒーやコンビニの紙コップコーヒーをよく飲むタイプ

どちらなのかの見極めが大事!

どちらのタイプなのかによっても選ぶアイテムが変わるので、用途にあった商品を選んでほしいのじゃ。

熱々がいいから、ちょっと奮発してコンセントタイプのホットコースター買っちゃおうかな。

オフィスにひとつあると非常に便利なホットコースター。

いろいろな種類や実際の商品をご紹介してきましたが、自分の好みのアイテムが見つかれば幸いです。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約13円(税込)~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならエコ&システムパックがなんと通常価格の最大33%OFF! マシン本体費用8,778円(税込)も無料になります。毎日コーヒーを飲む方なら定期便の利用が断然お得!

メリットは?
1台で6種類のコーヒーを手軽に楽しめる!

ボタンひとつで手間をかけずに本格的なコーヒーが楽しめます。アイスコーヒーも作れるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが。万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き!

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数300万台突破のネスカフェバリスタ!マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約できます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

キャンペーンについて教えて
マシンをレンタルすると特典がついてくる!

バリスタマグ&ブライトスティックがもらえます。

コーヒー基礎知識の関連記事