コーヒーを飲んで昼寝?!仕事中の眠気対策におすすめの『コーヒーナップ』とは

最終更新日:
コーヒーを飲んで昼寝?!仕事中に眠気対策におすすめの『コーヒーナップ』とは

眠気を感じたときに、コーヒーを飲んで眠気を解消するというサラリーマンやOLの方々は多いかと思いますが、実は単純にコーヒーを飲むよりもっと効果的な眠気解消法があることをご存知でしょうか?

それが、この記事でご紹介をする「コーヒーナップ」という方法です。

まだまだ日本では浸透していない「コーヒーナップ」ですが、実は科学的にもその眠気解消の効果が認められていて、作業効率などにもかなり影響するとのこと。

ぜひ、「コーヒーナップ」の特徴ややり方などを参考に、仕事中の睡魔との戦いに役立ててみてください。

コーヒーナップの仕組み・やり方は?

コーヒーナップというのは簡単に言えば、「コーヒーを飲んでから昼寝・仮眠をする」というものです。

「昼寝をするのにコーヒーを飲むの?」と思う方もいるかもしれませんが、まずは眠気に襲われるという現象がどういった要因で起きているのかを知っていってください。

眠気の原因はアデノシン

人間が眠気を感じるのは脳内でアデノシンという物質が発生し、それがアデノシン受容体というものとくっ付くことで起きます。

このアデノシン受容体は元々アデノシンと結合しやすい分子構造をしているのですが、実は皆さんご存知のコーヒーに含まれるカフェインは、アデノシンと似た分子構造をしているのです。

そのため、カフェインがアデノシン受容体と先にくっ付くことで、アデノシンとアデノシン受容体が結合することを邪魔し、それが眠気覚ましに効果があると昔からいわれているわけですね。

しかし、カフェインのみで眠気覚ましは完了しないという事実も

ただ、カフェインをどれだけ摂取しても、アデノシンの発生を抑えられるわけではありませんので、脳内にはアデノシンが存在し続けています。

そうなるといくらカフェインを摂取しても許容量を超えてしまい、結局また眠たくなってしまうわけです。

そこで、コーヒーナップの核となる「昼寝」が重要なポイントとなります。

やはり人間の身体はコーヒーやエナジードリンクのみで完全に眠気を解消することはできません

そういったときには気分を変えて、一度昼寝をしてしまうのがベストです。

コーヒーは、摂取してから小腸で分解されて、カフェインが脳に到達するまでに20分から30分掛かるといわれています。

その20分から30分の間、昼寝をすることで、脳内のアデノシン自体を減少させ、さらに残ったアデノシン受容体にカフェインが結合することで眠気のもとを完全に(正確にはその大半が)ブロックするというのが「コーヒーナップ」の仕組みです。

コーヒーナップの効果は?大学の研究などでもその効果が実証済み

「コーヒーナップ」が本当に眠気に対して効果があるのか、という点も気になるところだと思いますが、現在日本や海外の大学や研究機関で、その効果をいろいろな角度から検証しています。

そのひとつとして、「広島大学院総合科学研究科行動科学講座」の林教授の研究をご紹介したいと思いますが、学生に対しておこなった実験ではコーヒーナップの効果というのが実証されているということです。

その内容としては、

“「昼寝+起床後洗顔」「昼寝+眩しい光を浴びる」「昼寝+コーヒー」などいくつかの条件を複合的に組み合わせた結果、コーヒーを飲んでから昼寝をした学生が一番起きたときの覚醒具合が良かった”

というもので、やはりアデノシンを減少させてからカフェインの効果を発揮させることがもっとも眠気対策になるようです。

日本ではなかなか就業中に昼寝・仮眠が出来るという環境がないかもしれませんが、実際にはコーヒーナップをおこなった方が作業効率もよくなり、結果として会社的にも業績が上がる可能性が高まりますので、ぜひ採用してもらいたいものですね。

コーヒーナップに期待される効果一覧

  1. ショートスリープでも高い疲労回復効果
  2. 寝覚めがよくなり作業効率アップ
  3. 認知能力の向上

コーヒーナップの注意点は?

非常に眠気対策に効果的なコーヒーナップですが、いくつかの注意点がありますので、そちらも合わせてご紹介しておきたいと思います。

まず、カフェインを摂取するのに日本茶などを用いても大丈夫か?という点があるのですが、日本茶にはカフェイン以外にタンニンなどが含まれていて、カフェインの効果を薄めてしまうことがあるのでコーヒーナップの理論には適していません。

そのため、コーヒーナップをするのであれば、やはりコーヒーを飲む必要があり、出来ればエスプレッソなど少量の方が効果的という検証結果もありますので、ぜひ濃い目のコーヒーを飲むようにしましょう。

また、昼寝の時間はコーヒーを飲んでから20分以内が望ましく、それ以上寝ると逆に通常の睡眠となり、カフェインが邪魔をして疲労回復の効果を低下させますので注意してください。

なお、いくらコーヒーナップが効果的だからといって、カフェインを摂取しすぎるのは身体によくありませんので、出来るだけ1日1回、もしくは「いざというときに」活用する方がいいかもしれませんね。

まとめ

眠気対策に効果的な「コーヒーナップ」という方法についてご紹介してきました。

単純にコーヒーを飲んで眠気を押さえつけるより、やはり短時間の昼寝・仮眠をした方が効果的ですので非常におすすめの眠気対策だと思います。

ぜひ、仕事や学校の環境に合わせてコーヒーナップを取り入れてみてはいかがでしょうか。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり75円~。さらに定期便で本体無料!

定期便なら通常価格の5%OFF! マシン本体費用11,880円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?
全25種類の豊富なアロマを自宅で楽しめる

世界中の高品質な豆の中から、スイスにあるネスレ本社のコーヒーエキスパート達が「豆の個性」と「アロマ」を吟味し、徹底した品質管理のもと厳しい社内基準を満たすものだけを採用しています。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

定期便利用4回目以降はその後はいつでも解約することができます。 ※解約する場合はマシンを返却する必要があります。(送料自己負担)

スターバックスコラボカプセル登場!
スタバとのコラボカプセルが購入できるのは定期便だけ!

ついにネスプレッソとスターバックスのコラボカプセルが登場!楽しめる味わいは3種類、ネスレ通販オンラインショップのみでの取り扱いとなります。

コーヒー基礎知識の関連記事