パナソニック「NC-A57」「NC-A56」のコーヒーメーカーを比較!なにが変わった?

最終更新日:
パナソニック「NC-A57」「NC-A56」のコーヒーメーカーを比較!なにが変わった?

ここでは、パナソニックから2018年9月に発売されたコーヒーメーカー「NC-A57」について詳しくご紹介しています。

  • どんな機能が付いているのか?
  • ひとつ前のモデル「NC-A56」とはどう違っているのか?

といったコーヒー好きが気になるポイントをまとめて検証していますので、ぜひコーヒーメーカーを購入する際の参考にしてみてください。

ポイントはやっぱり「デカフェ対応」といったところですので、妊娠中の奥さんがいるという方や、カフェインを抑えたいという方におすすめの1台となっています。

NC-A57とはどんなマシンなのか?なにができる?

パナソニックから2018年9月1日に発売されたコーヒーメーカー「NC-A57」は、全自動コーヒーメーカーであり非常に使い勝手がいい1台です。

コーヒー豆を挽くこともできますし、粉タイプのコーヒー豆を入れてそのまま使うこともできます。

豆を挽く際には「粗挽き」「中細挽き」の2種類から選ぶことが可能で、さらに淹れ方もリッチとマイルドから選択することができるため、合計で4種類の味わいを体験できる優れもの。

そしてもっとも特徴的な部分はデカフェ豆に対応しているというところですね。

ご存知のとおり、通常のコーヒーにはカフェインが含まれていますので、眠気覚ましなどに飲まれる方も多いとは思いますが、実際にはカフェインの刺激で頭が痛くなってしまう人や軽いアレルギー症状が出てしまうという方がいます。

そこで開発されたのがカフェインの成分をなくした(もしくは限りなく濃度を減らした)コーヒーである「デカフェ豆」です。

このデカフェ用のコーヒー豆というのは、カフェインを取り除く代わりに、やっぱり通常のコーヒーに含まれているコクや香りといったものも若干弱くなってしまう性質があります。

そこで、パナソニックが取り組んだことというのは、このデカフェ豆でも十分コクや香りが楽しめるよう、抽出方法に特化したコーヒーメーカーを作ることでした。

そうした誕生したのが、こちらの「NC-A57」というタイプとなるわけですね。

なお、カフェインレスコーヒー豆(デカフェ豆)専用のコースを搭載することで、より幅広い層の方々に使ってもらえるようになったNC-A57ですが、中細挽きのフィルターの使用が推奨されています。

この中細挽きのフィルターを使って蒸らしと抽出をすることで、普通なら少し弱まってしまうコクや濃さ、そして香りを十分に楽しめるという点がNC-A57の最大の特徴と言えるでしょう。

NC-A57の前機種NC-A56とはなにが違うのか?

それでは次に、旧型の機種NC-A56との違いは何があるのかをご紹介していきます。

ちなみに結論から言いますと、大きく変わったところは前述のデカフェ対応の有無だけです。

NC-A56も中細挽きと粗挽きの2つのフィルターが搭載されていて、豆と粉の両方からコーヒーを淹れることが可能となっています。

ただ、若干NC-A57の方が使用電力と重さがアップしているといったイメージですね。

NC-A57 NC-A56
消費電力 800W 790W
重さ 3.0kg 2.9kg

あとは大きさなどの寸法といった部分でも変わりがありませんので、スペース的な問題も大差はありません。

淹れられるカップ数というのもお互い5カップずつで、保温やミルの自動洗浄という機能も両方に付いています。

スペックや価格から比較!どちらがおすすめ?

それでは実際に、新しく購入するならどちらがおすすめか?という部分ですが、まずはそれぞれの現在の市場価格を見てみましょう。

  • NC-A57:17,900円程度
  • NC-A56:15,800円程度

最新型と旧型ということで、その差は2,100円程度といった感じになっていますね。(2019年6月時点)

デカフェ機能の有無によっての差が2,100円程度ということになりますと、正直あとは自分がデカフェコーヒーを飲むか飲まないかという好みの差と言えそうです。

しかし、自分の家族や来客などで「妊娠中の方」や「カフェインレスコーヒーを好む方」という人が身近にいるのであれば、デカフェ対応機能が搭載されているNC-A57を買った方が便利と判断できたりもします。

また、普段は通常のコーヒーを飲むけれど、寝つきを良くしてみたいという希望があれば、試しにデカフェコーヒーデビューをしてみてもいいのではないでしょうか。

最近はデカフェ豆も昔より手に入りやすくなっていますし、日中にブラックコーヒーなどをよく飲み、カフェインの摂取量が多いと感じている方の場合は、健康のためにも帰宅してからはデカフェコーヒーを飲んだ方がいいかもしれませんね。

パナソニックコーヒーメーカーNC-A57の機能についてまとめ

ご紹介してきたように、パナソニックから発売されているコーヒーメーカーNC-A57の特徴は「デカフェ豆に対応しているところ」です。

また、豆と粉の両方を使うことができて、全自動で豆挽きからおこなってくれるというのも魅力的な部分と言えるでしょう。

普段からコーヒーを摂取している方にとっては快適なコーヒーライフをサポートしてくれる1台となっていますので、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり75円~。さらに定期便で本体無料!

定期便なら通常価格の5%OFF! マシン本体費用11,880円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?
全25種類の豊富なアロマを自宅で楽しめる

世界中の高品質な豆の中から、スイスにあるネスレ本社のコーヒーエキスパート達が「豆の個性」と「アロマ」を吟味し、徹底した品質管理のもと厳しい社内基準を満たすものだけを採用しています。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

定期便利用4回目以降はその後はいつでも解約することができます。 ※解約する場合はマシンを返却する必要があります。(送料自己負担)

スターバックスコラボカプセル登場!
スタバとのコラボカプセルが購入できるのは定期便だけ!

ついにネスプレッソとスターバックスのコラボカプセルが登場!楽しめる味わいは3種類、ネスレ通販オンラインショップのみでの取り扱いとなります。

コーヒー基礎知識の関連記事