スタバ初心者でも安心!ドリンクの注文の仕方を徹底解説

最終更新日:
スタバ初心者の方へ!ドリンクの注文の仕方を徹底解説

「スタバはレジで注文するのが難しいから行きづらい」
「注文の仕方がわからなくて、結局いつも同じものばかり頼んじゃう…」

近年グッと店舗数が増え、スターバックスを目にする機会が増えましたよね。
実際、小学生から年配の方まで、幅広い世代の方がスターバックスを利用されています。

ですが実は、年齢を問わずレジでの注文で困る方がとても多いんです。
横文字が多いメニューの中からどうにかドリンクを決めて伝えても、スタッフから
「ホットとアイス、どちらにされますか?」
「サイズはどれにしますか?」
などいくつも質問されてしまうと、必要な質問とはいえ戸惑ってしまいますよね。

そこで、元スターバックス店員がスターバックス初心者でもレジで注文する際に困ることのないよう、基本的なオーダーの仕方をご紹介します!

オーダーの流れ

レジでドリンクを頼む際にぜひ伝えてほしい項目は6つです。

  1. ドリンク名
  2. アイスorホット
  3. サイズ(Short,Tall,Grande,Venti)
  4. カスタマイズ (詳細は別記事を参照)
  5. 品数
  6. 店内or持ち帰り

意外と多いですよね。

これらの項目の順番は問いませんし、もしもなにか忘れてしまっても、そこはスタッフが聞いてくれますので安心してくださいね。
ちなみに、店内で、Shortサイズ及びTallサイズのホットドリンクの場合は、店内使用のマグカップか紙のカップかを選択できます。
また、持ち帰りの場合は、紙のバックに入れるか、手持ちでいいかを選択できますよ。

基本メニューのオーダーの仕方

ドリップコーヒー(アイス/ホット) Tall 345円(税込)

スタバドリップコーヒー

スターバックスには欠かせないコーヒー。
年中アイスとホットの準備がありますが、日々使われているコーヒー豆が違います。

今日使われているコーヒー豆がどこでわかるかというと、レジのすぐそばにある「本日のコーヒー」という小さなボードです。

そこにアイスとホット、それぞれの豆の名前が表記されています。
スタッフに尋ねると味や風味を教えてくれますし、試飲もできますので、気軽に尋ねてみてくださいね。
これらを踏まえて、ドリップコーヒーのオーダーの仕方は

  • ドリップコーヒーを
  • アイスで / ホットで
  • Tallサイズを
  • 1つ
  • 持ち帰りで

という具合です。
そうすると

持ち帰りのバックが必要ですか?それとも、お手持ち(このまま)でいいですか?

と聞かれますので、必要に応じて選択してください。

基本的にはアイスとホット、それぞれ1種類ずつ用意されていますが、夏にはアイスが2種、冬にはホットが2種用意されていることもあります。

その場合は豆の種類も選べますので、希望の豆を伝えてください。
先に書いたように「どんな味ですか?」と尋ねたり試飲をして決めてもいいですし、「後味がさっぱりしてるのはどっちですか?」と聞いたり、
食べたいフードがあれば「このフードに合うのはどっちですか?」と聞くのも良いですよ。

ぜひ、豆の種類にも注目して飲んでみて、お気に入りのコーヒー豆を見つけてみてくださいね。

スターバックスラテ (アイス/ホット) Tall 399円(税込)

スターバックスラテ

エスプレッソを使うメニューの中で代表的なのがスターバックスラテ。
ドリップコーヒーとは違い、豆の種類は通常のエスプレッソの豆かディカフェの豆(有料)かの2択です。

その代わりではないですが、ミルクの種類を選んだり、エスプレッソショットの数を選んだりと、色々なカスタマイズ方法がありますので、ぜひカスタマイズについての記事も参考にしてくださいね。

では、そんなスターバックスラテのオーダーの仕方は

  • スターバックスラテの
  • ホットを
  • Shortサイズで
  • (無脂肪ミルクに変更で←カスタマイズ)
  • 1つ
  • 店内用のマグカップで

という具合です。

いつもは紙カップという方も、マグカップで頼むと気分が変わっていいかもしれません。
特にラテやカプチーノなど、ホットならではのミルクの泡が楽しめるのは断然マグカップですので、ぜひ試してみてください。

マグカップより紙カップの方が蓋があって冷めなさそうと思われるかもしれませんが、マグカップは熱湯で温めてからドリンクを入れてくれるので、意外と冷めにくいんですよ。

ちなみに、エスプレッソを使ったコアメニューの中で、ホットのみの提供はカプチーノだけ。
ミルクの泡がラテよりもたっぷり入るカプチーノは、その泡の多さが特徴なので、アイスでの提供が難しいのです。

抹茶クリームフラペチーノ Tall 507円(税込)

抹茶クリームフラペチーノ

フラペチーノという名前が付くものは全て、氷を砕いてシャリシャリしたシェイクのようなもの。
コーヒーが入ったものもありますが、シロップやホイップクリームを使っているため、甘い味のものが多いです。

コアメニューの中でも特に人気なのが抹茶クリームフラペチーノ。
そんな抹茶クリームフラペチーノのオーダーの仕方は

  • 抹茶クリームフラペチーノを
  • Grandeサイズで
  • 2つ
  • 持ち帰りのバックで

フラペチーノの場合はアイスかホットかを選ぶことがないので、カスタマイズがなければ短いオーダーで済みます。

ただし、カスタマイズが楽しめるのはフラペチーノと言っても過言ではないくらい、カスタマイズ方法がたくさんあります。
ぜひ別記事を参考にしたり、スタッフにオススメのカスタマイズを聞いたりして楽しんでみてください。

まとめ

基本的なオーダーの仕方をご紹介しましたが、正直、初心者向けにしてはオーダーの項目が多い!ですよね(笑)

最低限、ドリンク名(アイス/ホット)とサイズの2つが伝えられればバッチリです。
繰り返しになりますが、足りない項目はスタッフから聞いてくれますので安心してください。

この記事が、「こんな感じでドリンクを選べるんだな、スタッフからたくさん質問されても戸惑わないぞ!」という心構えに繋がればと思います。
ぜひいろんなドリンクを楽しんでくださいね!

スターバックスの関連記事