コーヒーメーカーとインスタントコーヒーはどう違う?それぞれのメリットを解説

最終更新日:
コーヒーメーカーとインスタントコーヒー、どっちがいいの?味・コスパの比較!

コーヒーメーカーの購入を検討中なんですが、種類が多くてわからないからめんどくさくなっちゃって…。

わかるっス!オレなんてめんどくさくてインスタントコーヒーで済ませちゃってますもん。

妥協してコーヒーを飲むより、めんどくさがりの人ほどコーヒーメーカーがオススメなんじゃよ…。

今回はコーヒーメーカーとインスタントコーヒーそれぞれのメリットを解説します。

どんなコーヒーメーカーを導入するか悩んでいる方は必見です!

本格コーヒーが手軽に楽しめる
↓↓コーヒーマシンはこちら↓↓

コーヒーメーカーとインスタントの違い

そもそも、コーヒーメーカーで淹れたコーヒーとインスタントコーヒーの違いってなんスか?

    コーヒーメーカー

  1. コーヒー豆を挽いてから抽出する
  2. あらかじめ挽いたものを抽出する
  3. 挽いた豆をパックした専用のカプセルをセットしてそこから抽出する

この3つのタイプに分かれます。

対して、インスタントコーヒーは瓶入りや使い切りのスティックタイプがありますが、共通するのは「お湯に溶かす」使い方。

そもそもインスタントコーヒーとは
コーヒー豆の抽出液を乾燥させて粉末状に加工した“インスタント飲料”

お湯を沸かす手間はありますが、飲みたい分だけさっと作れるのでとても便利ですよね。

同じコーヒーでもコーヒーマシン用とインスタント用ではパッケージが違う

ネスカフェゴールドブレンド

ネスカフェからは「ネスカフェゴールドブレンド」がコーヒーマシン(バリスタ)用とインスタント、2種類出ています。
※バリスタとはマシンの名称です

正確には「インスタント」ではなく「レギュラーソリュブルコーヒー」なのですが、違うのはその容器の形状。

インスタント→瓶入り、
コーヒーマシン(バリスタ)用→エコ&システムパック(密閉された容器)
マシン用の方が極力鮮度が保たれるような作りになっている。

中身は同じコーヒーじゃが、ネスカフェバリスタを使うとどう変わるのか、詳しくはこちらを読んでみてほしいのじゃ。

コーヒーメーカーのメリット

コーヒーメーカー

    コーヒーメーカーのメリットは

  • いつでも新鮮な美味しいコーヒーが飲める
  • お店で飲むより経済的
  • 手軽に飲めて操作も簡単

メリット①いつでも新鮮な美味しいコーヒーが飲める

コーヒーメーカーはカプセルや粉、ミル付きなど色々なタイプがありますがどのタイプでもいつでも新鮮なコーヒーが飲める工夫が施されています。

ミル付きならいつでも挽きたてが、カプセルや粉タイプだと専用の密閉パッケージがコーヒーの大敵「酸化」から守るのです。

時間がたてば経つほど味も風味も落ちていくので、その点では常に新鮮なコーヒーを飲めるコーヒーメーカーのメリットは大きいですね。

ネスカフェのバリスタやネスプレッソは一流レストランでも取り扱われていたりするので、その味はプロのお墨付き。

消費ペースが遅いならカプセルタイプのコーヒーメーカーがおすすめ

カプセル式コーヒーメーカーは「一杯ずつ、新鮮なコーヒーが飲める」のが一番のメリット。

粉タイプだと飲むペースによっては1パック消費するのに2ヶ月、3ヶ月とかかる場合も。

週に2~3杯くらいのペースでコーヒーを飲むので粉タイプは劣化が気になっちゃいます。

カプセルなら一杯分ずつ密閉されているので開封してからの劣化を気にせずに済みます。

その日の気分によって毎日違うテイストのコーヒーを楽しめるのもカプセル式のコーヒーメーカーならではです。

ネスカフェドルチェグスト

キューリグ

メリット②外で飲むより経済的

毎日コーヒーを飲む方にとって、コストは大きなポイントだと思います。

コーヒーメーカーで淹れたコーヒーは、最初こそマシン代がかかるものの、その後は外でその都度買うコーヒー1杯分よりもお手頃な価格で飲むことが出来ます。

豆の種類によりますが、1杯10〜70円台くらいまでと低価格で幅広いです。

ついコンビニとかカフェ寄ったりしちゃうんスけどたしかに毎回ってなると結構出費が…

「コーヒーメーカーを買うのはちょっと」…って方は、コーヒーを定期購入すれば無料レンタルできる機種もあるのじゃ。

コンビニや自販機、コーヒーはどこでも手軽に買えてしまうからこそ、意外とコストがかかっていたりします。

缶コーヒー1本買うのもいいですが、自宅で作ったコーヒーを小さめの水筒に入れて持ち歩くのもいいですよ。

メリット③コーヒーメーカーは手軽に飲めて操作も簡単

インスタントコーヒーはお湯を注ぐだけで手軽ですが、コーヒーメーカーでもかなり手軽にコーヒが飲めます。

お水とコーヒー(豆やカプセル、粉など)をセットして、ボタンを押す。たったこれだけじゃ。

インスタントと違うのはお湯を沸かさなくていいところ。

すごい簡単!朝の忙しい時間帯にボタンひとつで手軽にコーヒーを淹れられると考えたら、ちょっと使ってみたいです~!

コーヒーメーカーのデメリット

    コーヒーメーカーのデメリットは

  • マシンのお手入れが必要
  • インスタントよりコストが高め

デメリット①マシンのお手入れが必要

インスタントコーヒーはカップとスプーンを洗うだけですが、マシンは定期的にお手入れをしなければなりません。

マシンって構造が複雑そうなんで洗うのめんどくさそうっス。

今は新機種ほどお手入れが楽な構造に進化しているんじゃよ。

放置すると中に水垢が溜まったり抽出がしにくくなる場合もあるので、美味しいコーヒーを飲む為にはお手入れは必須です。

デメリット②コストが高め

インスタントに比べると、マシン代のかかるコーヒーメーカーはやはりどうしても全体的なコストは高くなってしまいます。

コーヒー代だけなら、バリスタのような粉タイプならそこまで差はありませんが、ドルチェグストやネスプレッソなどカプセル式になってくるとどうしても一杯あたりの単価は高め。

コーヒーメーカーを買うならマシン本体代だけでなくコスト面も吟味するとよかろう。

インスタントコーヒーのメリット

インスタントコーヒーの粉の画像

    インスタントコーヒーのメリットは

  • 作るのが簡単
  • 低価格で経済的

メリット①作るのが簡単

スプーン1~2杯分をカップに入れてお湯を注ぐだけで、あっという間にコーヒーが完成します。

作る手間だけ考えるとコーヒーメーカーのほうが楽そうっスけど…。

マシン本体のお手入れを考えるとインスタントのほうがより手軽に感じられるかもしれんな。

メリット②経済的

インスタントコーヒーは1杯10円代で飲めてしまう商品も多く安価で経済的です。

カフェで飲むことやコンビニ等で買うことに比べると、圧倒的に安上がり。

とにかく毎日沢山飲む方にはコスト面で大助かりじゃな。

インスタントコーヒーのデメリット

    インスタントコーヒーのデメリットは

  • 風味が少ない
  • お湯を沸かす必要がある

デメリット①風味が少ない

インスタントコーヒー、せっかく飲むのに風味がちょっと物足りないのは気になります。

製法もありますが、瓶タイプだとやはり気になるのが酸化。

1杯目は香りも十分じゃったが、残りわずかになったコーヒーを飲んだらがっかり…なんてよく聞くのう。

デメリット②お湯を沸かす必要がある

コーヒーメーカーはあらかじめ給水タンクに水をセットしておき、抽出の際にお湯が出る仕組みになっていますが、インスタントコーヒーはお湯を沸かす必要があります。

忙しい朝にボタンを押すだけで済むコーヒーメーカー…。あったら想像以上に便利っスね。

コーヒーメーカーとインスタントコーヒー、ニーズに合わせて使いこなそう

コーヒーは“水分を補給する”よりは、“味わって飲む”側面が強い飲み物です。

そう考えると、安さだけではなく、美味しさにもこだわりたいですよね。

コーヒーメーカー欲しくなってきたっス!

思ってたより色んな種類があるんですね!

インスタントに比べてコスト面にそこまで大きな差がないので、味にもこだわってコーヒーのある生活を取り入れたいなら、コーヒーメーカーがあると便利かもしれんのう。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約13円(税込)~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならエコ&システムパックがなんと通常価格の最大33%OFF! マシン本体費用8,778円(税込)も無料になります。毎日コーヒーを飲む方なら定期便の利用が断然お得!

メリットは?
1台で6種類のコーヒーを手軽に楽しめる!

ボタンひとつで手間をかけずに本格的なコーヒーが楽しめます。アイスコーヒーも作れるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが。万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き!

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数300万台突破のネスカフェバリスタ!マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約できます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

キャンペーンについて教えて
マシンをレンタルすると特典がついてくる!

バリスタマグ&ブライトスティックがもらえます。

コーヒー基礎知識の関連記事