コーヒーのステインは手軽に予防できる!おうちでできる簡単ホワイトニング

最終更新日:
コーヒーによるステイン(着色汚れ)の予防方法、自宅でできるホワイトニングケアについて

1日に2~3杯コーヒーを飲むんですけど、着色汚れが気になってて…。良い予防法はないですか?

すぐできるのはうがいやガムを噛むなどの予防じゃが、すでについている着色汚れを撃退できんのじゃ。

今回はコーヒーによる着色汚れ「ステイン」が付くメカニズムや簡単な予防方法、おうちでできるお手軽なホワイトニングなどを解説します。

コーヒーによるステインが気になる方は必見です。

コーヒーで歯が汚れる?
ステインとは?

着色汚れの原因にもなる赤ワイン

ステインは食べ物や飲み物の摂取によって発生する「歯の着色汚れ」を指しています。

着色汚れはコーヒー以外にもワインやチョコレート、バナナや紅茶などの摂取でも付着する。

着色汚れは普通に生活しているだけでも発生するので、実際には誰もがステイン予防をしなくてはいけません。

しかし、ステインが歯に及ぼす悪影響は歯が黄ばむ程度なので、そこまで気にしていない方も一定数いるでしょう。

でも、私は着色汚れのある歯のままでは居たくない!定期的にクリーニングしたいです~。

コーヒーでも付くステインのメカニズム

歯は本来なら汚れが付きにくい断面になっており、さらに唾液に含まれる成分ぺリクルでコーティングされています。

ペリクルが不足したり、歯が傷ついて凹凸があるときステインが発生しやすくなる

一度着いてしまったステインはなかなか普通の歯磨きやブラッシングでは落とすのは難しいので、専門的な歯磨き粉の使用やホワイトニングケアをする必要があります。

でも、なかなか本格的なケアをしに歯医者に行く時間がないんです~!手軽にできる予防はないですか?。

簡単にできるステイン予防の方法をまとめてみたぞ!しかし予防だけでは真っ白にはならんじゃろうな。

コーヒーによるステインの手軽な予防方法

コーヒーの後はうがいでステイン予防

ステイン防止対策うがい

着色汚れに該当する成分の入った食品・飲料を摂取したあとにとにかく「うがい」をするのもひとつの予防方法。

ステインが歯に付着する前にいち早く対応するだけでもずいぶんと着色汚れが緩和されますので、ぜひ実践してみてください。

コーヒーの後にガムを噛んでステイン予防

ぺリクル(歯を守る成分)は唾液によって生まれるのでシュガーレスのガムなどを噛んで唾液の分泌を促すのも効果的です。

本当はコーヒーを飲んだ後にすぐ歯磨きするのが一番いいんですよね?

もちろんそうじゃが、外出中や歯を磨く場所が無いなど難しいタイミングも「うがい」や「ガム」が現実的な予防方法と言えるのう。

コーヒーのステインを落とそう
【自宅でできるホワイトニング】

ホワイトニングはざっくり言うと「歯を漂白する」ので、できれば歯科医のいる専門的なところで施術してもらうのがベストです。

しかし行く時間の無い人もおうるじゃろう。そこでおうちでできるホワイトニングを紹介ずるぞ!ぜひ実践してみるのじゃ。

急いでいる時の時短ホワイトニング

ホワイトニング用の歯磨き粉を使う

ホワイトニング用の歯磨きを使って歯をブラッシングするのがもっとも現実的な方法。

ホワイトニング用の歯磨き粉とは
研磨剤重曹などが含まれている歯磨き粉。
あまりゴシゴシと力強くこすると汚れと一緒に歯の表面も削れてしまう。

強く磨きすぎると歯の表面に凹凸ができて余計にステインが付着する原因が増えてしまいます。

ホワイトニング用の歯磨き粉を使う時は歯に馴染ませるように優しくブラッシングする。

すると適度に漂白成分が歯の黄ばみを落としてくれて、研磨剤が吸着したステイン部分を削ってくれるようになります。

緊急で歯の一部の汚れを落としたい!ってときにも使えるんですか?

めん棒にホワイトニング効果のある歯磨き粉を付けて、ステインが気になる部分を集中的にこすれば目立たなくはなります。

しかし汚れを落とすより歯を削っているのに近くなってしまうのであまりオススメはせんのう…

歯は磨きすぎても黄ばむ
歯はいくつかの層になって構成されている。
表面を削り過ぎると内部の象牙質部分が透けてしまい、さらに黄色く見えてしまう場合も。

こうなるとさらに歯を白くさせようとして歯磨きに力が入ってしまいがちです。

歯磨きのし過ぎによる黄ばみもあるのを認識した上で、上記のブラッシング方法を参考にしてみてください。

研磨剤入りの歯磨き粉は週に一度くらいがベスト

歯ブラシ

研磨剤入りの歯磨き粉は、お肌でいえばピーリングをするのに近いです。

効果はありますが、その分負担もかかりますので毎日続けるよりも週に一度くらいがベスト。

お肌のピーリングも毎日しちゃダメって聞きますもんね…!

研磨剤の入っていない歯磨き粉と使い分け週に一度のスペシャルケアとしてホワイトニング用の歯磨き粉を使うのがオススメ。

綺麗にしようと念入りにゴシゴシ磨きすぎると歯茎が痩せてしまう場合もあるので、歯ブラシを使う時はできるだけ優しく磨き、それでも汚れや詰まりが気になるなら糸ようじやデンタルフロスを併用しましょう。

コーヒーのステインがどうしても気になるならホームホワイトニング

マウスピース

少し時間がかかる方法ですが、歯医者で自分の歯形に合わせたマウスピースを作りホワイトニング剤を塗布するホワイトニングもあります。

マウスピースを使うと研磨せず純粋に漂白効果が期待できるので、ステインがとても気になる方にはおすすめの方法です。

マウスピースさえ作ればあとは薬剤を購入するだけじゃ!

保険適用外だけどリーズナブルで着色汚れが気になったときに自分のタイミングでできます。

効果が出るまで早くて2~3週間かかるんですね。でも繰り返し使えるならかなりリーズナブルですね

病院によって費用は違いますが

    マウスピースでホワイトニングするなら

  • マウスピースを作るのに2万円~
  • 薬剤1本あたり2000円~

程度です。

時間がかかってもいいから歯に負担をかけずにホワイトニングがしたい」場合にオススメです。

歯の裏側などに汚れが目立つようであれば、こうした方法も検討してみてはいかがでしょうか。

また歯医者によりますが短時間でホワイトニングの施術をするオフィスホワイトニングなる方法もあります。

しかし、この方法も永久的ではなくホームホワイトニングよりも高額になるので予算との相談じゃな。

ステインの予防方法、自宅でのホワイトニングケアについてまとめ

コーヒーは生活を豊かにしてくれますが、ステインによる歯の汚れが気になります。

しかし、ご紹介した予防方法やホワイトニングケアを実践すればきっと健康的で白い歯が戻ってきますのでぜひ試してみてください。

    緊急の場合

  1. ホワイトニング用の歯磨き粉を使う
    5分程度/歯を削ってしまうのでオススメはしません
  2. 歯医者でオフィスホワイトニングしてもらう
    1~2時間/高額
    時間に余裕がある場合

  1. マウスピースを使ってホームホワイトニングする
    1ヶ月程度
    普段からできる予防法

  1. 週に一度ホワイトニング用の歯磨き粉を使う
  2. コーヒーなどをのんだあとはすぐにうがいをするorガムを噛む

理想としては普段から定期的に歯のお手入れを意識して、黄ばみが気になるのであればホームホワイトニングで歯に負担をかけずに白くするのが一番良い方法です。

ステイン汚れはお手入れさえきちんとしていれば怖くありませんので、ストレスなくコーヒーを楽しむためにもぜひ取り入れてみてくださいね。

コーヒー基礎知識の関連記事