コーヒー豆の焙煎による違いって?味はどう変わるの?

最終更新日:
コーヒー豆の焙煎による違いって?味はどう変わるの?

缶コーヒーなどを飲んでいると「直火焙煎」といった文字を目にする機会があるかと思いますが、よく考えてみると「焙煎ってなんだろう?」という疑問が浮かびますよね。

また、ある程度コーヒー好きという方でも、焙煎というものをしっかり理解している方というのは少ないのではないでしょうか?

ここでは「コーヒー豆+焙煎」というものが何を意味するのか、また味わいにどんな変化を与えているのかをご紹介していきます。

焙煎は全部で8つの度合いに分けられるのですが、ぜひ自分の好みの焙煎度合いを見つけて美味しいコーヒーに辿りついてみてほしいのじゃ。

コーヒー豆は焙煎しないと飲めない

まず焙煎というのはコーヒー豆からコーヒーを抽出するために必要不可欠な作業です。

収穫されたばかりのコーヒー豆というのは緑っぽい色をしています。

この状態だと、ただの青くさい農作物であり、食べることも飲むことも難しいわけです。

そこで昔の人が振り絞った知恵が「焙煎(ロースト)

コーヒー豆を火にかけることで、成分を凝縮させて液体として抽出しやすい状態にする作業を焙煎と言います。

私たちが普段イメージするコーヒー豆というのは「茶色・黒っぽい色」をしたものだと思いますが、それが焙煎後の豆ですね。

焙煎方法は電気式や直火式など複数の種類がある

コーヒー豆を焙煎するということは加熱するわけですから、何かしら熱を加える装置が必要です。

そのときに用いられる方法が、主に電気式直火式の2つとなります。

電気式は大量生産に適した方法であり、工場などにおいて大きなザルのような機械に入れられた豆が電気の熱源で温められて焙煎されていくというやり方です。

対して直火式ですが、こちらも工場などで用いられることがありますが、自宅や喫茶店などでも行うことができます

そのため、自分の好みに合わせた焙煎度合いの豆を作ることが出来ますので、コーヒーを極めたいという方にもおすすめです。

方法は簡単で、取っ手の付いた金網ザルでコーヒーを炙るようにして加熱するだけなのじゃ。

もちろん最初は失敗することもあると思いますが、段々と自分好みの焙煎が出来るようになるとより一層コーヒーを好きになりますので、ぜひお試しください。

コーヒー豆の焙煎には8つの度合いがある

さて、コーヒー豆に焙煎が必要ということが分かったところで、その焙煎度合いについて説明していきましょう。

一般的にコーヒー豆は焙煎度合いによって「酸味と苦味」が変化するとされています。

  • 浅く焙煎するほど「酸味が多く、苦味が少ない
  • 深く焙煎するほど「酸味が少なく、苦味が多い

これだけを頭に入れておけば焙煎の基礎知識は充分ですので、あとはその度合いをご覧いただきましょう。

下に行くほど深い焙煎となります。

浅い焙煎↓

  1. ライトロースト
  2. シナモンロースト
  3. ミディアムロースト
  4. ハイロースト
  5. シティロースト
  6. フルシティロースト
  7. フレンチロースト
  8. イタリアンロースト

深い焙煎↑

定義的にライトローストやシナモンローストというものが存在していますが、実際には浅すぎてちょっとコーヒーとして飲むには適していません。

普通の方が飲むのであればミディアムローストあたりからがコーヒーに適した焙煎度合いと言えるでしょう。

ちなみにこちらのミディアムローストタイプの豆が、一般的に「アメリカン」と呼ばれるコーヒーを淹れるための焙煎度合いです。
エスプレッソを薄めて飲むことをアメリカンと呼ぶ方もいますが、そちらの場合は「アメリカーノ」という名前が適切とされています。

また、コーヒーとして標準の煎り方で言えば、シティローストタイプが大半となりますね。

もっとも深く焙煎したイタリアンローストは、古い時代のイタリアでエスプレッソを飲む際に用いられていた焙煎度合いで、かなり苦味が強いタイプのコーヒーが出来上がります。

ちなみに、こうした度合いを理解しておくと、コーヒー豆を買いにお店へ訪れた際にも好きな焙煎タイプを伝えやすいので便利ですよ。

なお、初心者の方であれば無難なシティロースト・フルシティローストあたりがおすすめなのじゃ。

まとめ


コーヒー豆は焙煎をすることで飲めるようになり、またその度合いによって大きく味わいが変わることからも重要な作業工程となっています。

豆の種類や自分の好みによっても焙煎度合いは異なりますので、ぜひ自分にぴったりとあった焙煎豆を見つけてみてほしいのじゃ。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり75円~。さらに定期便で本体無料!

定期便なら通常価格の5%OFF! マシン本体費用11,880円も無料になります。

選べるカプセルの種類は?
全25種類の豊富なアロマを自宅で楽しめる

世界中の高品質な豆の中から、スイスにあるネスレ本社のコーヒーエキスパート達が「豆の個性」と「アロマ」を吟味し、徹底した品質管理のもと厳しい社内基準を満たすものだけを採用しています。

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

定期便利用4回目以降はその後はいつでも解約することができます。 ※解約する場合はマシンを返却する必要があります。(送料自己負担)

スターバックスコラボカプセル登場!
スタバとのコラボカプセルが購入できるのは定期便だけ!

ついにネスプレッソとスターバックスのコラボカプセルが登場!楽しめる味わいは3種類、ネスレ通販オンラインショップのみでの取り扱いとなります。

コーヒー基礎知識の関連記事