コーヒー豆の焙煎による違いって?味はどう変わるの?

最終更新日:
コーヒー豆の焙煎による違いって?味はどう変わるの?

缶コーヒーとか「直火焙煎」って書いてあったりするっスよね。よく考えてみると、焙煎ってなんスか?

私もコーヒーが好きですけど、焙煎について説明してって言われると難しいです…!

焙煎は全部で8つの度合いに分けられるぞ。度合いによって味わいが変わるんじゃ!

ここでは「コーヒー豆+焙煎」とはなにか、また味わいにどんな変化を与えているのかを解説します。

ぜひ自分の好みの焙煎度合いを見つけて美味しいコーヒーに辿りついてください!

コーヒー豆は焙煎すると飲めるようになる

焙煎はコーヒー豆からコーヒーを抽出するために必要不可欠な作業です。

収穫されたばかりのコーヒー豆は緑っぽい色をしている。
この状態だと、ただの青くさい豆で、食べるのも飲むのも難しい。

そこで昔の人が振り絞った知恵が「焙煎(ロースト)」じゃ!

焙煎とは
コーヒー豆を火にかけて、成分を凝縮させ液体として抽出しやすい状態にする作業。

コーヒー豆って「茶色・黒っぽい色」の豆を想像するっスよね。

私たちが普段イメージするコーヒー豆は焙煎後なんですね。

コーヒーの焙煎方法は種類が多く様々な違いがある

コーヒー豆の焙煎には熱を加える装置が必要です。

加熱する方法は主に電気式直火式の2つ。

加熱方式 電気式 直火式
特徴 大きな機械に豆を入れ電気の熱源で温め焙煎する 取っ手の付いた金網ザルでコーヒーを炙るようにして加熱する
メリット 大量生産に適している。 手軽で自宅や喫茶店などでもできる
直火式は自分の好みに合わせた焙煎度合いの豆を作れる。
コーヒーを極めたい方にもおすすめ。

はじめは失敗もあるじゃろうが、段々と自分好みの焙煎が出来るようになるとより一層コーヒーを好きなるぞ!一度はお試しあれじゃ!

コーヒー豆の焙煎には8つの度合いがある

一般的にコーヒー豆は焙煎度合いによって「酸味と苦味」が変化するとされています。

    浅く焙煎するほど

  • 「酸味が多く、苦味が少ない
    深く焙煎するほど

  • 「酸味が少なく、苦味が多い

これだけを頭に入れておけば焙煎の基礎知識は充分じゃ!あとはその度合いをご覧いただこう!

下に行くほど深い焙煎となります。

浅い焙煎↓

  1. ライトロースト
  2. シナモンロースト
  3. ミディアムロースト
  4. ハイロースト
  5. シティロースト
  6. フルシティロースト
  7. フレンチロースト
  8. イタリアンロースト

深い焙煎↑

定義的にライトローストやシナモンローストなどが存在していますが、実際には浅すぎてちょっとコーヒーとして飲むには適していません。

普通の方が飲むのであればミディアムローストあたりからがコーヒーに適した焙煎度合いと言えるでしょう。

ちなみにこちらのミディアムローストタイプの豆が、一般的に「アメリカン」と呼ばれるコーヒーを淹れるための焙煎度合いです。
エスプレッソを薄めて飲むのをアメリカンと呼ぶ方もいますが、そちらの場合は「アメリカーノ」の呼称が適切とされています。

また、コーヒーとして標準の煎り方で言えば、シティローストタイプが大半となりますね。

もっとも深く焙煎したイタリアンローストは、古い時代のイタリアでエスプレッソを飲む際に用いられていた焙煎度合いで、かなり苦味が強いタイプのコーヒーが出来上がります。

ちなみに、こうした度合いを理解しておくと、コーヒー豆を買いにお店へ訪れた際にも好きな焙煎タイプを伝えやすいので便利ですよ。

なお、初心者の方であれば無難なシティロースト・フルシティローストあたりがおすすめなのじゃ。

コーヒー豆の焙煎による違いって?味はどう変わるの?まとめ


コーヒー豆は焙煎すれば飲めるようになり、またその度合いによって大きく味わいが変わるのも重要な作業工程となっています。

豆の種類や自分の好みによっても焙煎度合いは異なりますので、ぜひ自分にぴったりとあった焙煎豆を見つけてみてほしいのじゃ。

コーヒー基礎知識の関連記事