カフェラテ・カプチーノ・エスプレッソ・アメリカンなど『コーヒーの種類』とは?

最終更新日:
コーヒーの種類って?カフェラテとカプチーノの違い、飲んで得られるメリット

コーヒー豆を売っている場所も数多くありますが、コーヒー自体の種類も豊富です。

いつも決まったコーヒーを飲む方もいれば、毎回気分で変えている方も多いと思います。

コーヒーをより楽しむためにも知っておきたい「コーヒーの種類」にどのようなものがあるか、見ていきましょう。

コーヒー:8種類を解説

本記事ではコーヒーの種類8種類を解説。

この記事を読んで気になるものがあればぜひ一度飲んでみてください。

エスプレッソ

微細に挽いたエスプレッソ豆を、高い圧力をかけて抽出するコーヒー

一般的なコーヒーと比べると、同量の豆に対して半分以下の量しか抽出されないくらい凝縮されているので、苦味が強いのが特徴です。

コーヒーの旨味が凝縮されているもので、ゆっくりと味わって飲む方、砂糖を加えて飲む方、一気にググッと飲む方など、飲み方はそれぞれです。

コンパナ

エスプレッソの上にホイップクリームを乗せたもの

エスプレッソの苦味とホイップの甘みが見事にマッチしていて、絶妙なデザートのような感覚で味わえるコーヒーです。

アメリカーノ

エスプレッソにお湯(お水)を加えて薄めたもの

濃すぎないのでエスプレッソの苦味が苦手な方でも飲みやすいです。

カフェラテ

エスプレッソにスチームミルクをたっぷり加えたもの

コーヒーの風味を感じつつ、苦味はあまりないので飲みやすいです。

カプチーノ

エスプレッソにスチームミルクとフォームミルクをたっぷりと加えたもの

フォームミルクは、ミルクをスチームで温める際に空気を入れ、きめ細かい泡を作ったもので、口当たりがとても柔らかいのが特徴です。

カフェモカ

エスプレッソにダークチョコレートのソースを加え、スチームミルクをたっぷりと入れ、最後にホイップクリームを乗せたもの

甘いのですが、甘ったるい感じではなくほろ苦い甘さです。

ドリップコーヒー

エスプレッソ豆ではなく、コーヒー豆を挽いたものを少しずつ抽出したもの

量はエスプレッソと違い、普通のカップ1杯分あります。

カフェで提供されるドリップコーヒーは、浅煎り、深煎りなどその時々で豆の種類を変えていたりします。

また、一般的に「ブラックコーヒー」というときは、だいたいドリップコーヒーのことを指すことが多いです。

アメリカン

ドリップコーヒーをお湯で薄めたもの

アメリカーノと名前は似ていますが、薄める前のコーヒーが違うので味も全く違います。

アメリカンはエスプレッソではなくドリップコーヒーを薄めているので、よりスッキリとした後味になります。

コーヒーの種類とメリットまとめ

こうやって見ると、沢山の種類があります。
カフェによっては、他にももっと多くの種類を扱っているところもあるかもしれません。

どんな種類のコーヒーか知識があることによって選ぶ楽しさも増えますし、違いが分かっていることでよりさまざまなアレンジを楽しめます。

毎日飲むコーヒー、いろいろと楽しめるといいですね。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約13円(税込)~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならエコ&システムパックがなんと通常価格の最大29%OFF! マシン本体費用8,778円(税込)も無料になります。毎日コーヒーを飲む方なら定期便の利用が断然お得!

メリットは?
1台で6種類のコーヒーを手軽に楽しめる!

ボタンひとつで手間をかけずに本格的なコーヒーが楽しめます。アイスコーヒーも作ることができるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが。万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き!

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数300万台突破のネスカフェバリスタ!マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約できます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

キャンペーンについて教えて
マシンをレンタルすると特典がついてくる!

バリスタマグ&ブライトスティックがもらえます。

コーヒー基礎知識の関連記事