コーヒーカップの種類まとめ!レギュラーやカプチーノの違いや大きさの理由は?

最終更新日:

「コーヒーカップの種類がたくさんあるのはどうして?」「コーヒーカップの種類で味が変わる?」

コーヒーカップを変えるだけで味に違いって出るんですか?

実はコーヒーカップは形状大きさ飲み方や淹れるコーヒーの種類が変わってくる容器なのじゃ。

通常のドリップコーヒーならレギュラーカップ、エスプレッソは専用の小さめカップなど、それぞれ適したコーヒーカップがあるので、ぜひその違いについて詳しくなっていってください。

ここでは、ほかにも陶器やステンレスといった材質の違いについてもご紹介していますので、自分に合ったコーヒーカップ探しの役に立ててみてもらえればと思います。

コーヒーカップとティーカップは違う

どちらも取っ手の付いている耐熱容器なのは共通ですが、実はコーヒーカップとティーカップには多くの違いがあります。

コーヒーカップ ティーカップ
厚み 比較的に厚みがある 薄く作られている
飲み口 幅が狭い 幅が広い
取っ手
の位置
飲み口より低め 飲み口と水平

ふたつの設計の違いは淹れるときの温度の違いが影響しているんじゃ!

紅茶よりもコーヒーの方が少し低めの温度で淹れるため、冷めにくいよう厚みがあり飲み口が狭いカップが適している

コーヒーカップの種類①
レギュラーカップ

レギュラーカップ
通常のドリップコーヒーを淹れるためのカップで、寸胴型・厚みがしっかりとしているのが特徴です。

ホテルのラウンジや喫茶店など、大半のところでよく使われているタイプのコーヒーカップがこの形じゃ。

幅が一定で寸胴なコーヒー専用のカップです。

基本的なコーヒー1杯分120mlが入るサイズで、容量150ml程度の容器がレギュラーカップとされています。

コーヒーカップの種類②
デミタスカップ

デミタスカップ

「デミ=半分」「タス=カップ」じゃから「デミタス」で「(半分の量の)コーヒーカップ」と分かりやすい名前をしているんじゃ。

だいたいエスプレッソ2杯分が入る大きさで、容量は60ml~90ml程度のカップが大半です。

エスプレッソは数十秒単位の短い時間でコーヒー豆からコーヒーを抽出するので、味わいが濃く香りもインパクトがあります。

エスプレッソを最大限に楽しむなら、専用のデミタスカップを使用するのもよさそうですね。

日本ではエスプレッソをそのまま飲む人もあまり多くないから、自宅用に持っていると「通」っぽくてオシャレじゃのう。

コーヒーカップの種類③
マグ

ステンレスマグ

コーヒーを飲むときに日本人の大半が使っているのが、こちらのマグタイプのコーヒーカップです。

マグカップですね!わたしも何個か持ってます。

本来マグとは「蓋がなく、寸胴型の取っ手付きのカップ」全般を指す言葉なので、ほかの飲料を入れる容器にもマグと使われます。

コーヒーカップ用のマグで言えば、だいたい200ml~300mlのカップが大半で、これはカフェオレ(コーヒー+ミルク)など容量が多くなるのを想定した容器です。

また、マグに厚みのあるタイプが多いのは、コーヒーに牛乳などをプラスする際、冷めにくくするためと言われているのじゃ。

コーヒーカップの種類④
カプチーノ

カプチーノカップ

幅が広く、ラテアートなどをする際にも便利なタイプがカプチーノカップです。

底にいくに連れて幅が狭まり、マグなどよりかは厚みがない容器がこちらのタイプと言えます。

また、容量はレギュラーカップと同じか、それよりも少し大きめの容器なのじゃ。

コーヒーカップの種類⑤
カフェオレボウル

カフェオレボウル
カフェオレボウルとは、取っ手がなく幅が広いタイプの入れ物を指します。

本来はコーヒーにミルクを入れたカフェオレを楽しむための容器ですが、シリアルやスープなどを入れた使用も可能です。

おっきいですね!サラダとかも入れられそう。

カフェオレにパンを浸して食べる人もいるようじゃ。食べ物を浸すから幅が広くなった説もあるんじゃよ。

コーヒーカップの種類⑥
タンブラー

オリジナルタンブラー
取っ手がなく細長いタイプのカップを総称してタンブラーと呼びます。

タンブラーは、普通ビールなどを入れるためのカップでしたが、最近ではコーヒーを入れるための水筒(またはコーヒーを入れて持ち運ぶ容器全般)をタンブラーと呼ぶ傾向にあるようです。

タンブラーも何個か持ってます!

コーヒーカップの種類だけでなく材質もチェックしよう

コーヒーカップに使われている材質は陶器が多く、その次に磁器やガラスなどの割れやすい素材が大半を占めます。

アウトドアに持っていくなら割れる心配のないステンレスやチタン、アルミなどの金属製がおすすめじゃ。

自宅で使うなら、やはりメジャーな陶器タイプのカップが「コーヒーが冷めにくく口当たりも良い」と親しまれています。

最近は耐熱性のガラスで作られたダブルウォールのマグカップ冷めにくい冷たさも保てるからアイスにもホットにも使えて人気ですよね!

コーヒーカップの種類に合わせて淹れられるマシンがおすすめ

ドリップトレーの高さが変えられるマシンが便利

現在販売されているコーヒーマシンだと専用のカプセルから本格コーヒーが淹れられるタイプがおすすめです。

密閉されたカプセルは常温保存できたり賞味期限が1年と長持ちなタイプが多く、手軽に新鮮なコーヒーがいつでも飲めます。

ネスカフェドルチェグストもキューリグもカップの大きさに合わせてドリップトレーの高さが変えられるから飛び散らせずにコーヒーが淹れられるんです。

ネスカフェドルチェグスト

キューリグ

種類豊富なコーヒーカップを使い分けてコーヒーを楽しもう

コーヒーカップの容量や材質の違いについてご紹介してきました。

ご覧いただいたように、その形などによっても適したコーヒーの種類が違ってきますので、自分に合ったカップ選びの参考にしてもらえればと思います。

なお陶器のカップなどは少しの衝撃でも壊れやすいため、丁寧に扱うようにしましょう。

コストはどのくらいかかるの?
1杯あたり約13円(税込)~。さらに定期便で本体無料!

定期便ならエコ&システムパックがなんと通常価格の最大33%OFF! マシン本体費用8,778円(税込)も無料になります。毎日コーヒーを飲む方なら定期便の利用が断然お得!

メリットは?
1台で6種類のコーヒーを手軽に楽しめる!

ボタンひとつで手間をかけずに本格的なコーヒーが楽しめます。アイスコーヒーも作れるためアレンジ次第でさらに沢山のメニューが。万が一故障した場合もマシン交換など手厚いサポート付き!

いつでも解約できるの?
3回以上継続すればいつでも解約可能!

販売台数300万台突破のネスカフェバリスタ!マシンを購入された方も無料レンタルされている方も、定期便は2ヶ月毎や3ヶ月毎と選べるので、最短半年使えばその後はいつでも解約できます。 ※レンタルの場合はマシンを返却する必要があります。

キャンペーンについて教えて
マシンをレンタルすると特典がついてくる!

バリスタマグ&ブライトスティックがもらえます。

コーヒー基礎知識の関連記事